映画『君の名は。』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

私の好物である、
「入れ替わりモノ」「タイムスリップもの」

隕石湖のほとりの町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は、
何もない、何も起きない田舎町、
噂話がすぐに伝播する小さく狭い町の生活にあきあきし、
都会に対する憧れを強く持っていた。

そんなある日、三葉は
自分が東京に住む男の子になった夢を見る。
念願だった都会での生活を夢の中で満喫する三葉。

クリックすると元のサイズで表示します

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(たき)も、
山奥の町で、女子高校生になっている夢を見た。

しかし、繰り返される中、
それは夢ではなく、
二人が本当に入れ替わっていることに気づく。
そして、スマホに残されたメモを通して、
生活を共有していき、
いつの間にかお互いに惹かれあっていく。

しかし、ある時を境に、
入れ替わりが途切れてしまう。
連絡も取れない。
ついに、
瀧は三葉に会いに行こうと決心する。
「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く」
と言って。

記憶の中の町の風景を描いた絵を頼りに、
幻の町にたどり着いた瀧を待っていた現実は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

既に書いたように、「入れ替わりモノ」が好物の私は、
前半のユーモラスな展開を楽しく見た。
特に田舎町の高校生が
目にしたあこがれの東京の光景に
ワクワクする感じがよく出ている。
ショッピングモールやコーヒーショップや
町並みのことごとくが光輝いて見えるのだ。

瀧の周辺や三葉の周囲の人々とのずれも
面白おかしく描かれる。

そして、後半、ある時点から
物語は全く違う様相をあらわす。
未見の方のために書かないが、
全く事前の予備知識がなかったので、衝撃だった。
そうか、そういう話に展開するのか、
冒頭の映像は、そういう意味があったのか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
                 
家業である神社の風習や言い伝え、
組紐なども上手にからんで来る。
そして、威力を発揮するのが、
それぞれの入れ替わり生活を伝達するための
スマホの活用。
まさしく現代の高校生の生活を活写する。

クリックすると元のサイズで表示します

特筆すべきは、
なにより、画面の美しさ
精密なビジュアル。
華麗なカメラワーク。
一瞬一瞬が見事に描かれ、画面に釘付けになる。
「アニメは絵が命」、まさにそのとおりだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最後の展開は、
東日本大震災で津波に襲われた町、
戦火で燃やされた町、
広島や長崎、
今後起るかもしれない核兵器で破壊される
人の住む町へのレクイエムにも思える。

そう思うと、日々の情景を伝える描写、
笑ったり泣いたりしながらも
自分に与えられた務めを果たす日常が
いかに光り輝くものであるかが示されているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに、監督の新海誠のセンスを
まざまざと見せつけられた思いがする。
それを支えたキャラクターデザインの田中将賀
作画監督の安藤雅司等の力が集結した
平面アニメの傑作
日本のアニメはすごい

5段階評価の「4.5」

0.5の減点は、
肝心のクライマックスに、音楽性の低い歌で
ぶち壊しにしたから。
新海誠、音楽的センスだけはイマイチのようだ。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/k4xGqY5IDBE

なお、アニメに描かれた舞台のモデルとなった土地を
ファンが訪問するのを、
「聖地巡礼」と呼ぶことを
小説「ハケンアニメ!」↓で紹介したが、

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20150917/archive

町がリアルに描かれているこの作品、
既に行われているようだ。

↓はその1枚。場所は四谷近辺。

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 映画

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツァー  

今日は、夕方から新横浜に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

前回(キム・ジュンスのコンサート時)はカミさんが一緒でしたので、
新幹線を使いましたが、
新浦安〜新横浜間を新幹線で行くと、1620円、
東海道線〜市営地下鉄を利用すると、949円、
23分の違いで、671円の差
今回は時間の余裕もあったので、節約しました。

クリックすると元のサイズで表示します

新横浜では、
先週のテレビ東京「カンブリア宮殿」で紹介された、この店で、

クリックすると元のサイズで表示します

↓これを食べるつもりでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

行列が出来ていて、断念。
今度銀座本店で食べることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、新横浜に来た目的は、
横浜アリーナで、

クリックすると元のサイズで表示します

このイベントに参加するため。

クリックすると元のサイズで表示します

ご存じ、ヒットテレビゲームを

クリックすると元のサイズで表示します

ライブで演ずるといいます。

実は、私は映像と音楽と仕掛けのショーが大好き。
ディズニーランドやユニヴァーサルスタジオなどのテーマパーク、
ラスベガズのショーはもちろんのこと、
万博は可能な限り、観に行っています。

