10月も終わり  

ついに10月も終わり。
いよいよ11月に入ります。
台湾で理事・支部長会のある月。
明治座の観劇会が遠い昔のことのようです。

明治座は準備万端整えば、
あとは劇場というプロ集団の進行に乗っていけばいいのですが、
台湾の方は155人の人間が移動を繰り返す行事。
何が起こるか分かりません。

しかも、異国での出来事。
考えうる限りの最悪の事態も予測しなければなりません。

「考えうる限りの最悪の事態」とうっかり書きましたが、
それは飛行機が落ちて全員死亡という
考えられない事態。
それは考えるのは、よしましょう。

それはさておいても、
ホテルの予約が間違えていて、泊まるところがない、とか、
理事・支部長会の会場がダブルブックだった、とか
宴会場が前日に倒産していた、とか
バスが1台故障して、
しかも近藤理事長の乗ったバスで、
理事・支部長会が開会できなかった、とか。

まあ、考えても仕方ないので、
考えませんが、
何事もなく終わってほしいですね。

155人もいるので、
1人位体調を崩す人が出るかもしれませんし、
物を失くす人もいるでしょう。

そういうことを想定して、
しかし、前向きに対処していくしかありません。

ただ、現地との意思の疎通の欠如による失敗だけは避けたい
というより、避けることが可能なので、
あさって、11月2日、現地に飛んで
最後の確認をしてきます。

既に分かっているのは、
観光スポットの一つが工事改装中とのこと。
その代替案として伝わって来たのが、
とても現地の人間が言っていることとは思えず、
中途で(何しろ、間に2社入っていますので)
情報が変化している可能性大。
そういうことを調整してきます。

話は変わりますが、
情けないですね、
守屋元政務次官の証人喚問。
官僚の本分を忘れた、たかり三昧
ゴルフ接待だの、食事接待だの、
「ストレスがあったので、解消したく、ゴルフに逃れた」
などと、男がよく言えたものだ。

あのような品性下劣で、つまらない顔をした人物が
事務官のトップにいたとは。
そういう組織は信用できません。
それが国防を担う省庁だとは二重に情けない。

便宜供与はしていないというが、
見返り無しに供応などしないのは、
小学生でも分かる理屈。

この人の背後にあるのは、
大きな「思い上がり」
自分は防衛省(庁)の役に立っている、
誰も口出しできはしない、
という尊大な気持ちからのマヒ。

その結果が、あのみっともない証人喚問。

亀田家も同じ。
自分たちがボクシング人気を盛り上げた、という思い上がり。
何をしても許される、という気持ちで
反則までしていいと思った。
それはスポーツマンの本分を忘れた姿。

自負心は大切ですが、
それが傲慢に変わってはいけません。


最近、事務局長に対しても嬉しいことを言ってくれる人がいます。

「事務局長のおかげで組合が立ち直った」
「あなたが稼いでくれるので、沢山の事業ができる」
「定年後もずっと勤めていただきたい」
「あなたがいなくなったら困る」

そんなことはありません。
誰がいなくなっても、ちゃんと動いていくのが
組織というものです。

いつも事務局長が言っているのは、
「人が変われば、
流儀とスピードが変わるだけ」。

その人がいなくなって組織がダメになるとすれば、
それはそこが「個人企業」だったということでしょう。
「余人をもって変えがたい」のは芸術家だけ。
しかも一流の。
普通の凡人はそうではありません。

こんなことを書くのは、
最近、ある方たちから、
「台湾は事務局長は別な飛行機で行くべきだ」
と言われたからです。
(ここで、台湾の話とつながるわけです)
「近藤理事長と事務局長を同時に失ったら、
組合が立ち行かなくなる」
こんなリップサービスをまともに受けて
そう思うことから慢心が始まります。

そういえば、昔、
ある団体の事務方のトップが
「私と理事長は同じ飛行機には乗らないんだ」
とのたまい、
それを聞いたわが父(当時70歳)が、
「そんなことを言うのか」
と憤慨していました。
その時、父の感覚の方が正常、と思いました。

