1カ月たちました  

昨日、ハローワークに行ったと書きましたが、
実は6月5日も行っていて、2度目。
何をしに行ったか。
やはり働きたくなったのか。
そうではありません。
以下、知らないと損をする、
あるいは、思い込んでいると損をする、
雇用保険の知識

雇用保険と呼んでいますが、
一般的には失業保険というように、
失業した時に給付金がもらえる制度。
解雇された時はすぐ出るが、
自己都合の場合は3カ月経たないと駄目、
働く意志があるのに働き口がないことを証明するために、
就職活動をしなければならない、
失業給付を受けるために求職の申し込みをした場合、
老齢厚生年金の支給が停止される、
などという一般的知識は知っていました。

しかし、定年退職した場合は、
失業給付金はもらえないと思っていました。
まして、せっかく老齢厚生年金がもらえる年齢になったのに、
失業給付金を請求したばかりに、
年金がストップされるような目には合いたくない、
と思っていました。

世の中に「半可通」という言葉がありますが、
まさに、半可通。

65歳未満で離職した人と65歳以上で離職した場合では、
取り扱いが全然違う、ということを、
今回初めて知りました。

65歳以上で離職した人は、
失業の認定を受けた後、
50日分限度の一時金が支払われる。
(被保険者期間が1年未満の場合は30日分が限度)
この一時金を受けても老齢厚生年金は停止されない

これが真相です。

支払われる額は、
離職直前6カ月間の賃金の合計を180で割った額の5〜8割
を「基本手当日額」といい、
その50日分。
ただし、基本手当日額には上限があり、6455円が限度。
最高で6455×50=32万2750円。

知ってましたか?
知りませんでした。
というか、関心がなかった。
「定年退職の場合は失業給付金は支給されない」
と思い込んでいましたから。

昨年1年間を見ても、
私は7万円位雇用保険料を支払っています。
給与水準が変わりますから、
単純に毎年同じ額ではないですが、
それでも29年間に納めた保険料は
かなりの額になるはず。

ちなみに、
私は生命保険はいろいろかけましたが、
一度も死んだことがないので、
まだもらったことがない。
入院保険は今でも払い続けて、
毎年ン十万になりますが、
子供の時に交通事故で2週間入院した以外は、
大人になってから一度も入院したことがないので、
もらったことがない。

昨年、自転車で転んでケガをしたので、
傷害保険の手続きをして、
生まれて初めて保険金を9千円もらいました。

基本的に保険は「安心料」であり、
保険をかけた人が全員もらっていたら、
保険制度そのものが成り立ちません。
それでいつも「支える側」に立っていました。

こうして巡って来た、
2度目の保険金をいただくチャンス。
さあ、どうする。

ということで悩んだ結果、
今まで29年も支払い続けて来たのだから、
少しぐらい返してもらってもいいかな、
ということになりました。

ハローワークの人の話では、
定年退職も立派な「失業事故」なのだそうです。
これはクリア。
問題は、条件である「働く意志」ですが、
「月給100万円くらいもらえるなら働く気はある」
ので、クリア。
就職活動の実績として、
どこか知人のところに
就職活動をしたことを証明しなければならないかと思ったら、
それはしてもいいが、
基本的に最初にハローワークに登録した時点で
クリアなのだそうです。
(これも知らなかった。)

というわけで、
6月5日に、離職票その他、本人確認の書類や
写真や預金通帳等々を持って、
本八幡のハローワークへ。

そこで求職者登録を行い、
一時金の給付申請書を書いて提出。
指定日に来いと言われて、
昨日、指定の時間に行った次第です。

ここでは、毎週金曜日に対象者を集めているらしい。
「失業認定申告書」という1枚の紙を提出して、
少し待つと、
5人ほどの名前を呼ばれ、
それぞれに「雇用保険高年齢受給資格証」というのが渡され、
「本日、失業が認定されたので、
一週間後に指定口座にお金が振り込まれる」
という説明があって、おしまい。

えっ、これで終わりか、簡単だな、
と思いつつ、家路に。

というわけで、
「一時金の制度がありますよ」
私の間違った知識を訂正してくれたのは、
年金機構の方で、
感謝しなくてはいけませんね。

これから先、
65歳で定年になる方、
あるいは65歳以上で離職する方、
そういう制度がありますので、
ご参考までに。


さて、今日は6月30日。
5月31日に
定年退職して
今日で丁度1カ月が経とうとしています。

1カ月を総括してみると、
一言で言えば、

「予想よりはるかに快適だった」

ということでしょうか。
誰にも束縛されない、
何の責任もない、
給料をもらっている以上、
それだけの働きをしなければならないという脅迫観念からも
解き放され、
全てが自分の責任の範囲で
時間が使える、
こんなに自由なことはありません。