今回のイベントもさいたまアリーナ、
大阪城ホールなどを使った大掛かりなもののようで、
良いチケットが取れたので、
いそいそと参加。

会場入ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

会場内部。

クリックすると元のサイズで表示します

中央に舞台と構築物があり、
この構築物から
スクリーンが降りて来て、
プロジェクションマッピングを投映。
役者の動き、音響と連動して物語を進めます。

座席に置かれたものは、

クリックすると元のサイズで表示します

ランプ。観客が腕に付け、
クライマックスで光ります。

クリックすると元のサイズで表示します

持ち帰り禁止で、
「私一人位と、お持ち帰りいただいても、
家では光りません」
という説明がおかしかった。

以下は、公式に発表された写真。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリーは、
愛と平和のために
仲間と一緒に旅をした勇者が、
アイテムを獲得しつつ、
悪の化身・魔王と戦って勝利を得る、
という、典型的な冒険もの。

クリックすると元のサイズで表示します

私は「スーパーマリオブラザース」と「バイオハザード」は
最後まで行きましたが、
「サイレント・ヒル」で挫折して以来、
テレビゲームはしていません。
「ドラゴンクエスト」もしたことがなく、
それだけにイマイチ話は分からず、
きっとゲームに精通したファンだったら
もっと楽しめてるんだろうな、
と思いつつ、観ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ジョン・ウィリアムズばりの音楽と
プロジェクション・マッピングの素晴らしさで、
大変楽しい時をすごしました。
2度ほど泣きそうになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ランプも7色に変化し、
本当にきれいで、効果抜群。

クリックすると元のサイズで表示します

終わってみれば、
「いいものを観た」との感想でした。
明日が千秋楽です。

公式PVは、↓をクリック。

https://youtu.be/W6J0CtN0ubo

本番に近いリハーサル映像は、↓をクリック。
これは、必ず見て下さい。

https://youtu.be/kf8KEF1W8oU

出演者や演出家へのインタビュー動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/hZOyRsEpG3s

リハーサル会場の訪問動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/2YFG_juvvIg


現代奴隷  政治関係

奴隷(どれい)とは、
人間でありながら所有の客体即ち
所有物とされる者を言う。
人間としての名誉、権利・自由を認められず、
他人の所有物として取り扱われる人。
所有者の全的支配に服し、
労働を強制され、譲渡・売買の対象とされる。
奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。

1948年に国連で採択された
世界人権宣言では、
奴隷制について次のように宣言している。

何人も、奴隷にされ、又は苦役に服することはない。
奴隷制度及び奴隷売買は、
いかなる形においても禁止する。
(第4条)

オーストラリアの人権団体「ウォーク・フリー・ファンデーション」は5月31日、
世界で「現代の奴隷」状態にある人の数は、
成人と子どもを合計すると4580万人にも及ぶと発表した。
当初予想されていた数よりもはるかに多く、
2014年の3580万人から約30%も増加している。

報告書によると、奴隷の数では
インドが最も多く、推定1840万人。
2番目に多いのは中国の同340万人。
パキスタンが同210万人でそれに続いた。

約3分の2はアジア太平洋地域が抱えており、
全体の約58%は、
インド、中国、パキスタン、バングラデシュ、ウズベキスタン
の5カ国で占められ、
約15%がサハラ以南のアフリカで占められていた。

人口比率で見ると、
北朝鮮が最も高く、人口2500万人の4.4%、
20人に1人が奴隷状態にあるという。
そのほか、ウズベキスタンやカンボジアが高かった。

対策を最も取らない国として挙げられたのは、
北朝鮮、イラン、エリトリア、赤道ギニア、そして香港だった。

一方、最も対処している国には、
オランダ、米国、英国、スウェーデン、オーストラリアが名を連ねた。

欧州は奴隷が最も少ない地域だが、
強制労働や性的搾取の源であり、
目的地となっていたと、同人権団体は指摘。
また、紛争や貧困から逃れる難民・移民の
欧州への大量流入の影響はまだ分からないとしている。

奴隷状態にある人が最も多い国トップ10は以下の通り。

1.インド・・・・・・・・1835万4700人
2.中国・・・・・・・・・・338万8400人
3.パキスタン・・・・・213万4900人
4.バングラデシュ・・153万1300人
5.ウズベキスタン・・123万6600人
6.北朝鮮
7.ロシア
8.ナイジェリア
9.コンゴ民主共和国
10.インドネシア

日本は25位で、
約29万人が奴隷状態とされている。

全人口に占める「奴隷」の割合が最も多かったのは北朝鮮で、
人口の4.37%が奴隷状態にあり、
これは実に20人に1人が奴隷状態にあることを意味する。
政府の対応も最も鈍いとされた。


