年度末と『花のあと』  

年度末。
ついこの間新年で南の国にいたというのに。
今は寒さに震えながら、
3枚目のカレンダーをめくっています。

数字は徐々に固まりつつあり、
予想通り、生衛組合、事業組合共に黒字で終えることが出来ました
よかったよかった。
このまま水面下飛行 (赤字) では、
組織が腐ってしまいますからね。


午後から、亡くなった畑野専務の奥様とご子息が
組合を訪れて下さり、
じっくりと思い出話にひたりました。
闘病生活のことも聞き、
ああ、あの時はそういうことであったか、
この時は、無理をおして参加して下さったのか、
と後で分かる事情に胸を痛めました。

仕事熱心で、
お店を閉めることがいやな方だったのに、
組合のことで無理をさせてしまったようです。

ただ、夏の常務会暑気払いは、
お盆に設定したので、
堂々とお店を閉めて参加できたので、
とても楽しみにしてくれていたと聞いて、
それはいいことをしたかな、と思いました。

任期一杯専務職を務めたかったようで、
それだけが心残りです。


今日から総代会の事業報告に取りかかりました。


[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

藤沢周平の短編を映画化。

おなじみの海坂藩 (うなさかはん) が舞台。
幼い頃から父に剣術を指南され、
いつのまにか藩の男たちよりも強くなった以登 (いと) 。
しかし、女がどんなに剣の道を励んでも、
そんなことは評価されない時代だ。

その以登が、
藩内一の剣士と噂される江口孫四郎と
一度だけの試合をし、
心の中にその面影を抱えてしまう。

やがて、孫四郎は藩の重臣の陰謀によって自害するが、
その事情を許婚者の片桐才助に調べてもらった以登は、
その重臣に真剣勝負を挑む。
なぜそれまでに、と問う重臣に、
「江口様は、女だからと侮ることなく私と剣を交えて下さいました」
と答える。

恋愛など自由にできない時代に、
秘めた恋心を剣術に託して守り続け、
しかも、それに殉じて命懸けの闘いに自分を駆り立てていく姿。
日本人の心の中に凛然と存在する一つの心根が胸を打つ。

この時代の男と女の所作、たたずまいが美しく
日本人の魂に響く。
期待していなかったのに、
藤沢文学のテイストが再現されていたのに驚いた。

以登を演ずる北川景子は、剣道に励み、努力の結果が現れているが、
殺陣の場面は、
カット割等で助けてあげるべきだった。
孫四郎を演ずるのは、バレエダンサーの宮尾俊太郎。
二人とも清新な印象だが、
表情に乏しいので、
無言のうちに内面を伝えることが出来てないのは、残念。
ここの味付けがしっかりしていれば、
もっと後味の深いものになっただろうに。

才助を演ずる甲本雅裕は、
藤沢作品の一つの典型をよく演じた。
何よりも以登の父親を演ずる國村隼が
一時代の日本武士の姿を演じて、
言葉を発しなくても通じる説得力があった。

映画のラストに一青窈の主題曲が突然挿入され、
そのために藤村志保のナレーションが駆け足となり、
曲の長さに合わせたかのように
才助と以登の歩くシーンが無駄に長く続く。
「半落ち」のラストでも
森山直太朗の甲高い歌声が突然入って来て、
余韻をぶち壊しにしたが、
こういう音楽的センスのなさはいい加減にしてもらいたい。

5段階評価の「4」




品川駅と『自分の始末』  

↓のとおり、品川駅の自由通路が様変わり。

クリックすると元のサイズで表示します

縦1.4m×横0.8mの
電子看板が両側にずらり44面
日本最大。
裏表だから、一方から見えるのは、22面。
画面は刻々変わり、動画も流せるといいます。
全画面に同じ映像を流すと印象が倍加します。

品川駅と言えば、昔は長い長い暗い地下道があって、
東口に出る人は途中で不安になりました。
朝の時間は、通勤客で渋滞し、
大雨が降ると、水浸し。
年末は帰郷の人たちが長い列を作り、
お寺参りの人たちが並んだのも、この地下通路。

