さよなら歌舞伎座・閉場式  

4月の最終日、ばたばたと細かい仕事をして、
夕方、ちょっと早退で、東銀座へ。
歌舞伎座の前は、

クリックすると元のサイズで表示します

昨日も今日も、写真を撮る人たちが一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この電光掲示板も、ついに「あと1日」になり、

クリックすると元のサイズで表示します

本日は「閉場式」が執り行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

チケット入れの封筒も特別製で、

クリックすると元のサイズで表示します

開くと、こういう写真が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう紙も入っていて、大変な記念品です。

クリックすると元のサイズで表示します

タイムテーブル。

クリックすると元のサイズで表示します

冒頭、松竹の大谷信義会長が登場すると、
「大谷 ! 」と、役者に対するような掛け声が。
「四代目 ! 」というのには、
場内に笑いがもれました。
今日は掛け声の皆さんも総動員という感じで、
盛り上がっていました。
良いタイミングの掛け声は芝居を盛り上げます。
あれも歌舞伎の一部です。
前にテレビで紹介されていましたが、
掛け声の勉強会があるようです。
きっと初めての時はどきどきするんでしょうね。

「都風流」は、久保田万太郎作詞の長唄を
菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、勘三郎、
三津五郎、梅玉、団十郎、幸四郎

という、当代を代表する立ち役たちが
ずらりと並んで登場し、
扇子一つで順に踊るという趣向。
歌詞には、浅草や隅田川の景色、
ほうずき市や菊供養など、
江戸の風情が詠み込まれているそうで、
(事務局長には、とても聞き取れません)
なんとも粋な作品。
こんな豪華な顔ぶれが揃って踊るのは、おそらく今夜だけで、
まさに「ワン・ナイト・オンリー」の素晴らしさ。
そう言い出せば、衣裳も装置も趣向も
今夜だけのもので、
こういう時にこういう場所に居合わせたという幸福を感じます。

事務局長夫婦の席は、
前から11列目のほぼ真ん中。
同じ列には山田洋次監督もいて、
素晴らしく見やすい席でした。
どうしてそんな席が取れたのか。
やはり人脈は広げておくものですね。

「京鹿子娘道成寺」は、
玉三郎、時蔵、福助、芝雀、魁春
という当代の人気女形が美を競う。
何とも美しくも不思議な夢幻の世界。
中でも玉三郎さんは、
背が高い分立ち姿の美しさが際立っています。
最後は、釣り鐘の上に5人の白拍子がからみつく、
という二度と観れない趣向。
まさに、これも「ワン・ナイト・オンリー」です。

04年のトニー賞授賞式のテーマが「ワン・ナイト・オンリー」で、
あの時のヒュー・ジャックマンの開幕ショーが思い出されます。
芝居というのは、まさにワン・ナイト・オンリー、
今宵だけの出会いです。

この道成寺の舞台、
あまりにあまりに美しく、泣きそうになりました。
人間は、美しいものの記憶を頭に残して死んでいくのでしょう。
それに、やはり、
超一流に触れるということは、
そのかもしだす雰囲気、香りのようなものを呼吸するわけで、
今夜は素晴らしい夜になりました。

藤十郎、芝翫、富十郎という人間国宝3人による口上の後、45分の休憩の間、
歌舞伎座の歴史を上映。
これが素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

名優たちの姿が紹介されましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

あの音源、映像を
松竹は大切な財産として保管していたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

これも、今夜だけ一夜のものにするにはもったいないものでした。
こんなところで、METライブビューイングの技術が生かされるとは。

最後の手締式は、
200人を越える幹部俳優がずらりと舞台に並び、
これを壮観と言わずして何を壮観というのか、というすごい光景。

↓は、翌日のスポーツ新聞に掲載された写真。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一枚。

クリックすると元のサイズで表示します

最前列に並ぶ大幹部たちの並び順はどうやって決めたのでしょうか。
何か伝統的な約束事があるんでしょうね。
上手端は菊五郎、下手端は幸四郎。
猿之助さんの姿も久しぶりに拝見出来て嬉しかったですね。

事務局長も手締め(三三七拍子1回)に参加しました。

↓その後の興奮さめやらぬ場内。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影OKのようなので、撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓スッポンからの花道。
ここをどれだけの名優が通って行ったことか。

