新たな国のキャンペーン  

今日で10月は終わり。
相変わらず為替は米ドル90円後半、
豪ドル60円台半ばをうろついています。
株も今日は大下がり。
テレビも暗い話ばかりしています。

個人的には、今日は良い報せのあった日で、
正月休みの旅行が取れました。
昨年行けずに、その費用の一部はマッサージ機に化けたのですが、
同じ行き先に半年も前から申込み。
ところが全然航空券が取れず、
「ここに正月行く人は、一体何時から申し込んでいるんだ」
といぶかっていたところ、
ようやく3席空いたとの報せです。

記録を調べてみたら、
正月の旅行など17年ぶり
なにもわざわざ高い時に行くことはないと、
浦安に引きこもっていたのですが、
娘が仕事でこの時期しか休みが取れず、こういうことになりました。
家族旅行も5年ぶりです。

昨日、「土曜出勤は必至」と書きましたが、
何とか回避できないかと「必死」にやっていたところへ、
某省から一本の電話が。
「今の牛肉の消費低迷を打破するためのキャンペーンにご協力願いたい」
という課長補佐じきじきの依頼です。
そういえば、組合の50周年記念誌を見ると、
昭和50年代初期、
「食肉鶏卵課長が常務会に来訪し、食肉諸事業の協力を要請」
などという記録が残っています。
当時は農水省が消費者向けの需要増進事業に熱心でしたからね。

全肉連でもこの事業をするようですが、
首都を抜かすわけにはいかないので、
こうして直接要請となったようです。
全肉連から東京が抜けて5年たちますが、
この間はそういう必要もなかったんですね。

夕方になって、この事業の実施団体から2名の方がおいでになり、
計画案を見せられて説明を受けました。
基本的には
販売店で国産牛肉の知識普及のためにパンフレットやレシピカードを配布。懸賞で牛肉のプレゼントも。
もう一つが店頭での国産牛肉の試食会。(希望店のみ)

理事長、事業部長に相談して、
協力することになり、
来週6日の理事・支部長会の議案に追加することにしました。

この時点で、土曜出勤が確定

説明を聞いて笑ってしまったのが、
このキャンペーンの参加希望店舗を
11月7日までに取りまとめてほしいとのこと。
今日、金曜日の夕方に説明に現れて、
来週は連休が明けるのが4日。
つまり4・5・6の実質3日で「希望店舗」を取りまとめることが可能だと
思っているようです。

支部での会合は普通毎月1回。
そのサイクルで「希望店舗」を募れば1カ月以上かかります。
それとも組合は本部から組合員までコンピューター通信網でつながっていて、
即座に情報が伝達され、
即座に希望が返信されて来るとでも思っているのでしょうか。

前にも書きましたが、
お役所は自分の仕事は遅いくせに、
こういう時は現実無視で急がせます

全肉連でも来週6日に北海道で全国会長会議があり、
その場で発表、
「7日までに参加希望店舗を取りまとめ」などと言ったら
各県肉連会長がどんな顔をするか、いっぺん見てみたいものです。

ここは組合のノウハウを使って割り当てていくしかありませんが、
店頭での試食も
まともに頼んだら誰も手を上げませんから、
これも支部に割り当てていくしかありません。

こちらから要請した事業ならいくらでも無理はしますが、
そちらから依頼して実行してもらうのなら、
もっと現場に合わせて
事務局がやり易くするような配慮
が必要と思いますけどね。

と言い続けて25年。
全肉連を脱退したおかげで、
こういう事業からは自由な立場にいましたが、
今回は、世のため、人のため、組合員のため
組合は一肌脱いで、対応していくことにしました。

ものすごい昔昔のことですが、
肉そのものに補助金が付く事業がありまして。
当然行政側は、
補助金分下げた安い価格で店頭で販売することを求めます。
税金を使うのですから、当然です。
そこで、「指標価格」というのを毎週定めない、ということになった。
その指標価格をどうやって決めるかという話を聞いて、ぶっとんだ。

