今年もMETライブビューイング  

大晦日の今日、
昨年同様、歌舞伎座に出かけました。
METライブビューイングを観るためです。
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の中継録画の
大画面上映。
前回の06〜07シーズンは6回だったのに対して、
今回の07〜08シーズンは8回。
今年は、↓のようなパンフレットを売っています。1000円。

クリックすると元のサイズで表示します

8回というのは、↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

07〜08シーズンの28作品のうち、
新演出が7作品。
そのうち4作品を観せてくれる
のですから、ありがたいことです。
中でも、「ピーター・グライムズ」は、
以前、これを観たくて行きましたが、
新演出なので、期待します。

劇場も歌舞伎座や新橋演舞場、銀座ブロッサムではなく、
映画館が増えています。
元々世界的には映画館でやっていますので、
これが正しい上映方法。
品川のプリンスシネマでもやるので、
品川が職場の事務局長としては好都合、と言いたいところですが、
日曜夜・月曜昼の2回なので、
何のことはない、
日曜日に職場の側まで行く、ということになりそうです。

上映都市も、札幌・埼玉・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡と増えています。

前回が日本時間深夜に上演したものを
その日の夕方上映という、
生放送に近いものだったのに対して、
今回の上映日は上演の2週間後くらいに設定しています。
世界的には生放送なのですが、
時差の関係でいたしかたありません。

さて、本日の作品は、
グノー「ロメオとジュリエット」

クリックすると元のサイズで表示します

出演は今をときめくアンナ・ネトレプコロベルト・アラーニャ
加えて、指揮がプラシド・ドミンゴというのですから、観ざるをえません。
実際、素晴らしかった。
歌手たちは今更何を申しましょう。
ジュリエットが太ったおばさんでなく、美人でよかった。
演出(ギイ・ヨースチン)は正統的でありながら、斬新。
装置は円形の造作を廻しながら変化をつけていく。
いずれにせよ、音楽とドラマを邪魔しない演出と装置。
これでいいんです。
かなり熱いベッドシーンがあるのですが、
それはベッドが宙づりになった状態で行われます。↓

クリックすると元のサイズで表示します

このライブビューイングの魅力の一つは、
舞台裏を見せてくれること
で、
幕が閉じた途端に、アンナがカメラに向かっておどけてみせたりします。
装置の交換風景も見せてくれるし、
舞台監督(女性)の指示も音声で拾っています。

休憩時間の主役の二人やドミンゴへのインタビューも興味津々。
カメラ(ステディイカム)がドミンゴの後について、
オーケストラピットに入っていったりします。
舞台転換の間にドミンゴが椅子に座って待っている姿や
切ない表情や恍惚とした顔で指揮をするドミンゴの姿も見ることができます。

グノーの音楽はきれいきれい。
やはり音楽は耳に美しくないと。
ドラマ部分の盛り上がりもよく、
いつも感心することですが、
外国のオペラ歌手はどうしてこんなに演技がうまいのでしょうか。

堪能し、酔った3時間半。
大晦日にこんな楽しい思いをさせてくれて、
本当に感謝です。


俺たちフィギュアスケーター  

連休の初日、わざわざ渋谷まで出かけて、
映画を観ました。

作品は「俺たちフィギュアスケーター」
全国でも4館、東京では新宿と渋谷でしかやっていません。
↓チラシがないので、看板を。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカのおバカ映画です。

事務局長、そんな映画も観るの、と思われそうですが、
おバカ映画、大好きです。
日本のバカ映画やバカ番組が単なる悪ふざけであるのに対して、
アメリカでは、技術に裏打ちされた
一つのジャンルとして確立しているからです。

まず役者の能力が違う。
主役のウィル・フェレルは日本ではダメですが、
あちらでは超人気のコメディアン。
相手役のジョン・ヘダーは、期待の若手俳優。
これを観ると、
「バス男」のキャラが演技力だったとよく分かる。
この二人のコメディセンスを見るだけでの価値がある。
なにしろ、この映画は、
全米トップを2週間続けたヒット作。
反応のいいアメリカで観たかったなあ。

