全国食肉公取協総会  

今日で6月も終わり。
つまり、今年も半分過ぎたことになります。
この間正月だったと思っていたのに。
最近、時間の経つのが早すぎます。

今日は午後から市場内の団体が集まって、
省エネと温暖化防止の会議。
来年から東京都は条例で一定の規模以上の企業に対して
温暖化防止の方策を取ることを義務付けるそうです。
具体的には電気の使用量の低減策を講じるかどうかということ。
実際、大変なことになってきました。

その同じ時間に
アジュール竹芝では、
全国食肉公正取引協議会の総会
島田理事長が出席。
事務局長は上記の会議のため欠席。
この総会、最近は1時間程度で終わるのが常だったのですが、
今年は2時間もかかったそうで、
表示の実態について大変な議論があったようです。
議論はいいことですが、
やはりこの業界の会議の特徴で、
議論がどんどん枝葉に広がっていくという癖は出たようです。
本筋でない議論で長広告を広げる人もいた模様で、
会議における発言のルールは一度学習する必要があるかもしれません。

昔事務局長はこの団体の専務理事をしていた時代があり、
その頃のことを覚えている人がまだまだ沢山いたそうです。
ありがたいことですね。

ところで、
昨日書いた「危険な兆候」について、娘が
「だって、パパはやりたいことが沢山あるんでしょ」
と言います。
そう簡単にそんな道に行けないことを、娘は見抜いています。
「じゃ、半分ずつにすれば」とも。
「半分って何さ」
「たとえば、半年ずつ交代するとか。
一月ずつ変えてもいんじゃないの」
娘はB型で、クールでドライです。
しかし、案外、その方が長続きするかもしれませんね。
全面的な潔白さを求めるのは、少々若者すぎるようです。
どうも事務局長はそういう癖があります。

先日、ある作家が、
「年齢同一性障害」ということを書いていました。
「性同一性障害」というのはありますが、
そんな言葉は初めて聞きました。
内容は、
実際の年齢と本人が感じている年齢が一致しないということで、
それなら事務局長も分かります。
しかし、「障害」というほどのことはなく、
「年齢同一性違和感」と言った方が近いでしょう。
事務局長は既に還暦を過ぎていますが、
自分ではどうもそんな気がしない。
せいぜい40代前半の感じ。
家の体脂肪計付き体重計も
毎日、「あんたの体内年齢は37歳だよ」と告げています。

この違和感は事務局長だけでなく、
世の中全体がそうなようで、
「年齢8掛け説」
をとなえる人もいます。
60歳の人は48歳くらい、
50歳の人は40歳くらいの内容しか持っていない。
昔の50歳といえば、
50歳相当の内容も外見もあったのですが、
今はそうではない。
だから、20歳になっても、16歳くらい。

もっとすごく「年齢6掛け説」を言う人もいます。
それでいくと、
60歳になっても36歳。
50歳でも30歳。
20歳では12歳。
そんな感じもしますね。

なぜ年齢相応にならないかというと、
それは長寿が進んで、
上にどかりと高年齢の人が控えているため、
大人になれないのだ、
という説をとなえる人もいます。

今日は高年齢の方を描いた映画を観ました。↓

クリックすると元のサイズで表示します

珍しいハンガリーの映画

エミルとヘディは81歳と70歳の年金生活者。
暮らしは厳しく、借金の催促に追われている。
ある時、差し押さえの代わりに
妻の大切にしていたダイヤのイヤリングを持っていかれたエミルは、
拾った拳銃を使って郵便局強盗を働いてしまう。
その手法は極めて紳士的な手法で、
成功に味を占めたエミルはスーパーで金を奪い、
次は宝石商を襲って、
妻のイヤリングを取り返す。
妻のヘディも夫を応援し、
今度は二人で銀行強盗を続けての逃避行をしていく・・・

ハンガリー版かつ老人版「俺たちに明日はない」で、
この着想が面白い。



「俺たちに明日はない」(原題:Bonnie and Clyde)は、
1967年製作のアメリカ映画。
大恐慌時代の実在の銀行強盗、ボニーとクライドの、
出会いと死に至るまでを描いた犯罪映画。
監督アーサー・ペン 、
主演ウォーレン・ビーティ、フェイ・ ダナウェイ。



