『そして父になる』  映画関係

今日は渋谷に出かけ、映画を2本観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

行きの電車。
車両の全部の広告がpalシステムの広告。

クリックすると元のサイズで表示します


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「誰も知らない」「歩いても歩いても」で
じっくりと家族の絆のありようを描いた
是枝裕和監督の期待作。

大手建築会社に勤め、
都心の高級マンションに
妻と6歳の息子・慶多と暮らす野々宮良多。
ある日妻が出産した病院に呼び出され、
病院で赤ん坊が取り違えられ、
6年間育てた息子が他人の子だと判明する。

DNA鑑定で証明され、
取り違えられた相手の家族と会うと、
相手は群馬県で電球一個を売っているような
しがない電器店・斎木雄大だった。

クールなエリートサラリーマンの野々宮の
内心電器屋を軽んずる気持ちを福山雅治がうまく演ずる。
野々宮は挫折を味わったことのない人生で、
野々宮の中には、
優しすぎて闘争心のない息子に対する疑念があり、
取り違えを聞かされた時、
おもわず「やっぱり」と口にしてしまったことが
妻のみどりを傷つける。

「子供が取り違えられていたら、どうするか」
という「石」を二つの家庭に投げ込んで、
その波紋をじっくりと見つめる是枝監督好みの題材。
盗作問題が生じているようだが、
子供の取り違え事件など、
映画の材料として決して新しいものではない。
問題は、そのよくある素材を
どうやって映画的に料理するかだろう。
その点、是枝監督の細やかな演出に脱帽する。

上司の提案で
「二人とも引き取る」と提案する野々宮に対して
「お金で買えるものと買えないものがある」
と逆襲される野々宮。
あとで「どうして電器屋にあんなことを言われなければならないんだ」とつぶやく。

豊かな暮らしをし、
有名大学の付属小学校に入学させることが
子供の幸福だと考える野々宮。
一方、妻を弁当屋のパートに出しながら、
暖かい触れ合いを大切にする斎木。
試験的な泊まりで
大皿に持った餃子を供する斎木と
高級和牛のスキヤキを食べさせる野々宮。
対照的に描く二つの家庭の
どちらが幸福なのか分からない。

斎木を演ずるリリー・フランキーも妻の真木よう子も好演。
野々宮の妻・みどりを演ずる尾野真千子もうまく、
是枝監督の時になると、
どうしてこうも役者が上手に演ずるのかと思うが、
それが是枝監督の演出の手腕というものだろう。
子供も自然だが、
「演技」を引き出すまでには至らなかった。

血のつながりと6年間の生活とどちらを大切に思うか。
野々宮自身、父が母と離婚しての
義母との生活があり、
その思い出も野々宮の目覚めの一歩となる。
題名通り、この映画の主人公は野々宮で、
野々宮の父親としての成長物語だ。
涙を呼び起こすような作品ではないが、
一つ間違えば、
どこの家庭にも起こるかもしれない事件を通じて
家族のつながり、
愛とは幸福とは
、を考えさせ、
深く心に残る一篇

4人の役者の好演で、
良き日本映画が出来上がった。

5段階評価の「5」。

タグ: 映画

ロシア旅行記B ウラジミール  旅行関係

ツァー3日目は、モスクワ郊外のウラジミールへ。

クリックすると元のサイズで表示します

モスクワ北東には、
12〜13世紀に栄えた古都が点在し、
つなぐと環状になることから、
「黄金の環」と呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

モスクワからこんな道路を

クリックすると元のサイズで表示します

こんな景色を見ながら向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

道はあくまで平坦。

クリックすると元のサイズで表示します

路傍にはバス停

クリックすると元のサイズで表示します

かなり頻繁に現れますから

クリックすると元のサイズで表示します

市民の足なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

住宅の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中寄ったコーヒーショップ。

クリックすると元のサイズで表示します

このおばさんがコーヒーや紅茶を入れ、パンを温めてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

キノコの形をしたケーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

猫現る。

クリックすると元のサイズで表示します

人なつっこい。

クリックすると元のサイズで表示します

木にはキノコが。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期の庶民の楽しみはキノコ狩りだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ウラジミールに着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

教会。

クリックすると元のサイズで表示します

コンサートホール。

クリックすると元のサイズで表示します

黄金の門

クリックすると元のサイズで表示します

街を囲んでいた城壁の門の一つ。
キエフの黄金の門を模して12世紀半ばに造られました。
かつて町を取り囲んでいた城壁には
5つの外門と二つの内門がありましたが、
現在残っているのは、この黄金の門だけです。
高さ14メートルのアーチの上には礼拝堂があります。