一方、英国政府は、2年前、
同国内で奴隷状態にある人の推定数は、
これまで考えられていた数の4倍に当たる
最大1万3000人に上ると発表した。

売春を強いられている女性や、
工場や農場での肉体労働を強いられている人たちなどが含まれ、
その多くは外国人だ。

テリーザ・メイ(当時内相、現首相)は、
「奴隷制度がここ英国にあることは間違いない」
「若い少女たちがレイプされ、殴られ、
虐待者から虐待者へと受け渡されて、
利益のために性的に搾取されている。
弱い立場の男性たちは重労働に駆り出され、
仕事が終われば冷たい小屋や、
ぼろぼろの移動住宅に閉じ込められている」
「子どもたちも組織的に搾取されている」
などと述べ、
「私たちは人身売買に及んでいる業者らに、
罪を逃れることはできないと、強く警告しないといけない」
と指摘した。


次に紹介するのは、
写真家のリサ・クリスティンの講演。

彼女は世界中を旅して、
我慢できないほど過酷な現代の奴隷の現実を記録してきた。
ガーナの鉱夫やネパールでレンガを運び出す人々等、
心に残る写真を紹介しながら、
世界中で奴隷扱いされる人々の窮状を訴えた。↓

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20151120-00001541-ted

講演動画(字幕付き)は、
数々の写真と共に語る彼女の冷静な語り口が
説得力をもって迫る。
できたら動画を見てほしいが、
時間のない人のために、
↓に講演内容を掲載する。


ここはガーナの違法鉱山の地下50mです。
空気は熱気と埃で重苦しく
息をするのさえ困難です。
暗闇の中を汗だくの男達がすり抜けていくのを感じる以外、
何も見えません。
話し声が聞こえますが
あとは男たちが咳き込む不快な音と
粗野な道具で石を切り出す音だけが
縦穴の中に満ちています。
他の人と同じように
私は ちゃちな懐中電灯を
ぼろぼろなゴム紐で頭に縛りつけています。
何十メートルもの深さの幅約1mの四角い穴の壁面には
昇り降り用に滑りやすい木材が設置されていますが
それさえも、はっきりは見えません
手が滑った瞬間、頭をよぎったのは、
数日前に、手を滑らせて、
止めどもなく落下していった鉱夫の姿でした。

今 皆さんにお話している間も
男達は その穴の奥深くへと潜り
報酬も補償もないまま
自らを危険に晒しています。
命を落とすことも珍しくありません。

私は穴から這い上がり 家に帰れました。
しかし彼らは一生帰れません。
彼らは奴隷の身なのです。

28年間にわたり
私は6大陸の70カ国以上で
先住民文化を記録してきました。
そして2009年には
バンクーバー平和サミットで
単独の展示を行う名誉を与えられました。
そこでお会いした多くのすばらしい人々の中に
現代の奴隷撲滅に献身的に取り組む
NGOフリー・ザ・スレーブの支援者がいました。
私達は奴隷問題について話を始めました。
それから奴隷問題を学び始めました。
世界にこの問題があることは知っていましたが
そこまで深くは知りませんでした。
話を終えて私は自己嫌悪に陥りました。
自分が生きている時代に起きている残虐行為について
無知な自分を恥ずかしく思いました。
そして 自分が知らないのなら
他にも 知らない人は大勢いるはずだと思いました
胃に穴があくほど思いは強まり
数週間後には 私はロサンゼルスに飛び
フリー・ザ・スレーブの役員に手伝いを申し出ました。

そうして 私は現代の奴隷の旅を始めたのです。
奇妙なことに行き先は前にも訪れた場所です。
幾つかは第二の故郷と思っていた場所です。
しかし今回は隠された事実に 直面することになりました。

控え目な推定でも
現在世界では2千7百万人以上の人々が
奴隷として扱われています。
この数字は大西洋横断奴隷貿易時代に
アフリカから移送された人の倍です。
150年前 農場に送り込まれた奴隷の値段は
アメリカ人労働者の年収の3年分でした。
現在の貨幣価値ならば約5万ドルです。
ところが今日では、
わずか18ドル程度の借金のせいで
一家族が何世代にも渡って奴隷になってしまうのです。
驚くべきことに奴隷制度は
世界全体で年間130億ドル以上の利益を生み出しています。

奴隷の多くは良い教育や仕事等の嘘の約束にだまされた人々で
報酬もなく暴力に怯えながら
逃げ出せない状況で労働を強いられています

今日の奴隷を駆り立てるのは商業です。
奴隷扱いされる人々が作る商品には価値がありますが、
商品を作る人々は使い捨てです。
奴隷制度は世界中どこでも違法ですが、
奴隷は世界中至る所に存在します。