これも人の体質で、
自由な時間をもてあます人もいるでしょうが、
私の場合は、こんなに爽快なことはない。
まさに、「自由人」

知人が定年退職して1週間で
奥さんから「あなた、もう無理でしょう」
と言われて、
声をかけられていたところに就職してホッとしていましたが、
そういう人はそれでいいでしょうが、
私の場合は、
そういうことは全く概念にありません。

昨日は、9時に来い、というので、
久しぶりに通勤時間帯に電車に乗りました。
新浦安駅で改札を通って右に行って東京駅方面に乗っていたのが、
昨日は、改札から左へ行って、
武蔵野線で西船橋方面へ。
線路の向こうの東京行きの車両に
勤め人が一杯なのを見ると、
かつてはそこに自分がいたのが夢のよう。

何が変わったかというと、
道を歩くのが遅くなりました
特に急いで行かなければならないところがありませんから。
それと、周囲をよく見るようになりました
ああ、ここにはこんな店があったんだ、とか、
緑がこんなに深い、とか、
今日の空は高いなあ、とか
ここの花が咲き始めたな、とか、
すごい顔の人が歩いている、
とか、
以前は気にもかけなかったことが見えています。

困ったことは一つ。
本が読めない
私の場合、
通勤途中の電車が読書タイムでしたので、
今は家で本を開くことがありません。
そのうち、読書の時間、をスケジュールに入れようと思っていますが。

一日置きにフィットネスクラブに行って
汗を流すのは大変いいですね。
昼前にひと汗かいて、
貸し切り状態の風呂にゆっくり浸かって家に帰る。
実に気持ちがいい。
クラブも遠いところから
自転車で3分のところに変えたので、
日課になりやすい。

サラリーマンの皆さんが仕事をしている間に
真っ昼間から風呂に入るのは
申し訳ない気もしますが、
今まで何十年も働いてきたので、
許してもらいましょう。
こういうのも失業者としてはいやでしょうが、
定年ということで、
社会的責任を果たした人間ですから、
堂々とやれます。

エアロビクスはほとんどがご婦人で、
中に私みたいな高齢者男性がちらほら。
1時間体を目一杯動かすのは気持ちがいいです。

家では
植木の水やりとゴミ出しと買い出しが私の仕事。
「粗大ゴミ」になっていないのは、
ありがたいことに個室があるからで、
パソコンもテレビもビデオもオーディオセットも揃っているので、
自分の時間が持てる
これが秘訣かもしれません。

考えてみれば、
6月のうち通算14日は外国にいたわけで、
1カ月の使い方としては、
変化に富んでいる方でしょう。

こういう話を読んで、
気楽なもんだと
ムッとする方もいるかもしれませんが、
定年退職者の生きざまです、
ご容赦下さい。


ハワイ最終編  旅行関係

今日の空。もうですね。

クリックすると元のサイズで表示します


パソコンのCDの書き込み(読み込みは出来る)に不具合が生じたので、
メーカーに電話して、
技術者から2時間に渡る指導を受けましたが、
解決しないので、
先方で検討する時間を設けて、
上級者に交代した上で、
午後また2時間。
機械的にもソフト的にも問題が判明しない。

要するにCドライブの満杯状態を解決するために
容量を食っている写真を別なところに移せばいいので、
CDへの移動は断念し、
外付けハードディスクに写真データを全部移動して
Cドライブの容量を減らすことにしました。
専門家でも解決策がみつからないのですから、仕方ありません。

よほど珍しい症状らしく、
メーカーの方を悩ませしまいました。


実は今日はハローワークに行ったのですが、
そのことは明日に譲って、
そろそろハワイのことを終わらせましょう。


山歩きから戻って、
しばらくラナイからワイキキビーチを眺めます。

クリックすると元のサイズで表示します

いつまでもそういうわけにはいかないので、外出。
↓はエレベーター前の床の可愛い装飾。

クリックすると元のサイズで表示します

自転車を借りて、ファルコンW号と、これも勝手に命名。

クリックすると元のサイズで表示します

以前よりレンタル自転車屋が減っており、
↓の自転車置き場も少なくなった気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