それがある時、一夜にして塞がって、
地下道があった痕跡など、どこにもなくなり、
長い長い工事の後に、今のような姿に。
そして、電子看板。
昔の品川駅を知る人が、
何十年ぶりに来たら、びっくりでしょう。


[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長の人生の師である賢人・曽野綾子さんの本。
新作ではなく、数々の著作の中から
人生に光を当てる名文を抜粋収録
最近、曽野さんはこういう本が多い。

題名にあるように、自分の老後の始末に関わる内容。
まえがきには、

「自分の始末」の意図するところは、実はたった一つ、
できるだけあらゆる面で他人に迷惑をかけずに
静かにこの世を終わることである。


と明確に書いてある。
この世に執着せず、
宇宙の悠久な歴史の中の一瞬の生命のきらめきを
神に対する謙虚さの中で模索して来た
人生の達人にして初めて書ける内容。

標題だけあげてみると、

1.定年後を輝かせる「新たな仕事」
2.「不純」の大いなる効用
3.どうすれば運命を使いこなせるか
4.現実を受け止められないとき、行き悩むとき
5.問題は「どう生きたか」
6.人生の思いがけない「からくり」を知る
7.遠距離「世間」のすすめ
8.「自分の時間」を管理する知恵
9.ささやかだけど贅沢な生き方
10.自分なりの「始末のつけ方」


という内容。
最後には、こう書いてのける。

「何もかもきれいに跡形もなく消えるのが、
死者のこの世に対する最高の折り目正しさだと私は思っている。
亡き人の思い出は、
その子や孫が自然に覚えている範囲だけでいい。
その人がこの世に存在したことを、
銅像を建てたり記念館を建てて残そうとするのは、
私の好みではない。
犯罪を犯して記憶されるよりは、
悪いこともせずに済んで、
誰からも深く恨まれることなく
この世を去っていけるだけで、
この上ない成功である。
晩年の義務は、
後に、その人の記憶さえ押しつけがましくは残さないことだと
私は考えている。」


人生の本質を見通し達観しなければ書けないものだ。

事務局長もいよいよ「晩年」に入る準備をしている。
後2年少々で定年。
その後をどう生きるか。
人生の落し前をつける数年間は、
相当貴重な歳月になるはず。
その準備のためにも
こうしたものを大切に読んでいきたい。



あさみちゆきと新味覚ラーメン  

何なんだ、今日の寒さは。
ちゃんとしろよ、と「季節」に文句を言いたいくらい。

決算を徐々に固めつつある事務局長は、
夕方から、浅草へ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は新宿、今日は浅草。
何しているんだ、事務局長。

クリックすると元のサイズで表示します

何をしに来たというと、
浅草公会堂で、

クリックすると元のサイズで表示します

この人のコンサートを聴くためです。

クリックすると元のサイズで表示します

仕事です。
昨日に続き、
来年の帝国ホテルのゲスト歌手選定のため。
これもF専務の紹介です。

あさみ ちゆき」。
どんな字なんだ。
「朝、道行き」と覚えます。

カミさんにきいたら、知ってましたね。
テレビで話題の人だったそうです。

曲の一つ
父母の離婚の日に
父親に鮨屋に連れていかれた女の子を歌う
「鮨屋で・・」という歌は、
事務局長、テレビで聴いたことがありました。

井の頭公園のストリートライブから見出された人で、
今も月一回、
井の頭公園で、
ビール箱の上に立ってストリートライブをしているといいます。
都立公園でのイベントには、
無料で出るそうです。
見上げた心掛けです。

歌はきれいな声で、うまい。
情感がある。
分類すれば、「フォーク」で、
団塊の世代には分かる音楽。
中年男性のファンが多いのもうなずけます。
組合員の年齢層より、少し下の世代向け。
ただ、新年に聴く歌かというと、
少々自信がありません。

