カイロプラクティック  耳より情報

カミさんの首の不調の治療のために、
カイロプラクティックの治療院を訪れました。

紹介してくれた方によれば、                          
腰を痛めて椅子から立ち上がるのも大変な状態だった
義兄を連れて行ったところ、
腰は一発で治り、
それと同時に難聴も治ってしまったといいます。
また、知人で
腰を骨折してそのまま寝たきりかと思った
83歳になるお母様をモノは試しと連れて行ったら、
そのまま歩いて帰って、入院せずにすんだとか。

場所は練馬区上井草。
ちょっと遠いですが
2時間かけて行ってみると、
普通の民家。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

待合室で待っている間に、
診察室から出て来た男性が、
腰の神経瘤がなくなった、
と大騒ぎ。

カミさんの番が来て、
治療室に入ると、
頭のはげた、人の良さそうなおじさんと
助手と思われる屈強な若者二人。

「頭から肩、腰にかけてじわじわし、
それが足まで痺れとして広がっている。
医者は、頸椎の磨耗だと言っている」
という症状を訴えると、
「ふ〜ん」という感じで、
座らせて両足を動かし、
即座に
「体の左側がずれており、
足も腕も左側が短く、
姿勢が悪くなって全身に負担がかかっている」と診断。

親指と小指で輪を作ったものが
右は外れないのに左は外れる。
体を押しても
右には倒れないのに、
左はふんばれない。
等をやってみせて、
ベッドで体を引っぱって、
足、腕の長さの左右の違いを測り、
ベッドにうつぶせにして
背骨のあたりを2、3箇所矯正、
もう一つの動くベッドで何かして、終わり。

今度は指の輪も外れず、体も倒れない。

「一週間たって、まだ駄目ならいらっしゃい」

随分簡単ですが、
カミさんによれば、
じわじわ感はなくなり、
就寝時の不快なしびれ、
首筋で何かが動いているような感じで
眠れないほどだったのが消えて安眠でき、
「姿勢がよくなったみたい」と言っています。

↓冊子をくれたので読んでみると、

クリックすると元のサイズで表示します

脊椎のずれで神経が圧迫されているのを矯正する治療法。

クリックすると元のサイズで表示します

欧米でも広く行われており、
そういえば、品川にもあります。

カイロプラクティックについては↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

WHOも認定している合理的な治療法ですが、
施術者の力量の違いで結果の違いが大きいようで、
西武治療室の田中勲という先生は、
相当な達人・名人なのだろうと思います。
患者の悪いところを即座に判断する
経験と先天的能力があるようで、
これを悪利用すれば、
宗教団体もおこせそうです。
ただ、達人すぎて施術時間が短く、
素人目に簡単な感じがするので、
もう少し演出的にもったいつけた方がいいような気がしました。

似た治療は事務局長も2、3回受けたことがありますが、
事務局長には効きませんでした。
また、ネットの評価を見ると、
即座に効果があった人、
変化がない人様々なようです。

怪しい治療法ではないので、
体調不調で困っている方は一度行ってみたらどうでしょうか。
初診が6300円それ以降が4200円で、
少々高いですが、
腰痛の人には、効き目が大きいようです。
予約は前日のみ。
カミさんは40分間電話をかけ続けました。
一度行ってIDを所得すれば、ネットでの予約も可能。

http://www.seibucpo.info/


ところで、只今、豪ドルが上昇中。

クリックすると元のサイズで表示します

1カ月前に80円を超えていた水準に迫りつつあります。

クリックすると元のサイズで表示します

このまま12月7日の利率決定日まで行けばいいのですが。





利率決定とあれこれ  

今日は仕組債の一つの利率決定日
午後3時近くなると、
パソコンの画面に目が釘付けです。

米ドルは、この数日上昇傾向で、

クリックすると元のサイズで表示します

今日もそれを継続。

クリックすると元のサイズで表示します

3時の為替は、1米ドル=78円06銭

クリックすると元のサイズで表示します

この為替ですと、
利率は0.329951%となります。
金額にして99万円。
少ないですが、
定期預金よりはずっとましです。
99万円、道に落ちてはいません。

次は12月7日に、豪ドルがあります。


夕方からは、
東京食肉市場原発事故損害賠償対策協議会の総会と損害補償額説明会。

クリックすると元のサイズで表示します

大変な量と金額。
東日本大震災と原発事故の後遺症は、まだまだ続きます。


話題変わって、
橋本大阪市長は、
当選の夜の記者会見を
「質問が続く限りやる」と言って
3時間を超えました。
その意気を買います。
記者会見は、
なんとかボロを出さずに切り抜けようとする人が多いのに、
自ら望んで続けるとは。
きっと自信があるのでしょう。

翌日、市役所に乗り込むと、
「市役所の職員は、選挙結果を重く受け止めるように」
とぶちかまし、
「民意を無視する職員は大阪市役所から去ってもらう」
と正論。
こうした挑戦的な姿勢は、好きです。


