休日出勤と『別離』  

今日も休日出勤
引き継ぎ関係の書類を作成。
今日は役員選挙に関係する部分をやりましたが、
この問題一つについても、
膨大な作成資料があり、
手順があります。
一年置きに慣れた調子でしていたことも、
改めて体系立てて見ると複雑。
まあ、物事、何であれ、そうなのでしょうが。


「辞めた時、淋しくなかったですか?」
と近藤前々理事長に訊いたことがありますが、
「辞めた後は、さっぱりして淋しくはなかった。
むしろ辞める前、
いろいろ整理していた時、
淋しくなったことがあった」
という答えでした。

なるほど、そういうものか。
でも、事務局長、まだまだ何も淋しくありません。

ただ、休日出勤している時、
誰もいない事務所で、
普通の動作、
たとえば、書類を探したり、
鍵をかけたり、
ごみを捨てたりしているとき、
ああ、こういう動作も
これからはすることがないんだ、
と、わずかながら
淋しさを感ずることがたまにあります。
こういう時期、
早く過ぎてほしいものです。


前にも書きましたが、
事務局長の好きな芝居に
「わが町」という作品があります。
「グローバーズ・コーナーズ」という、
アメリカの片田舎の架空の町の
隣り合った2軒の家の家族の話。
町で起こる、
何でもない日常が淡々と描かれ、
最後に主人公の女性・エミリーは死んでしまうのですが、
過去の一日に一度だけ戻ることが許される
という決まりにより、
自分の青春時代のある日の朝に戻る。
しかし、そこでは、日常生活が
ただゆるゆると過ぎ去っていて、
その一瞬一瞬がどんなに美しく輝いているかを誰も気づかない。
たまらなくなったエミリーは
途中でやめてしまうのですが、
何でもない日常が
どれほど輝くような大切な時間であるか
という
人生の普遍的な真実を描く奥深い作品でした。

そういうことを、お葬式で味わうことがありますね。
亡くなってしまった方を前に、
ああ、どうして、この人との時間をもっと大切にしなかったのか、
どうしてもっと交わっておかなかったのか、と。
それと同じなのかもしれません。

残されたわずかな時間を大切に生きていきます。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

テヘランに住む
中産階級の家庭での話。
今、夫婦は離婚の危機にある。
妻は夫と娘と共に国を出たいのだが、
夫は認知症を患う父親のために
国に留まりたいと考えている。

冒頭、家庭裁判所で主張しあう二人の姿を
正面から固定カメラのワンカットで描いて
この家庭の状況を全て分からせてしまう手際の良さ。

離婚が認められなかったため、
妻はいったん夫の許を離れ実家に帰る。
そのため夫は
父の介護人として、敬虔で貧しい女性を雇う。
夫が失業したために
子ども連れで仕事に来ていた彼女は、
わけがあって、
(後で分かる)
認知症の老人をベッドに縛りつけて出かけてしまう。
無人の家でベッドから落ちた父を発見した夫は
怒って彼女をアパートの玄関から無理に押し出し、
階段に倒れ込んだ彼女は胎児を流産してしまう。

事件は裁判にまで発展し・・・

というわけで、
世界中のどこででも起きている
ささやかないさかいの中での人間模様。
これが素晴らしい人間ドラマとして展開する。

謎をからませ、事件の真相を少しずつ見せていく脚本の巧みさ。
それぞれの人物を生き生きと描く演出の素晴らしさ。
そして、生身の人間を演ずる役者のうまさ。

大事件も起こらず、
国家も揺るがないが、
それでも見えて来る
イランの抱える社会問題
人間の業の深さ。
そして根底を貫く、
誰も悪くないのに
みんなが不幸になってしまう
人間同志の交わりの哀しみ

暗くなると眠気に襲われるという、
映画好きには困った「持病」を持つ事務局長だが、
この映画は一瞬も眠くなることなく、
最後まで引きつけられた。

そして、あのラスト。
ああ、こういう終わり方しかないよなあ、
と思わせる、
深みのあるエンド。

監督は、「彼女が消えた浜辺」のアスガー・ファルハディ
イラン映画は「運動靴と赤い金魚」や「太陽は、ぼくの瞳」など、
秀作があるが、
この映画は、
イラン映画初のアカデミー賞外国語映画賞受賞作
「瞳の奥の秘密」「未来を生きる君たちへ」と続く
外国語映画賞のハズレのなさ。
前にも書いたが、
アカデミー会員の目は確かだ。

5段階評価の「5」

最近知ったが、
外国語映画賞というのは、
候補作5作品を全部観ていないと投票できないのだという。
本当か?
どうやって確認するのか。
他の部門はどうなのか。




弾丸娘  

実は、昨日、娘が帰国しておりまして。
そして、今日、ソウルに戻りました。
日本滞在時間、正味21時間

その間何をしたかというと、
国立競技場で開催された
チャリティーのサッカー試合を観戦。
なぜその試合を観るため(だけ)に帰国したかというと、
ジュンスが参加していたからです。

