最終日延長  

今日は、銀座で人と会ってランチを食べ、
その後、組合事務所に行ったので、
結局、今日が最終日
市場ビルの中でも、
今日までやっている会社がありました。

事務所に寄ったのは
確認しなければならないことかあったのと、
家でやるより能率がいいので
新年賀詞懇親会の準備を進めました。
家には面白いものが多すぎますので。


ところで、民主党は昨夜、
消費税の税率引き上げ案を無理矢理決めてしまいました。
どんなに反対論があっても、
最終的には執行部側の案が通ってしまうのが日本の社会です。

いずれ消費税の税率を上げなければならないということは、
国民は分かっていますが、
「しかし、その前にやることがあるだろう
と思っています。

野田さんは、
国会議員定数と国家公務員給与の削減は、
次期国会で成立させると、
とりあえず言っていますが、
何故先にやらないのか。
順番が間違っています。

今ここで、公約だった
議員定数と給与の削減を
先に「不退転の決意」でやれば、
国民の拍手喝采を得られるだろうに、
自分の身を削ることより前に
国民に負担を負わせることをするから、
みんながそっぽを向く。
「私の政権で一番苦しく、
逃げてはいけないテーマは
社会保障と税の一体改革だ」
と言っていますが、
ならば、なぜマニフェストでそう言わなかったのか

震災の復興も充分でなく、
沖縄の問題も解決せず、
景気も円高も何も有効な手を打てないまま、
国民の負担だけ優先するのは、
いかにも官僚の発想。

どうもこの方は政治的センスがなく、
前にも書きましたが、
首相になってすぐに
関係閣僚を全員引き連れて、
東北3県で
被災者の声を聞く集会を開いたら
ずいぶんやる気が見せられたでしょうに。

それに鳩山さんがぐちゃぐちゃにしてしまった
普天間問題のために、
まず沖縄に関係閣僚を引き連れて行けば、
何かが変わったでしょうに。
いまだに沖縄を訪問していないのは、異常です。

それこそ「苦しく、逃げてはいけないテーマ」でした。

その集会で、
反論や言い訳をせずに、
まず意見に耳を傾け、
しかるのち、施策をだしていくことが必要でした。

どうもこの人の耳は、国民の方ではなく、
財務官僚の方を向いている
らしい、
と国民はそう思っています。


それに比べて、
北朝鮮の政権委譲の見事なこと。
父親の霊柩車に付き添う金正恩。
(クリント・イーストウッドの「シークレットサービス」を観たんでしょうな)

クリックすると元のサイズで表示します

その後ろに歩く義理の叔父さん。
車をはさんで金正恩の反対側を歩く軍の参謀総長。

クリックすると元のサイズで表示します

誰が後継者で誰が「摂政」で、
誰が支えているかを
一目瞭然に分かる映像的効果。
その効果を盛り上げる雪。

クリックすると元のサイズで表示します

金正恩には、
「手袋をしてはいけない。
素手で車に手を添え、
父親の死を悼みなさい」
と演技指導した人がいたはず。
相当優秀な、
映像というものの効果を熟知した人の手腕。

軍服姿の前に立つ、別な衣裳の人間。

クリックすると元のサイズで表示します

軍部を従えていることを分からせる、見事な映像。

遺体の前で涙を流す姿。

クリックすると元のサイズで表示します

あの追悼曲を長時間聞いていれば、
誰でも泣いてしまうでしょう。

現在の世界でもっとも「異常な国」で、
敏腕を発揮している人がいるのに対して、
この日本という、何十倍もの経済力を持っている国の指導者の
政治的センスの貧困。

東日本大震災で判明した
「国民は一流、政治は三流」の事実。

何だか今年も嘆きながらの幕引きとなってしまいました。


組合今年の十大ニュース  

今日は事務所が最終日なので、
芹田理事長と共に昼食を取り、
その場で
「組合今年の十大ニュース」を発表しました。
以下、順不同です。

@新年賀詞懇親会、帝国ホテルに場所を移して開催

クリックすると元のサイズで表示します

 日本一のホテルでの開催は、
 出席者に誇りを与えました。

Aアンケート調査で組合の今の姿を知る

 店主の平均年齢は65歳で、
 農業従事者の平均年齢と同じ。
 後継者がいるのは35%と、
 「今の組合のかたち」が明らかに。

B東日本大震災と義援金

 3・11は、全国民にとって
 忘れられない日、
 今年は日本にとって忘れられない年となりました。
 沢山の人の人生観が変わりました。
 組合は組合員から集めたり、
 本会計から拠出したりして、
 合計567万円を被災地に送りました。