その週に組合員が仕入れた価格を集計して、
平均価格を出し、
その平均価格を基準に、
補助金分安くして
各部位の店頭販売価格を決めるのだといいます。
組合員の仕入れた価格をどうやって集めろというのかと聞くと、
各店から電話で報告させればいい、と言います。

当時組合員は4千名ほどいて、
肉代金に補助金が付くのだから、参加率は高いと思われ、
2千軒が参加するとして、
1店からの報告電話に3分取られるとして、計6000分。
つまり、100時間かかる。
1日8時間、ひっきりなしに電話で対応して12日間。
仮に3台の電話で実施して4日間。

そうやって決まった指標価格を店に伝達するのをどうするか。
電話でやれば3台で4日間。
もう販売は終わっています。
支部を通じて、という方法をとっても、
末端まで行き渡る頃には、
やはり販売は終わっているでしょう。
それを毎週繰り返せという荒唐無稽な話です。

もちろん当時はパソコンも現在のように普及してはいませんし、
FAX網さえまだできていませんでした。

まさに「机上のプラン」で、そう指摘すると、
相手のお役人は
「じゃあ、どうしたらいいんですか」
と開き直った。
「自分が作ったプランなんだ、自分で考えろ」
と言ってやりたかったですが、
結局ウルトラC。
最初から仕入れ価格を決めて、
「この価格で仕入れたものを、この価格で売れ」
ということになった。
つまり、品質に関係なく、購入価格を先に指定。
無茶な話です。

その上、一定期間に一定の部位を2000軒が集中して買うのですから、
価格が上がるのは当たり前。
補助金をつけても実際は安く販売できず、
特定の部位が高くなっただけでした。

工業製品じゃあるまいし、
生鮮品、相場ものを
まとめて買って安くしようなどという発想が間違っているわけで、
そういう、「机上の空論」を聞きつつ、
どうやって現実化するかの現場の苦労
は御存知ないでしょう。

困るのは、
机上の空論を言うご仁が
「これは食肉業界のためになるのだから、
何で喜んでやらないんだ」
と思っている点です。

そこで、いつものマリー・アントワネットに登場してもらいましょう。
「お妃、民衆はパンが無くて困っているのです」
と廷臣が言うと、マリーは、こう答えた。
「バカねえ、パンが無ければ、ケーキを食べればいいじゃないの

最近物分かりの良くなった事務局長は、
それでも、相手が一生懸命ケーキを作って下さるというなら、
ケーキを食べ易く、かつ栄養価の高いものにして提供しようと思います。
今度のものも
「希望店舗」ではなく、
結果的には「割り当て」の「強制」になりますが、
組合員には、
お客様に渡す手提げ袋の中にパンフレットやレシピを入れる手間をお願いすることになります。
またうちの組合員は律儀に真面目にやってくれるんです。

そういうことで、
久しぶりに国の補助金事業に関わって、
昔のことを思い出してしまいました。


異業種交流と直木賞候補6作  

さっそく電話がかかってきました。
「どこか悪かったんですか?」

1日ブログをさぼっただけで、この始末。
そういう心配をしてくれる方もいると思ったので、
一行だけでも書こうとしたのですが、
寝てしまいました。
最近寝不足で、目がしょぼしょぼ。
マッサージ機に座ったまま眠りの世界に入るのもしばしば。
その上、昨夜は酒が入ってしまい。

昨夜は実は、一種の異業種交流の会がありまして。
といっても大体がエンタメ系の方々で、
食肉業界の事務局長だけが異邦人。
しかもその異邦人が
誰よりも映画を沢山見たり、
ラスベガスに何度も行っていたり、
ブロードウェイやウエストエンドに出かけている、
という行動派の不思議。

「どうして、そういう道を進まなかったのか」
と訊かれましたが、
まあ、いろいろありまして。
ふと人生のあの時の岐路、
この時の岐路
を思い出してしまいました。

某放送局の会長や
某大手興行会社の演劇担当取締役や
某大型テーマパークの営業部長などを前にして、
「行ったかもしれないもう一つの人生」
を考えたりしてしまいます。
なにしろ、事務局長の人生には、
2度にわたる不連続線
みんなが驚くような過去があります。