二人の犯罪は、
年金生活者の共感を呼び、
二人は国民が密かに支援する体制反抗者のヒーローになっていく。
このあたりの展開も面白いし、
かつて共産体制だった時代の古傷も出て来る。

しかし、何よりもいいのは、
喧嘩ばかりしていた老夫婦が
この過程でかつての青春時代の心を回復していく姿だ。

どんなお年寄りの中にも
かつて輝いた青春時代のあったことを示すわずかなシーンは大変感動的。
老夫婦を演ずる二人の老優も実にいい味を出している。
さて、その二人の行き着く先は・・・
というわけで、
最後の一捻りも楽しい。

風刺も効いていて、でも人生の深部に触れてほろりとさせる、なかなかのハートウォーミングな映画
映画の技法としては随分ぶっきらぼうだが、
アメリカ映画に慣れ親しんだ目には、
こういう映画作法もあるのだな、
と感じさせて面白い。

5段階評価の「4」

銀座4丁目・和光の裏通りのシネスイッチ銀座で上映中。


危険な兆候  

通常業務をこなした後、
夕方から
来年秋の関東甲信越の大会の会場の下見に。
「関東甲信越食肉連絡協議会」というのは
10県の組合連合ですので、
10年に1度の周期で担当組合が回って来ます。

温泉で一泊、というのが多いですが、
東京には温泉がないので
(お台場にありますが、大会や宿泊には不向き)
前回は熱海で、その前は箱根で行いました。

しかし、最近は近隣の埼玉や千葉でも
温泉ではなくホテルで開催し、宿泊なしで実施する例が増えたので、
来年の東京も都内で、宿泊なしでやろうという話になっています。

しかし、ただホテルでやってもつまらないので、
東京らしさを出そうと、
ちょっとした趣向を考えています。

機関決定していないので、
内容はまだ発表できませんが、
参加者の方は「へえ〜」と驚くだろうなあ、
という趣向。

会場は、ちょっと狭いかな、
と心配もしましたが、
まあ、許してもらえるでしょう。

などと、ほのめかしばかりで、すみません。

先日、飛行機の中で読んだ記事になかなかいいのがあったので、
↓に掲載。

クリックすると元のサイズで表示します

冷やかしで出家してみたら、
「自分より貧しい人が食事を恵んでくれた」
と驚くあたり、いいですね。

特に、最後のくだりで、
お金の必要性は認めながらも、
生活し、将来に投資し、貯金して、
それでも残ったら、
自分より貧しい人や社会に寄付しろ
というあたりもいいですね。

御存知のとおり、
事務局長はあちこち外国を旅行していますが、
帰国して思うのは、
日本ほどきれいで便利で豊かないい国は他にないということ。
どこに行くのも自由で、便利で、
交通機関は整い、社会的整備は万全。
医療も至れり尽くせりで、
病気の心配もなく、
教育は文盲率0パーセントという驚異的な高さ。
食べ物はあふれて、世界中の料理が食べられ、
おしゃれはし放題で、娯楽は山ほどある。
お年寄りにはボランティアが「寂しくはないですか」
と訪問してくれて、
いざ食べれなくなれば、行政が養ってくれる。
身分制度はなく、
どんな人でも才覚さえあれば、
出世は可能、
豊な暮らしは努力次第。

なのに、みんな不満だらけ
世界一幸福な国に住む人たちが、
疲れた顔をして、幸福を実感していない。
将来について不安だという。
地球に住む人の半数以上が飢えているというのに、
沢山の食べ物が棄てられ、
やせるためにお金を使っている。
自分のためにお金を使うのが精一杯で
人のためにお金を使うのは死んでもいや、
沢山貯めて、使わない。
日本の老人は、
死ぬ時が一番金持ちだと言われている。
老後の不安でしこたま貯めて、
結局、使わないで死んでいく。

やはりどこかおかしい
何かが間違っている。

定年退職して、
子供の心配もなくなった時に、
突然、今までできなかった
全く違った人生を歩み始める人がいるそうですが、
この藤川さんの暮らしもそれ。
何にもとらわれない生き方は、
とても素敵だと思います。

昔読んだ仏教説話で、
人を殺めた罪をつぐなうために、
川を人を背負って渡す僧侶が、
ある時、背中に仏が乗っているのを感じる。
僧侶の最後は、
誰にも知られない川の葦の中で、
その体は野犬と鳥と魚たちを養うために提供されていた。
などという話に、強烈なあこがれを感じます。

ある時、東南アジアの街角で、
事務局長によく似た人が
托鉢をしているかもしれません。
病気の人や不幸な子供の世話をしていたり。
あるいは、人里離れた修道院の奥の洗濯場で
毎日毎日汚れ物を洗っている世捨て人になっているかもしれません。

などと考えている事務局長、
危険な兆候ですか?




