エッセイ集『老境の美徳』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「週刊ポスト」に連載中の「昼寝するお化け」をまとめたもの。
タイトルに合わせて書いたものではなく、
まとめて題名をつけた、という感じ。

4つの章からなり、

第1章 老人の分別とは何か
第2章 女性活躍社会の欺瞞
第3章 「生き延びる力」を失った現代日本人
第4章 過保護な国に増幅する甘えの空気

まさしく、この方でなければ、
言えない、書けない内容のオンパレード。

たとえば、

不幸や体験は、本来、
語り継げないものだという現実を正視しないで、
東日本大震災の体験の記憶を
薄れさせてはならない
などと折りあるごとに言っている
関係者の言葉が、
私には虚しく聞こえる。
それに、さらにその心理を深めていけば、
東北の人たちにほんとうに立ち直ってもらいたいと
真に願うなら、
辛い記憶は一刻も早く忘れてくださいと言うべきだろう。

こんなことを書く勇気のある人は曽野さんくらいなものだろう。

(辛坊治郎さんが全盲のヨットマンを助けて
太平洋横断を企てたが、
浸水して多額な経費で救助されたことについて)
誰も一人として口にしなかったことだが、
私はこの事件の一番の責任は、
盲人のヨットマンにあると思っている。

視力が十分でない人間が、
周囲の状況を自分で視覚的に判断することを要求される
仕事やスポーツをしてはならない。
分に過ぎた望みを抱くのは、
世間に迷惑をかけ、
その仕事の分野において一流にもならない。
こういう当然のことを、
最近は誰一人として言わない。
そして人間は誰でも平等に無限の可能性を持っている、
などと言う。

辛坊さんの優しくていけなかったことは、
この限界をはっきりと相手に告げなかったことだろう。
それは最近のすべての社会の風潮だ。
「できる」と言う方が「人に優しい」から、
真実を言わない。
しかしそれは間違いだ。

これも半端な政治家が発言すれば、
世間から袋叩きにあって、
撤回せざるを得ないだろう。
しかし、曽野さんが言うと、
皆黙ってしまうのは、
真実をついているからだ。

実は、曽野さんの著作を読むと、沢山の付箋が付く。
図書館で借りた本だから、
傍線を引くわけにもいかず、
本の端を折ることも出来ない。
したがって、付箋を付けることになる関係上、
たまの「上京」の時に
電車の中で読むために持っていくわけにいかないのが
曽野さんの本だ。

付箋を付けるということは、
読者(私)の心に響くものがあったからで、
本と読者の心が共鳴しあうという、
幸福な著作、ということになるのである。

その付箋をつけたものから、脈絡なく抜粋する。

自分の払った健康保険だけは、
使い尽くして死ななければ損だ
と言う人がいるが、
私はそう思ったこともない。
もし私が健康で、病気をせず、
自分の払ったお金をたまたま体の弱い人に回せられれば、
光栄だったと思う。
使わない人たちは、
代わりに健康をいただいたのだから、
運命に対するお礼と考えればいいのである。

(パラオのペリリュー島の、当時12、3歳の少女の話)
夜、米軍の大空襲を受けて逃げまどった後、
彼女は森の中で瀕死の日本兵を見かける。
彼女は手に持っていたバナナを差し出した。
すると日本兵は
「自分はもう長くない。
弟か妹に食べさせなさい」
と言って受け取るのを断る。
日本兵は皆、飢餓の極限状態にあった。
それほど食べたい時に
貴重な食物を差し出されても、
本当に食欲がなくなっていたのかもしれないが、
人間には、
自分より若く弱いものを育てていこうという気持ちが働くのである。
その気持ちがある限り、
どんなに死にかかっていても、
その人は人としての威厳を保っていたということだ。
人間が動物と違うところは、
自分が犠牲になっても、
人に与えることができる精神を持つことだ。

私は自分がまさに高齢者という当事者になって、
一つ見えてきたことがある。
それは、高齢者は
毎日機嫌よく暮らさなければならないという義務だ。
それさえできれば、
高齢者でも他人に歓びと平和を与えられる。

今日一日を、
機嫌よく、明るい顔をして生きれば、
それが老人の偉大な生き方の目標なのだ。
老人ホームでも、スーパーでも、電車の中でも、
背中を伸ばして明るい顔をして生きているということが
どれほど偉大なことか、
この頃次第にわかるようになってきた。