何度も言いますが
自負心は大切ですが、それは傲慢とすれすれです。
近藤理事長がいなくなっても、
事務局長がいなくなっても、
組織は動いていきます。
「自分は特別だ」
と思うことから、思い上がりがふくらみ始めます。


もし飛行機が落ちて、
組合の幹部が全員亡くなるようなことがあるとしても、
残って組合を再建するために
飛行機を別にする、
などという傲慢なことを思うより、
一緒に生死を共にする方を選びたい、
と事務局長は思っております。

あと4年半で事務局長は定年退職しますが、
すぐに忘れ去られるでしょう。
あっというほど見事に。
その時、淋しく思う必要などなく、
「いい仕事をした」という自分の満足感があれば、
人からの評価は無用です。

イエスは自分の善行を人に見せるためにするな、
と言っています。
人に知られると、その報いを受けてしまい、
神からの報いを受けることができなくなる、というのです。
もし良いことをするなら、
密やかにせよ、
そうすれば、
「隠れたことを見ている神」
報いてくれる、と。

新約聖書の中の数あるイエスの説教の中でも、
このくだりは事務局長が好きなところです。


台湾準備とMONSTER  

本日は大変仕事がよく進み、
総務部会と常務会で説明する
台湾の出発から帰国までのシュミレーションをまとめあげました。
理事・支部長会、夕食会、祝賀会の
進行表も出来、
あとは総務部役員、常務会メンバーの共通認識として
浸透を図ることとなります。
更に、お世話役をする
事務局職員が
全体の流れ、自分の役割分担を理解していく必要があります。

更に本日、参加者全員に
最終連絡を11月9日に郵送するが、
その前に成田までの足の確保をうながす
交通機関の説明文書を送りました。

夜、日本テレビ9時からの
「週刊オリラジ」で、
組合員のお店が紹介されました。
板橋支部の松葉屋さん
内容は
「お客が少ないのに、
町の精肉店がなぜつぶれないか」
という、ビミョーな内容。

その秘密は、
学校給食に入れていることと、
枝で仕入れるので、無駄が出ないこと、
惣菜と骨の納品で利益を出しているからという、
これまたビミョーな内容。

途中、計り売りの店では消費期限を表示する必要なし、
という話が出て来て、
事務局長は、はたと気づきました。
そういえば、2週間ほど前、
電話で取材を受けて、
部分肉の賞味期限、
パック食肉の消費期限を解説してあげました。
番組名はすぐ忘れましたが、
それがこの番組であったか。

内容はビミョーでしたが、
何にせよ組合員の店が電波に乗って宣伝になることはいいことだ、
と考えましょう。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

またコミックかと言われそうですが、
日本のコミックは世界一ですから、
馬鹿にしてはいけません。

沢浦直樹は「YAWARA!」で有名ですね。
手塚治虫文化賞漫画大賞を2度受賞
その著作は計1億冊を売ったと言われています。

この「MONSTER」全18巻は、
ドイツを舞台に、
天馬賢三という脳外科の天才医師が、
東ドイツから亡命した元貿易顧問官一家殺害事件の被害者である
双子の兄妹の命を助けたことから始まる壮大な物語。

舞台はデュッセルドルフ、
フランクフルト、
プラハと移り、
民主化前のチェコにおける
秘密実験が背景に浮かび上がる。
それは、人間の心の闇と終末を巡る
世界を震撼させる謎を含んでいた・・・。

とにかく、へたな小説より面白い
追跡劇の中に沢山の人物が交差し、
そのそれぞれが抱えた人生があらわになる。
まことに巧みなストーリーテリングに
ページをめくらざるをえない。
題材そのものは新しくはないが、
やはり「普通の生活が一番」ということが胸を打つ。

