栄光の19年度とピーター・グライムズ  

↓今日の芝浦の桜

クリックすると元のサイズで表示します

本日をもって平成19年度は終わり
50周年記念行事にあけくれた年でした。
後世の人が「50周年には、すごいことをしたんだね」
と言うようなことをやろう、と始めて、
本当にそうなってしまった年でした。
今となってはなつかしい。
明日からは「普通の年」が始まります。
その締めを現在進行中。
ギフト券の回収代金など、
時間差が生ずるものを含めて
2日の夜にはまとめ、
3日の午後には理事長、両専務と決算打ち合わせという早業なので
忙しい。

それでも、夕方から六本木の映画館へ。
METライブビューイングの第5作、
「ピーター・グライムズ」を観るためです。

一昨日はミュージカル、
昨日は演歌、
今日はオペラ
と事務局長は何でも食べてしまう。

今回のMETライブビューイング8作のうち、一番期待したのがこれ。

実は、事務局長、これを1994年冬、METで観ています。
(違う演出。今度は新演出)
レコードでは聴いていましたが、
好みのストーリーで、
この年METでやったので、でかけました。
その時の写真が↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ついに事務局長の顔をブログで紹介。
でも、14年も前ですから、別人ですね。
一緒に写っている女性は、
たまたま席が隣だった方。
どこの誰かは知りません。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、その「ピーター・グライムズ」
英国の作曲家、ブリテンの作品。
英語のオペラで最も成功したものと言われています。

舞台はイギリスの田舎の漁村。
漁師ピーター・グライムズは徒弟の少年を死なせてしまい、
殺人の疑いがかけられて審問を受ける。
結局事故として処理されるが、
村人の疑惑は解けない。
新たに徒弟を雇ったピーターに
再び虐待の疑いがかけられる中、
新しい少年も過って崖から落ちてしまう。
村人はピーターがまた少年を殺したと思い、捜索する。
正気を失ったピーターは舟を出して、沖で沈んでしまう。
村人たちは知るが、もはや関心を持つ者はいない。

という暗く、陰鬱な物語
イギリス人って、暗いんだね。
楽しくない話だが、
ムラ社会とはみ出し者との相剋、
異分子に対する排斥の心理などが重層的に表れ、ドラマチック

タイトル・ロールをやるアンソニー・ディーン・グリファーは、
「自分はこの役をやるために生まれて来た」
と本人が言うとおり、はまり役。
ピーターの孤独と憂鬱をよく表現した。

しかし、このオペラはなんといっても合唱。
素晴らしくドラマチックにからんでくる。
合唱指導の方が代わったとたんにMETの合唱が
見違えるように良くなった、
と案内役が言っていた。
本当にMETの合唱は超一流だ。

舞台手前に大きな木造の構築物があり、
ドアと窓が沢山あいている。
これが裁判所になったり、
パブになったり、ピーターの小屋になったり
と変化するのだが、
あの広いMETの舞台をわざわざ狭く使うという不思議。
最後になって、その装置が取り払われると、
ホリゾントまで全てをさらす。
少々疑問を感ずる装置だが、
演出(ブロードウェイの演出家・ジョン・ドイルの初MET演出)はいいと思う。

このオペラは間奏曲が多く、
オーケストラの演奏風景が沢山入り、
指揮風景が見られていい。
ドナルド・ランニクルズは素敵なおじさんで、
指揮する姿は哲学者のよう。

7時半から始まって、終わったのは11時すぎ。
もう少し早く始められないのかね。

ところで、昨日の産経新聞に
METライブビューイングのことが紹介↓されていました。↓

クリックすると元のサイズで表示します

これを読んでびっくり。
今回全8作で、
既に4作を上映しましたが、
平均動員は1作2000人
全国12劇場で24回上映していますから、
1回につき83人。
もっと沢山の人が観ていると思っていました。
これでは松竹はペイしないのではないか。


葵かを里ディナーショー  

本日は夕方から葵かを里さんのディナーショーへ。
三役の皆さんの何人かと一緒です。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は川越
遠かった !
埼京線で始発の新木場から終点川越まで快速で1時間22分。
行ったら、他の行事と抱き合わせで、
その3部と5部が、葵かを里オンステージ。
その前後が、文化的に相当面白体験だったので、
それは今度、日を改めて書きます。