トニー賞受賞式  

新聞によれば、
アメリカでマイケル・ジャクソンのCDが爆発的に売れており、
アマゾンが25日に受けたCDの注文のうち、
6割がマイケルの曲
26日午後のCD売り上げでは、
マイケルの曲がベストテンを独占したといいます。

さんざん笑い物にしておいて、今頃何だ、
という気がしますが、
今からでもマイケルの曲を実際に聴いてもらえることは嬉しいことです。

石原都知事が
「マドンナが死んでも、
マイケルが死んでも、
がっかりしない」

とばっさり。
(マドンナはまだ死んでいません)
「俺は、あまりマイケル・ジャクソンの
いい聞き手でもファンでもないから」

というのが理由。正当な理由です。
確かに時代が違いますからね。

事務局長の持論では、
あらゆる芸術の中で、
音楽が最も年齢制限を大きく受け、
年齢のある段階で、
新しい音楽を受け入れなくなる、

と見ています。
だから、宴会などで歌う歌を聞くと、
完全に世代が分かれます。
どちらかというと幅広い方の事務局長にしても、
邦楽はニューミュージックで終わり、
洋楽はせいぜいマイケル・ジャクソンまで。
ただし、歌えません。
その後は、無理して、マドンナ、バックストリート・ボーイズまでかな。
最近は娘の影響で東方神起を聴かされて、
なかなかいい、と思いますが。

続けて石原知事が
「一世を風靡した人間については、
その時代に生きている人間の
人生を通じての情念、情感を代表している。
そういう点では、
マイケル・ジャクソンが表象した時代が終わったという
哀悼の意を、
多くの人が感じていると思います」

と言っているのは、さすがの慧眼。

ついでに、最近の音楽については、
「へたくそな日記を、
文章になっていない、
わめくみたいな歌。
ちっともいいと思わない」

と言っているのも同感。
今の歌の歌詞は全く詩になっていませんが、
それを「へたくそな日記」と言ってのけたのは、うまい。


さて、今日は、待ちに待ったトニー賞授賞式の中継。
6月7日夜(日本時間は8日朝)に実施されたものの
3週間遅れの放送です。
以前はナマで中継したこともありましたが、
最近はすっかり時差放送です。

今回のオープニング・ショーは、
「リトル・ダンサー」から始めて
「ウエストサイド物語」
「ガイ・アンド・ドールズ」
「ヘアー」・・・
と候補作品のほとんどをまとめた超豪華舞台。
最後は舞台にあふれんばかりの大合唱となりました。

ここで力尽きたのか、
あとのショーは少々盛り上がりにかけましたが、
司会がかつてのテレビの「天才少年ドギー・ハウザー」、
現在もクイズ番組の司会をしている人で、
なかなか手際のいい司会ぶりでした。
最後に「トゥナイト」の替え歌で受賞者を讃え、
これがスクリーンの映像と見事にシンクロ。
受賞者は当日、封印が解かれるまでは分からないシステムの中で、
あの替え歌を覚えたとすれば、
なかなかたいしたものです。

ところで、録画にあたっては、
用心のために3つの系統を準備。
一つは最近買ったブルーレイ・ディスクのレコーダー。
もう一つは、ケーブルテレビからDVDレコーダーに入力。
更に、ベランダのアンテナからもう一つのDVDレコーダーへ。
再生してみると、
ブルーレイは原因不明の録画中断。
ケーブルの方は、内蔵時計が進んでいたために、ラストの数分が欠け、
最後の頼みのアンテナからの録画は正常。
フェイルセイフという
失敗をカバーする安全装置は必要だとつくづく思いました。