映画化してもいいが、
未熟な監督とへたな役者でやられるくらいなら、
コミックのままの方がいいと思うほど、
映画的描写と人物の描き方が見事。

膨大な登場人物がある町に集結して来るラストは
大変な興奮と感動を覚えた。

別な作品「PLUTO」には、アトムが出て来るし、
天馬という主人公の名前は明らかに
手塚治虫へのオマージュが感じられる。
(オマージュはフランス語で、尊敬、敬意のこと。
アトムを作ったのはお茶の水博士ではなく、天馬博士)

実は事務局長、
通勤電車の中でこれを読んだ。
次が待ちきれないのと、
恥も外聞も捨てさせるほど面白かったのである。


厚生部会  

本日は厚生部会
保険をはじめとする組合員の福利厚生面を担当する部署の会議です。
かなり重要な議案もあるため、
近藤理事長も出席しました。

1番目の議題は「還付金」について。
早い話が配当金の送金の報告。

今年は100万円コース1口につき50円を還付。
少ないようですが、
12ヶ月分になりますので、
100万円コースで600円。
200万円コースで1200円、
300万円コースで1800円、
以下、整数倍となって、
1000万円コースでは6000円、
と大きいです。

今年、上部団体からの配当金がないのに何故支払えるかというと、
東京組合は一定のルールを作って、
年度ごとの上限を1口100円としていますので、
繰り越した分を還付できるからです。
賢い判断でしたね。

2番目の議題は、保険掛金の値上げへの対処

来年4月から掛金は100万円コース1口につき
1050円→1200円と
14パーセントの値上げとなりますが、
東京組合は据え置きするという案。

どうして据え置きできるかというと、
生衛組合の資産の一部を運用して
これを充てる
ためです。
値上げを見越して
1年前から手当てしておりましたので、
効果を発揮。

配当金があった場合は
1口150円までを値上げ分に充て、
後は配当すると
あらかじめ通知します。
(150円もあればの話)

「値上げになりましたが、値上げはしません」
と少々不思議で高らかな宣言です。

3番目の議題は、組合年金の今後

昔、5〜6パーセントの利率の時代は
事務費など問題なかったですが、
現在のような1パーセントという予定利率では
年金制度は成立せず、
事務費などの目減りで、
かえって組合員に損失を与える制度になってしまいました。

そこで、早期解約控除
(7年前の千代田生命の破綻により、
裁判所の決定により、
自己都合での中途解約の場合は
一定のルールにより減額される制度)

の適用がなくなる
平成23年4月を期して年金制度を終了せしめ、
納付金総額より給付金が減っている人には、
その分を組合が補てんして
元金に戻してから還付
増額している方はそのまま還付します。

4番目の議題は
法律違反状態の共助会を解消し、
新たに共助事業を発足、
その財源に
現在も頂いている共助会費と
共助会の保有資産からの利息を充てようというもの。
つまり、何も変更なし

5番目の議案は、
今年のキャンペーン
前年度を踏襲しつつ、
更に支部に有利な形にしました。
個人への報奨も継続。

掛金も共助会も
制度を変更しつつ、
組合員のみなさんにとっては
今のままで変更なし。

全て知恵の集結です。
特に掛金を値上げしない方法は
上部団体に提案して聞かれなかったもの。
東京組合だけは適用して、
組合員さんに迷惑のかからない形にしました。

以上を台湾の理事・支部長会で正式決定して実施。

台湾については
次第に期待感が高まっているようで、
その話題で盛り上がりました。

本日、
ある役所の方がこのブログを読んでいると判明。
へー、どうしてだろう、と思いましたが、
真面目なことを書いている最後に
突然スキヤキの写真が出てきたりして、
さぞ戸惑っているだろうと思うと、
少々笑いました。
それにしても、
このブログ、
食べ物の写真が多いですね。




中央ブロック研修旅行  

土曜・日曜と中央ブロックの研修旅行に参加しました。
新橋駅に集合して、
大型観光バスに乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

↓奥にはラウンジも。

クリックすると元のサイズで表示します

台風接近の雨の中を、首都高速から東名高速で、一路、西へ。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、講習は車中で。
「お酒を飲む前に、眠くなる前に、一席」
という注文。
揺れる車内でバランスを取りながら、
組合50年の歴史と今後について、
40分間、熱く語らせていただきました。
海老名サービスエリアに着く直前に終了という神業。
私語一つなく、真剣に聞いてくれて、
感想は「分かりやすくて、よかった」
事務局長の講義に付いて回る感想です。

↓途中、航空自衛隊浜松基地広報館を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

↓戦闘機のコクピットにも座りましたが、古い?