約1時間30分、アンコールを含めて14曲をたっぷり聞きました。

↓最初の衣裳は桜のイメージ
[写真をクリックすると、大きくなります]

クリックすると元のサイズで表示します

「夢さくら」は中部地方で大ヒット。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、今の季節にぴったりですね。

クリックすると元のサイズで表示します

早変わりの衣裳は、桜の後の若葉のイメージだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

愛知県からはファンクラブの人たちが来て、このホテルに泊まっています。
おそろいのブルゾンで。

クリックすると元のサイズで表示します

↓舞台前はカメラの列。

クリックすると元のサイズで表示します

↓3つ目の衣裳は着物で決めます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓会場も回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓最後は新曲「北寒流」を熱唱。

クリックすると元のサイズで表示します

レコーディングしたてで、観客の前で歌うのは初めて

クリックすると元のサイズで表示します

「北寒流」は勝負曲だそうで、
悲恋の女心を歌います。
演歌は、さすがの事務局長も守備範囲ではありませんが、
今までの曲で一番良いように感じました。
人生演歌は、絵が見えなかった。
やはり、「3分間のドラマ」は、絵が見えないとつまらない。
今度はくっきりと絵が浮かびます

クリックすると元のサイズで表示します

発売は6月4日。↑よろしく。


赤坂サカスとトゥーランドット  

今日は午後から家族3人で外出。
20日にオープンした「赤坂サカス」へ。
TBS放送センターと赤坂五丁目TBS開発計画を合わせたエリアの総称。

↓地下鉄からの出口。階段で蝶が舞ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

↓色のついた玉がころころ転がって来たりします。面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

↓入り口近辺。

クリックすると元のサイズで表示します

↓今はオープン記念で、全国系列各局の出店が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓どこかで聞いたことのある店名。

クリックすると元のサイズで表示します

↓もちろん宮崎は、無料で使えるこのキャラクター。

クリックすると元のサイズで表示します

↓上から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓一番上には座席数1324の劇場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓現在、「トゥーランドット」を上演中。今日はこれを観に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

その前に腹ごしらえで、娘がおススメの韓国家庭料理店へ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「兄夫」と書いて「ヒョンブ」と読みます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「月刊ダイヤモンド」にも掲載された有名店。

クリックすると元のサイズで表示します

↓お店の作りは韓国風。店員は全員韓国の方。

クリックすると元のサイズで表示します

壁には来店有名人のサインが。
↓娘が今いれあげている東方神起のもの (中央の5枚)も あります。
彼らはここから朝食を出前させているとか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓韓国風に、こういったものも沢山出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓豚三枚肉の焼肉。

クリックすると元のサイズで表示します

娘はここで買ったキムチと韓国酒、
更に隣の韓国スーパーで買った「辛ラーメン」を持って帰宅。
途中、何かの検問で荷物を調べられたら、警官が不審に思ったでしょうね。
娘はアメリカ留学以降、すっかり韓国人になっていまいました。

その後、カミさんと二人で「トゥーランドット」へ

クリックすると元のサイズで表示します

分類すれば確実にミュージカルなのだが、
頭に「祝祭音楽劇」と付いている。
ワーグナーの舞台神聖祝典劇「パルジファル」を意識?

プッチーニの作品と題名も素材も同じだが、
まさに換骨奪胎。

別な作品に仕上げた。

「氷のような心を持つ冷酷な姫が
女奴隷の自己犠牲を見せられて、
初めて人間としての真実の愛にめざめる」
というモチーフはなくなっており、
姫は女帝に変えられ、
王子カラフの父・チムールはカラフの側近の臣下に変更、
トゥーランドットを愛しながら権謀術数に走る将軍、
トゥーランドットの寵愛を受ける宦官を配して、
一種の古代政治劇になっている。

プッチーニ版をこよなく愛する事務局長が
何故あえて観に行ったかというと、
ひとえに音楽が久石譲だから
日本発のミュージカルに最も欠けているのは音楽性である、
というのが持論の事務局長としては、
久石譲がどんな音楽を書くかが最大の関心だった。