更に話は変わり、
↓は、先日のオペラ「古事記」の朝日新聞の批評。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長が感じたのと同じことが書いてあります。

事務局長の感想は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20111120/archive


どんどん話は変わって、
↓は、事務局長の家のパソコンに付けたWEBカメラ。

クリックすると元のサイズで表示します

これにより、ソウルの娘の部屋とテレビ電話で話せるようになりました。
何年か前、
留学先のフロリダとの間でもやりましたが、
その時に比べて画質が飛躍的に向上。
きれいな画面で娘の部屋の隅々が分かります。
こちらは老夫婦の姿を映しても仕方なく、
実は、猫を見せるため。
子春と子夏の姿を見て、
娘の心が暖かくなったようです。

本当に便利な時代になりました。




仕組債と政治の革命  

今日は、仕組債の一つが償還され、
利息と共に、無事、入金。
やはりほっとします。

先週末設定した新たな仕組債に、
12月中旬投資。
これで生衛組合の来年の予算は大変楽になります。

                                       
ところで話題は一挙に変わりますが、
昨日の大阪のダブル選挙
橋下さんの大阪維新の会が圧勝
民主党も自民党も応援した候補は敗北し、
既成政党に対する不信感が強く現れました。
当然と言えば当然の結果です。

国民は、既得権益にがんじがらめとなって
何も動かない今の政治のあり方にうんざりしており、
「橋下さんなら、何かが変わるのではないか」
という期待の現れと思われます。

既得権益の勢力は、
今の状態で利益を得ていますので、
現状維持が一番いい。
変わるのを好まない。
従って、強い主張を持った方でないと、
何も変えられない、
と思って、橋下さんに期待したのでしょう。
反対勢力が
「独裁者を許すな」と言ったところで、
「何も変えたくない」が見え見えだから、
支持を得られなかったのは当然です。

今の日本を根本から変えるには、
戦争か革命しかありませんが、
前者の選択はあり得ず、
暴力革命も無理ならば、
卓抜した指導者に
強い政治手腕を発揮してもらうという形で
政治的「革命」を起こすしかない。
その「強い指導者」が、
一見「独裁者」に見えるのは当然です。
「和」を大切にしたり、
「全員野球」などというのは、
政治の世界には、実は合わない。
政策と政策の熾烈な戦いの場が政治というものです。

国民は、
税金を払うという形で義務を果たしながら、
政治のあり方に悲憤慷慨し、
それらを積み重ねて、
節目節目の投票行動で
意思を表明する。
そういう形で「革命」に参加していくしかありません。
革命を担うのは、
その「任」を果たす革命児を支える
広い一般大衆の方が大切なのですから。

ただ、
大阪都構想をはじめとし、
課題は多く、
期待が大きいだけに、
裏切った時の反動は恐ろしい。
政権交代したら何かが変わるかと思った民主党が
何も変えられなかった
悪しき前例が出来、
国民は相当しらけてしまいました。
その責任は重い。

戦後の政治を見つめて来た目からは、
政治の劣化はあまりに明瞭です。
かと言って政治的技術を持たない一般大衆は、
橋下さん、小泉進次郎君、丸川珠代さん、このあたりの世代が力を持って来るまで、
応援し続けるしかありません。


惣菜・弁当講習会と香蓮さんin早稲田  

今日は事務所に寄って、
仕組債についての事務処理をした後、高田馬場へ。
惣菜・弁当講習会の会場立ち会い。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、あの震災の2日後、
部分肉カッティング講習会をやったのも高田馬場。
どうやって帰ろう、
水用のポリバケツを買わなければ、
近所のスーパーが閉まっているので、
食料品を買わなければならない、
などと、不安一杯だった時のことを、
つい思い出してしまいます。

午前中からブロックの役員さんが仕込みをし、

クリックすると元のサイズで表示します

開会。

クリックすると元のサイズで表示します

芹田理事長の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

実は今日が6会場の最終回なので、
お見えになりました。

まず、講師の先生の模範演技があり、

クリックすると元のサイズで表示します

4つのテーブルに別れて料理を実習。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり同業者の集まりは和気あいあい。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しく手が動きます。

クリックすると元のサイズで表示します

奥様方も参加。

クリックすると元のサイズで表示します

やってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん形が整います。

クリックすると元のサイズで表示します

これは豚ばら蒲焼ステーキ弁当。

クリックすると元のサイズで表示します

和牛入り煮込みビーフハンバーグ。

クリックすると元のサイズで表示します

牛肉たっぷりハッシュドビーフ。

クリックすると元のサイズで表示します

ふたをして出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

1時半から始まって、
4時きっかりに終了。

お店での惣菜・弁当作成のヒントとしていただくことを期待して、
秋の組合行事6会場が終わりました。


さて、一方、
事務局長は分身の術を使って、早稲田へ。

クリックすると元のサイズで表示します

早稲田商店会・大隈商店会のイベント
「がんばれ東北! 西早稲田子供天国」会場。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、何やらライブが。

