バルト三国の旅4・カウナスと十字架の丘  旅行関係

バルト三国の旅、3日目は、
ヴィリニウスからカウナスを通り、
ラトビアに入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

カウナスでは、まず、
杉原千畝(ちうね)記念館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

元の日本領事館。

クリックすると元のサイズで表示します

えっ、こんなところに、
と思うほどの住宅街にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

中には杉原さんゆかりの文物が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、杉原さんの功績をたどる
15分ほどの映画を見せられます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

第2次世界大戦時、
ナチスの迫害を逃れて
通過ビザを求めて来たユダヤ人たちが
日本領事館前にあふれます。
当時の領事代理の杉原さんは
本国にビザ発給の許可を求める電報を何度も打ちますが、
本国外務省の答はいつも「否」。
ドイツと同盟を結んでいたからです。

悩んだ末、杉原さんは、
独断でビザを発行する決意をし、
昼といわず夜といわず、
腕が動かなくなるまで
ビザを書き続けました。

当時、リトアニアにもソ連兵が入城しており、
日本領事も一刻も早い出国が迫られていました。
リトアニアを出発する列車の中でも、
ビザを書き続け、
「許して下さい。
渡しにはもう書けません。
みなさんのご無事を祈っています」
と最後のビザを渡した杉原さんを
ユダヤ人たちは
「私たちはあなたを忘れません。
もう一度あなたにお会いします」
と汽車と共に走って見送ってくれました。

発行されたビザは1600を越え、
日本経由で第三国に渡ることの出来たユダヤ人は
6000人に及んだと言われています。

しかし、本国の命令に従わなかったことで、
帰国後の杉原さんには処分が待っていました。
このことについて、杉原さんは、
「私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。
しかし、
私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった」

と語っています。

戦後、ユダヤ人は恩人を探しましたが、
ユダヤ人が発音しやすいように
「センポ・スギハラ」
と教えていたために、
「該当者なし」とされ、
それでも杉原さんの所在を突き止めた時、
ユダヤの新聞は
「スギハラが見つかった」
と報道したそうです。

その後、杉原さんの名誉回復が行われ、
「日本のシンドラー」と呼ばれるようになりました。
シンドラーとは、
強制収容所に行くユダヤ人たちを
自分の工場に入れて、
その命を守った
オスカー・シンドラーのことで、
スピルバーグが「シンドラーのリスト」として映画化しました。

という、「正義の人」の映像を観て、
いたく感動しました。
以前、港区の小劇団が舞台化したのを観たことがあります。

杉原千畝さんについては、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%8E%9F%E5%8D%83%E7%95%9D

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアの観光コースにもなっており、
日本中から訪れた都市が
日本地図にピンで留められていました。

クリックすると元のサイズで表示します

奥様の幸子夫人。

クリックすると元のサイズで表示します

話はヴィリニウスに戻りますが、
ホテルの近くに
奥様が桜の記念植樹をした公園があり、一人で訪れました。

クリックすると元のサイズで表示します

記念碑が建っており、

クリックすると元のサイズで表示します

杉原さんが発行したビザが刻まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアと日本を結ぶ絆とも言えます。

クリックすると元のサイズで表示します

記念館のある住宅街からは

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな黄葉が見られ、

クリックすると元のサイズで表示します

日本人を乗せた観光バスが来るのは場違いな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、カウナスの町を一望出来る展望台へ。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニア第2の都市の眺望が開けます。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、旧市街を散策。
カウナス城

クリックすると元のサイズで表示します

これもトラカイ城同様、
13世紀にドイツ騎士団の侵略を防ぐために造られた城。
ドイツとロシアに挟まれた地理的な難しさです。

↓すれ違いになった幼稚園の園児たち。
外国の子供は本当に可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

修道院

クリックすると元のサイズで表示します

旧市庁舎
「白鳥」にたとえられる美しいバロック様式の建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

旧市庁舎前の広場。

クリックすると元のサイズで表示します

ペルクーナスの家

クリックすると元のサイズで表示します

この場所には雷神ペルクーナスを祀る神殿があったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

修復中でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

その祭壇は、すごく美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カウナスの町。

クリックすると元のサイズで表示します

石畳が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

このレンガ2階建ての建物が
伝統的な商家の建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは国境を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