結論としては、
さすが久石譲。
「ミュージカルなので、
セリフの途中にところどころ歌を入れました」、
という数多 (あまた)の「ミュージカルもどき」とは違い、
始めから終わりまで首尾一貫して音楽がドラマを引っ張っていた。
「突然歌いだす」違和感も全くない。
音楽が感情を高め、ストーリーを進めるという
ミュージカルには最低限必要な要素をクリア。

何よりメロディーが哀切で美しいのがいい。
一人一人にちゃんと聞かせ所の歌を与え、(こなしたかは別)
合唱の使い方もいい。
特に前半最後の重唱は、
登場人物の個々の思いを伝え、
第2幕への期待をつなげる意味で、第1幕の幕切れにふさわしい。
もう少し一人一人の歌唱をダイナミックに移動させたらもっといいと思う。
「ウエストサイド物語」の「クインテット」や
「レ・ミゼラブル」の「ワン・デイ・モア」なんかすごいでしょう?

宮本亜門の演出は、
3つの階段を上手に使い、
変化をつけ、遅滞なく舞台を進行させた。
何より視覚的に面白い。
やはりこの人、才能あるんだね。
舞台装置も衣装 (ワダエミ)もいい
もっとも、衣装は中国の方が見たら目を白黒させるだろう。

問題は、歌
まず、歌詞が聞き取れない。
そして、パンチがない。
従って、聞いている者の感情をゆさぶらない。
もっとも、観客の感情をゆさぶるミュージカル歌手なんて
日本では島田歌穂くらいだけどね。

とにかく、もっと歌いあげないと。
特に男性陣が弱く、
岸谷五朗中村獅童も低い声でぼそぼそと、
お経か念仏のよう。
主役のアーメイは、中国人の起用は意味があるのだろうが、
作品としては、疑問。
セリフは一応日本語になっていても、
あんなぶっきらぼうでは、
ニュアンスが伝わらない。
カラフへの愛や先王との葛藤など、
陰影の要素があるのに、
それが伝わらない。
これは台本の責任だが、
いくら女帝といっても、
あの男言葉はおかしい。
歌はそこそこだが、
主役がそこそこでは困る。
歌でうならせてほしかった。
歌いあげる曲になっているのに、
歌いあげない。
だから、伝わらない。

リュー役の安部なつみは、
プッチーニとは違うキャラとなっていて気の毒だが、
悪くはない。
しかし、歌は聞かせ所が何曲も与えられているのに、いまいち。
特に第2部の曲は残念だなあ。
もう息切れしている。
あそこがうまければ、
ドラマがぐっと進んだのに。

それと、早乙女太一の宦官役は、
プッチーニ版のリューに相当しており、
重要な役なのに、
一曲も与えられていないのはなぜだろう。
彼は歌えない?
この役の持つ曲で一層ミュージカルとしては重みが増しただろうに。

ドラマは終盤破綻。
先王の死に隠された謎、
将軍の変心、
カラフの出奔、
先王とティムールの関係、
数年後のトゥーランドットの善政、退位、
カラフの帰還など、
放り出されたままで置き去りにされてしまう題材が多すぎる。

しかし、ダイナミックな舞台は楽しませてもらった。
60人のアンサンブルもなかなか見事。
休憩を除いて正味2時間20分というのも、良い分量。

しかし、日本発世界へ、というと、とてもとても。
もっと歌える役者をそろえて、
音楽の切れを盛り上げる工夫をしないと。

実は、ベトナムに行ったことで、
金曜夜は残業の事務所で
「ミス・サイゴン」のCDを通して聴いた。
やはり、世界に通用する音楽は盛り上げ方が違う。
日本の舞台人はもっと勉強すべきだと思う。


年度末、カンボジアの歴史  

↓今日の芝浦の桜

クリックすると元のサイズで表示します

今日もまた、年度末の作業。
特別会計がまとまり、
数字がどんどん固まっていきます。
実に気持ちがいい。

決算とは、
1年前の構想が
365日の間に積み上げられ、
構築され、
具体的な形となり、
その間に磨きをかけられて残ったもの。
見方によっては、一つの芸術作品とも言えるもので、
その完成された建物が
ほぼ予定通りの地点に着地するのを見て、
ああ、もしかして自分は天才ではないのか、
と事務局長は心密かに思ったりもします。
こういう満足感が仕事へのエネルギーとなります。