Cセシウム問題起こる

 大地震と津波は福島第一原発の問題に広がり、
 さらに放射性セシウムに汚染された稲わらから
 牛肉の問題に及びました。
 毎日会議会議の暑い夏が思い出されます。

D生食問題起こる

 セシウム問題の前に起こり、
 「牛たたき」という
 大切な商品を奪われる結果となりました。
 一人の不心得者がいると、
 全員が迷惑するという典型です。

E組合年金終了

 今年、組合は長年の活動に終止符を打つことを二つしました。
 一つが年金で、
 昭和48年以来の制度を38年で終わらせました。
 平成19年の台湾での理事・支部長会での決定に基づくもので、
 足かけ5年かけて、
 何一つ混乱なく終らせることが出来ました。

F食肉ギフト券廃止

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらは昭和59年以来の事業を27年で終了。
 実際は平成11年に発行は終わっていましたが、
 これを法的に終了させる手続きを関係28都府県の合同で実施。
 払戻し手続き期間が過ぎ、
 統一協定解消にまで至ったのは年末でした。
 
 食肉ギフト券事業は
 事務局長が組合に入って最初に手がけたビッグ・プロジェクトで、
 普及のために全国行脚をし、
 統一協定や清算センターのアイデアを提供。
 そんなわけで、多少の責任がありますので、
 退職前に幕引きをすることが出来て、
 大変満足しています。

Gカッティング実技講習会、惣菜・弁当講習会開催

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 どちらも全組合規模で実施、
 カッティングの方は、
 東日本大震災の2日後の開催で、
 忘れられない記憶となりました。

H4年ぶり加入促進キャンペーン実施

 新規加入目標は332で、
 現在、道半ばの141。
 それでも全国ベースでは、
 この5年間の最高記録。
 1月に入ったら
 エンジンがかかると信じています。

I仕組債の利息収入、10億円に到達

 この10年間の組合活動を支えたのは、
 仕組債導入の決断で
 円安など、
 様々な幸運により
 10年で10億円はなかなかのものです。

他に、

○BSEから10周年
○丸川珠代さん、組合顧問に


など。

10みつけるのが困難ではないかと思ったら、
はみ出る事態に。
今年も間違いなく躍動していた組合でした。


『王様はデブだ』  

今日を入れて、今年もあと5日。

そんな中、
民主党税制調査会は、
消費税を15年度までに
2段階で10%に引き上げる増税案
28日の総会に提示する方針を固めたそうです。

政府・民主三役会議で
野田総理は、
「増税の時期や上げ幅について、
年内に党の意見を集約してほしい」
と指示しといいます。

そんな指示を出すくらいなら、
「増税せずに財政改革出来る案を広く党内で提案してほしい」
という指示でも出したらどうかと思いますが、
そういうことは一度もせずに、
しゃにむに突き進んでいます。

先の民主党代表選で
野田さんは増税論者であることを危惧しましたが、
その危惧が
わずか半年で現実のものになろうとは。
民主党は3代続けて
してはならない人を総理大臣にしてしまいました。

いや、それ以前に
小泉さんの後、
安倍さんを支えきれずに退陣に追い込み、
福田さん、麻生さんと
続けて器の欠けた人を総理にしてしまったのですから、
自民党も同罪です。

13年10月に8%、
15年4月に10%まで引き上げる案を軸に検討するそうで、
まあ、仮に法案を国会で強行採決したとしても、
13年9月までに総選挙がありますから、
その時は
もっと景気が悪くなっていて、
そうした中で
候補者全員が
「消費税率引き上げ撤回」
または
「消費税率引き上げ実施延期」
を公約にするでしょうから、
今の作業は、
ものすごく虚しいことをしていることになります。