これは、私は大丈夫。
朝起きた時から一日中、
機嫌がいいからだ。
よく、夫の顔色を伺う妻の話が出て来るが、
それがない分、うちのカミさんは幸福だと思う。

私は野次を飛ばすような人とは付き合わない。
誰かが演説をしている時には、
賛成であろうと反対であろうとくだらなかろうと、
とにかく黙って聞くのがルールだからだ。
しかし私の好みとはとうてい合わない
政治の世界では、
野次は活動の一部と見なされているらしい。

本当に、国会の汚い野次は何とかならないか。
あれでは、学校で先生の話をよく聞きなさい、
とは子供に言えないだろうに。

「昔はもっと静かに暮らしていた」と私は呟いた。
人間の幸福も出世も、死も病も、
戦争も反戦も、すべてひっそりとしていた。
投書したり、デモやシュプレヒコールに参加したり、
イベントで訴えたり、
ブログやツイッターで顔も知らない人と共感したりしなかった。

中には何も弁当を持って来られない子もいた。
夫(三浦朱門氏)は自分の弁当を半分やろうか、とも思った。
しかし一度それをやると、
明日もその子に半分やらねばならない。
とうていそんなことはできない、と夫は
気づかないふりをして自分の弁当を平然と食べた。
助けたいと思っても、
現実に人間にはできないことがある。
夫はそれ以来、人道的なことは言わなくなった。
弁当を半分に分け続ける決心さえつかなかった自分を
知ったからだという。
人間は昼食一つからもたくさん学ぶものだ。

今、私たちの世代が集まると、
社会はどうしてこれほどに、
世間を甘やかすようになったのだろうと言う。
若者を甘やかし、年寄りを持ち上げ、
障害者の言うことなら何でも正しい、とする。
怠け者の貧困さえも人間的なことになったのだ。

二宮尊徳は分度ということを言っている。
今はあまり使われない言葉だが、
人がしているなら自分も、
という姿勢がないことだ。
人間は平等でなければならないと世間は言うが、
そんなことは子供の考えることだと私は思っている。
誰もが個性的に暮らすことは平等に可能だし、
そうなってこそおもしろく活力に満ちた社会が出現する。

国民全体が物事の発明や生産に興味を持たず、
ただ商品を右から左に動かすことで金儲けをするか、
あわよくば偽物を作って
暴利を貪ろうというような国民が多い国と比べれば、
日本が進取の気性に富み、
発明や工夫に興味を覚え、
しかも勤勉で正直である国民性を共有していることは、
本当に国家的幸せの理由なのである。

デモクラシィは普通選挙によって行われる。
だから一度も国民総選挙というものをしたことのない
中国や北朝鮮などは、
当然のことながら民主主義国家ではない。
いくら人民の国だとは言っても内実は違う。
それらの国の体制では、
権力闘争を生き抜いた指導者が、
帝王のように振る舞う。
毛沢東はつまり「秦の始皇帝」と同じ意味での「毛帝」であった。
日本のことを罵倒する時、
今でも日本帝国主義などというが、
日本にはそんな強大な権力者など一人もいない。
天皇陛下は質素にお暮らしのうえ、
政治の場からは遠く、
徹底して自己犠牲的を姿勢を崩されない。

かつて東京都知事を務めた美濃部亮吉氏は、
「一人でも反対があったら、橋は架けない」
と言ったことで有名であった。
しかし一人の反対があったら橋を架けないのなら、
その一人は専制君主で、
日本の社会は民主主義ではなくなるということだとは
誰も言わなかった。

(ゲイのカミングアウトについて)
やがて、同性のカップルは結婚式を挙げ、
同棲するのに必要なあらゆる経済的な処置や
法的保護を男女の夫婦と同じに与えよ、
と主張するようになった。
私はそれもけっこうと思う。
しかし私が同性愛の傾向を持っていたら、
別に誰にも言わず理解も求めず、
政府や社会の庇護も期待せず、
二人だけの世界で生涯を暮らすだろうと思う。
他人に理解されようと思うから無理が出るのだ。
理解されてもされなくても、
現実はほとんど変わらない。
医者は病気になれば診てくれるだろうし、
肉屋も八百屋もパン屋も、
同性愛者だからといって品物を売ってくれないことはない。

曽野さんの背景にあるのは、
一つは戦争の経験
もう一つは、世界のあらゆるところに行って、
「貧困」の内実をとことん知ったことにあるのだろう、
と私は思っている。



映画『パッセンジャー』  映画関係

市役所から書類を送って来たので、
記入して、公民館に行き、
↓のようなものをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、市内バス会社のチケット

クリックすると元のサイズで表示します

150円が30枚、
30円が18枚、
10円が56枚で、
5600円分
我が家の前のバス停から
新浦安駅や舞浜駅は150円で行けますから、
37回分
年間18往復で、
月に1.5回ほどお出かけ下さい、ということでしょうか。