特に今年度は50周年記念行事という
「もう一つの構築物」があり、
円高の急激な進行という突発的な台風がありながら
影響されることなく完成したことに喜びを感じています。

事業報告をまとめるため、
土日は家で作業。
週末から来週はじめにかけて、
「文化的な3日間」が始まるので、なかなか忙しい。

ところで、前に書いた輸入牛肉の暫定税率は、
何とか年度内に成立する見込みで、
影響はなくなりましたので、
ご安心ください。

[カンボジアの旅]

「旅行は最高の教育的効果」
だそうですが、
実感します。
いろいろ本で読んでも残らないないことが、
現場に行ったことで
一遍に頭に入ってしまいました。

それにしても他の国のことなど、全く無知だとよく分かります。
カンボジアと聞いて、思い浮かべる言葉といえば、
カボチャ、
シアヌーク殿下、
アンコール・ワット、
ポル・ポト政権、
カンボジア難民、
キリング・フィールド

それくらいでしょうか。
これでは、「フジヤマ、サムライ」の欧米人の日本認識と変わりません。

で、改めてカンボジアの歴史を読んでみると、
ああ、なるほどそうだったねえ、というのが沢山出てきます。

カンボジアはクメール人の国。
クメール文化、クメール語などと呼びます。

紀元前4200年頃から人が住み始め、
5〜6世紀、クメール人が南下してきて、国を建設、
8世紀初頭に分裂して混乱した後、
802年、ジュヤヴァルマン二世によって再統一、
アンコール朝が始まります。
アンコールは、王都の意。

小丘、プノン・バケンを中心とした4`四方の大環壕都城を建造。
以降、550年にわたり、都城と寺院が建設され続けます。
アンコール・ワット(ワットは寺院の意)はこの時期に建設されます。

1181年頃のジャヤヴァルマン七世の時代が空前の繁栄を極め、
インドシナ半島の大部分に勢力を広げるほどの大王朝となりました。
この王は建寺王とも呼ばれ、
道路網を整備し、街道に121箇所の宿泊所を置き、
120箇所に病院を建設しました。
エジプトのラメセス二世みたいですね。

この頃がアンコール王朝の最盛期で、
王の死後、国力が衰退、
1431年にはシャムのアユタヤ王朝の攻略により
王都アンコールは陥落し、苦難の時代が始まります。

アンコール放棄後、首都は転々とし、
西のシャム、東のベトナムに領土を奪われ、
18世紀後半には国家存亡の危機に陥り、
19世紀半ばには、
シャムとベトナムの両属状態になります。
この状態を脱するためにフランスに接近、
1863年には保護国条約により、フランスの支配下に入り、
1953年に独立するまで90年間、フランスの植民地となります。

1953年から70年までがシアヌークの時代。
王政と社会主義を同時に並立した仏教社会主義を標榜。
1955年には王位はスラマリット殿下に継承されます。
1970年、ロン・ノル将軍のクーデターにより、
シアヌークは亡命、内戦の時代に。
1975年、クメール・ルージュが首都を制圧、
民主カンプチア政府(ポル・ポト政権)により大混乱の時代に入ります。

ポル・ポトの進めたのは急進的共産主義で、
「都市は農村を搾取するものだ」として、
都市を無人化、農村への強制移住をし、
労農・政治教育以外の学校教育を廃止、
子供たちは小さい時から共産主義先兵として洗脳されていきます。
宗教活動の禁止、
人民公社の設置と集団生活化など、
従来の伝統的価値観や社会体系を無視した政策を断行。
通貨さえ廃止してしまうのですから、
原始時代への回帰です。
反対者を次々と虐殺、3年8ヶ月の間に300万人の命を奪ったといいます。
特に知識層を目の敵にし、
インテリというだけで処刑の対象になりました。
2日目のガイドさんの父親は
学校教師だったため、殺されました。
このあたりのことは
映画「キリング・フィールド」をご覧下さい。

虐殺された人々は穴に投げ込まれ、
人骨の山が後に発見されます。
プノンペンのものほど大きくはありませんが、
シェムリアップにもその場所は残されています。

↓その記録をとどめる場所。

クリックすると元のサイズで表示します

↓被害者の人骨が納められています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓裏側。
クリックすると元のサイズで表示します