インドとネパールでレンガを焼く窯を訪れました。
その奇妙で恐ろしい景色は
あたかも古代エジプトか
ダンテの地獄篇に足を踏み入れたようでした。
気温50℃を超す現場では
男 女 子供を含めた家族全員が埃まみれになりながら
頭の上に機械的にレンガを載せていました。
多い時には18個も載せて
焼け付く窯から数百メートル離れたトラックまで運ぶのです。
単調さと疲労のため
彼らは物言わず黙々と一日16〜17時間
この作業を繰返すのです。
食事や飲み水の休憩すらありません
皆 重度の脱水症状を起こし、放尿すらままなりません。
あまりの暑さと埃のため
私のカメラは触れない程熱くなり、動かなくなりました。
私は20分おきに車に駆け戻っては
自分の機材の埃を掃い、エアコンにあてて甦らせました。
そうしている間に自分のカメラの方が
あの人々よりも余程ましな扱いを受けていることに気づきました。

窯に戻ると泣出したい気持ちでした。
すると隣の廃止活動家が、私をつかんで言いました。
「泣かないで ここで泣いちゃだめだ」
彼が明言したのは
この様な場所で感情を表現すると、
私のみならず彼らにも大変危険だということでした。
私が直接 彼らを助けることはできません。
お金を与えることも 何もできません。
私はその国の人間ではありません。
私が 彼らを今よりさらにひどい状況に追い込んでしまう
可能性がありました。
フリー・ザ・スレーブがその活動を通して
彼らを解放してくれるのを信じました。
彼らならばきっとやってくれると思いました。
私は家に帰るまで自分の気持ちが張り裂けるのを我慢しました

ヒマラヤでは子供たちが石を背負って
ふもとの道で待っているトラックまで
山岳地帯を何キロも運ぶのを見ました。
大きな石板の重さは担いでいる子供たち以上でした。
棒とロープと布で作った手作りのハーネスで
石を頭から 吊り下げていました。
これほどの衝撃的な現場を目撃するのは辛いことです。
ここまで横行する悪行に どうやって立ち向かえるでしょうか?
報酬もなく一日16〜17時間も働かされているのに
中には自分が奴隷だと知らない人さえいます。
生まれた時から同じ状況だからです。
他と比べようがないのです。
このような村人が自由を主張したら
奴隷所有者は彼らの家を焼き払ってしまいました。
彼らには何もなかったのです。
彼らは恐れるあまり あきらめていました。
しかし中央の女性は自分たちのために立ち上がり耐え抜きました。
そして現地の廃止活動家の支援を受け
採掘権を獲得しました。
今でも同じ過酷な仕事ですが
自分たちのために働き、
報酬を得ることができるのです。
そして何より自由の身です。

奴隷という言葉を聞けば
性の不正売買を連想するほど
世界中に知れ渡っています。
この業界を取材する際には
身の安全を保証できないと忠告されました

カトマンズでは以前に性の奴隷を経験した女性たちに
付き添ってもらいました
案内された狭い階段は
薄暗い蛍光灯が照らす汚い地階に続いていました。
いわゆる売春宿ではなく
どちらかと言えばレストランです。
業界ではキャビン・レストランと呼ばれる
強制売春の温床です。
それぞれに小さな個室があり
奴隷の身の女性は─少女や少年や7歳の子さえいるのですが─
客に料理や酒をたくさん注文させながら
客の相手をしなければなりません。
部屋は薄暗く汚れています。
壁に識別用の番号があり、
ベニヤ板とカーテンで仕切られています。
客の手による 悲劇的な性的暴行に
耐えなければならないこともあります。
ほぼ暗闇の中に立っていると
瞬時に激しい恐怖が湧き上がりました。
あの地獄に囚われた身を想像するだけで
身の毛がよだちます
出口は一か所しかありません。
入ってきた階段です。
裏口はありません。
抜け出せるほど大きな窓もありませんでした。
この人たちに逃げ道は全くないのでする
この厳しい状況に触れると同時に
性の不正売買を含めた奴隷取引が
私たちの裏庭でも行われていることを
お伝えしなければなりません。

何万人もの人々が農園 レストラン 家事等の
様々な労働を強制されています。
最近のニューヨークタイムズ紙の報道によると
毎年10〜30万人のアメリカ人の子供が
性の奴隷として売買されています。
我々の身近にあるのです。
ただ目にしないだけです。


繊維業もまた強制労働で連想する業種です。
インドの村では家族全員が絹取引で
奴隷扱いされている様子を見ました。
これは家族の写真です。
黒く染まった手が父親で
青と赤の手が息子たちです。
彼らは大きな樽で染料をかき混ぜ
絹を液体の中に肘の深さまで沈めます。
ですが染料は有毒です。