クリックすると元のサイズで表示します

どこかで見た光景。この牛さんたちは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そうです。「お肉応援隊」

クリックすると元のサイズで表示します

ストリートライブ。

クリックすると元のサイズで表示します

「隊長」は、香蓮さん。

クリックすると元のサイズで表示します

宮崎出身のシンガーソングライターで、
口蹄疫をきっかけに「お肉応援隊」を作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

「肉肉筋肉」「29ROCK」の二つは

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長の耳にもすっかりなじんでしまいました。

ダンスの子供たちは、ボランティアで参加。ありがたいことです。

クリックすると元のサイズで表示します

このイベントの出店で何を食べてもOKというごほうび付き。

早稲田商店会にお店を持つ、安井潤一郎常務理事も見守ります。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は正午と2時の2ステージ。

クリックすると元のサイズで表示します

またどこかの食肉店店頭に現れるかもしれません。

食肉店で店頭ライブを希望する方は、↓へメールを。

karen@islandmusic.jp


最後は、↓大隈講堂の銀杏。

クリックすると元のサイズで表示します



4年ぶりの仕組債  

昨夜は
深夜を過ぎてもサーバーのメンテナンスが終わらず、
文書作成の画面に入れないため、
ブログは強制的にお休みとなってしまいました。
更新したかと思ってアクセスした方、
申し訳ありませんでした。

今日は、「資産運用会議」
理事長、両専務、局長、次長で
4年ぶりの仕組債の選定をしました。
今の時節でも、こんな良い提案が出るかと感心しつつ、
事務局長が予想した通りの結論を出していただきました。

その手続きのため、
朝も夜も大忙し。
4年前よりハンコを押すところが増えたのは、
金融庁の指示らしい。
他の事業もそうですが、
役所の担当者が交代するたびに
細かい不足部分が指摘され、
担当官も新機軸を出そうとするため、
どんどん手続きは複雑になります。

一方で不正を行う輩も多いため、
いたちごっこのように様々な規制がかかります。
なにしろ、
FAXで資料を送ってもらうために、
事前にそのための手続きが必要なのですから。

新仕組債を組んだおかげで、
来年の生衛組合の予算組みが大変楽になりました。


ところで、この数日、立川談志の逝去が話題になっていましたが、
事務局長はあまり談志は好きではなかったですね。
理由は威張っているからで、
我が家は伝統的に威張る人間は好きでない
威張る人間は「粋」じゃないですからね。
江戸っ子は心底そういう人間を嫌いました。

今日の新聞に
志ん朝が先輩を抜いて真打ちに昇進した時、
「辞退しろ」と迫った話や
昭和の名人・三遊亭円生に、
どっちが売れているかと議論を吹っ掛けたりした話が載っていますが、
やっぱり粋じゃない
国会議員になって泥酔会見をしたり、無粋そのもの。
居眠りをした客を「出てけ」と言った話もそうで、
昔、古今亭志ん生が高座で寝てしまった時、
観客が「そっとしといてやんなよ」と寝かせておいてあげた話と
見事な対をなします。

それにしても、志ん朝、なぜ死んだ。


今朝の読売新聞に、
政治に関する全国世論調査の結果が載っており、
最近の日本の政治が「悪くなっている」と思う人は76%にのぼった
という結果が出ています。
選挙に投じた一票が現実の政治に「反映していない」と答えた人は81%。
今の政治の問題点は「国民の目線に立っていない」が45%、
「政策決定が遅い」42%、
「日本の将来像を示していない」33%。

今の国会議員に足りない点(複数回答)は、
「決断力」50%、
「指導力」41%、
「使命感」30%、
「庶民感覚」28%。
国会議員に必要なもの(複数回答)は、
「決断力」60%、
「指導力」45%、
「庶民感覚」30%、
「使命感」29%。

今の政党が、国会議員にふさわしい人材を発掘できていると思うか、には、
「できていない」が83%。                           
日本の政治を良くしていくために必要なこと(複数回答)は、
「政治に優秀な人材が参加できる仕組みを作る」55%、
「国民が政治に対する関心を高める」47%、
「国民の多様な意思を反映する政治制度に変える」44% など。

つまり、
決断力も指導力もなく使命感もない人たちが国会議員になって

政治を悪くしているわけで、
民間の会社ならとてもつとまらない人材が議員をしていることになります。

もっと優秀な人が出て来てほしい
という国民の望みは切ないほどで、
しかし、今の選挙制度では無理だということも知っています。

何でも昔が良かったとはいいませんが、
少なくとも国会議員は、
こんな小粒ではなかったはず。
今日本で一番駄目なのは政治で、
本当にこのままでは日本は沈没します。

革命でも起こらないかと思いますが、
今の国民は全然怒りません。
生活が満たされているからでしょうか。





AutoPage最新お知らせ