『太陽の棘』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

精神科医のエド・ウィルソンは、
大学を卒業後、軍に徴用され、日本に赴任、
京都で事前訓練を受けた後、沖縄で任務につく。
兵士の中に起こる
戦争による心の傷跡をケアする仕事だ。

休日、車で沖縄を運転していたウィルソンは、
道に迷い、
「NISHIMUI ART VILLAGE」
という看板を掲げた一角にたどり着く。
そここそ、沖縄土着の絵画を描く芸術家たちのコロニーだった。
こうして、ウィルソンとそこの画家たち、
ゴッホでもなく、ゴーギャンでもない、
独特な画風を持った画家たちとの交流が始まる。

ニシムイ(北森)美術村は、
沖縄県那覇市首里に実際にあった芸術家たちの共同体。

クリックすると元のサイズで表示します

2009年3月15日、
NHK「日曜美術館」で特集された。
画家たちは、アトリエ兼自宅の小屋で、
アメリカ兵相手に絵を売って暮らしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

安谷屋正義(あだにやまさよし1921-1967 )、
玉那覇正吉(たまなはせいきち1918-1984 )、
安次嶺金正(あしみねかねまさ1916-1998 )といった、
のちに沖縄を代表する画家たちがいた場所だ。

本作は、美術関係の小説で特異な位置を占めるな原田マハ
サンフランシスコ在住の精神科医、
スタンレー・スタインバーグ博士に会い、
1948年から50年までの間、
沖縄アメリカ陸軍基地に勤務し、
ニシムイ美術村の芸術家たちと交流した
経験を聞いた話に基づいて書かれている。

スタインバーグ博士が集めたニシムイ・コレクションは、
2009年、沖縄県立博物館・美術館の展覧会で展示された。
前記のNHKの特集は、その際のもの。

ただ、物語は平板で、
ニシムイ美術村の芸術家たちの内面まで立ち入ったものではない。
起こる事件も平凡。
せっかくの素材を
充分な熟成をさせないまま書いてしまった感がある。

ただ、あまり知られていないニシムイ美術村について
小説化した功績は買う。

冒頭に掲出した本の表紙↑は
玉那覇正吉氏によるフタンレー・スタインバーグの肖像(一部)。
裏表紙は玉那覇正吉氏による「自画像」↓(一部)。

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど、ゴッホでもゴーギャンでもない、
独特な筆致である。


『テロ,ライブ』  映画関係

今日は昼から渋谷に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

続いて豊洲に。

クリックすると元のサイズで表示します

映画のハシゴです。

映画は基本的に1日1本にすべきで、
続けて観ると、
どちらかが割を食うので、
ハシゴを避けるようにしているのですが、
一つは交通費問題、
もう一つはブログ掲載の作品選出のために
最近、ハシゴを余儀なくされています。

前者の問題は既に書きましたが、
後者の問題は、
最近、あまり良い映画に当たらず、
このブログで紹介する作品に
なかなか出逢えないことにあります。

このブログで紹介するのは、
5段階評価の「4」以上、
悪しても「3.5」以上の映画
にしたいからです。

参考のために私の映画の5段階評価の基準を書くと、

普通にまあまあ見られた映画は「3」。
面白かった映画は「4」。
その上感動までさせてくれたら「5」。
反対に退屈させたら、即「2」。
更に汚く、嫌悪感をもよおしたら「1」。

音楽モノ、タイムスリップものに多少甘くなることがあります。
また、洋画より邦画の点が甘くなる傾向も。

最近、「3」の映画が多く、
「3」というのは、凡人の作品ですから、
わざわざブログで皆さんに紹介するまでもない、
と思って躊躇してしまいます。
それでも「話題作」の場合は掲載することがあります。

「2」や「1」の作品で
思いっきりけなしたくなることがありますが、
これは以前にもこのブログに書いたのですが、
昔、新聞の投書欄で、
「モスラ」の不細工なリメイク(1996)に対して
「モスラ、感動をありがとう」という投書を読み、
また、山田洋次の押しつけがましい駄作「虹をつかむ男」(1996)
のラストシーンを観るたびに、
毎回泣いてしまう、
という人の話を聞いて以来、
このブログではあまりけなさないようにしています。
人の受け取り方は様々なので、
好きな映画をけなされれば、嬉しくないでしょうから。
それに、
映画を愛する者として、
わざわざ観客を減らすようなことをしても仕方ない、
と思うからです。
それでも、腹に据えかねた時は、
掲載してしまうこともありますが。

このブログは、
旅行記や身辺雑記、政治ネタなどと
映画紹介、書籍紹介をサイクルで掲載しているので、
紹介する映画がないと
更新を差し控えなければならなくなります。