↓このように、自転車レーンがあるので、安全。

クリックすると元のサイズで表示します

ホノルル動物園のそばのカピオラニ公園を走り、

クリックすると元のサイズで表示します

運河沿いの道を走り、

クリックすると元のサイズで表示します

アラモアナ・ビーチへ。ここはワイキキとは一味違います。

クリックすると元のサイズで表示します

アラモアナ・ショッピングセンターでは、
築地本願寺雅楽会が出演。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、後で紹介する「まつりインハワイ」の一環。

ここには大きなフードコートがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなお店も。

クリックすると元のサイズで表示します

だしが効いて、意外においしい。

クリックすると元のサイズで表示します

カメハメハ大王の像を横目で眺めながら、

クリックすると元のサイズで表示します

中華街まで。

クリックすると元のサイズで表示します

中華街は、どの都市に行っても同じ雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

レンタル自転車屋が5時閉店なので、
急いで戻り、ぎりぎりセーフ。
汗をかいたので、かき氷を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、ヨーグルトアイスの量り売りの店。

クリックすると元のサイズで表示します

こうやって好きなものを好きなだけ取って、

クリックすると元のサイズで表示します

トッピングをして、

クリックすると元のサイズで表示します

計量して、支払い。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、3ドル65セント。約300円。

クリックすると元のサイズで表示します

↓カラカウア通りを交通遮断し、歩行者天国にして何が始まるかというと、

クリックすると元のサイズで表示します

↓このイベント。

クリックすると元のサイズで表示します

もう33回目というから、すごい。

クリックすると元のサイズで表示します

泊まったホテルの前では、

クリックすると元のサイズで表示します

フラフェスティバルが開催されています。

クリックすると元のサイズで表示します

17団体が参加。

クリックすると元のサイズで表示します

北海道や仙台からも来ているようで、年1回の楽しみな行事なのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

カラカウア通りのテントには、

クリックすると元のサイズで表示します

思い思いのショップが開店。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

人出もどんどん増えています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋台の飲食店も出ていて、

クリックすると元のサイズで表示します

行列。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道端に座って食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

私はとうもろこしと、

クリックすると元のサイズで表示します

バーベキュー。量が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

先程のフラのステージを含め、
6つのステージが設置され、

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな日本の芸能が演じられています。

クリックすると元のサイズで表示します

昔、町内の夏祭でも、
こんな舞台が作られ、
いろいろなものが演じられました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本各地から様々な団体がやって来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと、毎年恒例の楽しみなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

行事は3日間行われ、

クリックすると元のサイズで表示します

3日目の日曜日には、

クリックすると元のサイズで表示します

パレードもあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日に帰国するため、
見れなくて残念。

クリックすると元のサイズで表示します

中で一番よかったのが↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

「琉球国まつり太鼓ハワイ」で、

クリックすると元のサイズで表示します

力のあるリーダーがいることが感じられました。

こうして、ハワイ最後の夜は、
お祭の喧騒と共に過ぎていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

目覚めると、今日も素敵な朝焼け。

クリックすると元のサイズで表示します

オーシャンフロントのこの景色も

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルともお別れです。

クリックすると元のサイズで表示します

送迎を頼んだら、
こんなすごいリムジンが迎えに来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

中はこんな。

クリックすると元のサイズで表示します

ユナイテッドのラウンジは、こんなに広く、

クリックすると元のサイズで表示します

機内の食事もこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機代が無料とは、申し訳ないくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は、見逃したのを中心に、
「ジョン・カーター」
「ブラック・アンド・ホワイト」
「ヤング・アダルト」
「麒麟の翼」
「崖っぷちの男」
(日本では、これから公開)

クリックすると元のサイズで表示します

九十九里浜が見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

どんよりとした日本の空。

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイの高くて広い空がなつかしい。


これにて、ハワイ編は終わり
7月からは
モロッコ編が始まります。
乞うご期待。




横浜で食事  

今日は夕方から横浜へ。
なにしろ、「隠居」してから江戸川を越えたのは、まだ3回目で、
すっかり浦安の人になってしまいました。

みなとみらい線の元町・中華街で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

やけに天井の高い地下鉄ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

少し山下公園を散歩。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりには人形の家博物館があります。

クリックすると元のサイズで表示します

イプセンのそれではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

「赤い靴はいてた女の子」の方。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は横浜マリンタワー

クリックすると元のサイズで表示します

東京スカイツリーに比べると、すごく可愛い。
1階にはこんな壁画があります。

クリックすると元のサイズで表示します

山下清みたいな絵だな、
と思ったら、
本当に山下画伯のものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