しかし、あれこれ思っても、
今いる自分が
おのれの背丈と合っているのであって、
そのポジションを大切にするしかないわけです。

で、二次会で行ったお店が熊本県出身の方のお店で、
↓馬刺しです。

クリックすると元のサイズで表示します

とろけるような、このうまさ。

↓はまんじゅうではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

食べたら一瞬にして分かる-----これは餃子です !
本当に珍しいものをいただきました。

さて、仕事の方はひたすら理事・支部長会の準備です。
そうした中、
今の為替の状況と決算の見通しについて、
理事と支部長には説明しておく必要があるなあ、
と感じ、
理事長と相談して、一つ議題として立てることにしました。
つまり、自分で仕事を増やしているわけです。
どうも土曜出勤は必至のようです。

株の方は3日連騰していますが、
為替の方はなかなか。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

食品会社に勤める一家が人事異動で田舎の古い家に住み始めるが、
そこには座敷わらしが住んでいて・・・
というお話。

この作者は軽妙な筆で現代を切り取るのだが、
夫婦と老母、娘と息子という典型的な一家が
実は様々な問題を心に抱えていて、
それが田舎での暮らしと座敷わらしの登場で
次第に氷解していく・・・というのは、ややありきたり。
抱えている問題、というのも類型的で、
まあ、それがいいと言えば言えるのだが、
読んでて弾まない。
視点がどんどん変わっていく、という書き方も
いいようで悪く、冗長。
なによりも座敷わらしという寓意性が最後まで明確に現れないのが痛い。
最後のくだりはふっと心がなごんだが・・・。

というわけで、
先の直木賞候補6作品を読了したが、
もし事務局長が選考委員だったら、
受賞作なし
あまりに小粒でこじんまりしていて、
文章にも話にも香りがない。
半年間にこんな作品しか出版されなかったのか。

あえて順位をつけると、

@山本兼一「千両花嫁」
A新野剛志「あぽやん」
B和田竜「のぼうの城」
C井上荒野「切羽へ」
D荻原浩「愛しの座敷わらし」
E三崎亜紀「鼓笛隊の襲来」

いずれにせよ、不作。


携帯のデータ復活  

カレンダーを見ると、
来週は月曜日が休みのため、
理事・支部長会の準備日数がそれほどないことに気づきました。
休み明けの4日には資料を印刷し、
会場に発送しなければなりません。

となると、今週中には資料を仕上げて、
各部長にFAXして、
事前に目を通していただく必要があります。
その上、今週は夜の予定がいろいろ入っており、
へたをすると土曜か日曜に出ることになるかもしれません。
それは避けたいので、現在、理事・支部長会の資料作りに専心。

昨年が台湾で開催という特殊な年だったので、
一昨年の資料をベースに作成。
理事・支部長会 + 保険の推進会議
という形はやめて、
理事・支部長会に純粋化し、
保険関係は議案の中でやることにしたので、
会議の運営は時間的にも余裕ができました。
元々別にやっていた会議を一つにし、
その結果、保険関係の人は理事・支部長会には出ず、
理事・支部長は保険の会議に付き合わされるという
不合理はこれで解消。

更に支部統合の結果、支部数が減ったので、
各支部から 支部長 + 保険担当者
という形は取らず、
支部の人数により出席数目安を指定。
随分な様変わりです。

せっかく枠があるのに支部長しか出ない支部もあります。
支部長一人で聞くよりも、
支部役員複数で聞いて情報を共有した方が
今後の支部の発展のために良い
と思うのですが、
理事・支部長会への出席はお付き合いとでも思っているのでしょうか。

組織にとって「情報の共有化」は重大なのですが、
なかなか苦手のようです。

資料作りの合間に証券会社の人が来て、見通しを聞きました。
今の株や為替が回復するのは2010年までかかるそうです。
1年半から2年先 !
ということは今年の決算と来年の予算が厳しい