途中トイレ休憩で寄ったレストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

キリスト教が来る以前の

クリックすると元のサイズで表示します

土俗的宗教の神の像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

芝生からはキノコが生えています。

クリックすると元のサイズで表示します

途中訪れたここは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

近づくと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

無数の十字架が。

クリックすると元のサイズで表示します

「十字架の丘」と呼ばれる場所で、

クリックすると元のサイズで表示します

数万本の十字架が立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

5万、と言っていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

それより多い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

大きいの、小さいの

クリックすると元のサイズで表示します

古いの、新しいの

クリックすると元のサイズで表示します

最初の十字架は、
1831年、
ロシアへの蜂起で処刑・流刑にされた人のために建てられたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

驚くのは、

クリックすると元のサイズで表示します

倒れている十字架が皆無なこと。

クリックすると元のサイズで表示します

誰が管理運営しているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

雨や雪や風の日はないのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ法皇が来て、
説教した場所。

クリックすると元のサイズで表示します

丘への入り口では、十字架が販売されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

何だか不思議な景色、
胸に残る景色でした。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方、いよいよ、
2カ国目、
ラトビアに入国しました。


韓国ミュージカル大賞  旅行関係

韓国・ソウルへ行ってまいりました。
(今年5回目)

今回の航空会社は、アシアナ航空。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、今度の旅行は貯まったマイルを使っての特典旅行。
おそらく夫婦揃って娘に会いにソウルに行くのもこれが最後と、
ビジネスクラスをおごりました。

クリックすると元のサイズで表示します

実際はマイルが使える枠のため、
エコノミーで希望の時間の便が取れなかったからですが。

機内食は韓食を選択し、ビビンバ。
右側の御飯を左側の野菜のどんぶりに入れ、

クリックすると元のサイズで表示します

かきまぜて、こんなにして食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

テレビの画面も大きいですが、
わずか2時間弱の時間では1本を観ることはできません。

クリックすると元のサイズで表示します

当日、韓国語の公式テストだった娘を待つ間は、
いつもの明洞(ミョンドン)で過ごし、

クリックすると元のサイズで表示します

夜、合流して、
プルコギの夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

今、ソウルは黄葉の時期で、

クリックすると元のサイズで表示します

町中できれいな黄葉を見ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジュンスのお母さんが経営する化粧品のお店を訪問し、
噂のネコ部屋を拝見しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュンスが愛する3匹の猫。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュンスは時々来て、

クリックすると元のサイズで表示します

遊んでいくそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

その時の写真が掲示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今回の旅行の目的は、
そのジュンスの出演する、
「韓国ミュージカル大賞」の授賞式を観るため。

クリックすると元のサイズで表示します

今回で18回を数える、伝統ある賞です。
オリッピック公園にある会場で行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな立派なプログラムも販売されています。

クリックすると元のサイズで表示します

生放送のはずが
野球の中継の日程がずれこんで、
本日収録、明日放送、
と日本では考えられない番組編成。

クリックすると元のサイズで表示します

放送局は韓国の三大ネットワークの一つ、SBS

クリックすると元のサイズで表示します

男女二人の司会者が進行。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュンスは冒頭の新人賞のプレゼンターとして登場。

クリックすると元のサイズで表示します

トニー賞同様、
候補作のさわりを上演します。
↓は、「二都物語」。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「アイーダ」。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「シカゴ」。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「ラ・マンチャの男」。

クリックすると元のサイズで表示します

その合間に、ジュンスは
「人気スター賞」を3年連続で受賞。
これは、ファンの投票で選ばれる賞です。

クリックすると元のサイズで表示します

ハイライトは主演男優賞で、
5人の候補者の出演シーンを次々と上映。

クリックすると元のサイズで表示します

6月の別のミュージカル・アワードで、
「ドクトル・ジバゴ」で主演男優賞を取った
韓国ミュージカル界の第一人者チョ・スンウも候補者の一人。

クリックすると元のサイズで表示します

プレゼンターが読み上げたのは、
「エリザベートのキム・ジュンス!」

会場がどよめきと歓声で割れんばかり。
↓は、その瞬間のジュンスの後姿。

クリックすると元のサイズで表示します

「モーツァルト!」でミュージカルデビューして3年目。
本人も取れるとは思わなかったようで、
驚きと感涙にむせびました。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーチでは、
これまで関わった全てのスタッフ・キャストに感謝を捧げる
いかにもジュンスらしいものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

