仮免、受かりました  

本日、仮免、合格しました。
苦手だったS字曲線コース、
クランク(屈曲)コースも
慣れたのか無難にこなし、
ややスピードが遅いながら、
指定されたコースを回ることが出来ました。
続く学科試験は満点の出来。

実は、技能教習がストレスで、
体重が減りました。
しょっぱなの技能教習で「もう一回」をくらい、
S字コース、クランクコースでは2回続けて「もう一回」となり、
やや自信喪失。

加えて学科教習が頭に残らない。
自習室での模擬テストも散々の出来。
それでも学科教本を繰り返し読み、
模擬テストを何回もするうちに、
頭の中の回路がつながったのか、
高得点を取ることが出来るようになりました。

10月4日から始めて1カ月弱
その間3回の海外旅行をこなしているのですから、
順調だったと言えるでしょう。

しかし、技能教習の予約はかなり先まで一杯で、
キャンセルの出るのをキャッチして、
ネットで予約したから2カ月で出来たので、
勤めながらではまず無理だと思われます。

そのせいか、教習生は学生と思われる若者ばかり。
その中に混じってオッサンが必死になってやった次第です。

いよいよ第2段階で、
次から路上に出ます。
教習所内の遅いスピードでは
周囲に迷惑をかけますので、
どれだけスピードを出せるかが問題。

しかし、11月中に仮免まで進めて、
区切りとしては丁度良いところです。


チョベ国立公園のサファリドライブ  旅行関係

今日も旅行会社からの返事はありません。
メールでホテルとはすぐ連絡出来るはずなのに、遅い。
回答が遅れているのは、吉なのか、凶なのか

まあ、万一メモリーが見つかったとしても、
日本に届くのに時間がかかると思われますので、
写真の掲載を始めます。
ちょっと変則的に途中から。


アフリカ旅行7日目に当る日は、
チョベ国立公園へ
ジンバブエからボツワナに入ります。

国境で入国のハンコは押されますが、
ビザ代は取られません。
ザンビアでダブルエントリー分80ドル、
ジンバブエでもダブルエントリー分45ドル
必要だったことを考えると、不思議。
ダイヤモンド産出量世界一の余裕なのかもしれません。
英国から独立した直後の1967年にダイヤモンド鉱山が発見され、
もしそれが分かっていたら、
英国は独立を認めなかっただろう、
と言われています。
おかげで今では南部アフリカで最も豊かな国。

日本の約1.5倍の面積の土地に
人口は195万人しかいません。
南西部がカラハリ砂漠、
中央部から北部はサバンナ地帯。
国土の17%が自然保護区や国立公園で、
国の方針として
環境保護を考慮した観光開発が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

国境では、口蹄疫の予防のために、
車両も人間も
薬剤を滲みこませたマットの上を通らされます。
何年か前の宮崎県の口蹄疫騒動で
芝浦の食肉市場の入り口に敷かれた
マットを思い出しました。

チョベ国立公園

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんなジープに分乗して、

クリックすると元のサイズで表示します

↓出発。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな木もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

キリン発見。

クリックすると元のサイズで表示します

悠々と高いところにある葉っぱを食します。

クリックすると元のサイズで表示します

インパラの家族。

クリックすると元のサイズで表示します

子供のインパラ。

クリックすると元のサイズで表示します

これはハゲタカの群れ。

クリックすると元のサイズで表示します

今朝、ライオンが狩りをして、
2頭のバッファローを倒したそうで、
そのおこぼれにあずかっています。

クリックすると元のサイズで表示します

イボイノシシ。

クリックすると元のサイズで表示します

何という動物だったか。

クリックすると元のサイズで表示します

突然、車の前を横切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

カバの群れ。

クリックすると元のサイズで表示します

象の大群。

クリックすると元のサイズで表示します

普通15頭位で一家をなすので、
こんなに多い群れは珍しいとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

チョベ国立公園は「象の楽園」とも呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

保護され、増え続けて、問題になっているとも。

クリックすると元のサイズで表示します

推定約12万頭がいると言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

ニュージーランドに行った時、
これで一生分の羊を見た、と思いましたが、
今回は、一生分の象を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

何やら股間にぶらぶらと。

クリックすると元のサイズで表示します

威嚇しています。

クリックすると元のサイズで表示します

暑いので、水浴びをして、

クリックすると元のサイズで表示します

泥を体に塗りたくります。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、土を掘って、ミネラルを補給しているところ。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥たちも沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バッファローの群れにも遭遇。

クリックすると元のサイズで表示します

見えるのは、
ザンベジ側の支流のチョベ川。

クリックすると元のサイズで表示します

午後は、ボートサファリで水辺の動物を見ます。



ドイツに着いた、とJYJの勝訴  

娘から、ホテルに入った、
との連絡が入りました。
成田を発って27時間。
長い旅でしたね。

その間に、
キム・ジュンスが所属するJYJ
韓国最大の芸能プロダクション
SMエンターテインメントの間で争われていた裁判で、
紛争開始から3年4か月ぶりに両者が和解した、
という報道がなされました。

これは、2004年に「東方神起」としてデビューした5人組のうち、
キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスの3人が
2009年7月31日に
SMエンターテインメトを相手取って、
専属契約の無効を求める仮処分申請を行ったことに端を発します。
5人のうちユンホとチャンミンの2人は行動を共にしなかったため、
「東方神起」は分裂状態になり、
3人はJYJを結成し、音楽活動を行いましたが、
テレビ界から「抗争中のタレントは使わない」とほされ、
少なくとも地上波の音楽番組には出演できないでいました。

