映画『インフェルノ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

大ベストセラー作家ダン・ブラウン原作による
「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)、「天使と悪魔」(2009)に続く、
ハーバード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授シリーズの第3弾。
日米同時公開。

ダ・ヴィンチの絵画、ベルニーニの建築や彫刻
の謎に迫った前2作に対して、
今度はダンテの「神曲」を巡る謎を教授が解き明かす。

あらすじや舞台となる建造物の写真は、
前に原作本の紹介をした時のブログ↓を参照。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160803/archive

話の骨格は、
人口過剰増加による人類滅亡の危機を感じた
大富豪にして生化学の天才、ゾブリストが
中世のペストに匹敵するウィルスをばらまいての
人口淘汰
を意図し、
その仕掛けを設置して、自分は自殺を遂げてしまう。
ウィルスが拡散するまで、既に時間が迫っている。
病原体の置かれた場所を巡って
富豪が仕組んだをラングドン教授が解明していく、
という話。
これに美人医師やWHO、謎の組織「大機構」などがからんで来る。

ほぼ原作通りの展開で、
WHOの代表者エリザベスの取り扱いと
ラストのウィルスの拡散が違う。
原作の終わり方の方が意外性があるし、 
ウィルスの正体には驚かされた。
あのままでは何か影響があると製作者は考えたのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、原作にも存在した致命的な欠陥
映画化にあたって是正はされなかった。
まず、謎解きが自己目的化していること。
ゾブリストがわざわざウィルスの在り処を
ダンテに絡ませて誰かに分からせようとする意味は全然ない。
まして、教授を記憶喪失にするという無理やりの必然性が納得できない。
というのは、前の2日間で
教授はダンテのデスマスクにまで到達しているわけで、
わざわざ記憶喪失にして
双六を「はじめ」からやり直す必要はない。
ご都合主義の連続で
なんとかクリアして再びデスマスクまで到達するが、
一つ間違えば、計算通りにはいかないだろう。

まあ、映画なんだから、それでもいいが、
前2作にあった教授による謎解きの面白さは希薄になってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

人口過剰増加に対する危機感は、
原作にあったグラフを提示すれば
観客に分からせることが出来たと思うが、
どうしてやらなかったのだろう。

しかし、舞台はフィレンツェに始まり、
ヴェネチアイスタンブールへと変転し、
名所が次々と出て来るから
旅行好きにはたまらない趣向。
そういう意味で目を楽しませてくれる映画だ。

ラングドン教授はトム・ハンクス
教授と同道する美人医師にシエナに
「博士と彼女のセオリー」(2014)のフェリシティ・ジョーンズ
他に「最強のふたり」(2011)のオマール・シー
「めぐり逢わせのお弁当」(2013)のイルファン・カーンら。
良い映画に出て好演すれば、
大作に起用されることが分かって、嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します

監督はシリーズ全作品を手掛けるロン・ハワード
手堅いし、面白く見せるが、平均点

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/Dhtd_ztIoPs

タグ: 映画

ゆ〜ゆ〜カーニバル  わが町・浦安

今日は、浦安市内で開催された、↓のイベントに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、浦安鉄鋼団地協同組合の主催によるもの。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄鋼団地とは、
浦安の海岸沿いにある工業地帯で、
市や市内の商業団体の後援などに頼らない、
独立独歩のイベントです。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、阿波踊りで幕開け。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このエリアは、いろいろなものが売られています。

クリックすると元のサイズで表示します

このお店では、

クリックすると元のサイズで表示します

かぼちゃや

クリックすると元のサイズで表示します

りんごや

クリックすると元のサイズで表示します

エリンギなどがみんな200円。

クリックすると元のサイズで表示します

これはタマネギを袋に詰めるだけ詰めて、

クリックすると元のサイズで表示します

300円。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャガイモも、こんなに入れて300円とは。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間で完売でした。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、このとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

柿は右の平たい箱で1箱1200円。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

干物も売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲームコーナーもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんといっても、食べ物屋が一番。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「予定」って・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

おじさんたち、がんばってね。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆるキャラも歩いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

子供のためのコーナーも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フリーマッケットも同時開催。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

阿波踊りのお姐さんたちも、お買い物?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

買う人がいるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ステージでは、

クリックすると元のサイズで表示します

ライダーもののショーが。

クリックすると元のサイズで表示します

大盛況です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年はハロウィンの仮装パレードが行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

先導するのは、
浅草のサンバグループのみなさん。

クリックすると元のサイズで表示します

にぎやかな音楽隊に続き、

クリックすると元のサイズで表示します

市民が仮装して行列。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

驚くほどの人の参加で、
延々と列が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ついにハロウィンの波が浦安にも押し寄せてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ランウェイを通って、審査が行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それでは、また2年後に。

クリックすると元のサイズで表示します


上海ディズニーランド  旅行関係

上海ディズニーランドに行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

世界にある他の5つのディズニーランドとは
一味違う内容になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ東京と同じものは、
「カリブの海賊」と「ピーターパン空の旅」、
「バズライトイヤー・プラネット・レスキュー」、
「空飛ぶダンボ」、「カルーセル」
くらいしかありません。