(「バス男」は日本ではビデオのみの販売だが、
アメリカでは400万円の制作費で40億円のヒット。
アイダホの片田舎のダメ高校生の日常を描く愛すべき映画。
題名は「ナポレオン・ダイナマイト」という、主人公の名前だが、
当時ヒットしていた「電車男」にちなんで付けられた。
篇中、通学バスのシーンが2度出て来るだけなのだが。
ついでに言うと、
「俺たちフィギュアスケーター」の原題は「Blades of Glory」。
Bladesとは、スケート靴の刃のこと。
「栄光の刃」では題名にならないので、
ウィル・フェレルのビデオのみ発売の
「俺たちニュースキャスター」にちなんで、
この邦題になった。
アメリカの爆笑バカ映画は、
日本では劇場公開されずにビデオのみ発売になる傾向がある。
アメリカ人の笑いが日本人には受けないためのようだ。
「タラデガナイト」など、本当に面白いのに。
「俺たちフィギュアスケーター」も当初ビデオ発売の予定が
あまりの面白さに、配給会社が劇場公開を決めた。
プログラムも売っていないほどだが、
渋谷のシネマGAGA始まって以来のヒットで、
本日は満席が続き、
2回先の回の切符を買った人もいたようだ。)

フィギュアスケートのトップ争いで犬猿の仲の二人の選手が、
表彰式で乱闘騒ぎを起こし、永久追放される。
しかし規約の抜け穴を見つけた二人は
ペア部門でカムバック。
(ペアは男同志でも良いらしい。知らなかった。)
元々技術は申し分ない二人だが、
問題はチームワーク。
性格の全く違う二人がケンカしながら
競技会に目標を定めるが・・・。

「男同志がペアを組んだら面白いだろう」
という、ワン・アイデアを生かした映画。
このたった一つのアイデアで
2時間を飽きさせないのだから、たいしたもの。

しかも、2時間の間、とんでもないネタや小ネタの連発で大いに笑わせる。
特に、北朝鮮がらみの部分は、吹き出してしまう。
映画マニアの金正日は、
この映画を取り寄せて観たたのだろうか。

ただ、笑いはみんなお下劣系、ブラック系なので、
そういうのが苦手な方はやめた方がいい。
多分うちのカミさんはダメだろう。
「踊るマハラジャ」は楽しんでいたが、
「プロデューサーズ」では、
「どうしてヒトラーがゲイなの?」
と聞かれて返答に困った。
ああ、この人は真面目な人なんだ、
真面目な人にこういう映画を観せた自分が間違っていた、
と思った次第。

フィギュアのスター、
ナンシー・ケリガンだのミシェル・クワン、サーシャ・コーエンだのが
実名で出て来る。
あまり上等とは言えない扱いで。
こういう人たちは
シャレが分かる人たちなんだね。

おバカなことをおバカと認めて
「くだらないけど、あ〜面白かった」と笑える
許容幅の広い人向け。


5段階評価の、でも、いくらなんでも「4」ではなく、「3」

ところで、昨夜のフィギュアのエキジビション、見ました?
どうしてインタビューに対して、
みんな「そ〜ですね〜」と言ってから答えるのでしょう。
誰かが言い出して伝染したのか。

毎年この時期に
ブログで「ようやく100本達成」などと書いていますが、
今年は11月の時点で100本はあきらめました。
それでも、ビデオを足せば、
この映画で100本到達
東京〜フランクフルトの往復で8本観たのが貢献しています。

年の最後に、
笑える映画にぶち当たって幸運でした。
来年も楽しい映画を観て、
「笑う門には福来たる」で厄年を吹き飛ばしたい。

↓今夜の東の空にかかる赤い上弦の月。

クリックすると元のサイズで表示します

食肉組合の1年  

本日が組合事務局の本当の最終日
事務局長一人が出勤です。
やり残した仕事をしましたが、
実際は終わらず、全部家に持ち帰り、越年です。

しかし、この1年は本当に記憶に残るものとなりました。

〇50周年記念行事の策定 (2月)
〇ヨーロッパ研修旅行 (5月)
〇組合旗の制定・入魂式 (5月)
〇済州島での三役研修/都肉連解散の経緯の総括 (6月)
〇記念切手の発行 (8月)
〇奥様孝行観劇会 (10月)
〇台湾での理事・支部長会 (11月)
〇50周年記念誌の発刊 (通年)