高齢者に出かけてもらうための措置のようです。
こんなものをもらう歳になってしまったのか、
と嬉しいような、悲しいような。


[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

かなりの未来、
5千人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号は、
地球を出発し、
移住先の惑星に向かって宇宙空間を航行していた。
到着までの期間は120年
自動運転で、乗客も乗組員も冬眠装置で眠っていた。

しかし、30年を経た時、
シールドをくぐり抜けた隕石が衝突し、
乗客のうちエンジニアのジムが冬眠から覚めてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

再冬眠は不可能で、
残りの90年を一人で過ごさなければならない。
いや、それ以前に途中で命が尽きてしまう。
宇宙船の中枢部分に入ることは出来ず、
バーテンのアンドロイドを相手に過ごしたジムは、

クリックすると元のサイズで表示します

冬眠中の女性のうち、
作家のオーロラに恋をして、
冬眠ポッドを操作して
強制的に目覚めさせてしまう。
ジム自身が起きて1年目のことだ。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて二人の間に恋が芽生えるが、
口止めしたバーテンが
ジムが目覚めさせたことをオーロラに話してしまい、
オーロラは激怒する。
それと同時に、宇宙船に様々な変調が起こってきて、
5千人の乗客が命の危険に見舞われる・・・

というSFアドベンチャー。

クリックすると元のサイズで表示します

3つの点で買える。

一つは、素晴らしい美術(装置)が
物語のリアリティを支えていること。
その精密さは息を飲むほどだ。
アカデミー賞の美術賞にノミネート
「2001年宇宙の旅」の頃に比べると、
宇宙船内部の造形は格段の進歩を見せる。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一つは、
登場人物が極力少ない中で、
濃密なドラマを構築したこと。
「プロメテウス」などのジョン・スペイツが脚本を担当し、             
「イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密」などの
モルテン・ティルドゥムが監督。
宇宙船内部に限定した描写を
流麗なカメラワークで
描ききる監督の手腕が光る。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、
クリス・プラットジェニファー・ローレンスの二人が
「二人芝居」を飽きさせずに見せる。
やはりこういう映画では、
役者の魅力に成功の鍵が握られる。

クリックすると元のサイズで表示します

難しい設定を見事にクリアした
SFの秀作。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/8b3jJuyyiJA?t=35

TOHOシネマズ他で拡大公開中。


タグ: 映画

プーケット旅行記Eアイランドサファリ  旅行関係

プーケット4日目は、
午前中、プールでゆっくり過ごし、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午後2時、

クリックすると元のサイズで表示します

この出迎えのジープに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

乗客は、私たち夫婦だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとした難民気分。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

45分ほど揺られて、
アイランド・サファリ」に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、この牛車カートに乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

村を一巡り。

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな田園風景です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、また難民になって、

クリックすると元のサイズで表示します

15分ほど行った船着場で、

クリックすると元のサイズで表示します

この舟に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりと風景を楽しみながら、

クリックすると元のサイズで表示します

川を下ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シャロン湾に出たあたりで、
カヌーに乗り換えて、
自力で漕いで戻る、
と体験記には書いてありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

そのようなことはなく、
舟はUターンして、
元の船着場に。
どういう説明だったのか、タイ語で分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は拝借した写真。
本当はこういう風になるはずでした。

クリックすると元のサイズで表示します

また難民の扱いを受け、

クリックすると元のサイズで表示します

村に戻って、
ゴムの採集を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

機械で延ばし、

クリックすると元のサイズで表示します

長靴や

クリックすると元のサイズで表示します

こうした製品になります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、稲の収穫

クリックすると元のサイズで表示します

脱穀の説明。

クリックすると元のサイズで表示します

とても原始的。

クリックすると元のサイズで表示します

何年か前、米不足で
タイ米を輸入したことがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

モンキーショー

クリックすると元のサイズで表示します

ココナッツ落とし。

クリックすると元のサイズで表示します

三輪車乗り。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、筋トレ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、タイ料理を作り、

クリックすると元のサイズで表示します

試食させてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

タイボクシングのショー。

クリックすると元のサイズで表示します

こうしたリングで、

クリックすると元のサイズで表示します

ボクシングの実演。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんも参加。

クリックすると元のサイズで表示します

小象のショー

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サッカーのシュートをしたり、

クリックすると元のサイズで表示します

ダーツをしたり、(当たりません)

クリックすると元のサイズで表示します

鼻でリングを回したり。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやって仕込むのでしょうか。
犬やイルカは驚異の芸をしますが、
芸を仕込めないのが、猫。
頭がいいのにね。

