7月も終わりと「ミス・サイゴン」  

あっという間に7月も終わり。
こんなに早くていいのかね。
きっと、はっと気付いたら、
もう年が明けているんだろうね。

今日は、ミニ支部長会の発言内容を項目別にまとめたものを
三役に送付。
来週4日の座談会に備えていただきました。

『東京食肉名鑑』も校了
これ以降は間違いが見つかっても直せません。

昨夜、島田理事長は帝国劇場でやっている
「ミス・サイゴン」を観て来たそうです。
しかも、前から2列目のど真ん中で。
さぞ迫力があったでしょう。
うらやましい。

↓「ミス・サイゴン」のロンドン・オリジナルキャストCDのジャケット。

クリックすると元のサイズで表示します

太陽とヘリコプターをデザイン化。
ヘリコプターの巻き起こす煙が
女性の顔になっているという、素晴らしいイメージ。

実は、この「ミス・サイゴン」、
オリジナルのままで観ることができるのは、
今や東京だけ
です。
ロンドンでも、ニューヨークでも既にクローズ。
地方公演はありますが、
必ずしもオリジナルの演出とは限りません。
というのは、
このミュージカル、
舞台に実物大のヘリコプターが登場するという
大スペクタクルシーンがあって、
そういうことが出来る劇場と出来ない劇場がありますから。
多分、出来ないところでは、
ヘリコプターのプラペラの回転をシルエットで出すなどして、
お茶をにごすのでしょう。

場面転換がスピーディーなため、
装置の出し入れは全てコンピューター制御。
その結果、様々なトラブルに襲われ、
装置が出なかったり、
残ってしまったり、で
途中で中断したり、
公演そのものを中止したこともあったらしい。
そのあたりは、↓をクリックして、読んで下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事、初演の年が間違っていたり、
公演中最大の事件、本田美奈子のケガが出ていないのは、不思議。

本田美奈子のケガというのは、
第1幕の最後に、
主役のキムが息子と一緒に隠れ家で過ごすシーンがあり、
その隠れ家がレールを通って出て来る時に、
本田美奈子の足の上を車輪が通過し、重傷。
しかし、そのまま役を続け、
難民となって逃げていく幕切れは、
血まみれで足を引きずりながらの退場で、
ものすごくリアルであったという。

ダブルキャストであったため、
その日はお休みでのんびりしていた
もう一人のキム・入絵加奈子が急遽呼び出され、
休憩時間を延長して、後半を再開した。
舞台裏では、どんなてんやわんやがあったことか。

冒頭、紗幕の向こうに太陽が昇り、
行き交う民衆の上に戦火の予感、
奥から女衒に連れられたベトナム娘・キムが歩いて来る。
左右からサイゴンのキャバレーのセットが現れて合体、
米軍兵士が飲み、歌う中、
奥のドアからキムが初めてのホステスとして登場する
という、まるで映画の移動撮影のようなシーンから始まる。

有名なヘリコプターのシーンでは、
つてを頼って脱出しようとする民衆と
それを阻止しようとする米軍兵士の描写が
一瞬の変化で大使館の金網の向こうとこちらが入れ替わる。
そして、キムを呼び寄せてアメリカに連れていこうとする恋人・クリスが
キムが現れないために
仲間にせかされてヘリコプターに乗りこみ、
轟音と共にヘリコプターは空中に舞い上がる・・・
もう舞台で表現できないことは何もない、
と言えるほどの大迫力のシーン。