夏休みのニューヨーク旅行、
一日だけスケジュールを未定にしていた日があったのは、
この中継を見てから決めようと思ったからですが、
ようやく決まり、ネットで予約するつもりです。

実は、昨日、事務局長が利用していた
ブロードウェイやロンドンのミュージカルのチケットを手配する会社が
19年の歴史を閉じて、解散するという連絡をしてきました。
確かにネットでチケットの手配ができる時代になっては、
難しい商売になったとは思っていましたが、残念。

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

スペイン旅行中の二人のアメリカ人女性が
情熱的でセクシーな画家と恋に落ちる。
そこへ、画家の別れた元妻が現れて・・・
というコメディ。
大人の映画です。
なにしろ、ウディ・アレンですからね。


幅広いはずの事務局長でも苦手な分野があります。
それは、女性映画。
中でもジェーン・オースティン原作のものなど、
全く何も感じず、
面倒で仕方ない。
それでも、
この映画は面白かった。

一つは役者の魅力で、
スカーレット・ヨハンソンレベッカ・ホール
二つのタイプの女性像を演じ、
対する画家はバビエル・バルデム
破滅的な元妻を演ずるのはペネロペ・クルス
みんな生き生きとしています。
ペネロペ・クルスはこの演技でアカデミー賞助演女優賞を獲得。
作品そのものも
ゴールデングローブ賞の
コメディ部門の作品賞を受賞。
(ドラマ部門の作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」)

別に深い深い内容があるわけではありませんが、
スペインの素敵な風景の中で、
魅力的な役者によって演じられる恋模様。
何ともいえず
心地よい気分にしてくれる映画でした。

スカーレット・ヨハンソンが
「自分が望まないものは分かるけど、
自分が何を望んでいるかが分からない」

と言っているのは、
自分探しの旅をする人の典型的な病理です。
自分探しをしている間は
本当の自分は見つからない
んですけどね。

5段階評価の「4」


マイケルの死  

マイケル・ジャクソンが死んだ
その途端に、
マスコミは手の平を返したように、大称賛を始めている。

子供たちをネバーランドに招待した時に
一緒に泊まり、
おそらくは抱擁したであろうことを
「性的虐待」と書き立て、
わが子をよく見せようと
ホテルのバルコニーから赤子を乗り出させただけで
「幼児虐待」と曲解し、
たまたま顔をしかめた時の表情を撮った写真を
「整形のやり過ぎで顔が崩れ始めた」
と報道し、
一人の無防備な壊れ易いピュアな魂をずたずたにした
同じマスコミが
今となっては、人類の財産を失ったかのような大騒ぎだ。

マイケルの晩年は不幸だった。
歌うことが大好きで、
歌っていれば幸福だったのに
音楽活動を封鎖され、
もっぱらスキャンダルとゴシップだけの対象となり、
お笑いのネタにされた。

マイケルの音楽を聴いたこともなく、
そのダンスを見たこともない人たちによって
からかいの道化とされた。

今朝の電車の中で
高校生が、こんな会話をしていた。
「マイケル、死んだね」
「いくつだったの」
「50」
「天国に行くのかなあ、地獄に行くのかなあ」
思わず後ろからぶん殴ってやろうかと思ったが、
明日の新聞に
「中年男性が車中で暴行
マイケルへの悪口に激昂して」

などという見出しになるかもしれないと思って、我慢した。

今、テレビはかつての全盛期のマイケルの姿を映し出している。
昨夜はフジテレビの特番で
「スリラー」が13分間にわたって放送された。
(ただし、字幕なし)
どうせなら、
「BAD」も「スムーズ・クリミナル」も「ブラック・アンド・ホワイト」も
放送してほしかった。
20数年たっても古びないその歌とダンスと映像に
驚嘆するだろう。

そういう意味で、
もはやマイケルはゴシックのネタとはならず、
残された膨大な曲と、
素晴らしいショート・フィルムズが
その業績を不滅のものにしていく。

前にもブログで書いたが、
事務局長も娘もマイケルの大ファン。
日本のコンサートは全部行っている。
小学生の娘を後楽園球場に連れて行った親などいただろうか?
中学の時は、
福岡でしかやらないコンサートのために
父子ででかけた。