クリックすると元のサイズで表示します

↓最後はドーム型の全天周映像でブルーインパルス気分。

クリックすると元のサイズで表示します

↓アイマックスの一種ですので、
70ミリフィルムの3フレームを使って
大型投影します。

クリックすると元のサイズで表示します

浜松到着時には、↓見事なが。(写真をクリックすると大きくなります)

クリックすると元のサイズで表示します

↓ホテルは浜名湖ロイヤルホテル。ダイワハウスの系列です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓おお、ひろみさん、こんなところにおでましでしたか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓夜は、お決まりの宴会。
その前、風呂場でこんな会話がありました。
「事務局長、宴会苦手でしょう?」
(ブログを読んだのかと思い)「どうしてですか」
「そういう顔をしています」
どういう顔なんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓料理。あとでうなぎも出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

2次会では、中央区支部のみなさんと「同期の桜」を歌い、
普段、のどを鍛練していませんから、それだけで声はかすれ、
その後の裕次郎は全くダメ。

翌朝の風呂場での会話。
「『明日は明日の風が吹く』、何十年ぶりに聞きました。裕次郎のファンでした」
「あの頃の映画、全部観ました」
「『陽のあたる坂道』、ドアが閉まらない状態で観ましたよ」
「『夕陽の丘』も、いいですね」

事務局長は体を休ませるつもりで行きましたので、
60分のマッサージ
体がかちかちで驚かれました。

↓翌日は台風一過の素晴らしい好天

クリックすると元のサイズで表示します

↓チャペルの前で記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

静岡水産試験場浜名湖分室(ウォット)へ。
ウォットとは、「魚」と「ウォータースポーツ」から来た造語。

クリックすると元のサイズで表示します

↓人口(?)密度の高い水槽。

クリックすると元のサイズで表示します

↓小さい水槽にはカクレクマノミも。

クリックすると元のサイズで表示します

↓茶畑の中をバスは走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓新金谷で、SL列車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓「鉄道」ではなく、「鐵道」というところがいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓パンフレット。

クリックすると元のサイズで表示します

↓一日3便のSLは大人気です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓来ました、来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

もしかしたら、事務局長は、SLは初めてかも。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中は、こんな風。天井が高く、扇風機が付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓お座敷列車もつながっています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓車中で食べた弁当。お茶つきで1500円は安い。

クリックすると元のサイズで表示します

↓外の景色。右上は機関車の出す煙。
トンネルに入っても、すすまみれ、ということはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

↓車掌さんの歌やハーモニカのサービスもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、最高のもてなしは、景色。↓

クリックすると元のサイズで表示します

フロム鉄道、縮小版みたいな趣。

クリックすると元のサイズで表示します

終点、千頭(せんず)駅に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

更に奥に行くと、
ある世代以上の日本人なら誰でも知っている
金嬉老事件の寸又峡があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここは、ローマ?