城壁の名残の土塁。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、このレストランで。

クリックすると元のサイズで表示します

内部は、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

ロシアの伝統的なサモワール。(湯沸器)

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに人形が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「シー」と呼ばれるキャベツのスープと、

クリックすると元のサイズで表示します

ビーフストロガノフ。

クリックすると元のサイズで表示します

公園を歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

ドミトリエフスキー教会へ。

クリックすると元のサイズで表示します

世界遺産「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」の一つ。
12世紀に建造された個人(公爵)のための教会。

クリックすると元のサイズで表示します

石灰岩の外壁にはダビデ王をはじめとし、
聖人、歴史上の英雄、動植物などが装飾されています。

クリックすると元のサイズで表示します

「石の詩」「石のカーペット」とも呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

ペンギン形のごみ捨て。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台からの

クリックすると元のサイズで表示します

景色。

クリックすると元のサイズで表示します

この銅像は

クリックすると元のサイズで表示します

ウラジミール伯爵とピョードル神父

クリックすると元のサイズで表示します

ウスペンスキー大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

モスクワのクレムリンにもウスペンスキー教会というのがありましたが、
ウスペンスキー(Успенский)は、
ロシア語で「眠りの」を意味する形容詞で、
特に生神女マリヤの就寝(永眠)を意味し、
ロシアでは、聖堂・教会・修道院がこれにちなんで名づけられることがあります。
このウラジミールのウスペンスキー大聖堂も、
訳せば、生神女就寝大聖堂
世界遺産「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」の一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

その鐘楼。

クリックすると元のサイズで表示します

内部は撮影禁止なので、
写真集から紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

14世紀までは、
ロシアの大聖堂の最高位にあった教会で、

クリックすると元のサイズで表示します

内部の壁は美しいフレスコ画で覆われています。

クリックすると元のサイズで表示します

内部は荘厳そのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

まことに美しいフレスコ画の数々をご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ロシアの教会は正教会
正教会は、ギリシャ正教もしくは東方正教会とも呼ばれる、
キリスト教の教会(教派)の一つです。
ローマカトリックともプロテスタントとも違います。

日本語の「正教」、
英語名の"Orthodox"(オーソドックス)は、
「正しい讃美」「正しい教え」を意味する
ギリシャ語のオルソドクシア "ορθοδοα" に由来します。

例外はあるものの、
正教会は一カ国に一つの教会組織を具えることが原則です。
ロシア正教会、ギリシャ正教会、グルジア正教会、
ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、日本正教会などですが、
これら各国ごとの正教会が異なる教義を信奉している訳ではなく、
同じ信仰を有しています。

正教を国教とする国家としてはギリシャ(ギリシャ正教会)、
フィンランド(フィンランド正教会)、
キプロス(キプロス正教会)が挙げられます。
ロシア連邦においてはロシア正教会が最大多数を占めますが、
国教とは定められていません。
概算信徒数は9千万人を数え、
世界最大の独立正教会組織です。

無神論を標榜するソ連邦時代には
一貫して弾圧を受け続け、
大多数の聖堂が破壊され、
聖職者・修道士・修道女・信徒が虐殺されるなどの甚大な被害を受けましたが、
ソ連邦崩壊後には復活を遂げ、教勢を増しています。

ロシア正教会の僧職たちは、
↓のようなきらびやかな僧衣をまといます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓のような黒ずくめの僧衣も。

クリックすると元のサイズで表示します

ロシア正教会の指導者はモスクワ総主教
現在の総主教はキリル1世↓です。

クリックすると元のサイズで表示します

どこかで見た顔、と思いましたが、
ドレスデンのアルトマイスター絵画館で見た
ホルバインの
「シャルル・デュ・ソリエール、シュー・デュ・モレットの肖像画」
の面構えとそっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

もしかしたら生まれ変わり?

ロシア正教の特徴は、
教会内がおびただしいイコンで飾られていることで、
それは自ずと
美しい芸術を生み出しました。
今度の旅では、
これ以降、すさまじいイコンの波が押し寄せて来ます。

次はスーズダリ。



あまロス  

「あまちゃん」終わってしまいましたね。
それで脱力の状態を「あまロス」というのだそうです。
うちの娘は、放送の始まる8時(出勤時間は11時)になると
寝床から起きてきていましたので、
「朝が起きれなくなる」と言っています。

このドラマで株を上げたと言えば、
薬師丸ひろ子古田新太でしょうか。
その他の脇役陣もよかった。
しかし、やはり
ヒロインの能年玲奈のキャラがぴったりだったことが一番でしょう。

↓は、おおしかけんいちさんによるイラスト。
(クリックすると、大きくなります。)