クリックすると元のサイズで表示します

象については、
似た動物がいないのが、
進化の不思議です。

↓勇気あるお客さんを

クリックすると元のサイズで表示します

ふんづけます。

クリックすると元のサイズで表示します

バナナは一房100バーツ。
よく食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

その結果、こんなものがあちこちに。

クリックすると元のサイズで表示します

メインイベントの象乗り

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

象使いは、鞍を付けていません。

クリックすると元のサイズで表示します

この子も。

クリックすると元のサイズで表示します

わざと小川に入ったりします。

クリックすると元のサイズで表示します

カメラを向けると、
鼻を上げるように仕込まれているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

象使いは運転中(?)に、
椰子の葉で何か作っており、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものをくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

器用ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

30分ほどで、象乗りは終わり、

クリックすると元のサイズで表示します

最後のイベントは、

クリックすると元のサイズで表示します

ドクター・フィッシュ

クリックすると元のサイズで表示します

コイ亜科のガラ・ルファという魚で、
手足の表面の古い角質を食べに集まります。
古い角質を安全に除去できるため美容に、
それらを食べる刺激が神経を活性化するとして、
健康に効果が有ると言われています。
一方、危険もあるようで、
アメリカでは、いくつかの州で、禁止されているといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

なんともくすぐったい。

ここで、フルーツのサービス。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こうして3時間あまり、
全てのプログラムを終えて、
再び難民になり、

クリックすると元のサイズで表示します

夕焼けを見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

パドンビーチまで送ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します




小説『優しい死神の飼い方』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

本作の主人公は、「死神」。
ただ、通常のように、
人の寿命を司り、死に誘うものではなく、
死んだ人間から抜け出た「魂」を
わが主(あるじ)様』に導く役割をしている。

その死神、最近、ある問題を抱えていた。
「未練」を持って死に、
「地縛霊」になる人間が増えて来たのだ。
地縛霊は、そのまま放っておくと、
風化して「無」に帰する。
『わが主様』の所有物である魂を消滅させてしまうのは、
死神にとって恥辱だった。

その成績の悪さをとがめられた主人公の死神は
「上司」に「この時代の、この国に問題がある」と主張し、
「彼らが生きているうちから接触でもしない限り、
成績を上げることは困難」と言ってしまう。
そこで、上司は『わが主様』と相談し、
死神を地上に降臨させてしまう。
ゴールデンレトリーバーとして。

その派遣先は、
丘の上に建つホスピス。
そこの末期ガン患者の「未練」を絶つため、
犬になった死神が奮闘する・・・

というわけで、着想はなかなかのものだ。
「死神」とうたっている関係上、
伊坂幸太郎の先行作品と比較されるのは仕方ないところ。
ただ、「犬」の体を借りているがゆえに、
犬の習性に振り回される死神(「レオ」と命名される)の姿が
ユーモラスに描かれる。
たとえば普通の犬と同じように、
食べ物に敏感に反応し、
一心不乱に食事をし、
特に「しゅうくりーむ」を食べる幸福感に浸り、
惰眠をむさぼり、
ボールを投げられれば、
体が反応して夢中で追ってしまう。
嬉しい時、自分の意志と関係なく
尻尾が反応してしまうのもおかしい。

レオは病院の監護師の菜穂に可愛がられ、
病院の入院患者で
「未練」の腐臭を放つ3人の患者の過去を探り、
夢の中に入り込み、
その未練を解き放ち、地縛霊化を防ぐ。

一人は戦前、この屋敷の娘と駆け落ちしようとして
果たせなかった未練を持つ南。
一人は、町の宝石商で、
この屋敷にダイヤが隠されていることを知って、
侵入し、ダイヤを持って逃走し、
香港で名前を変えて帰国した金村。
一人は画家で、
この屋敷の住人の息子との関わりの中で、
色彩を失い、絵を描くことができなくなってしまった内海。
そしてもう一人・・・

これに病院を買い取ろうとする怪しい男たちがからみ、
事件は7年前の一家惨殺事件がらみで展開する。

犬という立場上、
患者たちのからみがまとろっこしく、
始めの方はやや幼稚に感じられたが、
後半、様々な事件が一つにつながり、
怒濤の展開を見せると、面白くなる。

時々現れる「同僚」の死神や「上司」が面白い。
最後の展開もなかなかで、
「死神」は新たな名称を獲得する。
後味は悪くない。

作者は現役の医者だという。


映画『私はダニエル・ブレイク』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は英国中北部の工業都市、ニューカッスル
59歳のダニエル・ブレイクは、
大工の仕事に誇りを持ち、実直に誠実に正直に生きてきた。
最愛の妻を亡くして一人になってからも、
規則正しい暮らしを変えなかった。
ところが突然、心臓病におそわれたダニエルは、
ドクターストップがかかり、
仕事がしたくても仕事をすることができない。
失職したダニエルは国の援助の手続きを進めようとするが、
あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。
そんな中、ダニエルは二人の子供を持つ
シングルマザーのケイティと出会う。