良い歌を聴いた後は、
浅草に来るとよく行く「まぐろ人」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

昔と違う店に来た感じ。
それとも、入った時間が悪かったのか。

実は、昨夜、ライブの帰りに、
新宿の小滝橋通りの、↓「麵屋武蔵」に。

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメン店ランキングによく出る有名店で、
いつ行っても行列だったのですが、
閉店間際の時間で空いていたので、入りました。

店内には、店名ゆかりの宮本武蔵の映画のポスターがあって、楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

中村錦之助、片岡知恵蔵、長谷川一夫、鶴田浩二など、
いろいろな役者が武蔵を演じてきたことが分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

監督も内田吐夢、渡辺邦男、稲垣浩ら。

クリックすると元のサイズで表示します

東映、東宝、大映、日活と、
各社で作っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

忠臣蔵と並ぶ、時代劇のドル箱。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、問題のラーメン。千円。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、ラーメンですか?
とんこつ味のうどんみたい。
焼き豚も、これは角煮。

ゲンコツと鶏ガラを主体とした動物系スープと、
かつお節や煮干しでとる魚介系スープに用いたサンマの煮干しが
当時は非常に珍しく、
ラーメン愛好家や同業者の大きな話題となった。

と、ホームページに書いてあります。
ここが本店だから、
標準味なのでしょう。

でも、はっきり言って、まずい。驚くほどに。

事務局長、
外国から帰国したら、最初に食べるのがラーメン、
というくらいラーメン好きで、
どんな地方の町に行っても、ご当地ラーメンを食べます。
自分でも作ります。
工夫します。
事務局長の作る野菜ラーメンが一番うまいと
カミさんはおだてて作らせます。

昔、生家が食堂をしていたことがあり、
コックが変わって、
味が落ちた時、文句を言った、
生意気なガキでした。

マスコミに紹介されるこの手の店、
頭に布を巻いて、独特のユニホームを来た若者たちの店、
なにか一家言あるラーメン屋で、
うまいラーメンを食べたためしがありません。
普通に作ればいいのに、
何か勘違いしているようにしか見えない。
マスコミもはやしたてるのはやめた方がいい。

新しい味の探求かもしれませんが、
だったら、ラーメンと呼ばなければいい。
新味覚ラーメンで見事だったのは、
味噌ラーメンととんこつラーメンくらいではないでしょうか。



新宿の町とハニーシックス  

夕方から新宿へ。

途中、地下鉄の中から撮った写真。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと桜たちは、咲きかけて、
昨日今日の寒さに、
「いけねっ、間違えた」
と言っているでしょう。

↓は、夕刻の新宿。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、時間つぶしに映画を観る予定だったのですが、
お目当ての映画が満席。
仕方なく携帯で時間を調べながら、
周辺を巡って、
新宿の映画館地図が変わっているのを知りました。

↓コマ劇場は昨年末に閉館。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その後ろの千席の大きな映画館は一年少々前に閉館。

クリックすると元のサイズで表示します

↓斜め前の4つの映画館も閉館。

クリックすると元のサイズで表示します

↓確か、ここにもトーアという映画館があったはず。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
歌舞伎町の真ん中の広場の長方形の4辺にあった映画館15,6館は、
一辺のミラノ座系の4館だけになってしまいました。

その反対に、少し離れたピカデリー↓がリニューアルして大繁盛。

クリックすると元のサイズで表示します

日曜日など、満席状態が発生。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、ここには、
プラチナシート、プラチナルームという、
特別扱いの席があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓入り口は別。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな通路を通っていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

入り口があって、

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターも別だと分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

5階に上がると、↓受付があり、

クリックすると元のサイズで表示します

↓専用ロビーで待つことが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓席はこんな感じ。22席あって、全部ペアシートです。

クリックすると元のサイズで表示します

一人の場合は、基本的に隣の席を空けるのがポリシーだそうで、
よほど混んだ時は相席ですが、まだそんな事態はないといいます。

シアターの2階部分で、下からは見えません。
フットレストと毛布も。

クリックすると元のサイズで表示します

↓シャンパンとマカロンのサービス。右端にあるのは、手元ランプ。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーやケーキを頼むと、席まで持って来てくれます。
(高いです)