一方、昨年同様7回の海外旅行を敢行、
まあ、そのうち台湾3回、済州島、ローマは仕事がらみですが。
純粋個人としては、
娘と行ったソウルの裏道ツァー
初めての北欧4ヶ国旅行は想い出深いものになりました。
しかし、今年は94年以来13年続いたアメリカ本土への旅が果たせませんでした。
ユナイテッド航空のプリミアの資格も失いました。

来年、事務局長は本厄だそうです。
せいぜい健康には気を付けます。

で、本日届いたマッサージチェア。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで事務局長の部屋は狭くなりましたが、
これでせいぜい体をほぐします。
明日から7連休。


理事長と昼食会  

本日で組合事務所は一段落なので、
近藤理事長が来訪、
お昼を一緒に食べ、
その後は「独演会」となりました。
去年のブログにも同じことが書いてあります。

その前に
旅行会社の方が立て続けに来訪し、
来年予定している海外旅行の企画について話しました。

一つは秋に予定している
アメリカ横断旅行。
4年前にはニューヨークから中部の牛肉飼育州を見て、
最後にラスベガスに至る
北部回りの旅でしたが、
今度はワシントンDCから始めて、
オーランド、ニューオーリンズ、ラスベガス、サンフランシスコという
南部回りの旅行。
前は公募をしましたが、
今度は常務会役員中心にします。

公募をやめたのは、
組合が補助を出して安く行けるようにすると、
普段組合活動に協力しない方が
その時だけの特典を目的に参加してくるからです。

それと、旅行の最大の収穫は、
組合の最高幹部が
数日間生活を共にすることによって
仲良くなって帰ってくること。
これはお金には代えられない成果ですので、
そちらを重視して常務会役員限定にしました。
特に来年は役員改選がありますので、
新役員が旅行期間を通じて
より近くなって帰って来る
ことが望まれます。

もう一つの旅は
全くのプライベートで、
勇退する近藤理事長の「ご苦労様でした旅行」
これは自費によるもので、
近藤理事長が「キックボクシングを見たい」というので、
タイにしました。
2泊4日で、
早朝帰国ですので、
事務局員も1日休みを取れば参加できます。
その場合、帰国して成田から事務所に直行となります。
近藤理事長引退後の6月に実施
内容が決まり次第、
近藤理事長と親しかった役員に声をかけようと思っています。

2月には50周年記念行事のハワイがありますし、
近藤理事長は来年は3回海外に行きます。

事務局長も
来年は大きな行事は無いと思うので、
合間に旅に出ようと思っています。
海外旅行の回数が多いわりには、
国数が少ないことに気付いたので、
短い日数で行ける東南アジア、
ヨーロッパ周遊などで
国数を稼ごうと思っています。
まあ、別に稼ぐ必要はないのですが。

事務所は一応今日で終わりで、
事務局長だけが明日は出勤
新聞の新年号の年頭所感、
新年賀詞懇親会の座席配置、
3四半期の中間決算
をやり残していますので。


記念誌配付  

50周年記念誌の郵送封入は午前中で完了。
多人数でやれば早い。
早くしたわりには郵便局が取りに来たのは夕方で残念ですが、
早ければ土曜日、遅くとも年内に
組合員の手元には届く
はずです。

事務局長は芝浦の市場内の各団体に配ってまわりましたが、
重い。
とにかく、この本、まとまると大変な重さになります。

夕方からは都庁に行き、
関係部署に配付。
腕が抜けそうになりました。
わざわざ都庁まで行ったのは、
石原都知事の祝辞をいただきましたので、
筋を通したわけです。

どこに行っても、出来上がりの姿に驚愕。
それはそうです。
事務局長だって、
こういう形の記念誌はまだ見たことがありません。
どこにもない、東京食肉組合オリジナル

帰宅後は
新聞の新年号に掲載する
理事長や顧問の年頭所感を原稿から入力。
理事長にとっては最後の年頭所感になるので、
力が入っています。






AutoPage最新お知らせ