その「カリブの海賊」も大進化。

クリックすると元のサイズで表示します

巨大映像を使ったアトラクションに変わっています。
これがものすごい。
あまりの素晴らしさに、
6回も乗ってしまいました。

トロン」は、

クリックすると元のサイズで表示します

バイク型ジェットコースター

クリックすると元のサイズで表示します

世界初です。

クリックすると元のサイズで表示します

スター・ウォーズ」の世界もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニーらしくない、急流下りやトレイルも。

クリックすると元のサイズで表示します

ソアリン」は、空を飛ぶ世界一周の旅。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、閉園間際におこなわれたのが、

クリックすると元のサイズで表示します

城に映し出される、音と光のショー

クリックすると元のサイズで表示します

感動のあまり、泣きそうになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

詳しくは、後日、報告します。



上海に飛びます  旅行関係

本日、午後、上海に飛びます。
おそらく、今年最後の旅行です。

上海は4度目ですが、
目的は、上海ディズニーランド

クリックすると元のサイズで表示します

そうです。あの悪名高い場所です。

まあ、日本の報道ほどひどくはないようです。

また、他のディズニーランドとは、
相当違うらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあたりを帰国後、レポートします。

お楽しみに。


小説『神様からひと言』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

先の直木賞「海の見える理髪店」で受賞した
萩原浩のサラリーマン小説。(2002年の作品)

大手広告代理店を辞め、
珠川食品に再就職した佐倉凉平は、
入社早々、販売会議でトラブルを起こし、
リストラ要員収容所として恐れられている
お客様相談室へ異動となった。
自己保身に汲々としている室長、
仕事よりもオートレースに情熱を燃やす、いい加減男、
一日中パソコンを眺めているオタク、
ひたすら人生訓を書き重ねている心を病んだ男など、
腐った環境の中に放り込まれ、
毎日、商品へのクレーム電話の対応に追われる凉平は、
自身も同棲した女に逃げられていて、
鬱々とした日を重ねていた・・・。

クレーム電話への対応が面白おかしく描かれるが、
現実はこんなヘンチクリンなものではないだろう、
と感じた時点で、
ああ、この話はおとぎ話なんだ、と気づく。
ならば、あとは、お客様相談室から見える会社の実態、
その改善を目指す凉平の努力も、
作り話としては面白く読める。

行方をくらました創業者、
その妾で株式の20パーセントを握る「明石町」の存在も面白い。
先輩社員で頼りないんだか
頼りがいがあるんだか分からない篠崎も興味深い。

その篠崎の凉平への話。

「本当に馬鹿だよ。
みんなそう思ってる。
だけど変えられない。
みんな、怖いんだよ。
いままで手に入れたものが消えちまうのがさ」
「手の中に握ってるものが、
たいしたもんじゃないことを知ってるのに、
手のひらを開くのが怖いんだ。
全部こぼれ出ちまうのが。
本当にたいしたもんじゃなかった
ってことを知っちゃうのをさ」

提携先のラーメン屋におもむく時の凉平の述懐。

正直に言えば凉平も、
やたら偉そうな食い物屋というのは好きになれない。
おとなしくあいづちを打つことがわかっている相手に向けて威張るヤツや、
自分勝手な持論をふりかざすヤツは、
どんな人間でも嫌いだ。
愛想が悪いだけなら許せるが、
人から金をとって飯を食わせて、
なおかつ怒鳴りつけるような店は、
どんなに味が良くたって
二度と行かない。
うまいもんもまずくなる。
広告代理店時代、
接待で行った先の寿司屋の親爺が
あれこれ蘊蓄を語り、
人の寿司の食い方にいちいち文句をつけ、
おまかせをいいことに高いネタばかり握り、
経費が心配になってきてカッパ巻きを頼んだ凉平に、
お前みたいなのがうちに来るのは百年早い、
などとふんぞり返りはじめた時には、
大トロを店のダルマの眉毛に張りつけて、
席を立ってやった。

篠崎が、会社をおでん鍋にたとえる話も面白い。

「ほら、狭いとこでぐつぐつぐつぐつ煮詰まってさ、
部長だ課長だ役員だなんて言ったって、
しょせん鍋の中で昆布とちくわが、
どっちが偉いかなんて言い合ってるようなもんだ。
考えてみ、
このおでん屋じゃ牛スジが一番高くて偉そうだけど、
他の食い物屋へ行けば
使っちゃもらえない。
こんにゃくはここじゃ安物だけど、
味噌田楽の店に行けば
堂々のエリートだよ」
「会社の序列なんて、
たいした順番じゃないんだよ。
一歩外に出たら、ころりと変わっちまうかもしれない。
でも、子供の時から一生懸命に競争して、
ようやく手に入れた順番だからね、
そこからこぼれ落ちたくないんだな」

創業者と共に苦労したことばかり自慢する古参の専務のことを
「明石町」がばっさり言う。

「あの子は駄目だよ。
すぐ苦労話をしたがるだろ。
そういうのにかぎって、
たいした苦労はしていないんだよ」

凉平が行き悩んだ時、
夜の新宿中央公園で出会う、
ホームレス
(ジョン・レノンに似た風貌から
凉平は密かに「ジョン」と呼んでいる)
のくれる一言が凉平の行く道を示し、
それが題名の由来。

この作者の持ち味で、
全体的に軽く、テレビドラマの印象。
と思ったら、
2006年12月24日に、
WOWOWでドラマ化されていた。
主役の凉平は伊藤淳史。
はまり役だが・・・。





AutoPage最新お知らせ