クリックすると元のサイズで表示します

再び車中の人となり、
↓最後は焼津の魚市場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長、前世は猫だったので、こういう場所に弱い。

クリックすると元のサイズで表示します

両手一杯の荷物となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山の勇姿もよく見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

事故渋滞と工事渋滞に巻き込まれて、
新橋に着いたのは、
2時間半遅れの7時。
大変なごやかな旅。
こういう行事を基礎にして支部もブロックも成り立つということを
実感した旅でした。

それにしても、
幹事さんは大変。
ご苦労様でした。


スター・ウォーズ・ヴォールト  

記念誌の方、
選んだ写真が組み込まれ、
各年の分量も2ページに収まり、
段々整ってきました。

明日の講習会の資料を作るのに
活用してみたところ、
使いやすいことこの上ない。

明日の講習というのは、
中央プロックのバス研修で、
事務局長が講師をつとめ、
50年の歴史に触れてみようと思うので、
その資料作りをしてみたところ、
何がいつ頃あったかが、
すぐ分かります。
便利、便利。

記念誌、良いものになりそうです
苦労しがいがありました。

さて、昨日書いた「垂涎の本」
東京駅で↓のようなポスターを見かけ、

クリックすると元のサイズで表示します

行ってみたところ、↓のような展示をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

入ると、↓こんなものや

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんなものが並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何のための展示かといえば、講談社が出した本を紹介するもの。
↓がそのパンフレット。

クリックすると元のサイズで表示します

これそのものが四つ折観音開き8ページの豪華版。
ちなみに、「ヴォールト」とは、
貴重品収蔵庫」のこと。
見本が置いてあり、
今まで見たこともない収集品が掲載されています。
アメリカ人のコレクター2人が集めた珍しいものばかり。
ファンに取っては「垂涎の本」。
ファンでない人にとっては、
ただのガラクタ集です。

「スター・ウォーズ」ファンを自認し、
「1」〜「3」は待ちきれずにアメリカまて観に行ったほどの
事務局長としては、
買わないはずはなく、
「GRANSTA」の中を重い袋を持って歩くこととなりました。
(重さ2.7s)

↓29センチ×34センチの頑丈な箱入り。
(写真をクリックすると、大きくなります)

クリックすると元のサイズで表示します

↓箱から引き出すと、

クリックすると元のサイズで表示します

↓ご覧のような128ページ。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、↓のように、珍しいコレクションばかり。
ディズニーランドのアトラクション
「スター・ツァーズ」のツァー開始から終了までの
サウンドトラックCDまで付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

この本がすごいのは、
コレクションを実物大のレプリカとしている点。

クリックすると元のサイズで表示します

たとえば、
第1作(エピソード4)の限定試写会の招待状と
その際配ったアンケート用紙
が、写真で掲載してもいいのに、
わざわざ実物大のレプリカで入っています。

ルーカスの手書きによる
「帝国の逆襲」ストーリー概要は、
当時の風合いそのままに、
汚れまで再現、
バインダー用の穴までちゃんとあいています。

本物と言っても通りそうな精密なレプリカを収めるために、
各ページ、様々な趣向をこらしたポケットが付いています。
ページ数の割に厚いのは、そのため。
どのページもどのページも遊び心満載。
従って、この本、全面的に手作り
50にわたるレプリカを手作業で入れて、
抜けているものがないか
チェックするのは、
さぞ大変だったでしょう。

初回配本限定で付いた特典が↓。

クリックすると元のサイズで表示します

1978年、第1作公開当時に
「週刊少年マガジン」で連載され、
その後合冊になったものの復刻版。
それにしてもアメリカン・コミックの絵のヘタさは犯罪的です。

重い本をぶらさげて帰宅した事務局長、
カミさんには隠しておこうと思いましたが、
そんなこと出来るはずもなく、
自分から見せてしまい、
「いくらなの、この本」という予想された質問には、
「#$%&\%$#」とよく聞き取れない返事。

帰宅した娘は
「そうそう、車内吊りポスター見て、パパに言おうと思っていたんだ」。
最近娘は印刷物に関わる仕事をしていますので、
ページをめくりながら、
「うわ、何、これ」
「うへぇー、すげぇー」
「ぎゃ、凝りすぎ」
「あはは、バカだねえ」
と嫁入り前の娘とは思えない言葉の連続。
最終的な感想は、
「パパ、この本、12600円だって安いよ」。
あ、値段、ばれちゃいました。







AutoPage最新お知らせ