今の株の下落は外人投資家が円を現金化する必要に迫られてなので、
外人が買っていた国際優良銘柄ほど根を下げている、
しかし、円高が去れば、そういう銘柄ほど復活の余地が大きい、
従って、今が買い時ということで、
個人投資家が買いに入っているそうです。

実は事務局長も既に参戦。
塩漬けしていた銘柄の単価を下げるためで、
その一方、優良銘柄を拾っているのですが、
まだ早かったのか、その後も下落。
下落局面で買うのはなかなか勇気が要るものです。

今日は株は反発、
為替も若干良くなってきました。

ところで、先日、アメリカで携帯電話を紛失し、
データが失われたので、
分からない電話番号がある、と書きましたが、
ひょんなことから、一部復活です。

というのは、机の引き出しに1年半前に買い替えた際の古い携帯電話があり、
さいわい充電器も残っていたので、
充電したところ、復活。
もちろんかけることは出来ませんが、
その中に貴重な電話番号が残っていました
一年半も机の中で眠っていたというのに、
内蔵電池で日付だけはちゃんと刻んでいます。
すごいものです。
いつもかみさんに
「あなたはものが捨てれない」
と非難されていますが、
捨てなくて良かった、と今回ほど思ったことはありません。
これからこの電話を見ながら、
せっせと電話番号を入力しなおします。




じゃがいもと包装紙  

疲れが取れませんね。
そのせいか笑い話のようなことが。

本日、じゃがいもの共同購入包装紙の共同制作の文書を各支部に。
その際、値決めのために見積書を見て、首をひねりました。
組合が支部に提供する価格より、見積額の方が高い。
何かの間違いではないか。
高く仕入れて、安く売る、
そんなことをしていては大損ではないか。

そこでようやく気づきました。
これは組合が補助金を出して組合員に安く供給する「組合内助成事業」であったと。
つまり、事務局長、
自分でその仕組みを忘れていた次第。

困りましたね。
いくら疲れているとはいえ。
こんな時、わが娘は
「パパ、時々とてつもなくIQが低くなる時があるよ」
と言います。

アメリカのアンケートが一人だけ遅れていたので、催促して、
話を聞いてびっくり。
この方、ニューオーリンズでプリザベーションホールのジャズを聞いていないといいます。

ニューオーリンズはジャズの町ですが、
中でもプリザベーションホールは有名で、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな小汚い場所で、

クリックすると元のサイズで表示します

↓老ジャズメンの演奏を聞かせてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャズという神様に生涯を捧げた
老祭司たちの厳粛な宗教儀式のおもむき。
写真やビデオを撮ると怒鳴られます。
ニューオーリンズに行ったら、
是非行ってほしい場所としてスケジュールに組みました。

なぜ聞けなかったかというと、
一行がホールに向かった時に、
例の団体行動を守らない人が別な方向に歩いているので、
追って行ったところ、
二人とも道に迷ってしまい、
人に聞きながらホテルに帰ったのだといいます。

せっかくニューオーリンズまで行きながら、
あの演奏を聞けずに帰って来るとは。
残念。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

関東七名城の一つとして、
埼玉県行田市にあった忍城(おしじょう)への
水攻めの攻防を扱った小説。
先の直木賞候補になった。

秀吉の1590年の小田原征伐の際、
城主は北条家の小田原城で篭城し、
忍城は家臣と農民ら三千の兵が立てこもった。
豊臣方の忍城攻めの総大将・石田三成は、
秀吉の高松城の水攻めを模して、
利根川を利用した水攻めを行うことを決定。
長さ28kmにも及ぶ“石田堤”を建設した。
(今も一部残っている)
結局忍城は落城しないのだが、
何万という軍勢を前にどうして数千の城が守りきられたか、
その背後には
成田長親という城代の茫洋たる個性に秘密があった・・・。