「コクリコ坂から」の展示もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

今回ここに来たのは、
4階にある
↓「タワーレストラン」のお食事券の期限が6月30日のため。

クリックすると元のサイズで表示します

無駄にしたらもったいないですからね。

最初はサーモンとイクラをタルタル風にしたもの。
おいしいけど、量が少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

次は、イベリコ豚と産直野菜のコンポレートジュレ。
ちょっと微妙。

クリックすると元のサイズで表示します

帆立貝のミ・キュイ。
美味でしたぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

パンは焼きたて。
3個もいただいてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

魚料理は活オマール海老の蒸し焼き。
野菜のシフォナードと2種のソース付き。
大きなオマール海老が一個まるごと。
ソースもおいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

メインディッシュのローストビーフは、
シェフがテーブルで切り分けてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

「こんなに焼いて、
お客さんが少なかったらどうするんですか」
と質問したら、
「馬鹿なことを訊くものではない」
とカミさんに叱られました。

クリックすると元のサイズで表示します

米国産ですが、
やわらかくて美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

食べすぎました。
デザートは、モモのスープとヨーグルトのシャーベット。

クリックすると元のサイズで表示します

腹一杯になると、
眠くなるというのは、本当ですね。

せっかくですから、展望台へ。

クリックすると元のサイズで表示します

30階に当る展望台は地上90メートル。

クリックすると元のサイズで表示します

プロが撮ると、↓こういう写真になります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな行事も行われるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトアップされたタワー。
やっぱり可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しい料理を食べて、
きれいな夜景を観て、
幸福感あふれる夜でした。


ジャングル探検  旅行関係

今日の夕日。

クリックすると元のサイズで表示します

その少し後。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安からも東京スカイツリーは見えます。

クリックすると元のサイズで表示します


↓は、ハワイ4日目の朝。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、ジャングルハイキングツァーというのに参加しました。
ハワイは↓の二つの山脈があり、

クリックすると元のサイズで表示します

その一つを○の位置まで登ります。

朝早く、↓の集合場所に集まって、

クリックすると元のサイズで表示します

↓この車で、途中まで行き、山道に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ひげの人がガイドの小野カイルさん。

クリックすると元のサイズで表示します

集まったのは、3組で、
私以外に
親戚の結婚式に来た父親と息子の2人連れと
新潟から来た兄妹の4人組の計7名。
新潟の方は、長女が定年になったので、
一族郎党を引き連れてやって来たのだとか。
その費用は当の長女が出したそうです。
太っ腹ですね。
ただ、ハワイ入りしてからはバラバラ行動で、
全員が一堂に会するのは、
最終日の夕食だけだと言っていました。

↓こんな重装備になってしまったのは、

クリックすると元のサイズで表示します

HISの係の人が、長袖で行くように言うからで、
虫に刺されるからというのですが、
全然そんなことはありませんでした。
昨日のカヤックも「泳げない人は参加不可」と言っていましたが、
実際はライフガードを付けますので、これも過剰警告。
ホノルルという街は、お店を回っても半袖のものしか売っておらず、
やっとみつけたトレーナーは、結構な値段がしました。
旅行会社の人は、責任の回避か、脅かしすぎ。

ここが山道の入り口で、

クリックすると元のサイズで表示します

一列になって行進。

クリックすると元のサイズで表示します

面白いもので、
最初の順番が
最後まで守られる。
日本人は律儀です。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな山道を歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

ところどころ、眺望が開けます。
これはオアフ島の南西方面。ホノルル空港が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

カイルさんが草花や鳥について説明してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

花の名前は、聞いた途端に忘れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実は、草花は苦手な分野なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなところもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

スリル満点。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こういう分岐点があるので、ガイドなしでは無理

クリックすると元のサイズで表示します

時々一人で挑戦した人が迷っているのに出会い、
心優しいガイドさんは、
無料でツァーに参加させるそうです。

突然ガイドさんが
シナモン(ニッキ)の木を鉈で切って、みんなに匂いを嗅がせるのでびっくり。
普通、そんなことをしてはいけないはず。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、増えすぎた外来種を排して、
元のハワイの山に戻そう、という運動があり、
シナモンと竹は切っていいのだそうです。
その結果、伐採された竹の山が。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと異様な光景ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