クリックすると元のサイズで表示します

みんなよく似ています。
「前髪クネ男」まで出ています。
最前列右側には、
「あさイチ」で感想を述べあった井ノ原と有働アナ。
右上の○の中は、
午後1時のニュースのアナウンサー。
「あまちゃん」を見ていたことが、
その目を見れば分かります。


『月下上海』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

松本清張賞受賞作。
筆者が協同組合の食堂のおばちゃんであることが話題になった。

昭和17年(1942年)10月12日、
主人公の矢島多江子が
戦時下の上海に船で降り立つところから物語は始まる。
中日文化協会の招聘で、
絵の個展と文化講演をするためだ。
多江子は文藝春秋社の後援を得た画家で、
財閥のご令嬢。
しかし、結婚に失敗し、
その時のスキャンダルを逆手に取って人気画家の地位を得ていた。

受け入れの中日文化協会で
案内役として付いた槙庸平は、
上海に詳しく、多江子を案内する。
しかし、ある時点で槙の態度は豹変し、
過去の多江子のスキャンダルの真相を持ち出し、
民族資本家夏方震の動向を探るように強制する。
実は、槙の正体は、憲兵大尉だったのだ。

というわけで、
魔都と言われる上海を舞台に
戦時下の日中情勢を背景としたスパイ作戦が展開する・・・

と思いきゃ、
話はそうはならない。
今度は夏と繰り返すデイトが描かれる。
夏はアメリカ留学時ボクシングをしていて
鼻がつぶれた容貌にもかかわらず、
魅力的な男で、多江子は次第に夏に惹かれていく。

多江子の幼少からのことも挿入される。
矢島財閥の令嬢として生まれた多江子の少女時代、
知り合った奥宮瑠偉(ルイ)は
伯爵家の次男坊奥宮頼光がパリ留学中、
踊り子との間に生まれた子供で、
奥宮家に引き取られて疎んじられて育っていた。
その瑠偉と親しくなった多江子は、
父親に瑠偉の音楽留学の金を出させ、
帰国後、結婚する。
しかし、恋多き瑠偉の浮気を知った多江子は、
相手の女と瑠偉を破滅させるために大きな賭けに出る・・・

まるで絵に描いたような
上流階級の女が
上海という絵に描いたような魅惑の町で
絵に描いたような恋愛劇を演ずる。
相手は夏だけで終わらず、
抗日運動の医学生黄士海、
最後は槙大尉にまで及ぶ。

日本の敗色が濃くなった時代を選び、
複雑な情勢下の上海を舞台にしながら、
それに深く立ち入るわけではなく、
単なる話の彩りでしかない。
大変な戦時下にあっても、
多江子は夏と豪華な食事と芸術と旅行を楽しみ、
嫉妬した槙の陰謀に巻き込まれる。 
登場人物は夏を除いてことごとく美形で、
多江子を巡って恋愛遊戯を繰り広げる。

財閥の令嬢、しかも美人。
贅沢な少女時代、
美しいハーフで不実な夫、その浮気、
画家としての成功、
上海での交遊、
雑誌から抜け出たような衣裳、
秘密の任務に付く憲兵大尉、
大人物の資本家、
憲兵に追われる中国人の青年・・・。
女性の読者が喜びそうな要素
あるいは作者の願望を満載させ、
こちょこちょと話を転がしただけの空疎な内容

これが松本清張賞とは。



徳田虎雄の落日  政治関係

今、徳州会を巡る
公職選挙法違反事件が取り沙汰されている。
医療法人徳州会理事長・徳田虎雄氏の
息子・徳田毅衆議院議員の
選挙活動で
徳州会病院の職員に
日当を支給した上で選挙運動に従事させたことが
罪に問われているのだ。

公益法人の職員を
自分の身内の選挙戦に動員し、
本来の医療業務をおろそかにした。
法的な問題もさることながら、
その道義的責任は大きい。

しかも、資金作りのために、
徳州会グループの病院を建設するたびに
受注したゼネコンから
工事金額の一部をバックさせ、
しかも、そうした作った裏金
親族に分散し、
株などに投資させて増やしていたという。

医療器具の購入の際も、
業者から直接購入すれば安くつくものを、
親族が役員を務める会社を通じて購入させ、
親族に役員給与の形で還元していたという。
それは「徳田王朝」と呼ばれていた。
医療法人そのものが
地域医療のためではなく、
王朝の維持のために利用されていたのだ。

徳田虎雄氏は、
1938年2月17日生まれだから現在75歳
実弟が医師の治療を受けられなかったことにより
亡くなったのをきっかけに医師を志し、
大学受験のため鹿児島県立徳之島から
大阪に単身移り住んだ。
実家の家計は苦しかったが
父親が先祖伝来の農地を切り売りして仕送りをして学資を支えてくれた。