今、紹介したのは、「プラチナシート」。
「プラチナルーム」はもっとすごくて、
↓が、そのロビー。個室です。

クリックすると元のサイズで表示します

座席は↓。専用スピーカーを装備。

クリックすると元のサイズで表示します

左右に2室配置されているので、映画は正面からは見れません。
「ルーム」と言っても、完全密室ではなく、
斜め後ろが開いているので、
あまり過激なことは出来ません。(何をさせたいんだ)

さて、料金ですが、
プラチナシートは、一人5千円
プラチナルームは、二人で3万円
どういう人が、どういう時、利用するのでしょうか。


さて、電器店で時間つぶしをした後、
目的地は、新宿税務署近くの飛鳥ホテル
その14階にある↓ナイトクラブ「Honey Bee」(蜜蜂)

クリックすると元のサイズで表示します

「三浦京子&ハニーシックス」のライブを聴くためです。

クリックすると元のサイズで表示します

分類すれば、「ムード歌謡」。
いつもヴェルディだのプッチーニだの言っている事務局長が
随分違う音楽を、と不思議に思われそうですが、
仕事です。

というのは、来年の帝国ホテルでの新年賀詞懇親会での
アトラクションの歌手の候補を探しているところ。
歌の師匠もしているF専務の紹介です。

↓は、アルバム。まだ昔の名前です。

クリックすると元のサイズで表示します

今年デビュー45年を迎えるグループで、
兄弟だけで結成され、
こんなに長く活動を続けているのは、ギネスもの。
ジャクソン兄弟より長い。
兄弟だけに、息のあったハーモニーが魅力。
男女のヴォーカルの響きが心地よい。
「よせばいいのに」「ふりむかないで」のヒットもあります。

50名ほどの観客でのライブは、まさにアットホーム。

クリックすると元のサイズで表示します

食事の後、第一部1時間、第二部30分。
楽しい時間が過ぎていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

このナイトクラブは、ハニーシックスの経営で、
毎月10日に食事会、28日にライブ。
ハ(8)ニ(2)ーで、28日。
新宿都庁あたりの夜景が美しい。

アマとプロの違いは、
自分 (だけ) が楽しいか、
人を楽しませることが出来るか、
の違い。
まさにプロのわざで、
ジャンル違いの事務局長でも大いに楽しみました。
やはり、生の素晴らしさです。

8月22日には、帝国ホテルでショー、
その頃には、45周年の本も出版されるといいます。
3月31日、夜8時〜11時
テレビ東京 (12チャンネル) の音楽番組にも出演します。


今日のお土産は、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ?



ワクワク、ドキドキ  

今週末はお花見かと思ったら、
今日の冷たい雨で延長になり、
東京の桜の見頃は新年度入り以降のようです。

決算の作業をして、
各部署の結果が一つにまとめられていく経過は、
じつに楽しい。
元々事務局長はバラバラなものが寄り集まって
一体化していく過程
が好きで、
新聞や雑誌の編集、映画の編集などもワクワクします。
イベントも
立てたプランが一点に向かって収束していくのに興奮。
芝居もバラバラに稽古してきたものが一貫性を持つ
通し稽古から
さらに、装置、照明、音響が一体化して来る
舞台稽古は恍惚として迎えました。


しかし、今度の年度末ほど為替に翻弄されたことはありません。
新年に入って、米ドルは92円台、豪ドルは86円に迫って
好決算の予測にワクワク
ところが2月はそれぞれ88円、76円近くに落ち込んでハラハラ
結局は90円、82円で決着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「終り良ければ全て良し」ですが、
来年はあまりハラハラしたくないですね。


ところで、政治の方も二転三転で、
今日の産経新聞に、
政治の風刺話が出ていました。

「東京には、正体不明の怪鳥がいる。
日本人は
サギだと言うが、
中国人は
カモと見、
米国人は
チキン (臆病者の意)、
欧州人は
アホウドリだと言う。
本人は
ハト(鳩)と言い張っているが、
俺は日本の
ガンだと思う・・」