確かに竹が増えすぎている感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

元々ハワイ諸島は大陸と最も遠い地点で、
独特な生態系が作られたのですが、
それでも外来種はやって来ます。

一つは、風に乗って。
一つは、海流に乗って。
そして、もう一つは鳥に食べられて運ばれて来ます。
このように、
Wind(風)、Wave(波)、Wing(翼)という
3つのWによって外来種がやって来る、
という話はなかなか興味深い。

波に運ばれるために、
椰子などは海に浮くようになっており、
海水に強くなっているというのですが、
先に到達した椰子の実が、
「連絡します。
海は塩分があるから、
椰子の実の外側は水分を排除する材質にして下さい。
海に浮かぶように軽い材質が良いでしょう」
などと連絡したとは思えず、
そのあたりの環境への適応は、
例の「カンブリア紀」に誰かが設計したとしか思えません。

山道はますます深くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓この柵は何かというと、

クリックすると元のサイズで表示します

イノシシ(実際は猪豚)が増えすぎて、
木の芽や草を掘って食べてしまうので、
捕獲が行われており、
この柵の向こうは捕獲が終わった地帯。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、このあたりでの最高地点、海抜613メートル

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、コオラウ山脈全景と

クリックすると元のサイズで表示します

ホノルルの街と青い海がぐるりと360度見渡せます。

クリックすると元のサイズで表示します

この構築物は、別に展望台ではなく、
昔の軍隊の監視のためのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

この人たちは耐久レースのために目印を付けに来た人。

クリックすると元のサイズで表示します

プーさんの刺青が面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ここから見ると、
ダイヤモンドヘッドが火山の外輪山だということがよく分かりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

途中軽く雨が降ったこともあり、
靴はこんな悲惨なことに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でも、この3時間の山歩きは、充実していました。

クリックすると元のサイズで表示します

他に、
滝まで行くツァーや
岬に行くツァー、
コオラウ山脈の尾根を歩く一日登山ツァー、
海から昇る太陽を見るサンライズトレッキングツァー、
ハワイの神殿や神話の舞台をまわるツァー、
月に一度限定の満月を迎えるツァー、
バードウォッチングツァー
など多彩。
ハワイに来たら、一度お試し下さい。



カヤックで海へ  旅行関係

ベランダのトランペットの花が咲きました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、夏になると、3日に一輪の頻度で花が咲きます。

クリックすると元のサイズで表示します

花の形状で「トランペット」と名付けられたようです。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、ハワイの三日目。
ベッドに横たわったまま、このような景色が見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

空が次第に明るくなり、
赤い色と青い色が刻一刻と濃くなります。
これがオーシャンフロントに泊まる醍醐味で、
高いお金を払っても損はありません。
もっとも、このホテルでは差額3千円ほどですが、
高級ホテルでは、オーシャンフロントはものすごく高い。

ベランダに出て眺めると、
丁度お月様も中空に。

クリックすると元のサイズで表示します

そよ風に誘われて散歩に出ると、

クリックすると元のサイズで表示します

心が癒されます。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりハワイはいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、カラカウア通りの一つ裏の通りに、
こんなお店を見付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

おにぎり屋さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな店ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

正真正銘の日本のおにぎりです。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入れるものによって値段は違いますが、
1ドル78から98セント。(140〜160円)
お弁当もあります。

今朝は、ここで朝定食。7ドル61セント。(600円位)

クリックすると元のサイズで表示します

吉野家の納豆朝定食は380円ですから、高い。
とにかく、ワイキキは何でも高いです。


3日目の今日は、
ワイキキの北東にあるカイルア・ビーチに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいなビーチで有名なところ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サイクリング・ロードがあるので、

クリックすると元のサイズで表示します

自転車を借りて、ファルコンV号と勝手に命名。

クリックすると元のサイズで表示します

所々で写真を撮りながら、気持ちのいいサイクリング。

クリックすると元のサイズで表示します

↓赤い線が走ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、こんな人たちにも遭遇。

クリックすると元のサイズで表示します

セグウェイで行くアドベンチャー・ツァーというのだそうです。

自転車はやがて住宅街に。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと、住んでいるのは、お金持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