↓当時の状況を伝える展示。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここには日本人はあまり来ませんが、
韓国の方は訪れるそうです。
ハングルの説明書きもありました。
かつて朝鮮戦争の時、
やはり同民族同士で殺しあった歴史がありますので、
韓国の人は来るのでしょうか。

ちょっとこの項目が長くなりすぎましたね。
いずれにせよ、
狂気の者たちが政権を取るとどんなことになるかという、
一つの人類的実験のような時代でした。
二度とこんなことがあってはなりません。

その後、ベトナムの侵攻により、大量のカンボジア難民が発生、
和平のための国際会議が持たれるものの、
なにしろ東西対立の時代ですから、
大国の思惑に支配されて進展しませんでしたが、
ソ連の崩壊を背景に、
1991年、パリ和平協定が調印され、
UNTAC (国連カンボジア暫定統治機構、アンタック) が1992年に誕生、
18ヶ月の活動期間に表現の自由、結社の自由が保証され、
社会的変化が起こります。
この時、UNTACの事務総長を務めたのが、
当時国連の事務次長だった明石康。後に都知事選にも出た人です。

クリックすると元のサイズで表示します

↑UNTAC統治時代のカンボジアの国旗。
↓今の国旗。アンコール・ワットが図案化されています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓UNTSCによる武装解除を描いたカンボジアの切手。

クリックすると元のサイズで表示します

UNTACの監視下、90%近くの投票率で選挙が行われ、
1993年9月には新憲法が公布、
9月23日には、
約23年ぶりに統一政権新生カンボジア王国が誕生。

というわけで、駆け足ですが、
勉強に付き合わせてしまい、すみません。

しかし、今回行ってみて分かったのは、
民衆にとっての平和の有り難さで、
この同じ場所で沢山の無辜 (むこ=罪のないこと)の民の血が流されましたが、
今は平和を大切にかみしめています。
安心して商売に励み、子供を育てている姿を見て、
わずか十数年前には逃げまどう人々の姿があったのだと思うと
胸が締めつけられる思いがしました。

他の国の歴史や文化を知ると、勉強になります。
だから旅行はやめられない。


桜が咲きました  

「今年は桜の定点観測はやらないのか」
という問い合わせもあり、
そろそろかなあ、
と思いつつ、横目で桜の木を見ていたら、
あっという間に咲いてしまいました。
↓が、今日の芝浦の桜です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日からずっと産地交流事業の実績報告書にかかり、
ようやく仕上がったので、
午後、赤坂にある日本食肉消費総合センターに提出、
同じビルで行われていた
全国団体の会議に出席していた近藤理事長と合流しました。
保険の全国1万名は確保されたようですので、
少し様子が変わります。
後日報告。

その後、桜に誘われて、山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ)に。

クリックすると元のサイズで表示します

桜が8分咲きです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日枝神社には、面白い↓稲荷参道があります。

クリックすると元のサイズで表示します

絵になると思うのですが、
今まで映画で見たことがありません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓赤坂の町では、こうした芸者さんの姿も見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな人力車も走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「赤坂サカス」のオープンを記念し、
期間限定で、東京ミッドタウンとの間をつなぐ無料シャトルだそうです。
1日何人運べるのかね。

↓火事で燃えたニュージャパンの跡地は、こんな立派なビルが建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

娘の友人の友人の霊能者は、
この前に立つと、
燃えるビルの窓から落ちる人々、
神社に運ばれて行く被害者たちの姿が見えるそうです。
そんな能力がなくてよかった。

日本人なもので、
DNAに誘われて、上野まで行ってしまいました。
きっと明日の金曜夜は大変なことになるでしょう。
土日の全国の桜の饗宴が想像できます。

クリックすると元のサイズで表示します

いつものとおり、不忍池の弁天島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろ夜店を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

串焼のカルビと豚玉焼を食べ、

クリックすると元のサイズで表示します

アメ横にも行きましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

あの東南アジアのものすごいのを見た後では、
全てがお行儀が良く見えてつまらなくなりました。





AutoPage最新お知らせ