2浪して合格した大阪大学医学部医学科を卒業後の1973年(昭和48年)、
「失敗したら自殺してその保険金で返す」と説得して
銀行から金を借り、
「徳田病院」を大阪府松原市に設置し、
続く1975年(昭和50年)、
医療法人徳洲会を設立した。
24時間救急患者を受け入れる、
患者からの贈り物は一切受け取らない、
差額ベッドの廃止
など、
それまでの医療の常識を打ち破る特異な方針を打ち出して実行し、
全国の医療機関に大きな影響を与えた。
「生命(いのち)だけは平等だ!!」をスローガンに
安心して療育できる環境作りを目指し、
地方自治体や医師会とたびたび対立しながらも、
全国各地に病院や診療所を開設した。

この頃の徳田氏は格好良かった。
まさに「風雲児」現るで、
独特な風貌が革命家を感じさせた。
閉塞的な医療業界に風穴を開けることが期待された。

クリックすると元のサイズで表示します

徳州会の全国展開を進める一方で
医療制度の改革には政治改革が必要との認識に至り
政治家を志す。
1983年(昭和58年)、1986年(昭和61年)の衆議院総選挙に
続けて落選するも、
1990年(平成2年)、初当選し自由連合を結成する。
1993年、再選。
その後、1994年(平成6年)に自由連合を政党化し、代表に就任。
村山改造内閣では与党入りして沖縄開発政務次官を務めた。
1996年(平成8年)の衆議院選挙で落選したが、
2000年(平成12年)の総選挙で復活を果たし、
2003年(平成15年)の総選挙でも再選された。
2002年(平成14年)、
筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病。
2004年(平成16年)2月ごろから病状が悪化し、
そのため国会に出席できず、療養していたが、
2005年(平成17年)8月8日の衆議院解散をうけ、
体調回復が十分でないとして政界を引退すると発表した。

後継者として2005年(平成17年)9月11日の衆議院総選挙に
次男の徳田毅氏が立候補、当選。
その背後に組織の動員と資金の流用があった。

かつて「子孫に美田を残さず」と言っていた徳田氏だが、
現実には自分の作り上げた組織を
息子のために私物化しているとしか思えない。

徳田氏は、現在、神奈川県鎌倉市の湘南鎌倉総合病院の特別室で治療を受けながら、
徳洲会の経営を掌握しており、
今もなお最高決定権を握っている。
体が動かない徳田氏は、
50音の文字盤を前に
まばたきで文字を指定し、
それで文章を作って指示を出しているという。

クリックすると元のサイズで表示します

選挙対策の会議の様子も
モニターで監視し、
指示を出す。
画面の中で、一幹部が会議に欠席していたことを把握し、
叱責したともいう。

何だか悲しい光景だ。

病に倒れたのも、
神様が「お前、休みなさい」と言ってくれているのかもしれないのに、
また、「初心に戻りなさい」と言っているのかもしれないのに、
果たされなかった政治の世界を
息子に託してしまった。

全国66の病院を傘下に収め、
関連会社・施設も多い、
この日本一の医療法人が、
組織ぐるみで選挙に従事し、
しかも選挙違反をしていたという事実の影響は大きく、
各地で職員が離職するなど、
医療に支障が出ている。
来年の研修医採用がゼロになりかねず、
病院の存続さえ危ぶまれている。

弟が満足な医療を受けられなかったとして、
理想的な病院を作ろうと志した徳田氏。
その志が狂ったのは、
やはり政治に関わったからだろう。
徳之島といえば、
現金での票の買収が有名なところ。
金で票が買えるということで
病院の金を投入した。
医療法人の利益は設備の充実などに再投資してこそ生きるのに、
別なことに金を使ってしまった。
それも政治のためであり、
はっきり言えば、当選のためだ。

一代の風雲児までも変節させてしまう政治の魔力

徳州会の幹部の会議で、
執行部の刷新と
徳田氏の退任を検討すべきだとの提案が出た。
別室で会議の様子をモニターしていた徳田氏が現れ、
この提案を覆したという。

今こそ徳田氏は政治から離れ、
初心に帰って理想的な病院の建設をめざすべきなのに、
そのチャンスも失われてしまった。

映画「市民ケーン」の主人公ケーンのつまづきも、
知事選挙に出馬し、
スキャンダルで敗北したことから来ている。

何年か後、徳田氏が亡くなってから
その一代記が映画化されるかもしれないが、
理想に燃える風雲児が
政治によって節を曲げていくあたりを
じっくり描いてもらいたいところだ。






AutoPage最新お知らせ