クリックすると元のサイズで表示します

東方神起を脱退したジュンスらJYJのメンバーは
韓国では大手プロダクション・SMエンタテインメントの妨害により
テレビの音楽番組から締め出されており、
日本ではエイベックスの執拗な妨害で
音楽活動の会場を借りることが出来ない。
昨年など、
やっと借りることの出来た
茨城県の海浜公園で野外コンサートを開いたほどです。

今回のサッカー試合は東日本大震災支援のチャリティーの名目。
久しぶりのナマのジュンスが見れるというので、
4万人の競技場は満席。
その期待に応えて、
一進一退の好ゲームの最後の
ロスタイムにジュンスが得点して勝利。
まるで映画のようなストーリーでファンを熱狂させました。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜家に帰った娘は、
短い団欒の後、
朝ごはんもそこそこに羽田に。
今夜ソウルでの「エリザベート」の舞台を観るために
飛んで行きました。

日本に来る前日には、
ソウルのオリンピックスタジアムで行われた
レディ・ガガのコンサートに行ったといいます。

このブログの読者の方が
組合においでの際、
「お嬢さんはすごい行動力。
お父さんによく似ていますね」
と言われましたが、
いえいえ、
娘の方が過激です。

ソウル→東京→ソウル
1泊2日の弾丸ツァー。
これからは「弾丸娘」と呼びましょう。



土曜出勤とブロック総会  

今日は
ゴールデンウィーク初日にふさわしい、
実にさわやかな天気になりました。

野外に出たいところですが、土曜出勤。
連休ではありますが、
いろいろ片づけておかないといけないことがありますので。
連休明けにバタバタするのはいやですからね。

無人の事務所で音楽を聴きながら仕事をすると、
実によく進みます。
時々電話がありますが、
出ると、一様に
「あっ、いたんですか」
と驚かれます。
どういう気持ちでかけているのでしょうか。


順調に仕事を進めて、
夕方から中野へ。
城西ブロックの総会です。

新井ブロック長の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

佐藤副理事長の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、安井常務理事の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

丸川珠代さんの秘書もおいででした。

クリックすると元のサイズで表示します

丸川さん、間もなく出産です。

城西ブロックは3つの支部で成り立っており、
3基の支部旗が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

乾杯の後は、

クリックすると元のサイズで表示します

↓のようなお料理。

クリックすると元のサイズで表示します

ご存じのとおり、カニは好物てすが、
欠席の人の料理が事務局長の前に全て集まるのは困りました。

↓は、隣席の柳中野区支部長の伝説の計算尺

クリックすると元のサイズで表示します

これでよく原価計算などをしていました。
電卓の時代になっても、
懐に忍ばせています。


例年6つのうち3つのブロックの総会を回っていましたが、
今年は開催日の巡り合わせで、
ここだけ。
残念でしたが、
昔からの三役にもお会い出来ました。



小沢さん、アウトですよ  

今日も、組合活動でご協力いただいた講師の方々が
「お別れ」の挨拶に見えました。
ホント、事務局長、死ぬみたいです。
業界との関わり、組合との関わりが長い方々なので、
ちょっとした思い出話に。


今日で事務所は実質4月は終了。
明日からものすごい連休が来ますが、
どうも事務局長は出なければならないようです。


ところで、
昨日の無罪判決にもかかわらず、
小沢さんは家に引きこもり。
一方、小沢グループの議員たちは、
「祝勝会」を開きました。

しかし、この判決、よく読むと微妙
検察審査会が2度にわたって「起訴相当」として
強制起訴となったのは、
国民の庶民感覚によるもので、
「秘書のした不正を
親分である小沢が知らないはずはない」

というもの。

判決は、そのことを認めている。

元秘書らは、故意に政治資金収支報告書への虚偽記載を行った。
小沢はその報告を受け、了承していた。
が、故意は認められず、共謀は成立しない

「指定弁護人が、
被告人には共謀が成立する旨主張していることは
相応の根拠があるが、
十分な立証がされたとは認められない」
 

要するに、法的に見れば、
この程度では「共謀」が成立しない、ということのようだ。

法律的にはそうかもしれない。
つまり、法的には、無罪
しかし、政治家としては、アウトでしょう。
秘書が不正なことをしていると報告して、
それを認めたというのだから。

たとえば、
ヤクザの親分のところに、
子分がやって来て、
「親分、今日、アイツを殺って来ます」
と報告して、
親分が「そうか」
と言って、子分が殺人を犯した。
これはおそらく、「共犯」ではないだろう。
ヤクザのすることだから、世間もそんなものかと思う。
しかし、それがヤクザの親分ではなく
教師だったらどうか。
牧師だったらどうか。
法的にはよくても、社会的にはアウトである。