クリックすると元のサイズで表示します

2階ロビーの名優たちの像。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口の雑踏。

クリックすると元のサイズで表示します

藤純子さん、寺島しのぶさん、そのフランス人のご主人らの姿も見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで見納めの歌舞伎座の姿。

クリックすると元のサイズで表示します

3年後 (正確には、2年11カ月後)、
新生歌舞伎座が誕生します。
閉場式があったのだから、開場式もあるはずで、
その時、列席できるのかどうかは不明。

その間は、
歌舞伎は、すぐ側の新橋演舞場が拠点となります。
↓は、地下鉄にあった広告。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この日だけの特別なプログラム。

クリックすると元のサイズで表示します

↓安斎重男撮影による写真集。
大屋根から奈落まで克明に写されて、
これで2500円は安い。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
4月最後の日は、
事務局長にとっての
ハッピー・ワン・ナイト・オンリーになりました。




銀座のミツバチ  

今日は春らしい陽射しの良い天気でしたね。

事務局長は銀座に出掛けました。
「ファーム・エイド銀座2010」という行事のため。

クリックすると元のサイズで表示します

人と自然の共生について考えようというイベント。

クリックすると元のサイズで表示します

会場は、銀座3丁目の紙パルプ会館。

クリックすると元のサイズで表示します

会館の回りでは、プチ・マルシェが開かれており、

クリックすると元のサイズで表示します

全国から集まった

クリックすると元のサイズで表示します

農産物が展示即売されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長は柑橘類と

クリックすると元のサイズで表示します

魚沼産コシヒカリを購入。

クリックすると元のサイズで表示します

当然、こういうものも

クリックすると元のサイズで表示します

いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

今朝取れたばかりのホヤも到着。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなパフォーマンスも。

クリックすると元のサイズで表示します

中では様々な直売品も展示。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こういう真面目な行事も行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした取り組みは
5月21日(金)夜9時54分からの
BSジャパンの番組で放送されます。

クリックすると元のサイズで表示します

「ファーム・エイド銀座 2010」は、
7/17、9/18、11/22〜23も開催されます。


実は、事務局長の本日のお目当ては、
銀座のミツバチを見ること。
銀座のビルの屋上でミツバチが飼われている、というのを知って、
興味を抱いたのです。
(パリのオペラ座でも、屋上でミツバチを飼っています。)

「銀座ミツバチプロジェクト」と呼ばれる取り組み、
2006年春から始まって、今年が5年目。
↓のような立派な広報誌も持っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ファーム・エイドでは、
このミツバチ見学会が人気で、
予約は一杯。
事務局長は事前に受講券をゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その時送って来た注意事項。

クリックすると元のサイズで表示します

冒頭に「ミツバチは飼われているとは思っていません」
とあるのは、なかなか奥深い。

受付をすませると、

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターで最上階へ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで注意事項の説明を受けて、

クリックすると元のサイズで表示します

屋上の階段を登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

屋上からの銀座の景色。

クリックすると元のサイズで表示します

見学では、網付きの帽子をかぶります。

クリックすると元のサイズで表示します

顔を守るためと、髪をかくすため。
というのは、ミツバチは黒いものに反応してしまうのだそうで、
クマとの長い闘争の結果、
DNAに刷り込まれたらしい。

こんな格好で屋上を行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

説明ボランティアの方が待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな風にして、説明を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、日本ミツバチのエリア。

クリックすると元のサイズで表示します

よく知られている黄色いミツバチは、実は西洋ミツバチで、
明治9年(1876年)に初めて輸入され、
その後巻き起こった養蜂ブームで全国に広がったもの。
その前、太古の昔から日本各地に住んでいたのが、
在来種の日本ミツバチ
言ってみれば、「和蜂」です。

ミツバチは住宅難で、
町のどこかで出来てしまった巣は、
壊さずに、ここに避難させたりしているそうです。

↓は、西洋ミツバチのエリア。

クリックすると元のサイズで表示します

飛んでいるのが分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも、ボランティアの方が説明してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

ミツバチの飛行距離は4キロほど。
銀座の蜂は、この半径2キロの範囲にある
皇居や日比谷公園、浜離宮などから採蜜して来るといいます。
銀座のビルの屋上に
花を植えてほしい、という運動もしているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ミツバチにとって、蜜が主食の炭水化物。エネルギー源ですね。
花粉がおかずで、タンパク質。体を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