成田正親は人々が「でくのぼう」と呼んで親しんだ侍で、
略して「のぼう様」と呼ばれていた。
「のぼうの城」とは、そこから由来。

この正親の個性がなかなか良く、
それを取り巻く若い武将たちの「板東武者」の心意気が嬉しい。
まだ侍の美学が残っていた時代で、
勇気ある行動に対しては、
敵味方関係なく賞賛する。
その武士の魂が勝敗の分かれ目で、
「汚い手でも政権奪取」
「とにかく人の足を引っ張る」
の今の政治家たちに聞かせてあげたい。
いつのまにか「戦争は勝たなければならない」になってしまい、
戦の中にもきらめく人間性の輝きは失われてしまった。

三成がなぜ秀吉の真似をして功に走ったか、
どうして万全の作戦にほころびが生じたか、
そうしたところは現代でも興味を呼ぶところだ。

総じて読後感はいいが、
全体的にあまりに粗削りで、
これでは直木賞は無理。
元々はシナリオなので、
うまい監督が撮れば、
痛快な時代劇が生まれるだろう。


目黒支部産直事業30周年記念祝賀会  

昨日はゆっくり休みましたが、
深夜起きていたためか、疲れが取れません。

午後から事務所へ出かけて、
理事・支部長会がらみの仕事をし、
夕方から目黒雅叙園へ。
目黒支部産直事業30周年記念祝賀会へ出席するためです。

クリックすると元のサイズで表示します

産直事業というのは、
昭和40年代の終わりから50年代前半にかけて、
行政が生鮮食料品の価格に関わった時代があり、
他の区が予算の関係と時代の流れで
続々止めた中、
目黒区だけが今も存続している事業。

↓は小関目黒支部長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓目黒区長から目黒支部に感謝状が贈呈されます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓青木目黒区長の祝辞。スポーツマンのような若い区長です。

クリックすると元のサイズで表示します

産直事業のパートナーは茨城県で、今はローズポークの共同購入をしています。
↓は茨城県副知事の祝辞。

クリックすると元のサイズで表示します

橋本知事は親族にご不幸があって、欠席。
実は、橋本知事は事務局長の大学時代、合気道部の先輩にあたります。
同じ合気道部の先輩には、岩田前日銀副総裁がいます。

↓島田理事長の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中川参議院議員は組合顧問。

クリックすると元のサイズで表示します

佐藤ゆかりさんは、岐阜からこちらの選挙区に移ってきました。
↓こんな素敵な笑顔なのに、

クリックすると元のサイズで表示します

待っている時は、↓こんな風に伏目がち。

クリックすると元のサイズで表示します

「つまんないな〜」「おじさんばっかりだな〜」「早く帰りたいな〜」
という心の声が聞こえるみたいです。
こういう時は、目線を上げて、
会場の方を見た方がいいと思うのに。
誰か助言してあげて下さい。

なお、この日、事務局長のテーブルについたコンパニオンさんの名前は、
斉藤ゆかりさんといいました。
そういえば、伊東ゆかりという歌手もいましたね。
佐藤ゆかり、斉藤ゆかり、伊東ゆかりでゆかりシスターズ

↓われらが安井潤一郎衆議院議員の挨拶。
語り口はこの人が一番うまい。

クリックすると元のサイズで表示します

↓組合顧問・保坂三蔵前参議院議員も挨拶。少しおやつれになったか。

クリックすると元のサイズで表示します

乾杯の音頭は↓芹田副理事長。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いつも思うのですが、↓目黒雅叙園の料理は微妙な味ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓色彩感覚もとっても不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

↓芹田副理事長が、本部が10月5日に贈呈した支部旗を説明。

クリックすると元のサイズで表示します

↓公式行事では一番早いデビュー。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ブロックの若手たちも登壇。

クリックすると元のサイズで表示します

この日配られた記念誌↓は、
支部の依頼で本部のA職員がまとめた労作。

クリックすると元のサイズで表示します

鼎談 (ていだん) や写真集も掲載された立派なものが出来ました。

帰り、南北線に乗ったら、
娘が作った不動産広告が掲出されていました。
ちゃんと仕事をしているようです。





AutoPage最新お知らせ