通訳が彼らの物語を伝えてくれました

「僕らに自由はない」と彼らは言いました。
「でも いつかは ここを出て
染物をして稼げる場所に行きたいんだ」と。


4千人を超える子供たちが
世界最大の人造湖ヴォルタ湖で
奴隷になっていると言われています。
初めて訪れた際に、私は様子を見に行きました。
船から魚を取っているのは家族だと思いました。
2人のお兄さんと弟たちに見えませんか?
いいえ 彼らはみんな奴隷でした。
子供たちは家族から取り上げられ
売買されて姿を消すのです。
そして このような船での
長時間労働を強いられます
しかも彼らは泳げません。

この子は8歳です。
私達のボートが近づくと震えていました。
彼の小さなカヌーに衝突すると思ったのです。
水中に突き落とされることを怖がっていたのです。
ヴォルタ湖に水没した木々によく漁網が絡みます。
すると網を外すために
怖がっている子供たちを水の中に放り込みます。
多くが溺れます。

この青年は物心ついたときから強制労働を強いられています。
主人が恐ろしくて逃げ出せません。
彼はこれまでずっと 残忍な扱いを受けてきたので
仕切っている年下の奴隷たちを同じように扱います。

彼らに出会ったのは朝5時です。
最後の漁網を引き揚げている所でした。
冷たい風が吹く夜中の1時から働きづめでした。
しかも 大漁だと漁網は500キロ以上の重さになります。

コフィを紹介します。
コフィは漁村から救出されました。
彼に出会ったのはフリー・ザ・スレーブの
奴隷被害者リハビリ施設でした。
井戸で入浴している所です。
大きなバケツで頭から水を浴びていました。
すばらしいことに こうしてお話ししている今まさに
コフィは家族と共にいます。
さらに良いことに彼の家族には
生活の糧となり 子供たちの安全を守る 道具が支給されました。
コフィは可能性の象徴です。
立ち上がった人物がいたおかげで、彼の人生は変わりました。


ガーナの道をフリー・ザ・スレーブのスタッフと
一緒に車で走っていた時、
突然バイクに乗った廃止活動家が我々の車に近づき
窓を叩いて指示しました。
ジャングルに続く泥道を先導するから付いてこいと。
道の行き止まりで我々をクルマから降ろすと
彼は運転手に立ち去るよう言いました。
それから 彼は道なき道を指さして言いました。
「この道だ この道を行け」と。
道を遮る植物をかき分けて約1時間進むと
小道は最近の雨で完全に水に浸かっていました。
そこで私は写真用機材を頭の上に持ち上げ、
胸まで水に浸かりながら進みました。
更に歩くこと2時間。
曲がりくねった小道は突然終わり
目の前に サッカー場ほどの 穴だらけの採掘場が広がりました。
穴の中では 大勢の奴隷が働いていました。
女性の多くは子供を背中に背負ったまま、
金を選鉱していました。
足が浸かっている水は水銀で汚染されています。
採取工程で水銀が使われるのです。


こちらの鉱夫たちは、
ガーナの別の地域の鉱山で働く奴隷です。
縦穴から出てくる時、
彼らは汗でびっしょりです。
彼らの疲れ果てて充血した眼を思い出します。
彼らの多くは72時間も地下に潜ったままでした。
縦穴の深さは90mあります。
彼らは重い石が入った袋を外に運び出します。
次にその石は別の場所に運ばれて砕かれ、
金が採取されます。

一見 力持ちの男達が大勢いるように見えますが、
すぐに崖っぷちな状態に置かれた
不幸な人々であることに気づきます。
そして子供もいます。
彼らは怪我 病気 そして暴力の被害者です。
実際このとても筋肉質な人ですら
あと数年で結核と水銀中毒のせいで
こうなってしまう危険が高いのです。


彼はマヌルといいます。
父親が死んだ時に
叔父が彼を、自分が働く鉱山に売りました。
叔父が死ぬと 叔父の借金を背負わされました。
そして彼は 鉱山の奴隷労働から逃れられなくなりました。
この時彼は14年も鉱山で働いていました。
足の怪我は採掘中の事故のせいです。
かなりの重傷で 医師は 切断すべきだと言いました。
しかもマヌルは結核にかかっています。
それでも彼は連日、縦穴での作業を強いられています。

それでも彼は いつの日か
フリー・ザ・スレーブ等の活動家の援助を得て
自由の身になり教育を受けることを夢見ています。
絶望的な状況に置かれながらも 希望を捨てない人々を見ると、
私の胸は 畏敬の念にあふれます。


奴隷問題に光を当てたいと思います。
現地で作業する際に ろうそくをたくさん持っていきました。
通訳に助けてもらいながら
撮影した人たちに分け与え
彼らの物語と窮状に光を当てたいと思いました。
彼らと私の安全が確認できた時に 撮影した写真です。
彼らは自分たちの写真が
世界中の人々に見られるのを知っています。
私は彼らに伝えようと思いました。
私達が彼らの目撃者となり
彼らの人生を 変えるためにできる限りの手を尽くすと。
私は本当に信じているのです。
私たちがお互いを同じ人間として見ることができれ、
奴隷のような残虐行為はなくなると。
写真に映っているのは社会問題ではなく
私たちと同じ生きている人間です。
権利 尊厳 そして尊敬に値する人々です。
私が光栄にも出会うことができた
虐げられた大勢の素晴らしい人々のことを
一日たりとも忘れることはありません。