クリックすると元のサイズで表示します

ケイティも住む家を追い出されて、この町に流れ着き、
貧困にあえいでいた。
同じ境遇から交流が生まれ、お互いに助け合う中で、
ケイティは、
万引きしたスーパーの警備員の紹介で、
ある職業につくが・・・

冒頭の指導員とのチグハグな問答から始まり、
お役所の手続きは、
支援を求める人のことを考えているとは思えない杓子定規
なにしろ、働けないというダニエルに
就職活動を指示し、
履歴書を配ると、その証拠を出せろという。
おかげで、経歴を見た会社が
採用の通知をして来たにもかかわらず、
働けないから、と断ると、
なら、何故履歴書を配ったんだ、と罵倒される始末。
審判に不服を申し立てると、
パソコンで申請書類を作れと言われる。
大工で、パソコンなど触ったことのないダニエルが
マウスの使い方さえ分からず、悪戦苦闘していると、
見かねた親切な職員が手伝ってくれる。
しかし、上司に見とがめられ、
「そんなことをしてはいけない」と職員が叱られる。
支援を求める人は必死なのに、
職員は立ち話で談笑している。
見切りをつけたダニエルはある行動をとるが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「ゆりかごから墓場まで」を標榜する英国でも
小役人のお役所仕事は血が通わず、
本当に支援を求める人のためなど考えていない。
何より規則、規則の優先で、
従えない事情のある人はあっさり切り捨てる。
不服手続きには何カ月もかかり、
その間の収入は保証されない。
頭蓋骨の半分を失って
重度の記憶障害と半身麻痺を抱える男性に対し、
「就労可能」と裁定したという例さえある。
疲弊したイギリスは社会保障制度が崩壊しつつあるが、
公務員は安穏として、
規則だけを全うしていればいいのだ。

「フードバンク」という、
食料の寄付によって
貧しい人に食べ物を提供する会の
係の暖かい態度とは対照的だ。
しかし、フードバンクに行ったことで、
子どもたちは学校でいじめにあう。

ケイティが万引きしたスーパーの店長の温情も胸にしみる。
貧しい人々を見ていたからだろう。

映画祭受賞の常連、
イギリスを代表する巨匠ケン・ローチ監督は80歳。

クリックすると元のサイズで表示します

長編映画監督デビューから50年。
前作「ジミー、野を駆ける伝説」(2014)を最後に
引退を表明していたが、
現在のイギリスや世界中で拡大しつつある
格差や貧困にあえぐ人々を目の当たりにし、
今どうしても伝えたい物語として
引退を撤回してまで制作されたのが
本作「わたしは、ダニエル・ブレイク」。
昨年のカンヌ国際映画祭では、「麦の穂をゆらす風」(2006)に続く
2度目のパルムドール(最高賞)を受賞した。

ケン・ローチ監督は、このように述べる。

「生きるためにもがき苦しむ人々の
普遍的な話を作りたいと思いました。
死に物狂いで助けを求めている人々に
国家がどれほどの関心を持って援助をしているか、
いかに官僚的な手続きを利用しているか。
そこには、明らかな残忍性が見て取れます。
これに対する怒りが、本作を作るモチベーションとなりました」

最後のダニエルの気持ちを伝える手紙が
ずしりと胸に応え、
貧困と支援の関係の中での
人間の尊厳について考えさせてくれる。
何より人としての敬意を求めているのだ。

傷心のケイティをダニエルが、
「君は何も悪くない」
と励ます場面が胸を打つ。

クリックすると元のサイズで表示します

ダニエルを演ずるのは、
コメディアンとして活動しているデイヴ・ジョーンズ
オーディションで選ばれ、
映画初出演でリアルな演技を見せる。

クリックすると元のサイズで表示します

ケイティには、デイヴと同じくオーディションで選ばれた、
ヘイリー・スクワイアーズ

クリックすると元のサイズで表示します

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/kKtMlA-vvdo

ヒューマントラストシネマ有楽町、
新宿武蔵野館で上映中。

入場料金のうち、
50円が
貧困に苦しむ人々に対して寄付される。

クリックすると元のサイズで表示します

詳しくは、↓をクリック。

http://danielblake.jp/charity/

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