貯めたミツバチを人間が横取りするわけですから、
「おかしい、在庫が減った」
とミツバチが不審に思わないのかと常々思っていました。
そういう映画もありました。
ミツバチがスーパーでハチミツが売られているのを見て、
「俺たちは搾取されていたんだ」と気付いて、裁判を起こす話。
実際は全部搾り取ることをせずに、
残しておくことで解決しているのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

煙を吹きかけるとミツバチの活動が止まるのは、
山火事と間違えて、
蜜を吸って避難しようとするからだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー、勉強になりましたね。
手塚治虫の初期の作品に「黄金都市」という、
ミツバチの世界を扱った作品がありました。

銀座にミツバチか住んでいる、
と考えると、何だか心が豊かになりますね。

参加者には、↓ハチミツ50gがプレゼント。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、採れる量が少なくて、市販されておらず、
銀座のホテルやレストランに提供され、
シェフが料理やスイーツに工夫します。
まさに、地産地消。
知らないうちに、
皇居の花から集められた
銀座のハチミツを使った料理を食べているのかもしれません。



1年前の旅・インド  

相変わらず、総代会と
その周辺会議の準備にあけくれ。

こういう動きのない時は、
書き忘れた旅行記を書くことにします。


その前に、昨日のビッグ・ニュース。↓

クリックすると元のサイズで表示します

東京ディズニーランドで、
7月から、
「キャプテンEO」
1年間の期間限定で復活させるそうです。

星雲の向こうから
じゃがいものような小惑星が飛んで来て、
目の前でくるくる回る立体映像で
場内騒然となり、
惑星に不時着し、
そこを支配する悪の女王と戦うために
マイケルが歌って踊るミュージカル。
まことに楽しいアトラクション。

マイケルが最も格好良かった時の映像で、
「THIS IS IT」で初めてマイケルを知った世代にも
観ていただきたい。
当時、幼児で観れなかった若者や、
結婚して子供を連れて観せてあげたい世代や、
なつかしさにあふれて来る方や、
TDLが新たなリピーターを生み出す、結構なイベント。
企画した人をほめてやりたい

それにしても、終わってから14年前もたつとは。
今でもUTUBEで映像を見ることが出来ます。

1987年2月、
アメリカで始まったばかりの「キャプテンEO」を観るための
ラジオ局主催のツァーに
事務局長は参加しました。
もう四半期前のことになります。


さて、今回紹介するのは、
昨年のゴールデンウィークの旅。
もう1年も前のことですが、
これを書いておかないと、
次の旅には出掛けられません。

カトマンドゥから飛行機でインドに再入国。
途端に↓の標識。

クリックすると元のサイズで表示します

インドでも新型インフルエンザが発見されて、
警戒が厳重になっていました。
1年前はこんなでした。

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ乗用車で、今度は5時間のアグラへの旅

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな景色が延々続き、

クリックすると元のサイズで表示します

突如として沿道に町が現れ、

クリックすると元のサイズで表示します

またこんな景色が延々続くそんな旅。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんなインド的光景を楽しむこともできます。

クリックすると元のサイズで表示します

休憩すると、物売りがどこかから現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓なにか分からない飲み物を売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんが「飲むか?」というので、ていねいにお断りしました。
実はこの時、カトマンドゥで昨夜食べたラーメンの油が悪かったか、
下痢していたのです。

ホテル着いたのは夕方だったので、
食事の後、映画館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

「踊るマハラジャ」を観て以来の
インドで、
インド人と一緒に、
インド映画を観る、
という夢が実現。

クリックすると元のサイズで表示します

男優は日本人の物差しとは違うハンサムな人か
とんでもなく不細工な笑わせ役、
女優は超が3つつくくらいの超美人、
話は荒唐無稽で、
ところどころ、必然性なくミュージカルになり、
オーバーな演技、
おおげさな音、
途中休憩をはさむほど長いストーリー、
という典型的なインド映画を
10人くらいのインド人観客と一緒に楽しみました。
もちろん日本人は一人もいません。

翌日は、いつもの町探索。

クリックすると元のサイズで表示します

何をしているでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

サルが闊歩し、

クリックすると元のサイズで表示します

犬は寝ています。

クリックすると元のサイズで表示します

ラクダのいる景色。

クリックすると元のサイズで表示します

ラクダは後ろから見ると、超スリム。やせた象のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん牛たちは闊歩します。