そうした中、
「マニフェスト違反だ」として
民主党を離党する人たちがちらほらと出て来ました。
後の人は何をしているのか。
反対のポーズだけ取って、
結局は上の言うがままになるのか。


↓は、我が人生の師、賢人・曽野綾子さんのコラム。

クリックすると元のサイズで表示します

白眉は、次のくだり。

「戦後、日本の官庁にも会社にもマスコミにも、
そして家庭にも、
イエスマンばかりがはびこった。
理由ははっきりしている。
人々が物質的な安定を生涯の希望とした結果、
教育も
勇気ということを全く教えなくなったからだ。
つまり
正しいことを意識し、自分の思想を持ったら、
結果として言うべきことは言い、
時には出世はもちろん
命の危険にかえても
自分の思想を通すべきだ、
などと誰も言わなくなったのだ」


2年以内に行われる総選挙の時、
今の民主党議員たちが
何を言うのか、
楽しみにしていましょう。
おそらく
卑怯者の群れが現出することでしょう。


こうした中で、
次の総理は、
と問われると、
全く人材がいない。

だから、橋下大阪市長が光ってしまいます。
「選挙で選ばれた市長を支えたくないというなら、
市庁から去ってほしい」
と言い放ち、局長級を更迭し、
市庁の中に部屋を取っていた
労働組合に退去を命ずる。
信念に基づいて、
争うことを恐れず、
馴れ合いだけを恐れて突き進む。

この人に
「国会議員数の半減、
公務員数の削減、
無駄遣いを徹底追放しての
財政再建」
を旗印に立てて、
日本の政治を変えてほしい、
と思う人は沢山いるはず。


ところで、
北朝鮮の金正恩という「三代目」を見て、
不思議に感じませんか?
まだ30前の若者なのに、
あの堂々とした姿は何でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

自分の経験不足を思えば、
一国の命運を任されたことへの
おそれやおののきがあっても不思議ではないのに、
その表情からは、
戸惑いも苦悩も迷いも一片も感じられません。
よほどの大物なのか、
それとも鈍感なのか。

金王朝の料理人だった方によれば、
一番リーダーシップのある人物だといいますが、
昨日の新聞を読んでびっくりしました。
金正日が
「あいつ(正恩)は、
根っからの遊び人だから駄目だ」
と言ったといいます。
はじめ、長男(正男)のことかと思いましたが、
まぎれもなく三男のこと。
実際、スイスに留学した時には、
勉学について行けずに脱落、
家でもテレビゲームばかりしていたとか。

少なくとも外国にいたことがあるのだから、
自分の国がどんなに貧しいかは分かっているはず。
人民が飢えていることも知っているはず。
知らなくても、
目の前の人々の姿を見れば分かるでしょう。

自分一人が栄養満点の体でいることに
違和感を覚えないのか。
恥ずかしいとも思わないのか。

報道写真を見れば、
周囲の人が痩せている中、
金正恩一人が
はちきれそうな栄養に満ちた体でいることが
悪い冗談のように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

「王様はデブだ」
と叫ぶ子供は
北朝鮮には、
一人もいないのか。

今、順調に王位継承のイベントが進んでいますが、
何一つ基盤のない彼が指示を出しているはずはない。
では、今の一連の行事を仕組んでいるプロデューサーは、
一体誰なのか。
軍服の一群の前に若造を立たせるなど、
視覚的効果を心得た
相当優秀な人だと思うが、
その黒幕が誰かは、
やがて歴史が明らかにするでしょう。




あと1週間と『わが青春に悔いなし』  

今年も最後の1週間になりました。
ついこの間、新年を迎えたばかりだというのに、
もう来週は、2012年ですと。
時間のたつのが早すぎる。

毎年この時期には
新年賀詞懇親会の準備をしており、
今年も同じことをしています。
奥様孝行の4名の名前がまだ出ていないブロックが一つあり、
今日電話で催促しましたが、
それが来れば、名簿が完成です。