今の政治の混迷が、
鳩山総理の性格に起因していることは
誰の目にも明らか。
全くとんでもない人をトップに選んでしまったものだ。
このような、判断力も決断力も政治理念も見識も調整能力もない、
一般社会的に見ても並以下の人が総理大臣になるというのは、
一体どういう巡り合わせか。

混迷の一翼を担う福島さんにしても
亀井さんにしても
話し方、所作ふるまい、見識、
どう見ても並以下の人でしょう。

よほど政界には良い人材が集まらないのだとしか思えない。
ああいうていたらくを見ていたら、
センスのある有能な人材は
他の、もっと活躍できる場所に行ってしまう。
その結果、
時代を読めない、前後左右が分からない、
自分の姿さえ見えない
並以下の人間が政治を目指すことになる。
さらにその結果、
小心翼々、保身にたけた、手練手管だけの人間が
政界にのさばることになってしまう。

問題は、そういう人間が
国民の血税を使う権力を持っていることだ。

小沢さんを批判した生方さんという硬骨漢が現れたが、
副幹事長に言われて、さっさと戻るのも情けない。
メンツをつぶされた一方の筆頭副幹事長も
「雨降って地固まる」などと言っていないで、
決然と筆頭副幹事長を辞職したらどうか。
これらも全て民主的手続ではなく、
少数の人の判断で決まる。

何と言おうと、
民主党議員が
小沢さんの顔色をうかがっているのは事実で、
意気軒昂だった若い人が
保身の境界線を越えた途端に、
苦渋に満ちた、卑屈な顔になるのは見ていられない。

このブログで何度も紹介している
「社長の顔色をうかがうようになってきて、
それでは自由闊達な会社経営の妨げになるので、
私は社長をやめるんだ」

と言った
丹羽宇一郎さん(伊藤忠の元社長)の
ツメの垢でも煎じて飲ませてあげたい。

北教組問題の小林議員も
辞職も離党もしないとは何事か。
本当に本人、情けなくないのか。

聞きましたか、「子供手当て」の矛盾
外国人の、外国に住んでいる子供にも支給されるそうです。
これは、子供に支給されるのではなく、
日本に住んでいる大人に支給されるものだからだといいます。
子供が日本に住んでいるならまだ分かるが、
これはどう考えてもおかしい。
要するに、立案段階の不備なのだから、
直せばいいのに、直さない。

普天間問題も政府案を出してほっとしているどころではないだろう。
相手があることで、
アメリカが拒否すれば白紙に戻る。
県外移設だって相手先が拒否すれば同じだ。
やればやるほど現行案が
苦労の産物だったのだと分かって来る。

郵政問題も亀井さんを郵政担当大臣にした時から
今日の事態は見えていたはず。
貯金の上限を1千万円から2千万円に引き上げるなど、
民業圧迫で、郵政省時代にだってしなかったことだ。
それを亀井さんが小泉さんへの私憤から
時計の針を戻そうとしている。

先人の苦労を
後から出てきた人が
何も知らずに覆し、
新機軸を出そうとして
周囲が迷惑する、

「政権交代」がそういうことだったとは
国民も知らなかった。

問題は、国民が
自民党に見切りを付けて「政権交代」した後、
今度は民主党に失望しても、
自民党に戻ることができないことだ。
自民党はせっかく与えられた再生期間の7カ月を無為に過ごし
回復のチャンスをつぶしてしまった。

では、国民はどこに行ったらいいのか。
参議院選挙までの間に、その模索をしなければならない。

議員というのは、
「当選」というのが物差しだから、
小沢さんでは選挙に負ける、と判断すれば
小沢降ろしが始まる。
谷垣さんでは戦えない、となれば、
自民党も流動化して来る。

そういう意味で、
4月から6月にかけての動きは、
今後の日本の未来をかけての産みの苦しみと言えるかもしれない。

今度の参議院議員選挙は、
昨年の衆議院議員選挙以上に
重要な選挙になるだろう。









AutoPage最新お知らせ