ケネス・ブラナーの「魔笛」  

次々と雑用が発生し、
記念誌作りが進みません。
しかし、午後になって突然スピードアップ。
『東京食肉新報』の編集者が変わったようで、
急に読みやすくなりました。
と同時に農林省の動向を伝える記事が多くなりましたが、
昭和40年代後半、
農林省が小売・流通事業に力を入れ始めた、
と解釈することもできます。
順調に乗って来たため、
ちょっと安心感が広がって、帰りは映画を。2日連続ですね。
作品は「魔笛」です。

クリックすると元のサイズで表示します

モーツァルトのオペラのケネス・ブラナーによる映画化。
「アマデウス」がああいう描き方をしたので、
モーツァルトの最後のオペラ、と思っている人がいますが、
実はこの後に「皇帝ティートの慈悲」という作品があります。
ただ、初演は「魔笛」の方が後です。

1974年にイングマル・ベルイマンも映画化していますが、
今度のは鬼才ケネス・ブラナーが監督なので、
一筋縄であるはずはなく、
第一次世界大戦頃の戦場に話が置き換えられています
今までもシェイクスピアを第二次大戦に持ってきたものなどあり、
それほど新味があるわけではありません。

序曲では、
塹壕の中の兵隊から始まって、
カメラが宙に舞い、
血なまぐさい戦闘をじっくりと追います。
この間、ワンカット
戦場でのモーツァルトは、効果が出て、
この部分はなかなかいい。

しかし、後がいけません。
まだ歴史的には浅い第1次大戦に無理やり当てはめて、
墓碑を沢山出したり、
平和への願望を織り込んだりするから、
何とも生臭い。

やりつくされた魔笛なので、
演出家が新機軸を出したがるのは分かりますが、
判断基準は音楽の邪魔になっているかどうかで、
結果は明らかに音楽の邪魔になっています。

二人の騎士のユニゾンなど、
岩肌にできた人面の合唱とは、
何の意味もありません。
火の試練の描写は、音楽的にも舞台演出で苦労するところですが、
なるほど、これは今までなかった。
だが、風と水の試練は、そのまんまとは。
いずれにせよ、笛は吹いてくれないと・・・。
鈴(チャイムですって)も叩いてくれないと・・・。
など、不満も沢山。

歌詞が英語なのは仕方ありませんが、
音楽をいじらず、全曲まともにやったのは評価できる一方、
映画なんだから、多少の削除があってもよかったのではないかと思います。
明らかに中だるみがありました。

音楽と歌手は申し分ありません。
ルネ・パーペは歌はいいですが、
ザラストロの風格がなく、いわば間抜け面なのは難。
真の主役はザラストロですからね。
パミーナのエイミー・カーソンはもう少し可憐じゃないと、
愛に悩んで自殺する人には見えません。
しかし、愛を失った絶望を歌う
「愛の喜びは露と消え」はさすがで聞かせました。
事務局長はいつもここで泣きます。
特に、この曲の数小節の後奏の素晴らしさ。
わき上がる哀切のメロディーをお聞き逃しなく。

夜の女王の登場シーンは演出家の工夫どころで、
今回は戦車に乗って登場。
すっかり嬉しくなってしまいました。

CGが多用されていますが、
ちょっとチャチなところもあり、興ざめ。

全体的には「変なもん作ったなあ」
というのが率直な感想で、
この作品で「魔笛」に初めて触れた人が、
こういう話か、と思ってしまうのではないかと、
少々心配。

ただ、
モーツァルトの音楽はひたすら美しく、
終わった後、
天国の響きに2時間以上ひたった幸福感を得ることは出来ます。

5段階評価の「3」

追記
「魔笛」は事務局長が2番目に好きなオペラ。
(1番はもちろん「トゥーランドット」です。)
なにしろ、昔、舞台の演出をしたこともあります。(ただし、短縮版)
「夜の女王」という小説も書いたくらい。
思い入れが激しいですから、
期待しすぎてしまったようです。


選挙悲喜劇  

本日は仕事の切れ目が良かったので、
映画を観るために舞浜で降りたところ、
改札を出たところに「意中の人」がいるではありませんか。

クリックすると元のサイズで表示します

拉致問題において、
優柔不断で卑怯な男たちの中に混じって、
敢然と筋を通している立派な女性。

↓は、そこで配っていたチラシ。
公職選挙法違反になるといけないので、
一部伏せてあります。(多分これでも違反)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全国区ではこの人に沢山票を取ってもらわないと、
北朝鮮へのプレッシャーになりません。

↓この日の夕方の空。遠く月が見守っています。

クリックすると元のサイズで表示します

選挙といえば、
今事務局長がとりかかっているところが
昭和43年の『東京食肉新報』です。
その年の参議院議員選挙に、組合は副理事長 (全肉環連の専務) を擁立して戦いました
全国の食肉組合をバックに、
環境衛生の業界を味方につけ、
われわれの声を国政に届けよう、と団結、
1年間も準備期間をかけ、
自民党の公認も取り、
沢山の後援会と多数の支援団体に支えられて、
270万世帯と言われた全国の環衛業界の結束で、
楽々当選、
のはずでしたが・・・