浦安の舞浜には、
16スクリーンを擁する
大きなシネマコンプレックスがあり、
家から車で10分ほどで
手軽に映画を観れるのですが、
メジャー系の作品が多く、
たいていは「3」止まり。
実は昨日も舞浜で2本ハシゴをしたのですが、
どちらも「3」の作品でした。
単館系の映画に良いのが多く、
どうしても日比谷や渋谷まで足を運ぶことになります。

そこで、本日は、渋谷と豊洲を回ったわけです。
今日の2本の映画は
期待に違わず「4」でしたので、
安心して紹介することが出来ます。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は韓国・ソウル。
花形アナウンサーとして活躍していたのに、
不祥事でテレビ局からラジオ局へ飛ばされてしまったユン・ヨンファは、
今日もリスナーから政治的意見を聞く番組を
あまりやる気もなく放送していた。
そこへかかってきた一本の電話は、
爆破予告の内容だった。

クリックすると元のサイズで表示します

「いたずら電話はやめてくれ」と断った直後、
漢江に架かる麻浦大橋が爆破される。

クリックすると元のサイズで表示します

局の窓からその光景を観たヨンファは、
脅迫電話の主こそ爆破テロの犯人だと判断し、
彼との通話をテレビで独占生中継する。

クリックすると元のサイズで表示します

これを機会に表舞台への復帰を目論むヨンファ。
視聴率を稼げると見込む報道局長。

クリックすると元のサイズで表示します

大統領の謝罪と21億ウォンの現金を要求した犯人は、
ヨンファの耳に付けられたイヤホンにも爆弾を仕込んだことを告げる。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の進行につれて、
大変な意欲作だと分かる。
というのは、
場面がテレビ局のスタジオだけの限定された
「三一致の法則」で成り立っているからだ。

これは、16〜17世紀に、
フランスの古典主義者によって唱えられた作劇の法則で、
(1) 事件は1日のうちに終結しなければならないという時間の統一
(2) 事件は同一の場所において展開しなければならないとする場所の統一
(3) 劇の行動は一貫した単一のものでなければならないとする行動 (筋) の統一
の3つから成る。

まさに、90分のリアルタイムで進行し、
場面はスタジオに限定、
ひたすらテロ事件の顛末を追うという意味で、
見事に3つの一致をしているのだ。

そのため起こる緊迫感は並でなく、
細かいカット割を含めて
サスペンスを盛り上げる。
事件を悼むのではなく、
視聴率競争に走り、
センセーショナルの方向に向かうテレビ局の体質も描かれる。
政府当局者の無責任体質も出て来、
あのフェリー沈没事件をも彷彿とさせる。

クリックすると元のサイズで表示します

場面を局内に限定したため、
窮屈になった点もあるが、
それは意欲を買うべきだろう。
ただ、ユンファが局長とやりあっている間、
テレビの画面はどうなっていたのか、
そもそも放棄されたラジオ番組はとうなったのかも含めて、
放送に関するリアリティがやや不足している点は否めない。
犯人の動機も
これほどの大事件を起こす背景としては弱くないか。
しかし、韓国社会の暗部をかいま見ることは出来る。

最後の思いも寄らぬ展開は息を飲んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は、新鋭キム・ビョンウ
脚本も兼ねて野心がうかがえる。
アイデア次第でこれほど緊張感に満ちた映画が撮れるということは、
コミックの映画化で若い者向けの甘い甘いものばかりで
志が感じられない邦画に対する一石となるだろう。

愚かな大統領のせいで、
最近、韓国映画は極力観ないようにしている私だが、
予告編で「悪魔は誰だ」「チング 永遠の絆」など、
観たくなるような映画が多い
韓国映画のエネルギーには、
正直、悔しいが脱帽するしかない。

5段階評価の「4」。

                                           予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=6pX1-i-K3G8&feature=player_embedded


                       
タグ: 映画

映画サークル  映画関係

和室の畳を張り替えました。

クリックすると元のサイズで表示します

井草ではなく、
機械すき和紙を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します

アレルギーやアトピー性皮膚炎原因となる
ダニやカビの発生が抑えられます。
褪色もないので、
いつまでも青々としています。


先日の団地夏まつりのビンゴゲームで当たった
食事券を使いに行きました。

住宅街の中にあるお蕎麦屋さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

お店にお年寄りが一人、
厨房にもお年寄りが一人、
二人でやっているようです。

てんぷら蕎麦と

クリックすると元のサイズで表示します

天重をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

6時ですが、
客は私たちだけ。
その代わり、出前の電話が頻繁に入ります。
住宅街ですから店に来る客よりも
出前で成り立っているのかもしれません。
こういうお店に来ると、
客が1日何人で、客単価がいくら、
粗利いくらでこれだけのもうけ、
家賃がいくらで人件費がいくら・・・
と私が診断を始めるので、
カミさんはあきれています。