人気ばかりでなく、
実力もついたことを認めてもらえたわけで、
これからの励みになるでしょう。
しかし、それほど「エリザベート」のトート役は工夫がこらされ、
ジュンス独特のトートになっていました。

結局、作品賞は「ラ・カージ」
主演男優賞はキム・ジュンス(エリザベート)
主演女優賞はオク・ジュヒョン(エリザベート)
助演男優賞はキム・ホヨン(ラ・カージ)
助演女優賞はオ・ソヨン(ネクスト・トゥ・ノーマル)

最後に「創作ミュージカル賞」というのがあって、
翻訳ミュージカルではなく、
韓国製のミュージカルの中から作品賞が選ばます。
創作ミュージカルへの期待がかけられたもので、
韓国ミュージカル界の意欲を感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

次々と新作が上演され、
それが授賞式というイベントに結実し、
それをテレビで中継する。
再演ものばかりの日本のミュージカル界では考えられないほど
韓国のミュージカル事情は充実しています。

翌日のスポーツ新聞のトップに
ジュンスの受賞が報じられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

会場にお見えになっていた
ジュンスの両親にも
夫婦揃って挨拶することが出来、
充実と驚きのソウル訪問となりました。

娘とは42時間ほど共にし、
久しぶりの親子団欒を過ごしました。


ソウルへ行きます  旅行関係

24日にバルト三国から帰ったばかりですが、
ちょっと再び「飛んで」まいります。

今度はソウル
「ミュージカル大賞」の授賞式を観て来ます。
それと、
引っ越した娘の下宿(寮)も視察。

2泊3日と短いので、
カミさん同伴。
久しぶりの家族団欒をしてまいります。


バルト三国の旅3・トラカイ城とケルナヴェ  旅行関係

第2日目の午後は、
ケルナヴェへ。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、トラカイ城に寄りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ガルヴェ湖の島にある城は、
東ヨーロッパ唯一の水上城です。

クリックすると元のサイズで表示します

橋を渡ってまいります。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては4つの塔がありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

今は二つを残すのみ。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、左の大公住居と右の城の二つの建築によって構成されています。

クリックすると元のサイズで表示します

城は、今は博物館。

クリックすると元のサイズで表示します

本来は堀に隔てられ、
吊り橋と二つの扉と落とし格子によって入り口がふさがれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

中は三階建てで、

クリックすると元のサイズで表示します

各部屋に展示物があります。

クリックすると元のサイズで表示します

この方が、当時最も力のあった王様。

クリックすると元のサイズで表示します

この城は、13世紀に
ドイツ騎士団の侵略を防ぐために造られたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

何度もここが戦場になり、
騎士団に占領されて破壊されたこともあります。

クリックすると元のサイズで表示します

騎士団との戦いに勝利した後は、
城としての重要性を失い、

クリックすると元のサイズで表示します

外賓の接客用に使われたとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでどんなもてなしが行われたのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

大公の館は、今では美術館。

クリックすると元のサイズで表示します

このような

クリックすると元のサイズで表示します

展示がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

城の裏側を回ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

堀の跡。

クリックすると元のサイズで表示します

水に囲まれた城は、確かに風情があります。

クリックすると元のサイズで表示します

本丸は5階建て。

クリックすると元のサイズで表示します

とても美しい城を後にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、ケルナヴェですが、

クリックすると元のサイズで表示します

確かに世界遺産の標識はありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

ただの丘にしか見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアの最も初期の要塞都市の遺跡だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

城が築かれた5つの丘陵と
河岸の集落跡があるといいますが、

クリックすると元のサイズで表示します

丘に登っても、
それらしきものは見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、観た世界遺産が一つ増えた、
ということで満足しましょうか。

遺跡の側にあった教会。

クリックすると元のサイズで表示します

石像は、モーセの像です。

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィリニウスに戻った頃、
空に見えた不思議なもの。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう宣伝物も珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