これらの写真が
あなた方のような
見る人々の力を呼び起こし、
その力が結集して火となり、
その燃え盛る火が奴隷問題に
光を当てることを願います。
その光がなければ束縛という野獣は
闇の中で生き続けます。


光輝いているように見える世界だが、
まだ闇の部分
こんなにも深い



雑誌『JAPAN CLASS』  書籍関係

今日は、昼前から新宿に出て、

クリックすると元のサイズで表示します

映画を1本。

その後、渋谷に移動して、

クリックすると元のサイズで表示します

映画を1本。

新宿の映画館では、
プレゼントで、こんな袋をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

中身はパスタ。

クリックすると元のサイズで表示します

イタリア映画だったからね。

すると、渋谷の映画館を出た時、
前方に、同じ袋を持っている人を発見。
あの人も新宿→渋谷と映画のハシゴをしたのかもしれません。

ふと気づけば、
8月の「上京」はこれで3回目。
すっかり浦安の人になってしまいました。

来週は横浜に出かけますが。

↓は、閉店したパルコ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、このお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの焼肉バイキング。

クリックすると元のサイズで表示します

先日の胃レントゲン検査の結果も
「異常なし」。

クリックすると元のサイズで表示します

昔ほどではないにしても、
まだまだこれくらいは食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「外国人から見たニッポンは素敵だ!」
コンセプトに出版される「JAPAN CLASS」の第5弾。

大特集が二つ。
一つが「ニッポンの主婦はスゴいらしい」

日本の主婦は世界一、として、
「便利になっても手間をかけ続けるニッポンの主婦」を紹介。

OECD発表の家事労働時間によると、
先進7カ国で、
日本はイタリアに次いで第2位。
男女差を見ると、イタリアをしのいで第1位だ。
電化製品が普及して、主婦が家事労働から解放されたといって、
1960年と2011年を比較しても
1時間短縮したにすぎない。
もっと短縮してもいいはずなのに、
様々な工夫をして、
電化製品による恩恵を別なものに向けているというのだ。

ニッポンのママさんは料理熱心、
中でも子供に持たせるお弁当は
外国人から見たら驚嘆ものだという。

日本人と結婚した外国人の感想が面白い。

・日本人女性はアメリカ人と違い、太らない。
・日本人女性は料理が出来る。
・日本人女性は子供と旦那を最優先似扱う。
・前の離婚した妻と違い、日本人女性はかん高い声で怒鳴らない。
・俺の日本人妻は、仕事で遅くなっても怒らない。
 仕事は「家庭を支えるため」だと理解している。
・今まで1回も同じ料理が食卓に並んだことがない。

二つ目の特集が「新幹線にハマる外国人が続出!」

極上の快適さ、300キロで走っているのに安定感、
親切な車内販売、
それが50年前に出来ていた、ということに驚嘆する。

新幹線が到着してから車内清掃をすみやかに完遂する
「奇跡の7分間」に対する賞賛も多い。

感想も多彩。

・大阪から東京の向かう時に新幹線を使ったんだけど、
 マジでヤバかったよ!
・やっぱり日本の鉄道は安全、安心、清潔だな。
・高度な科学が日常レベルで浸透している国だよね。
 さすが世界に名だたる技術大国。
・シンカンセンでの旅は本当に得難い経験だ。
・50年も前に日本は新幹線を作った。
 なのに俺たちはいまだにひとつも作れていない。
・60年代に作られたんだぜ? 
 すべてがローテクだった時代にだ。
・今までで最高の鉄道だった。
 すごく清潔で速くて、時間ピッタリなのが最高だ。
・すごくいいマシンだね。これはもう地上の飛行機だ。
・新幹線は、いままで乗ったことのある公共交通網の中で最高だ。

特集は「Why? 日本では5月になると鯉が空で泳ぐ」は、            
ひなまつり、端午の節句、七五三などの美しい日本文化への賞賛。

もう一つの特集は「聖地・高田馬場『ミカド』に行きたいYO!」は、
日本の「ゲーセン」に対する賞賛の声。

その他、岡崎慎司選手への賛美
意外な親日国フィンランド
日本人だけが知らない、ニッポン経済の底力
など。

こういうものを読んで、
日本に対する客観的な視線を知るのは、
いいことだ。



21世紀の偉大な映画100  映画関係

イギリスのBBC放送が、
21世紀の偉大な映画100
というのを発表しました。

世界中の映画評論家177人による選定。
ただし、映画史を通してではなく、
2000年以降の映画から
「新たな古典」と呼ぶにふさわしい作品を選んだ、
というのがミソ。
21世紀は2001年からですが、
新たなアジア映画が現れた2000年も含めたということです。