今日、娘から入ったメールには、
「マイケルほんとに死んじゃったんだね。
ちょっとショックすぎてしごとができない。
ちかいうちに追悼DVD鑑賞会やるから」

とあったが、
一足早くDVDを観ていた父親の部屋を
音を聞きつけて娘が訪ねてきた。
しばらくDVDを観ながら、
マイケルの思い出話。

そういえば、前にブログに書いたことを思い出して、検索してみた。
そのうちの一つの方には、
こんなことが書いてある。

[再録]

彼はアーチストなので、
曲が全てです。
その意味で、
彼が生み出した様々な曲は、
他の誰があのような音楽性を持てたか、と言いたくなります。
モーツァルトがどんなに幼児性たっぷりではた迷惑な人間だったかが
研究によってあばかれたところで、
その音楽の価値はそこなわれないのと同じです。
文学も、絵画も、
全ての芸術はその人間の人格や性癖とは関係なく、
そのものだけで純粋に評価されるべきなのです。

「スリラー」から「BAD」に至る
彼の頂点の時期の音楽、
事務局長の大好きな「ビリー・ジーン」や「ビート・イット」
などを聞けば、
彼の偉大さは分かります。
マイケルの音楽を聞いたことがない人間が
マイケルの奇矯な行動を笑うのはやはり腹が立ちます。
「ヒール・ザ・ワールド」を生み出すような人間が
幼児虐待を行おうが、
どのみち分かりはしないのですから、関係ないのです。

どんな偉大な人も潮目があり、
マイケルの時代は既に去っているのは事実でしょう。
今、彼には
「マイケル、そういうことはしない方がいい」
と助言してくれる人がそばにいないようです。
今度の40万円集会で、
うちの娘のような長い間のファンを沢山失ったことでしょう。
少し哀しい。

子供の頃からショー・ビジネスの世界に生き、
普通の少年時代をすごせずに
傷ついた一つの魂の今の姿は痛々しくてなりませんが、
そこは天才。
最後にもう一花咲かせて、
下劣な噂を吹き飛ばす姿を見てみたいものです。

[再録終わり]

ロンドンのコンサートで最後の一花を咲かせるはずが、
それさえも許されなかった。

しかし、それでもマイケルが立てた金字塔を破る人はもういないだろう。
アルバム「スリラー」の世界販売総数1億5百万枚は、
音楽ダウンロード全盛の今では、
破られるはずがない偉大な記録だ。
そして、数々のショート・フィルムズの中で、
さっそうとした20代前半のマイケルの姿は生き続けている。

芸能関係の人が死んで悲しくなったのは、今度が始めてだ。
石原裕次郎の時でさえ、
ファンであった時期からの間が長かったせいか、
悲しくはならなかった。
マイケルの訃報に触れて、恥ずかしいが、
本当に泣きそうになった。

今、マスコミは、
かつての謝罪であるかのように讃美を繰り返している。
人は棺桶に釘が打たれる時に
その評価が定まる
というが、
マイケルが死んで始めて、
知っている人も知らない人も
その偉大さに気づいたのだろう。

「スリラー」を観たい方は↓をクリック。(画面に出るへんなコメントは無視して下さい。)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2113271

「ヒール・ザ・ワールド」は↓。(後半部分)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm154952

「スムーズ・クリミナル」は↓。(長いですが、これは素晴らしい)

http://www.youtube.com/watch?v=ex30DYwQlHU&hl=ja

「今夜はビート・イット」は↓。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3998071




全肉生連北海道大会  

24・25日と札幌へ。
全肉生連の北海道大会に参加するためです。
東京組合からは三役、事務局長、次長の8人が参加。

この日、東京は雨でしたが、北海道は真夏日。

クリックすると元のサイズで表示します

「日本三大がっかり」の時計台を訪問。
丁度正午で、歓迎するかのように、鐘の音が。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、北海道らしく三食丼↓。

クリックすると元のサイズで表示します

↓大通り公園そばの

クリックすると元のサイズで表示します

花畑牧場の店にも行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、新千歳空港のJRのホームにあった広告。

クリックすると元のサイズで表示します

生キャラメルは、ブームで、一人10個までの制限付きで、飛ぶように売れていました。
田中義剛サンは大金持ちです。

↓プレーン、マンゴー、メロンなど、味は多数。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中身はたった12粒。これで850円。つまり、一粒70円。