自転車のレーンがあるので、安全。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでもセグウェイ隊に遭遇。
一体、どんなコースなんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ところどころ海へ向かう道があり、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな素敵なビーチが。

クリックすると元のサイズで表示します

ラニカイ・ビーチと言って、全米ナンバーワンビーチに選ばれたこともあるとか。

クリックすると元のサイズで表示します

人も少なく、ゆっくりできそう。

クリックすると元のサイズで表示します

2つの島は、モクルア・アイランズといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

セレブの別荘。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今回の目的は、↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

カヤックです。

クリックすると元のサイズで表示します

海まで自分で運びます。

クリックすると元のサイズで表示します

途中で、こんな人とすれ違います。

クリックすると元のサイズで表示します

目指すは無人島。

クリックすると元のサイズで表示します

この間の写真はありません。
カメラは防水袋の中。

↓は、別な人たちの様子。

クリックすると元のサイズで表示します

すいすいと気楽そうですが、

クリックすると元のサイズで表示します

船が軽いので、風に向かうとなかなか大変。

クリックすると元のサイズで表示します

無人島に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

島から見た景色。

クリックすると元のサイズで表示します

サーフィンもやってみたいが、大変そう。

クリックすると元のサイズで表示します

これも難しいだろうね。

クリックすると元のサイズで表示します

この無人島は、フラットアイランドといって、
名前のとおりまっ平。

クリックすると元のサイズで表示します

住んでいるのは鳥だけで、

クリックすると元のサイズで表示します

巣が沢山あり、

クリックすると元のサイズで表示します

「鳥の聖域」と呼ばれて、たき火もテントも犬も禁止。

クリックすると元のサイズで表示します

10分もあれば回れる小さな島ですが、楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カニや

クリックすると元のサイズで表示します

小さな魚たちも。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くの島は、亀がクッキーを食べているよう。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、私の格好。

クリックすると元のサイズで表示します

日本語が達者なイントラクターのマーク君が、
カヤック上の私を防水カメラで撮ったのを
送ってくれるというので、
メールアドレスを教えたのですが、
まだ届きません。

(と書きましたが、
1カ月経って、送ってきましたので、
↓に追加掲載。

クリックすると元のサイズで表示します

なんでも、パソコンが壊れて、
修理に出していたそうです。)

このマーク君、
特殊能力の持ち主で、
参加者全員の名前(ニックネーム)を覚えてしまう。
私は「やっちゃん」と呼ばれていましたが、
「やっちゃん」には別な意味のあることを知っていたかどうか。


夕方は、こんな雲で。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの前ではフラのショーも行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

この日の夕食はカルビとチキンの韓国風御飯。

クリックすると元のサイズで表示します

これは二人前ではないかと思うほど量が多い。

その後は、
ダイヤモンド・ヘッドに行く途中にある、
その名も「ダイヤモンド・ヘッドシアター」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな劇場で、寄付によって運営されているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

この劇場のすごいのは、
独自のプロダクションをやっていることで、

クリックすると元のサイズで表示します

↓のように年間6本を上演。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の地方都市の公会堂が
中央の劇団を招聘するのとはわけが違い、

クリックすると元のサイズで表示します

大作を果敢に挑戦。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台機構が整っていないのに、
「タイタニック」など、どうやって上演するのでしょうか。
「タイタニック」のブロードウェイのオリジナルでは、
客席が傾いて、
部屋の調度品ががらがらと転がっていくのが
クライマックスだったのですが・・・

さて、ラッキーにも上演期間に行き当たった↓。

クリックすると元のサイズで表示します

世話してくれたJCBの人が「読めない」と言っていましたが、
「ザナドゥ」と読みます。
オリビア・ニュートン・ジョン主演の映画が元。
主題歌はヒットしたものの、映画は失敗作。
その後、舞台化されたのを
(おそらく)縮小版で上演。
なにしろバンドの編成は4人。
登場人物も8人という規模ですので。

そういえば、
この劇場で前に
「オズの魔法使い」を観ました。
あれも縮小版。
「サンセット大通り」など
どうやって上演したのか興味深い。

主演男女優がやや力量不足なので、
もの足りず。
こういうところから将来のスターが生まれたりするのですが。
半人半馬のケンタウルスが登場するあたりは受けていましたが・・・


土地勘ができたので、
来る時はタクシーでしたが、
帰りは↓このような道を歩いて帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

これも旅行の楽しみの一つです。





AutoPage最新お知らせ