(括弧内は、製作/監督、公開年)

1位 マルホランド・ドライブ(米仏/デヴィッド・リンチ、2001)

クリックすると元のサイズで表示します

2位 花様年華(香仏/ウォン・カーウァイ、2000)

クリックすると元のサイズで表示します

3位 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(米/ポール・T・アンダーソン、2007)

クリックすると元のサイズで表示します

4位 千と千尋の神隠し(日/宮崎駿、2001)

クリックすると元のサイズで表示します

5位 6才のボクが、大人になるまで。(米/リチャード・リンクレイター、2014)

クリックすると元のサイズで表示します

6位 エターナル・サンシャイン(米/ミシェル・ゴンドリー、2004)
7位 ツリー・オブ・ライフ(米/テレンス・マリック、2011)
8位 ヤンヤン 夏の想い出(台日/エドワード・ヤン、2000)
9位 別離(イラン/アスガル・ファルハーディー、2009)
10位 ノーカントリー(米/コーエン兄弟、2007)

11位 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
            (米仏/コーエン兄弟、2013)
12位 ゾディアック(米/デヴィッド・フィンチャー、2007)
13位 トゥモロー・ワールド(英米/アルフォンソ・キュアロン、2006)
14位 アクト・オブ・キリング
          (英デンマーク,ノルウエー/ジョシュア・オッペンハイマー、2012)
15位 4ヶ月、3週と2日(ルーマニア/クリスチャン・ムンギウ、2007)
16位 ホーリー・モーターズ(仏独/レオス・カラックス、2012)
17位 パンズ・ラビリンス(米西メキシコ/ギレルモ・デル・トロ、2006)
18位 白いリボン(オーストリア独仏伊/ミヒャエル・ハネケ、2009)
19位 マッドマックス 怒りのデス・ロード(米豪/ジョージ・ミラー、2015)
20位 脳内ニューヨーク(米/チャーリー・カウフマン、2008)

21位 グランド・ブダペスト・ホテル(独英/ウェス・アンダーソン、2014)
22位 ロスト・イン・トランスレーション(米/ソフィア・コッポラ、2003)
23位 隠された記憶(仏伊独オーストリア/ミヒャエル・ハネケ、2005)
24位 ザ・マスター(米/ポール・トーマス・アンダーソン、2012)
25位 メメント(米/クリストファー・ノーラン、2000)
26位 25時(米/スパイク・リー、2002)
27位 ソーシャル・ネットワーク(米/デヴィッド・フィンチャー、2010)
28位 トーク・トゥ・ハー(西/ペドロ・アルモドバル、2002)
29位 ウォーリー(米/アンドリュー・スタントン、2008)
30位 オールド・ボーイ(韓/パク・チャヌク、2003)

31位 マーガレット(米/ケネス・ローナガン、2011)
32位 善き人のためのソナタ(独/フロリアン・H・V・ドナースマルク、2006)
33位 ダークナイト(米英/クリストファー・ノーラン、2008)
34位 サウルの息子(ハンガリー/ネメシュ・ラースロー、2015)
35位 グリーン・デスティニー(中台香米/アン・リー、2000)
36位 禁じられた歌声(モーリタニア/アブデラマン・シサコ、2014)
37位 ブンミおじさんの森
.... (タイ英仏独西/アピチャートポン・ウィーラセータクン、2010)
38位 シティ・オブ・ゴッド(ブラジル仏米/フェルナンド・メイレレス、2002)
39位 ニュー・ワールド(米英/テレンス・マリック、2005)
40位 ブロークバック・マウンテン(米/アン・リー、2005)

41位 インサイド・ヘッド(米/ピート・ドクター、2015)
42位 愛、アムール(仏独オーストリア/ミヒャエル・ハネケ、2012)
43位 メランコリア
....(デンマーク,スウェーデン仏独/ラース・フォン・トリアー、2011)
44位 それでも夜は明ける(米英/スティーヴ・マックイーン、2013)
45位 アデル、ブルーは熱い色(仏/アブデラティフ・ケシシュ、2013)
46位 トスカーナの贋作(仏伊/アッバス・キアロスタミ、2010)
47位 裁かれるは善人のみ(ロシア/アンドレイ・ズビャギンツェフ、2014)
48位 ブルックリン(カナダ英アイルランド米/ジョン・クローリー、2015)
49位 さらば、愛の言葉よ(仏/ジャン=リュック・ゴダール、2014)
50位 黒衣の刺客(中台香仏/ホウ・シャオシェン、2015)