クリックすると元のサイズで表示します

少し高くはないか、田中クン。

↓2階にはラウンジがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

ホットキャラメルアイスクリームが食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します

お姉さんが、溶けたキャラメルを

クリックすると元のサイズで表示します

アイスの上にかけます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

大会の会場は、札幌パークホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

正副会長会議に続き、↓理事会と総会を開催。

クリックすると元のサイズで表示します

山下会長が勇退し、
新会長として千葉県の中台岩男理事長が選ばれました。
島田理事長は副会長に再選。
同じ関東ブロックなので、お支えしなければなりません。

理事会の様子について知りたい方は、
事務局長に直接どうぞ。

↓大会は50周年の節目でしたので、
全国各県の事務局職員が多数表彰されました。
ベテランの女性職員がいないと、組合は成り立ちません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓芹田副理事長が総代で受け取りました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓島田理事長は、閉会の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

↓夕刻から懇親会。

クリックすると元のサイズで表示します

↓コンパニオンは、チャイナドレスです。

クリックすると元のサイズで表示します

開会前にアトラクションが。

クリックすると元のサイズで表示します

先日、「よさこいソーラン」が終わったばかり。
「札幌マダム」という妙齢の婦人たちが舞います。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、北海道大学の学生グループ「縁」がにぎやかに乱入してきて、

クリックすると元のサイズで表示します

札幌マダムと競演。

クリックすると元のサイズで表示します

すごい盛り上がりです。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は「縁」単独で。

クリックすると元のサイズで表示します

若者たちの熱気があふれます。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に男子は日本男児らしく赤フンに。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに至って、
記念誌表紙の写真↓の意味が初めて分かる、という仕掛け。

クリックすると元のサイズで表示します

今まで大会には多数出ましたが、
こんなに盛り上がったのは他に知りません。
というより、
開会前のオープニングにアトラクションをやるという、
意表をついた演出に驚嘆。
会の半ばで、というのが普通ですから、
一体誰の優れたアイデアかと思いましたが、
後で聞いたら、
演出ではなく、
食事中に客席で舞うとほこりがかかるから、
ということだったらしい。
たまたまにしても、うまくいったものです。

さて、食事さすが北海道、海の幸のオンパレード。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カニは食べ放題です。

クリックすると元のサイズで表示します

ブログの読者は御存知ですね。
事務局長はカニが大好きだと。

クリックすると元のサイズで表示します

会場の一角では、マグロの解体ショー

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに、刺身と寿司になります。

クリックすると元のサイズで表示します

実に美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

他県組合の方からは、
『東京食肉新報』が大変役立っている、
と声をかけられました。
ブログをいつも読んでいます、という声も。

終わった後は、ススキノに徒歩で。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長には縁がないところですが、

クリックすると元のサイズで表示します

店の名前を見るだけでも面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「すすきの交番」という店ではなく、本当の交番です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓有名なラーメン横丁もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2日目はバス4台で観光。

クリックすると元のサイズで表示します

1年分の緑色を見てしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓この矢印は、積雪時に道路の存在を示す標識。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い矢印と黄色い矢印の間を走れば安心。

クリックすると元のサイズで表示します

車内では、「なまえビンゴ」というゲームを。
↓自分の名前を書いて、

クリックすると元のサイズで表示します

出た文字を消して、早く完成した人に賞品が。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しく事務局長は5位に当選。
このビンゴは、初経験。
いいアイデアですね。

↓ここは何かというと、

クリックすると元のサイズで表示します

「北の国から」のロケ地です。

クリックすると元のサイズで表示します

丸太小屋や、

クリックすると元のサイズで表示します

黒岩一家の家が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シナリオの勉強をしたこともある事務局長にとって、
一時期、倉本聰は神サマでした。

ここは、まさに森林浴です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他に、純が結婚して住んだ家も別の場所に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓廃材で作った、という設定。

クリックすると元のサイズで表示します

↓反対側。

クリックすると元のサイズで表示します

純が飼った羊も子供たちを生みました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ワイン工場。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここには倉本さんの劇団のポスターが貼ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します

あとは、1年分の雲をたっぷり見て、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰京。
明日から通常モードに戻ります。






AutoPage最新お知らせ