クリックすると元のサイズで表示します

何という品種なのか。

クリックすると元のサイズで表示します

商店は、こんなです。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんと運転手さんは、↓で朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

↓素足のそばでのばした餃子の皮のようなものを

クリックすると元のサイズで表示します

↓油であげると、こんなものに。油は真っ黒で胸焼けしそう。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長はホテルで食べたので、ご遠慮。
↓は、今回で一番汚い写真。

クリックすると元のサイズで表示します

アグラ城とタージ・マハルは今度。



公取協三役会と事業仕分けと『レベッカ』  

今日は、朝のうち、恒例の健康診断に。
6月の予定だったのを繰り上げたのは、
何だか最近、お腹が痛むことがあって、気になったからです。
問診では、心臓も肺も胃も問題ありませんでしたが、
お腹の痛みを言うと、
「心配だったら、大腸の内視鏡をやってみなさい」
と医者に言われました。
苦しくないか、と訊くと、
健康の確認のためなら、
多少の苦しさは仕方ないでしょう、と正論。
さっそく浦安の病院で5月中旬にやることにし、申込みました。
また珍しい経験が出来そうで、楽しみにしています。


午後からは、東京食肉公取協の三役会
今年の総会の日程を決め、
事業報告、決算報告、事業計画、収支予算を審議。
すみやかに進捗しています。

その三役会に合わせるように、
全国食肉公取協から今日送ってきたのが、↓のハンドブック。

クリックすると元のサイズで表示します

平成13年の初代からだと、
14、17、20年と来て、5代目。
今までA5だったのが、B5に大きくなりました。
当初A4という噂もあり、
「それではハンドブックではあるまい」と思っていましたが、
結局B5に。
その分文字も大きくなり、
前回より項目の順番が変わり、分かりやすくなりました。

↓は同時に送られてきたB6、16ページの小冊子。

クリックすると元のサイズで表示します

これは消費者用です。

ハンドブックの方は、5月中旬に組合員の元に送られますが、
小冊子の方は、数が少ないので、活用方法は未定。


その後、事業仕分けの会場に行こうかと思いましたが、
2時間待ちだそうなので、やめ、
ネットで生中継を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

というのは、今日は農畜産振興機構の事業仕分けがあったからです。

↓キャラが変わって、ソフトになったレンホウさん。

クリックすると元のサイズで表示します

↓説明者側に、知った顔が沢山出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、パソコンで生中継を見られるなんて、
便利な時代になったものです。


夕方、女の人と待ち合わせして、帝国劇場へ。
女の人といっても、カミさんです。
観たのは、↓「レベッカ」

クリックすると元のサイズで表示します

2年前、日本初演したウィーン発ミュージカル。
2年前のシアタークリエから大きな帝国劇場へ、大出世です。
舞台が大きくなった分、
仕掛けもスケールも大きくなりました。
一方、ドラマの緊密度は減りました。

「エリザベート」「モーツァルト ! 」の
作詞作曲コンビによるものなので、
音楽性が素晴らしく
カミさんに観せてやりたいと思い、
チケットを取りました。

ところが、第1部が終ると、カミさんが
「つまらない。シルビア以外は、歌がヘタ」とばっさり。
確かに、シルビア・グラブは素晴らしい。
他の役者の歌は、ヘタというわけではありませんが、
とにかく、何も伝わるものがない
きれいに歌うだけで、胸を打たない
演技も同様。
形だけ。
感情が何も伝達されない。
一体これはどうしたことなのでしょうか。
セリフで言ってもいいものを、
わざわざメロディーにのせて歌うのは、
心を伝えるということではないんですか。

前に書きましたが、
韓国で観た「ラ・マンチャの男」も「モーツァルト ! 」も、
歌が胸を熱くしました。
ぐんぐん心に迫って、
歌い終えた時は、何も考えずに拍手が出ました。
しかし、日本では島田歌穂の歌以外はそれがない
なぜなのでしょう。
劇団四季も同じ。

これは、誰も言わないけれど、
おそらく日本のミュージカルの根本的問題だと思います。

2年前、「レベッカ」を最初に観た時の感想は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20080528/archive