残念なのは、
丸川珠代さんが来れないことで、
理由は、
新聞にも報道されたので、ようやく書けますが、
ご懐妊。
めでたい理由なので、仕方ありません。

一年前にどんなだったかと思ってブログを読んでみたら、
政治に関しても、全く変わっておらず、

「今年も閉塞感ばかりの年でしたね。
特に、政治のていたらくは
目を覆うばかり」

と書いてあります。

菅さんから野田さんに代わっても、
結局政治の閉塞はなくならず、
増税にばかり「不退転の決意」を繰り返されると、
かえって先行きが不安になります。

消費税については、
国民は容認する覚悟はありますが、
「その前にするべきことがあるだろう」
というのが国民の言い分。
来年の予算案が発表されても、
小手先のやりくりをしただけで、
「こういう財政下、
全てに20%削減せよ」
という号令をかけた形跡は全くなし。

野田さんの顔が、
一時期の「真面目、沈着」から
ただの「決断の出来ない人」に変わってしまったのも、
本人は気づいていないらしい。

愚か者の意味は、
「何が重要で何が重要でないか
が分からない人」

というのは、
常々石原都知事が言っていることですが、
今すべきことは景気の回復。
ところが、消費税の値上げで
ますます景気を悪くしようというのだから、
不思議な人です。

公務員の給与削減や
議員の減員などを
それこそ「不退転の決意」でやって
国民の喝采を浴びれば、
解散総選挙で勝つ目はあるのに、
そういう戦略を立てることは出来ない。
日本の政治家の一番悪いところは、
「戦略」のないこと
で、
最近の野田さんの顔を観ると、
「頭悪そうだなあ〜」
という感じがしてしまいます。

小沢さんの一派が反対して
行き詰まって総選挙にでもなれば、
小沢チルドレンたちは全員落選、
いや、それ以上に民主党離党者が続出して、
「私は民主党ではありません」
と言って立候補する卑怯者どもが沢山出るでしょう。

今は「解散・総選挙」という爆弾で
政界再編のチャンスなのかもしれません。


この数日、わけあってブログが不規則になり、
そこにブロードウェイ・ミュージカルのことを書いたら、
ニューヨークに行ってたのかと誤解した方がいたようです。
あれは数カ月前のこと。

なぜブログが変則になったか。

いよいよ工作員の本性を発揮するしかない局面が来て、
北朝鮮に渡る算段をしていたために、多忙でした。
同行する政界の大物が、
出発直前になって
「平壤は寒いからいやだ」
とダダをこねたので頓挫し、
高速船出発間際になって下船。
痕跡を消すためにいろいろ努力していたので、
とてもブログは書けませんでした。

既にお気づきのことと思いますが、
この前の9行はウソです。
時々こういう冗談をやると、
真面目な方からコメントで叱られますが、
ご容赦を。


黒沢明のごく初期の作品に
「わが青春に悔いなし」(46)というのがあります。
カミさんと最初のデートで観た映画が
「ザッツ・エンタテインメント」で、
二度目のデートで観せた映画が「わが青春に悔いなし」。

クリックすると元のサイズで表示します

京大教授の娘として何不自由無く活発に育った幸枝(原節子)は、
父の教え子である野毛(藤田進)に好意を持っていた。
教授への弾圧が起こり、(滝川事件がモデル)
わき上がった学生運動が鎮圧され、
野毛は思想を捨て、普通の市民になってしまう。

社会人になって教授の家を訪れて来た野毛の
俗物化した姿を見たくなくて、
隣室で苦悶する幸枝の姿や
帰り道、同行した友人に
野毛が「来るんじゃなかった」
とつぶやくシーンに、
事務局長はしびれました。

しかし、野毛が何かを隠していることを感知した幸枝は
野毛の後を追って東京に出て、結婚する。
時代が戦争へと流れていく中、
官憲が野毛をスパイ容疑で逮捕する。
(ゾルゲ事件がモデル。野毛は尾崎秀実がモデル)
野毛は市井の人の姿をしながら、
日本を戦争に向かわせないための情報活動をしていたのだと分かる。
獄中で死んだ野毛の意思をついだ幸枝は
野毛の故郷で家を助け、
「非国民」よばわりされながら、
農業にいそしみ、
かつての大学教授令嬢の姿をかなぐり捨てていく・・・。