初演前、ロンドンでは、
「ヘリコプターが舞台から客席後方まで飛んでいくらしい」
というデマが流れたという。

エンジニアという狂言回し役は初演ではジョナサン・プライスが演じた。
「エビータ」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」にも出ていた人。
その関係で、エンジニア役は「フランス人との混血」ということになっていたが、
主役のキムは、まさか外人が演ずるわけにはいかない。
世界中で「ミス・サイゴン探し」と呼ばれるオーディションが行われた。
日本にも来た。
結局、フィリピンでディスクジョッキーの番組を持っていた当時女子大生の
レア・サロンガが主役を射止めた。
そのオーディションの風景をビデオで見たことがあるが、
劇中最も美しい曲「THE MOVIE IN MY MIND」を彼女が歌い終えた瞬間、
審査員スタッフが「素晴らしい」とつぶやくシーンが映されていた。
レアは、ロンドン初演の後、ブロードウェイにも進出、
トニー賞主演女優賞を受賞している。
「レ・ミゼラブル」のではイポニーヌ(日本では島田歌穂がやった役)
もしたことがある。
彼女の「オン・マイ・オウン」聴きたかったなあ。
前にも書いたが、
「アラジン」では「ホール・ニュー・ワールド」を歌っている。

事務局長がこれを観たのは、
初演から1年ほどたった1990年11月、ロンドンのドルリーレーン劇場で。
残念ながら、レア・サロンガではなかったが、
前から5列目のど真ん中という、とんでもない良い席だったので
堪能した。
それまでCDは聴いていたが、
なぜヘリコプターのシーンがこの位置?という疑問が解けた。
あれはキムの回想シーンだったんだね。
(舞台で回想シーン。まさに映画)

日本では2回か3回。
そのたびにラストシーンの幕切れの演出が違っていたのはなぜだろう。
市村正親のエンジニアには、ちょっと違和感を覚えている。

東宝はこれと「レ・ゼラブル」を財産にしていくのだろうね。
こんなことを書いていたら、また観たくなってしまった。


講習会でパワーポイント  

午後は講習会。
東京都食肉公正取引協議会の行事で、
新任の「適正表示指導員」に対する
表示の説明会です。
適正表示指導員の任期は2年で交代。
ほとんどが継続しますが、
新たになった方のために
一通りの表示のルールを解説するわけです。

受講者は17名
その前で立ちっぱなしで1時間40分しゃべり続け
意外と疲れませんでした。
山形屋や最近の偽装の問題に対する怒りをぶつけましたので。

最近はどこでもスライドを使ってやりますが、
事務局長もパワーポイントを使用します。
ただ、他のと一味違うのは、
お役人たちのスライドが表や図表の静止画像なのに対して、
事務局長のは、アニメーション機能を縦横に使う点。
項目が次々と足されていったり、
強調点が途中で色が変わったり、
文字が上から降って来たり、
図表や写真がぐるぐる回りながら出てきたり、
いろいろな工夫がなされています。

もう5年前になりますが、
BSEの問題で広島大学の教授が事務所を訪ねて来て、
その時、持参のパソコンで資料を見せてもらいました。
それが、動くスライド。
驚愕して、
「これは、何というソフトですか」
「マイクロソフトのパワーポイントですよ」
というわけで、
直ちに購入。

それ以降は組合組織の説明会や保険の説明などで活用しています。
アニメーション機能を使ったものは
その広島大学の教授と鹿児島大学の教授のものしか見たことがありません。
それ以外は、どこでも静止画像。
画面切り換えさえ何の工夫もなし。

アニメーション機能を使いこなすには、、
話す内容をストーリー化する能力が必要で、
ある会合でやった後、
その広島大学の教授から
「あなたは私を越えましたね」と言われました。

更に凝って、音楽をつけたりすることもあります。
4年前、全国大会のプレゼンを全肉生連の理事会でやった時や
台湾での理事・支部長会の時が音楽付き。
この時は、音を出したり、画面を切り換えたり、しゃべったりで忙しい。

昔、こんなソフトがなかった頃、
ちょっとした音楽プログラムでスライドを使った時は、
2台の機械に調光器を加えて、
オーパーラップさせながら
上映したことが、今では夢のようです。