この日のブログは、
「会長復活」という面白い記事が出ていて、
異常にアクセスが増えた時。
そうか、もう2年もたったのか。




安井潤一郎候補来訪  

本日、総代会の招集状と議案資料を郵送。
当日に向けての準備を進めていきます。
今年は役員改選の年のため、
その後に控える様々な手続きの準備もしなければなりません。
その途中、ゴールデン・ウィークという、
日本全体が一度機能停止する期間があります。

考えてみると、
正月、ゴールデンウィーク、お盆休みと
日本という国は3回大きな機能停止の時を持っています。
外国でも復活祭やクリスマスなど
同様な時期があり、
アラブ圏ではラマダンの時期があったり、
中国圏では旧正月など、
それぞれで面白い。
きっとどこかに比較研究したものがあると思うので、
探してみたいですね。


そんな中、夕方、安井潤一郎常務理事が事務所を来訪なさいました。
参議院議員選挙の自民党全国比例区の公認候補となった報告です。

クリックすると元のサイズで表示します

先の4月の常務会で
組合が安井さんを推薦することが決まっていますので、
5月から7月までの3カ月間、
選挙の季節も巡ってきます。

いろいろ興味深いお話を伺いましたが、
ここには書けません。


そこで、政治ネタになりますが、
昨日の沖縄での県民大会。
普天間飛行場の県外・国外移設を求める集会。
「県外」ということは、徳之島の反応を見ても不可能。
ということは、「県外・国外」は、
事実上の「国外」を意味し、
つまり、グァムに行け、ということになります。
それは必然的にアメリカ軍の極東戦略の変更を意味し、
日米安保の根本的な見直し、
場合によっては、破棄を意味します。

鳩山さんがぐずぐずしている間に、
こんな重大な問題になってしまいました。
そのことを鳩山さんが自覚しているようには見えません。
いや、むしろ、そのこと(日米安保の破棄)を本当は望んでいるような気がする。
本当に「とんでもない人」を総理にしてしまったものです。
「総理にしてはならない人を総理にしてしまった」
という人もいます。

民主党の中には、
「首相は、幸夫人がインドの占い師から
『普天間問題は米国が譲歩して解決する』
と言われたので、楽観していた」

との噂が広がっているそうです。
これに付け加えて、
「こんな噂が流れること自体、おしまいだ」と。

小泉さん以降、
安倍さん、福田さん、麻生さん、
そして鳩山さんと、
国民が侮蔑したり嘲笑したりする人が総理になっている。
これを国民の不幸と言わずして、何というのか。

もっと立派な人はいないのか。
今の政治システムでは無理なのか。

先日、ソフトバンクの孫社長がテレビに久しぶりに出て、
「事業仕分けで出て来る節約分など、誤差の範囲だ。
国家予算で最大のものは、医療費。
そのカルテを電子化することだけでも
何十兆円の余剰資金を生み出せる」

と言っていました。
「こうしたことは、政治家が決断すれば出来るのに、
なかなか決断しない」

として、嘆き、
「国会議員というのは、
法律を作り、制度を変えるという
すごいを仕事なんだ」

と指摘、
その人々が機能を発揮していないことを非難していました。

確かに、国会は法律立案の場所なのに、
それ以外のことにエネルギーを消耗している現状。
それを嫌気して、
本当に能力のある人は政治家をめざさない。

韓国は十数年前、IMFで破綻したが、
その後、これではいかんと、産業界に政府が介入した。
サムスンなど、自動車の製造を停止させられ、
電機に特化した会社にさせられた。
その結果、今、薄型テレビでは、
世界の30%のシェアを誇っている。
日本はその遅れを取った。

という話も仙石国家戦略担当相がしていました。

土日のテレビは大変勉強になります。

↓は、堀紘一さんの新書。

クリックすると元のサイズで表示します

題名だけでも斬新ですが、
今の世の中、「空気を読む」人ばかり。
空気を読めないよりは読めた方がいいが、
空気を読んでばかりでは、
結局、何も変えられない。
空気を読みながらも、その空気に乗らず、
新しい空気を創っていける人
が世界を変える。

ということ。

今、右往左往している政治家たちは、
生き残りのために必死に空気を読んでいますが、
そうではなく、
真の国家戦略を提示していく政治家は出ないものか。
賢い日本の国民は、
そういう人が出れば、
本気で支持しますぞ。







AutoPage最新お知らせ