というのは昨日のことで、
今日は夕方から銀座に出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します

映画鑑賞サークルCCS
月1回の例会に出るため。
カミさんが「え?また?」と言うくらい、
1カ月は、あっという間に過ぎます。

出席前に腹こしらえ。
時々行く築地の立ち食い寿司の店↓で

クリックすると元のサイズで表示します

↓お好み寿司セットを。

クリックすると元のサイズで表示します

さすが築地でネタがいい。
それにしても、
生魚の切り身を
握った酢飯に乗せただけの
究極のシンプル料理
これが世界を席巻する。
素材がいのち
日本料理の極致と言えるでしょう。

さて、映画サークルの方は、
近況報告の後、
「her/世界でひとつの彼女」
「渇き。」
「超高速!参勤交代」
「トランセンデンス」
の4作品について感想を述べ合いました。

近況報告をしていて気づきましたが、
私が推薦する
「めぐり逢わせのお弁当」
「グレート・ビューティー 追憶のローマ」
は、共に人生の黄昏を迎えた人の話。
こういう話にいたく感動するようになってしまいました。
どうも映画への感受性は
年齢と無関係ではではなさそうです。

タグ: 映画

『推定脅威』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

正体不明の侵入機に対して発進した
スクランブル飛行中の自衛隊航空機TF−1が墜落した。
その半年後、再び侵入機を追っていた同じ機種が墜落し、
パイロットは緊急脱出をする。

最新型の自衛隊機が、
なぜ墜落事故を続けて起こしたのか?
防衛省は機体を製造する航空機メーカー、
四星工業にその検証を依頼する。
四星工業では入社三年目の技術者・沢本由佳が
上司の永田とともに業務に当たる。
シュミレーションの結果、
事故原因はパイロットの単純な誤操作によるものだと判断されたが、
航空機メーカーの技術者たちは、どこか不可解なものを感じる。
永田は沢本が言った何気ない一言が気になり、
すでに会社を辞めてデザイナーをしている同期の倉崎に話を持ちかける。

一方、講習会の講師をつとめた沢本は、
第2の事故の当事者であるパイロットから
事故が起きるように
侵入機に誘導されたような気がする、
との感触を聞かされる。

真相を追う沢木の前に
TF−1設計時に官(防衛省)と民(航空機メーカー)が
それぞれ抱え込んでいた闇が見えて来、
ある人物の姿が浮かび上がる。

侵入機の正体は何か。
その意図するところはどこにあるのか?
第3の侵入機を追うTF−1は事故を起こさなかったが、
第4の侵入という「推定脅威」に向かって、
技術陣、パイロット合同での準備が進む・・・。

作者の未須本有生氏は、
東京大学工学部航空学科卒業後、
大手メーカーで航空機の設計に携わった人。
それだけに航空機、戦闘機についての知識は半端ではなく、
その知識を総動員した精密な描写が続く。
素人にはついていけないところもあるが、
飛行機の設計思想、メカニズム、
メーカーとユーザーの微妙な関係、
パイロットの思考など、
分からないながら、そんなものかと読み続ければ
それなりのカタストロフィーは味わえる。

ただ、技術面の充実度に比べ、
登場人物の描き方がいまいちで、魅力に欠ける。
戦闘機の飛翔シーンがいいのに、
役者が大根で興をそぐ、という感じ。
ところどころ挟まる、
犯人の心境の独白は不要。
登場人物間の恋愛模様、
ましてベッドシーンも不要。

まあ、後は修練を重ねて、
登場人物の魅力を両輪の輪の一つとした
航空ミステリーを書いてほしいものだ。

第21回松本清張賞受賞作

第4の侵入を迎える準備段階での
次の議論は笑える。

倉崎が提案を持ちかけた後の二人のやりとりは、
漫才みたいで楽しかった。
倉崎が
「神階が陰謀の首謀者である確率は
50パーセントくらいで、
次に何かを仕掛けてくる可能性も
50パーセントくらいだと思う」
と言うと、後藤は
「そんな雲をつかむような不確定なことのために、
こんな手の込んだことをするのか?」
と詰め寄った。
それに対して倉崎は、
「ほぼ100パーセント有り得ない脅威
からの攻撃に備えて、
日々膨大な経費を使って訓練をしている
自衛隊の隊長の言葉とも思えない」
と、したり顔で応戦したのだ。
これには後藤も
「それを言っちゃあ、身も蓋もないじゃないか」
と苦笑いするしかなかたっのだ。
あの時、沢本はついふき出してしまったが、
平岡も
「これは、防衛という概念そのものに関わる問題だ」
と困惑気味だった。