ソニーのプロジェクターも明るくていい。
もう5年も働いてもらっています。



雑事と緊急ポスター  

ミニ支部長会のまとめがなかなか進みません。
途中で続々雑事が入って来るからです。
内心「おいおい、仕事を増やしてくれるなよ」と思いつつ、
あちらに連絡、こちらに連絡。

まあ、この暑いのに、
冷房の効いた職場で仕事ができるのですから、感謝です。
それにしても、7月でこの暑さは・・・。
これでは、8月はどうなるのでしょう。
なんだか、夏も終わりの感じ。
まだ「夏のサイクリング」をしていないというのに。
今度の土曜日には、ひとっ走りしようと思っています。

先日のミニ支部長会の中で話題に出たので、
緊急に↓ポスターを作るようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

何のことだ?
と思われるでしょうが、関係者なら分かる内容。
なぜこうなるかというと、制約が一杯だからです。
写真は使えません。
名前も使えません。
マークも「オリンピック」も、当然使えません。
「五輪」もダメです。
前は、「アテネ」さえ問題になりましたので、
「北京」も使っていません。
でも、店頭に張れば分かる
4年前のポスターと微妙に違いますが、主旨は同じ。

4年前、「金は取れない」という大方の予想に反してこのポスターを作り、
決勝前に配付完了
見事に的中して、テレビにもポスターが取り上げられました。

今回、気が進まなかったのは、
一つは「二番煎じ」だからです。
事務局長、同じことをするのが好きではないので。



福利厚生費と試写会  

ミニ支部長会で出た意見をまとめ中。
ICレコーダーを聞きながら、
これはちょっと、という部分があったので、
調べてみました。
それは、質問の中に
「決算書にある福利厚生費の内容を教えてくれ。
人数にしては多すぎる。
10万円くらい使って姐ちゃんたちと旅行でもしているのではないか」
という質問。
「厚生年金の事業者負担分、雇用保険など」
と答えておきましたが、
念のために19年度の元帳で調べると、
他に健康保険の事業者負担分があり、
法人の義務的なものばかり。
他に職員に組合の福祉共済保険をかけた費用など。

事務局職員が使った福利厚生費は、
常置薬の使用分(腹痛の薬等)の支払いが2757円。
夏場の昼食代が5880円の計8637円なり。

昼食代というのは、
昔、組合が赤字に苦しんでいた時、
経費削減に取り組み、
その中で、職員が相談して、
当時いただいていた社員旅行への補助の返上を申し出たところ、
「ありがたい申し出だ。
そのかわり、たまに事務所で飲み会くらいしてもいいよ」
ということになり、
夏場にうなぎを取ってみんなで食べたものです。
理事・支部長会の後のカラオケなどは、
組合持ちにせず、
「ここから先は自腹でお願いします」といってワリカンにしてもらっています。
「事務局長はカラオケが嫌いだから」と評判は多分、悪いです。

明細を質問した当人に送ろうと思いましたが、
島田理事長が、「そんなことしなくていいよ」
と言うのでやめました。
それにしても、
「10万円くらい使った姐ちゃんたちとの旅行」って、一体・・・。

夕方は、試写会へ。
大崎にある「ゲートシティホール」というのは、
最も近い試写会場です。
映画は↓「アクロス・ザ・ユニバース」

クリックすると元のサイズで表示します

全編ビートルズの曲を使ったミュージカルで、
「ライオン・キング」の斬新な演出を手がけたジュリー・ティモアが監督、
となれば、期待するなという方が無理ですが、
退屈でした。
音楽モノだと、少々点が甘くなる事務局長にしては珍しい。

その原因はストーリーがあまりに陳腐だからで、
リパプールから父を探しにアメリカにやって来た青年の
グリニッジ・ビレッジでの音楽仲間との生活
なんて、驚くくらい手垢に満ちた内容。
その背景にベトナム戦争を持ってこられても、
何を今更、という感じ。
では、ミュージカルナンバーがいいかというと、
ビートルズの曲を別なテンポ、別な歌い方で聞く面白さはあるものの、
それがドラマの進行に意味ある絡み方をするかというと疑問。
技術的にも、水中浮遊する幻想シーンなど、相当ひどい。
話も全体的に通り一遍で表層をなでた感じ。
同内容の「ヘアー」の方が
よほど青年たちの心情を表していた。