それは日本にも及び、
チャリティコンサートが予定されていた横浜アリーナ、
さいたまアリーナが一旦決めた会場貸しを断り、
(背後にエイベックスの圧力があったと言われる)
ようやく国技館でコンサートをしたものの、
その後は会場がみつけられず、
茨城県の海浜公園などでコンサートをする始末でした。

普通ならつぶれてしまうケースで、
前例もあるのですが、
才能のある3人は、
ジュンスはミュージカルに活路を見いだし、
ユチョンは次々と人気ドラマに出て成功し、
ジェジュンは映画へと
それぞれ活躍の幅を広げていました。

今度の和解内容は、
「キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスの3人と
SM間で結ばれた全ての契約は
仮処分申請日の2009年7月31日付で終了する
ことで両者が合意した。
また、今後、相互の諸活動を干渉しないという内容の合意書を締結した」

というもの。

この和解により、JYJは
「奴隷契約」と呼ばれた不公正な契約から解放されたことになります。
契約内容の不公正は、
弱い立場の新人に強制されたものとして排除。
この影響で、古いままの韓国芸能界の慣行が
改善されるものと思われます。

結果的にJYJの勝訴、という内容で、
今後、SMの妨害で地上波の出演が出来なかったのが、
変わるのではないかと期待されています。

普通ならつぶされて終わりのところを、
自分たちの才能で乗り切った形で、
「巨人ゴリアテに対抗したダビデ」
になぞらえられています。


娘はこの報道をアブダビで知ったらしく、
Facebookに、
「こんな歴史的瞬間にアブダビに居る私って」と書き、
友達から
「ていうか、なんでアブダビ?」
と、つっこまれていました。


娘はドイツへ  

ソウルから一時帰国した娘と
一日過ごしたと思ったら、
私と入れ違うように、
今夜ドイツに発ちました

エディハド航空アブダビ経由でデュッセルドルフ、
汽車に乗り換えて、オーバーハウゼンへ。
このオーバーハウゼンという町、
「地球の歩き方」のドイツ篇にも載っていない小さな町。
映画祭が行われることと、
巨大ショッピングモールがあること、
シルク・ドゥ・ソレイユがたびたび公演を行うらしい、
これくらいの知識しかない町へ、
娘はキム・ジュンス
ワールド・ツァー最終日を観るために飛びました。
恐るべしDNA


失われたメモリースティックについて
旅行会社からは返事が来ません。
まだ1日しかたっていませんが、
今はメールの時代。
すぐに結果が出そうな気がしますが、
旅行会社の中でどういうシステムになっているのか。
なにしろ、アフリカ
出て来ることへの期待は薄いですが、
やはり期待してしまいます。

そういうわけで、
まだ旅行記が始められません
普通なら、今日あたりから始まっているのですが、
写真のない旅行記などおよそつまらない。
最後の一枚のメモリーに残っている
ボツワナ、ジンバブエを先に始めようか、
それとも、
メモリーが見つからないことが分かったなら、
旅行雑誌の写真を借用して
旅行日程通りやろうか、
などと迷っています。

旅行会社の返事待ち。
皆様、しばらくお待ち下さい


大失敗  旅行関係

大失敗をしてしまいました。
デジカメのメモリーステックを
最後に泊まったホテルに忘れて来てしまったのです。

通常、電池とメモリーステックは一緒に保管していたのですが、
最後のメモリーをカメラに装着、
身軽にするために、
既に使ったメモリー2枚を
ケースに入れて
セーフティーボックスの中に置いたのが失敗の原因。
普段と違うことをしてはいけない典型です。

ホテルを退去する際、
セーフティーボックスの中は
何度も目をこらして見たのですが、
見落としたらしい。
それとも無意識に出して、
テレビを納めた木製の箱の上に置いたか。
しかし、部屋を出る時、
何度も忘れ物がないか確かめたのに、
気付きませんでした。

セーフティボックスを確認する際、
懐中電灯で確かめようかとも思いましたが、
入り口の電灯が結構明るかったので、
それもしなかった。
念には念を入れて、すればよかったのに。

今朝になって気付き、
添乗員の電話は通じなかったので、
旅行会社に連絡。
まず、探すだけで4200円取られる、
そして、見つかった場合でも、
送付にかかる人件費やなにやらで、
2〜3万円かかる、と言われました。

しかし、お金より大切な思い出です。
承知して探索を依頼。

でも、アフリカのことです。
メイドが、あるいはフロントが
どんな処理をするか分かりません。

もし見つからなければ、
ケープタウンとヨハネスブルグ、ザンビアと、
旅の記録の3分の2が失われます
このブログの掲載内容も変わってしまいます。

高い授業料になりそうですが、
これを教訓とするしかありません。

あとは、見つかることを祈るのみ。


報告が遅れましたが、
旅行中に娘がソウルから一時帰国
元東方神起、今JYJのキム・ジュンスが出場する
サッカー試合を観るためと、
11月30日に行われる
ジュンスのワールド・ツァーの最終公演である
ドイツの片田舎オーバーハウゼンでの
コンサートに、日本発で行くため。
やれやれ。





AutoPage最新お知らせ