『グレート・ビューティー/ 追憶のローマ』  映画関係

今日は、久し振りに「上京」
8月12日以来ですから、
2週間もの間、
浦安にこもっていたことになります。

まず、銀座に出て、

クリックすると元のサイズで表示します

次に豊洲へ。

クリックすると元のサイズで表示します

映画のハシゴです。
しかし、最近、あまり良い映画に当たりません。
その中で、
ようやく出会った秀作を紹介します。

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

アカデミー賞外国語映画賞は、
受賞作のみならず候補作までハズレがない。
選考委員の炯眼に驚かされるが、
この2013年度アカデミー賞外国語映画賞受賞作
評判に違わず、よい出来だ。

作家兼ジャーナリストのジェップ・ガンバルデッラは、
65歳で、そろそろ人生の黄昏を迎えている。
40年前に書いた作品が大評判でベストセラーとなったが、
それ以来、新たな作品は発表出来ないでいる。
仕事は雑誌で芸術家へのインタビューなどをしているが、
辛辣な質問をして相手を怒らせたり、
仲間に対しても辛辣な批評をして恨みを買ったりもする。
それでもローマの社交界では有名人で、
俳優、アーティスト、実業家、貴族、モデルなどが集う
ローマの華やかなレセプションやパーティーを
毎晩渡り歩く日々を過ごしている。
しかし、内心では空虚な乱痴気騒ぎに飽き飽きしている。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなある日、
忘れられない初恋の女性の訃報が届き、
その女性が、
ずっと自分のことを思い続けていたと知り、
衝撃を受ける。

クリックすると元のサイズで表示します

これをきっかけに
長い間中断していた作家活動を再開しようと決意し、
人生の価値を求めてローマの町を彷徨う。
名声を得ながらも、
埋められない孤独と虚しさを抱えた男が、
人生の旅の黄昏に悟った境地とは…?

クリックすると元のサイズで表示します

ローマという町は、
過去の栄光に満ちた町。
登場人物たちは、
かつてテレビで活躍した人や
没落した貴族など、
過去の栄光にこだわり、
未来に希望のない人たちだ。

ジェップの住むマンションは
コロッセオを見下ろす立地だが、
その立地そのものが主人公の立場を代弁している。
なにしろ、
40年前に書いた小説一本で今を生きているのだ。
仲間の一人は劇作家で、
その最後の舞台で
この年齢では過去にこだわることしかできない。
郷愁に満ちてどこが悪い、と言い張る。

物語は大きな事件も起きず、
ジェップとそれを取り巻く人物像を淡々と描く。
しかし、影を落とすのは、「死」であり、
希望の喪失だ。
その心象風景を描くのに
ローマほどふさわしい町はない。

クリックすると元のサイズで表示します

息子の写真を毎日撮り続け、
14歳からは息子が継続した莫大な顔写真を
展示する会場でのジェップの表情。
時々思い出される、
初恋の人とすごした海岸での光景。

そうした積み重ねが何とも言えない寂寥感を伝える。

終盤近く、アフリカ伝道の「聖女」の挿話が秀逸。
マザー・テレサを彷彿させる
しわくちゃのミイラのような「聖女」。
(よくこんな役者を見つけてきたものだ)
そのミイラに行列を作って拝謁する人々。
聖女のはいたサンダルがぶらぶらして脱げる。
その聖女を招いての晩餐会で
料理の講釈を垂れて顰蹙を買う美食家の枢機卿。
何でも料理の話に持っていこうとするのが笑える。
聖女が草の根しか食べないというのと対照的だ。
そして、聖女が口にする
「貧しさは語るものではなく、生きるものです」
という言葉。
土間に敷いた紙の上でしか眠れないという100歳を越えた聖女は、
ジェップの家の床で眠りこける。
うさんくさい聖女のエージェントの言動から
エセ聖人と思わせておいて、
最後にある「奇跡」を見せる手際の鮮やかさ。
その聖女の口を通じて
「どうして筆を折ったのですか」
と訊かせる。
ジェップにとっては最も手厳しい批判だろう。
ジェップを演ずるトニ・セルヴィッロ
自ら「俗物の王」と称するダンディな主人公を好演。
監督はパオロ・ソレンティーノ

私も人生の黄昏にさしかかり、
主人公の心象風景に様々なものが重なって見える。
やはりアカデミー賞外国語映画賞、
だてではない


エンドクレジットで
テベレ川の橋をいくつもくぐって
サンタンジェロ城に至る
クルーズの気分を味あわせてくれる。

5段階評価の「4.5」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=RiICHx3jFPQ&feature=player_embedded


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