空に飛行機雲がさかんに現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

この日の夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートも出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの側で杉原千畝の記念植樹の公園を見たのですが、
それは、
翌日のカウナス観光で触れることにします。


バルト三国の旅2・ヴィリニウス  旅行関係

ビリニウスの朝は、霧となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

北部のためか、
サマータイム(10月最終日曜まで続きます)のせいか、
明るくなるのが遅いようです。

出発時間が朝9時と遅いので、
ホテルの近所を散歩してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

人が住んでいるのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

この町での一番の交通手段は、トロリーバスです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、世界遺産・ビリニウス歴史地区の観光で、
最初に訪れたのは、
聖ペテロ・パウロ教会

クリックすると元のサイズで表示します

この教会は内部が真っ白で、

クリックすると元のサイズで表示します

2000以上の漆喰彫刻があります。

クリックすると元のサイズで表示します

建築そのものは
1668年から7年間で造られましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

内装にその後30年もかけられたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

2000の彫刻は、どれ一つ同じものがないとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ドームから吊り下がっているのは、ノアの方舟。

クリックすると元のサイズで表示します

真っ白な彫刻群に
色彩を伴った像があると、

クリックすると元のサイズで表示します

どこか生々しく感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて行ったのは、夜明けの門

クリックすると元のサイズで表示します

城には元々9つの門がありましたが、
現在はただ一つ、この夜明けの門だけが残っています。
上の方に見えるのが、リトアニアの紋章。
ソ連時代には、ここでしか見られないものだったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

城門の内側から見たところ。
ガラス窓の部分に祈祷所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

祈祷所への階段。

クリックすると元のサイズで表示します

祈祷所の内部。
沢山の人が祈っています。

クリックすると元のサイズで表示します

祈りが蓄積した場所というのは、
それだけで圧倒させられます。
たしかトルコのどこかで「マリアの家」を訪れた時も、
その祈りの膨大な蓄積を感じて、
胸打たれたことがありましたが、
その時以来の感動でした。

↓は、祈りの対象となっていた、
マリアのイコンです。

クリックすると元のサイズで表示します

次は、ゲディミナス塔の展望台へ。
ケーブルカーで上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

この塔は、かつての城壁にあった塔。

クリックすると元のサイズで表示します

中は博物館になっており、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋上は展望台になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、ヴィリニウスの町が眼下に広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアの面積は6万5300平方キロメートル。
北海道の約8割の大きさです。

クリックすると元のサイズで表示します

人口は338万人。(2008年)
夫婦で子供一人が普通なので、
どんどん人口は減っており、
今では300万人という説もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニア人が84%、ポーランド人が6%、ロシア人が5%。

クリックすると元のサイズで表示します

かつてはバルト海から黒海まで支配したこともありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

その手前にある鐘楼。高さは53mあります。

クリックすると元のサイズで表示します

礼拝堂内部。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

聖ペテロ・パウロ教会と違い、
ここは絵画が中心。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、彫刻もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

脇にあるのが、
聖カジミエルの礼拝所。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアの宗教は、80%がカトリックです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、聖アンナ教会

クリックすると元のサイズで表示します

1812年、
ロシアへ攻め上がるナポレオンがヴィリニウスに入城した際、
この教会を見て、
「我が手に収めてフランスに持ち帰りたい」
と語ったといいます。

その前にあった木。服を着せられています。

クリックすると元のサイズで表示します

琥珀博物館

クリックすると元のサイズで表示します

バルト海は琥珀の産地です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

虫を含んだ琥珀は価値が高いそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

「ジュラシック・パーク」は、
琥珀に閉じ込められた蚊が吸った
恐竜の血液からDNAを取り出して、
それから恐竜を再生させる話でした。

皇后様もお見えになったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

旧市街を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

石畳の町は何とも言えず風情があります。

クリックすると元のサイズで表示します

道路には、絵を売る人や

クリックすると元のサイズで表示します

様々なお店が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここはロシア人のお店。

クリックすると元のサイズで表示します

マトリョーシカ人形です。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、豊富な野菜のサラダと

クリックすると元のサイズで表示します

コルドゥーナイという、
リトアニア風水餃子。

クリックすると元のサイズで表示します

午後はトラカイ城へ向かいますが、
今日は、ここまで。





AutoPage最新お知らせ