ビートルズの曲を使ったショーではラスベガスの「LOVE」があるが、
あれも成功したとはいいがたい。
それほどビートルズは難しい。
今度、アバの曲を全編使った「マンマ・ミーア」が映画化されたが、
少なくとも舞台は成功していた。

というわけで、全くの期待外れ。
人からもらった試写状でボロクソは申し訳ないが、
退屈させたから、
5段階評価の「2」



ミニ支部長会終了  

高校野球の東東京の決勝で、
近藤前理事長の母校、関東一高が優勝
甲子園に駒を進めました。
近藤前理事長のブログでは、その喜びが語られています。

昔、東海大浦安が出た時には、
事務局長、甲子園まで応援に行きました。

本日は江東ブロックでのミニ支部長会
場所は小岩で、
いつもは新浦安から京葉線で東京駅に出、
長い長い通路を通って総武本線快速に乗り、
新小岩で各駅停車に乗り換えて小岩到着という順路 (約45分)
で行くのですが、
ヤフーの経路検索で
新浦安から武蔵野線で西船橋に出て、
総武線各駅停車で小岩に至る順路で行けば、
乗り継ぎ1回、
わずか26分で着くことを発見しました。
ただ、武蔵野線は1時間に2〜3本なので、
タイミングが合わないと乗り継ぎで時間を食われそうです。

新しいルート開発とばかりに実験したら、
確かに30分以内で着きました。
東京から一旦遠ざかることに心理的抵抗があって、
今までこのルートは取りませんでしたが、
発想の転換ですね。

そのことに心を奪われたせいか、
メガネを忘れ
先日の健康診断で右目0.1のため、
見えず、これは困りましたね。
なにしろ、無灯火で来る自転車が、相当近くになるまで見えず、危険。

さて、最後を飾るミニ支部長会は、1回目同様
和室です。

クリックすると元のサイズで表示します

配送された豚が良くなかった等の意見がありましたが、
その時に言ってほしいとは
2年前から伝えてあるのですが。
そういうクレームを卸売会社に伝え、
次から気をつけるようにすることで
共同購入事業そのものの質を向上させてきた歴史があるのですから。
何でもそうですが、
クレームを受けることで改善されるのです。
それは、「文句」ではなく、
改善のための「提案」だと受け止めています。

人造竹皮などが各種年1回だと不足になるので、
年2回ずつにしてくれないかという要請。
そうすると、年12回になって、
他の事業もあり、
募集したり、配ったりが大変になると思うのですが、いいのでしょうか。

中には、
やめて行く方への出資金返還が1万円だけでいいのか、
という問題にからめて、
「本部が太って、支部がやせ細っていては」
という発言がありましたが、
これは妥当ではありません。
本部に資産があることは確かですが、
それで本部が贅沢三昧をしているわけではなく、
それを資産運用して、増やして、
その実りを支部や組合員に還元しているのですから。
やめていく方への出資金のみの返還は
それだけ見れば少ないですが、
今は組合内助成事業で
組合員に毎年5万円を戻しているのと同じ。
10年続ければ、
50万円返還されていることになります。
そういう形で恩恵を受け、
やめる時には、
後輩たちのために残していく、
という発想を持つべきだと思います。

今回は記念撮影をして、
その日のうちに↓配る、という早業がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、懇親会はフロアを移して↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

毛蟹がまるごと出るという豪華版。

↓カラオケが出たのも、ここだけ。事務局長のすぐ脇。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで、事務局長の「他にご意見を」という「取材」は、
大声をふりしぼってのものとなりました。

ようやく5週間にわたるミニ支部長会は、これにて終了。
まとめにかかります。





AutoPage最新お知らせ