問責決議と地震の被害想定  政治関係

今日は、元の職場に電話をかけました。
旅行中、問い合わせがあったそうなので。
用件は、過去に決めた数字の根拠について。

退職後、組合からの問い合わせは、これで3件。
少ないと言えば少ない。
十分な引き継ぎをした結果だと自認していますが、
やはり過去の経緯になると不明なことが出て来ます。

説明して終えましたが、
終始なごやかに応対してくれました。
老兵でも役に立つことがあるかと、
ちょっと嬉しい。


旅行中、ヤフーで日本の報道を調べると、
いつの間にか、総理への問責決議案が出ることになっていて、
目を白黒。
消費税増税法案を通すために
自民党は問責決議案の提出を見送ったはずではなかったのか。

昨夜、問責決議案は可決。
中小野党7会派が提出した案に自民党が同調したため、
問責決議は
「国民の多くは今も消費税増税法に反対している。
国民の声に背く政治姿勢を取り続ける
野田首相の責任は極めて重大だ」

と強調している。

自民党は消費税増税法案に賛成したはず。
なのに、それを否定する
問責決議案に賛成するとは。
谷垣自民党はおかしくなっている。
この点において、
決議を棄権した公明党の方が筋が通っている。

問責決議が通ったことにより、
通常国会の会期は9月8日まで残っているのに、
法案審議は事実上行われない。
重要法案は全部積み残しだ。

一体この国の政治はどうなっているのか。
どうもならない
というのが実態か。
この上は一日も早く解散・総選挙をしてほしいものだが、
民主党は
「問責決議により、
先の3党合意は白紙に戻った」
として、
「近いうちに国民の信を問う」
という解散へのタイムテーブルを延ばそうとしている。
本当に、どうにもならない。


一方、昨日発表された
南海トラフ巨大地震の被害想定は、
死者最悪32万人という震撼するものだった。

クリックすると元のサイズで表示します

東日本大震災の教訓を生かし、
「想定外」を避けるために
最も大きい被害想定をしたと思われるが、
20メートルを越える津波が襲った時、
平野部ではどこに逃げろというのか。

「発生頻度は極めて低い」
と言っているものの、
日本列島の立地条件から見て、
最悪の可能性がないとは言えない。


東日本大震災の復興予算も
使い切っていないという。
それなのに、政治は相変わらずの政争を繰り返している。
何だか国民に絶望を強いているような気がしてならない。





帰国しました  旅行関係

本日、夕方6時30分、
自宅に戻りました
↓家のドアから見た夕焼けです。

クリックすると元のサイズで表示します

外国から帰って必ず思うことは、
日本はいい、
我が家はいい、
和食のご飯はいい、

ということ。

長かったようで短い旅。
もうラスベガスもニューヨークも行くことはないでしょう。
そういう意味で満喫した旅でした。

ルーターをレンタルして持参したため、
毎日ブログを書くことが出来ましたが、
iPhoneを使って、
人指し指一本で書き込みましたので、
内容は最低限、
写真の添付もなしで、
もどかしかったですが、
これから旅行を追記して、
写真も掲載していく予定です。
ご期待下さい。





ロサンゼル空港にて  旅行関係

今朝は、3時起き。
ダラス空港発5時59分の飛行機でロサンゼルスへ。
座席の5分の1も埋まっておらず、
こんな空いた飛行機は、初めて。
おかげでファーストクラスに
アップグレードされましたが、
あまり価値はなかった。

ロスでは6時間待ち。
それは全日空にして、
追加料金でビジネスクラスにしてもらおうとの
魂胆だったのですが、
「お客様のブッキングクラスは、
アップグレードの対象ではございません」
と言われて沈没。
こんなことなら、
もっと早いユナイテッドの便にするんだった。

待ち時間の間、
志ん朝さんをたっぷり聞けました。

今、ゲートに着いてほっとしたところ。
あとは乗るだけとなりました。
長いようで短かった12日間の旅も
もうじき終わります。
写真の掲載は、
今後のお楽しみ。


シックスフロア  旅行関係

ダラスに立ち寄ったのは、
20世紀に生きた者として、
ケネディ暗殺の現場を
見ておきたかったからです。

銃撃したという教科書ビルは、
シックス・フロア・ミュージアム
という博物館になっており、
6階の狙撃現場は
透明の板で囲われているもの、
見ることが出来ます。
その前後の展示もかなり充実しており、
日本語のオーディオツァーは
当時の日米をめぐる状況を織り込む
かなりの優れもの。
2時間たっぷりかかって、
これで13ドル50セントは安い。
窓から下を見ると、
ヒューストン通りから
メイン通りに入らずに
エルム通りを通るのは
いかにも不自然で
暗殺計画があったことがうかがえます。

そのエルム通りあたりは、
デイリープラザと呼ばれ、
今は国の史跡に指定されています。

写真を後日掲載するのがもどかしい。

ウォーレン委員会は、
オズワルドの単独犯で
まとめましたが、
疑念は深く、
全ての情報が公開されるのは
確か2014年のはず。
あと2年。
さて、何が飛び出すことでしょうか。

(帰国後、2014年というのは私の記憶違いで、
アメリカ公文書図書館に保管されている証拠物件が公開されるのは
2039年であると判明しました。
このことについては、
2014年という記述に従って
コメントに書かれた方もいるので、
本文では訂正せず、
この注意書きで訂正します。
しかし、2039年では、
私はおそらく生きてはいないでしょう。
やれやれ。
なお、現在でも資料の多くが紛失しているため、
2039年に公開されても
完全に真実が明らかになるかどうかは未知数だとされています。)



『戦火の馬』  旅行関係

実は、ソウルにいるはずの娘は、
今、香港におります。
ジュンスのアジアツァー最終日で、
9月はじめには、
ワールドツァーでロスに行くそうです。
DNA恐るべし。

今日は、あまり観光客が行かない
1ストリートあまりをぶらぶら。
イーストリバーの景観を楽しみました。
国連本部も見学しました。

午後は、ミュージカルではありませんが、
「WAR HORSE」を観ました。
スピルバーグが映画化して、
日本題は「戦火の馬」といいます。
元は児童文学で、
舞台化の方が先でした。
なにしろ馬が主人公。
飼い主との間を引き裂かれて軍馬となり、
第一次世界大戦の欧州戦線で悲惨な目にあう。
それを舞台でやって見せます。
馬はパペットで3人がかりで操作します。
その造形が素晴らしく、
本当の馬がいるみたい。
戦争の悲惨さを
馬の視点から描き、
演劇にまだこんな可能性があるんだと
感じさせ、
今回の6本の中で一番の感動を
与えてくれました。

夜の時間があいたので、
ブルックリンブリッジに夜景を観に行き、
METの前で開催していた
オペラの野外上映会にも参加しました。

これでニューヨークは、終わり。
明日は、ダラスに。





AutoPage最新お知らせ