51位 インセプション(米英/クリストファー・ノーラン、2010)
52位 トロピカル・マラディ
         (タイ仏独伊/アピチャートポン・ウィーラセータクン、2004)
53位 ムーラン・ルージュ(米オーストラリア/バズ・ラーマン、2001)
54位 昔々、アナトリアで
         (トルコ,ボスニア・ヘルツェゴビナ/ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、2011)
55位 イーダ(ポーランド/パヴェウ・パヴリコフスキ、2013)
56位 ヴェルクマイスター・ハーモニー(ハンガリー独仏/タル・ベーラ、2000)
57位 ゼロ・ダーク・サーティ(米/キャスリン・ビグロー、2012)
58位 母たちの村(仏セネガル/センベーヌ・ウスマン、2004)
59位 ヒストリー・オブ・バイオレンス
           (カナダ米/デヴィッド・クローネンバーグ、2005)
60位 世紀の光(タイ仏オーストリア/アピチャートポン・ウィーラセータクン、2006)

61位 アンダー・ザ・スキン 種の捕食(英/ジョナサン・グレイザー、2013)
62位 イングロリアス・バスターズ(米独/クエンティン・タランティーノ、2009)
63位 ニーチェの馬
...(ハンガリー仏スイス独/タル・ベーラ、アニエス・フラニツキ、2011)
64位 グレート・ビューティー/追憶のローマ(伊仏/パオロ・ソレンティーノ、2013)
65位 フィッシュ・タンク(英/アンドレア・アーノルド、2009)
66位 春夏秋冬そして春(韓独/キム・ギドク、2003)
67位 ハート・ロッカー(米/キャスリン・ビグロー、2008)
68位 ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(米/ウェス・アンダーソン、2001)
69位 キャロル(米英/トッド・ヘインズ、2015)
70位 物語る私たち(カナダ/サラ・ポーリー、2012)

71位 熱波(ポルトガル独ブラジル仏/ミゲル・ゴメス、2012)
72位 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(米/ジム・ジャームッシュ、2013)
73位 ビフォア・サンセット(米/リチャード・リンクレイター、2004)
74位 スプリング・ブレイカーズ(米/ハーモニー・コリン、2012)
75位 インヒアレント・ヴァイス(米/ポール・T・アンダーソン、2014)
76位 ドッグヴィル(デンマーク,スウェーデン,ノルウエー,フィンランド/
............ラース・フォン・トリアー、2003)
77位 潜水服は蝶の夢を見る(仏米/ジュリアン・シュナーベル、2007)
78位 ウルフ・オブ・ウォールストリート(米/マーティン・スコセッシ、2013)
79位 あの頃ペニー・レインと(米/キャメロン・クロウ、2000)
80位 父、帰る(ロシア/アンドレイ・ズビャギンツェフ、2003)

81位 SHAME−シェイム−(英/スティーヴ・マックイーン、2011)
82位 シリアスマン(米/コーエン兄弟、2009)
83位 A.I.(米/スティーヴン・スピルバーグ、2001)
84位 her/世界でひとつの彼女(米/スバイク・ジョーンズ、2013)
85位 預言者(仏伊/ジャック・オーディアール、2009)
86位 エデンより彼方に(米仏/トッド・ヘインズ、2002)
87位 アメリ(仏/ジャン=ピエール・ジュネ、2001)
88位 スポットライト 世紀のスクープ(米/トム・マッカーシー、2015)
89位 頭のない女(アルゼンチン/ルクレシア・マルテル、2008)
90位 戦場のピアニスト(仏独英ポーランド/ロマン・ランスキー、2002)

91位 瞳の奥の秘密(アルゼンチン/フアン・ホセ・カンパネラ、2009)
92位 ジェシー・ジェームズの暗殺(米/アンドリュー・ドミニク、2007)
93位 レミーのおいしいレストラン(米/ブラッド・バード、2007)
94位 ぼくのエリ 200歳の少女(スウェーデン/トーマス・アルフレッドソン、2008)
95位 ムーンライズ・キングダム(米/ウェス・アンダーソン、2012)
96位 ファインディング・ニモ
............(米オーストラリア,フィリピン/アンドリュー・スタントン、2003)
97位 ホワイト・マテリアル(仏/クレール・ドニ、2009)
98位 10話(仏英イラン/アッバス・キアロスタミ、2002)
99位 落穂拾い(仏/アニエス・ヴァルダ、2000)
100位 カルロス(仏/オリヴィエ・アサヤス、2010)
100位 レクイエム・フォー・ドリーム(米/ダーレン・アロノフスキー、2000)
100位 トニ・エルトマン(独オーストリア/マーレン・アーデ、2016)







AutoPage最新お知らせ