特別な使命を与えられて、
普通の市民生活を送り、
ある日、突然、使命の遂行を命じられて、
国家転覆にかかわり、
妻や家族を驚かせる、
そういう人を「スリーパー」と言います。
それまで眠ったふりをしていて、
命令が来て覚醒して使命を果たすのですが、
自分の心の中に確固たる思想があるから、それが出来る。
その時に日常生活に決別する気持ちはどんななのか、
興味があります。

「わが青春に悔いなし」
はそれを描く作品。
事務局長、青春の一本。


ブロードウェイ・ミュージカル  

今日は休日なので、
ブロードウェイで観たミュージカルのことを書きます。

まず「スパイダーマン」

クリックすると元のサイズで表示します

制作が発表されて以来、
一体どうやって、あれをミュージカルに、と興味津々。

莫大なお金をかけて劇場を改装し、
技術的問題が克服出来ずに延長に延長を重ねた作品。
プレビュー期間に、
フライングがうまくいかずに、
スパイダーマンが客席の上で宙づりになり、
観客に助けて下ろしてもらった、
とか様々な噂が飛び交ったいました。
(ブロードウェイでは、プレビュー期間のことは不問に付す、という不文律があります)

ようやく本公演に入ってからも評判が悪い。
でも、一体どんなことをしているのか、
観なければ分かりません。

一度チケットが取れたのに、キャンセル。
その半年後、ようやく観ることか出来ました。

↓は終演後の客席の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

基本的には映画の第1作をなぞったストーリー。
違うのはグリーンゴブリン以外のモンスターが登場すること、
ゴブリンの息子のエピソードがないことでしょうか。

クモに刺された主人公は
部屋の壁と天井を歩き、
やがてビルの上を飛翔。
ここで、客席の上をスパイダーマンが飛び回ります。
まっすぐにではなく、
曲線を描き、
クモの糸のグニュリとのびる量感も表現したフライング。
時には2階や3階の最前列に降り立ったりします。
これはなかなかのみものです。

しかし、これ自体は既に完成した技術で、
帝国劇場の「ショック」で堂本光一もやっいます。
舞台の光学背景も
特に目新しいものではなく、
開幕を1年以上延長するほどのものとは思えません。

はて、何が大変だったのかと訝っていると、
最後に、スパイダーマンとグリーンゴブリンが
客席上で二重のフライングを。
こっちとあっちから飛んできて、交差。
どころか、
スパイダーマンはゴブリンの上に乗り、
更に向かい合って殴り合う。
空中で飛びながら。
う〜ん、これは一つ間違えれば大変なことになるな、
と驚嘆。

主役の歌手のフライングは実際は3 回で、
他はスタントマンですが、
それでも本人が最後に舞台から飛んで来て、
2 階客席最前列に降り立ちます。
スタントマンじないので、
こわかったでしょうね。

フライングは
映画のイメージを損なっておらず、
なかなかのものでしたが、
ただ、見せ物としては面白いですが、
ミュージカルとしては、どうかな
、という感じでした。


もう一つは、
「ボニーとクライド」。

クリックすると元のサイズで表示します

「NEW MUSICAL」のプレビューの初日に観ました。
ということは、
世界で最初にこのミュージカルを観る観客になる、
と思ったら、
「NEW MUSICAL」とは、
ブロードウェイの初演という意味で、
既にサンディエゴやフロリダで上演済み。
地方で巡演したものが
ブロードウェイにやって来る、
というのはよくあることなので、
これは知らなかった方が悪い。

作品は映画の「俺たちに明日はない」の舞台化、
というわけではなく、
実在の人物の少年少女時代から
犯罪者になっていく経過をていねいに描きます。
なにしろ、
アメリカで最も有名なカップル強盗ですから。
演出はテンポよく、
音楽も20年代のテイストを生かして、胸にしみる。
実在の人物の人間ドラマとしては、
よく出来ていました。

日本でも1月に青山劇場で日本初演。↓

クリックすると元のサイズで表示します

演出は、独自なようです。


期間限定のヒュー・ジャックマンのショーが大人気。

クリックすると元のサイズで表示します

102%の入りだとか。

「ビリー・エリオット」(リトル・ダンサー)は、1月で終わり。

クリックすると元のサイズで表示します

「オペラ座の怪人」は、
今も最長ロングラン記録を更新中です。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