それと同じだ。
秘書がする不法行為を「了承」していたら、
政治家の場合は「アウト」。
許すなら、それは政治家がヤクザと同じ、ということになる。

記者会見に出て来なかったのは、
そのあたりを確実に突かれるからだと思われる。

だから、小沢グループの議員たちが祝勝会をしたり、
地元の支援者が「よかった、よかった」と言い、
「次は首相に」などと言うのは、
良く分かっていない証拠。
まして、民主党議員が、
この判決をもって小沢復権を言うのは
不明もはなはだしい。
「党員資格復帰」を言う輿石さんは
自ら政治倫理に対する見識のなさを証明している。

だから、
今度の判決は、法的には無罪
しかし、政治的には有罪

このあたりが日本の政治家はだらしがない。
アメリカなら、
この判決が出た段階で
小沢の政治生命は終わっている。

野党は前から小沢さんの証人喚問を要求していたが、
裁判で進行中のものを
二重にやる必要はないし、
その理由で退けられて来た。
しかし、判決は下りた。
今度こそ、国会の出番だ。
証人喚問でも何でもやればいい。
法的罪ではなく、
「政治家としてどうなんだ」と。
今度は、国会の政治倫理意識が問われる番だ。

なにより
「信なくば立たず」
という政治の中核から見て、
どう考えてもアウトだ。


今朝の産経新聞で
尾山太郎さんは、

小沢氏よ
「無罪」を引退の花道に


と呼びかけている。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

小沢さんの政治遍歴を触れた中に

世間の常識に照らせば、
人のふんどしで相撲を取った、
ということになる。
教養と武士道精神がある指導者が
最も恐れる言われ方だろう。


という核心をついた表現もあり、
その結びには、

度し難い古い政治を引きずっている小沢氏に、
強く政界引退を勧めたい。


と書いている。

本当に、古いんだよ、小沢さん。
このまま政治家を続けても、
もう良いことはなく、
のたれ死にだ。
ならば、
他の政治家を巻き込んで
政治不信を深める前に、
自ら身を引く。
それが長年お世話になった
政界への最後のご奉公だろう。

などと言っても、
こういう人には、
全く響かない、
それが虚しい。


↓のようなものをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

南部鉄瓶。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいい色合いをしています。

クリックすると元のサイズで表示します

最近ブームらしく、
カミさんが「これ、欲しかったの」と喜んでいました。
これで、お茶を飲みましょう。

箱は、子夏の遊び道具↓になりました。

クリックすると元のサイズで表示します


健康診断と小沢無罪  

今日は定期健康診断で、
そのために昨夜9時から「断食」です。

いつもより早めに行ったせいか、
人が少なく、スムーズに進み、
気にしている血圧は
上が131、下が81で、
看護師さんが「心配ありません」ですと。
最後の問診で、
慢性胃炎です」
との診断。
今まで言われたことがありません。
いつも「胃はきれいですよ。形もいい」。
胃炎の原因を訊くと、
「いろいろあります」
だそうです。
はて、何が原因なのか。


今日は証券会社の方が
「最後の顔を見に」
という感じで来訪。


芹田理事長と広報担当専務理事とで、
昨日来の米国でのBSE発見報道
への対応を検討しましたが、
今回は飼料が原因ではない孤発型であり、
月齢も高いので、日本への輸入牛肉の対象ではなく、
今後の広がりと影響は考えられないため、
特に対処しないことになりました。
世の中も平静のようです。                            


↓は、昨日の産経新聞のトップ。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ日本人も捨てたものではない。
既に寄付が集まっているそうです。

領土問題というのは、
その人の愛国心のリトマス試験紙みたいなもので、
感度の鈍い人は、
それが希薄な人です。
昔、ホリエモンが
「竹島なんか、あげちまえばいいじゃないか」
と言いましたが、
この人の浅薄な教養をさらしただけ。
世の中、「半端に頭のいい人」ほど始末におえないものはありません。


今日は小沢裁判に判決が出て、無罪
アメリカのような陪審員制度でやれば確実に有罪ですが、
日本の法律家の頭の構造では、無罪になる。
検察が起訴しないのを国民が起訴を催促した事件で、
この国民の感覚の方を大切にすべきなのに、
そうはなりません。

まあ、これで野田さんは運営が難しくなるわけで、
小沢さんたちが反対して
解散・総選挙にでもなれば、
政界再編が早くなって、
国民のためにはいいのですが、
なかなかそうもならない。
不利な間は解散せずに、
そうやってずるずると任期満了選挙になって、惨敗、
では前民党政権末期と同じです。
二院制や解散制度は行き詰まっているのですから、
そろそろ変わらなければならないのに、
変わらないこの国。

↓は週刊文春の記事。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

なかなかよかった。
やはり小泉クンは並の玉ではない。
それにしても、
このようなはるかに若い世代に期待しなければならないとは。





AutoPage最新お知らせ