結果はたったの17万票の65位。
最下位当選の51位が46万票ですから、
まったく手が届かない、惨敗でした。

選挙前に、当時の佐藤栄作自民党総裁が
「あれ (環衛)は駄目だよ、
いざとなると力 (票)にならない。
まとまらないんだ」
と言った発言があり、
「佐藤に侮辱されたままでいいのか」
団結を訴えて戦った結果がこれです。

さすがに東京は4万票近い票を出し、
全国的には食肉組合員数の数倍の票を出したのですが、
他の環衛の団体が全く動きませんでした。

ちなみに、この年の選挙は石原慎太郎が史上最高の300万票を得票し、
青島幸男や今東光、大松博文らが上位当選した、
タレント議員全盛の時でした。

「われらの仲間を国政に」と意気込んだ
食肉業界は意気消沈。
その上、
選挙慣れしていないために、
選挙違反で役員や支部長が警察に引っ張られ、
東京組合では全理事が辞任し、
役員選挙をやり直す、
という事態に発展します。

まさに選挙は勝てば天国、負ければ地獄
負けた候補者からはさっと人が引いていく音が聞こえるといいます。
自分を支えてくれる人はこれだけしかいなかった、
あの人もこの人も口ではうまいことを言っても、
本当は投票してくれなかった、
という悲哀はつらいものでしょう。

菊地寛「入れ札」という作品があります。
(以下、題名も含め、うろ覚えなので、
間違っていたら、ご容赦)

追われ追われて来た国定忠治が
このままでは逃走に不便なので、
少人数にすることを決定。
本当は連れて行きたい意中の子分はいるのですが、
古参の子分に配慮して、卑怯にも投票を提案。

その時、実力不足で後輩に追い越されていた
一番古参の子分は恐慌をきたす。
きっと、みんなはあいつとあいつを選ぶだろう。
しかし、自分も選ばれたい。
懊悩していると、
一人の後輩が来て、
「親分のやり方はおかしい。
俺は、兄貴に入れるから
安心しててくれ」
などと言って励ます。
投票する時には、これみよがしの微笑さえ送って来る。

その古参の子分は、
少しでも有利になるように、
と禁を破って、自分の名前を書いて投票する。

結果は、実力派の二人が選ばれ、
忠治はほっとして子分と別れる。

ところで、古参の子分に入った票は、たったの1票。
自分以外には誰も入れてくれなかった
なのに、あの後輩がやって来て、
「みんなはひどい。
兄貴に1人しか入れないなんて。
俺は兄貴に入れたぜ」
と言う。
その嘘を知っているのは当の古参の子分だけ。
自分の名前を書くのは、当時の美風に反するので、
それも言えない。
「あいつは、自分に入れたんだってよ」
とバカにされてしまう。
そういうがんじがらめの中で苦しむ話。

面白いでしょう。
こういう小説を書きたいな、
と思いましたね。

倉本聰のテレビドラマにもありました。
田舎の町会議員に立候補したフランキー堺が
家族全員(妻と娘の3人)で選挙戦にのぞむ。
しかし、結果はたったの2票。
まわりが支持してくれなかっただけでなく、
家族の中にさえ裏切り者が出た。
忠治の時代と違うので、
本人は自分に投票しているから、
裏切ったのは、妻か、娘か。
と悩む話。

そういうわけで、
選挙は負けたら悲惨ですね。

昭和43年、苦杯をなめた食肉業界はその後、
二度と統一候補を立てたことはなく、
政治に対しても距離を置くようになります。
平成17年9月、
安井潤一郎衆議院議員の誕生は、
そういう業界に
突然神様が下ろしてくれたようなめぐみでした。

さて、今日観た映画はディズニー・ピクサーの
「レミーのおいしいレストラン」

クリックすると元のサイズで表示します

パリのレストランを舞台に
おいしい料理に挑む新米シェフとネズミの物語。
まことに楽しく、面白く、
心がハッピーになる映画
おいしいものを食べると人間は幸福になりますからね。

ストーリー展開が巧みで、
全体的にはフランス映画のテイスト。
更に、
CGアニメが見事なことこの上ない。
わざわざ「モーション・キャプチャーは使っていません」
とエンドクレジットで宣言しています。
細部の再現性、スピード感、微妙な表情の描写、
CGはもう完成の域です。

本日(水曜)から先行上映ですが、
3日間続けた後で、土曜公開ですから、
今日が事実上の初日
最近こういう変則的な公開が増えました。

観客の95パーセントが女性
レディス・デーだから?
とは思いつつ、
やはり女の子が喜びそうな映画かもしれません。

5段階評価の「4」

古文書と格闘  

今朝は定期健康診断
胸と胃のレントゲンと血圧、心電図などの後の問診では、
健康そのもの
血圧は71〜110と理想的。
心臓は元気に脈動し、
胃はきれい。
後は血液検査を待つのみ。

最近周辺でガンになった人が多い(この1カ月で4人も)ので、
心配しているのですが。

後は組合で古文書 (40年前の『東京食肉新報』) と格闘。
昭和42年代前半といえば、
組合が最も伸びた時期

都肉連が出来、全肉連が出来、
活動が全国の場に移り、
「肉まつり」などのイベントをやると、
それを見て、150店も組合新規加入者が出、
輸入牛肉や豚肉が全肉連を通じて怒濤の勢いで入って来て、
店を朝開けば、何もしなくてもお客さんが列をなし、
毎月百万も二百万も貯金が出来た
時代。
この時の組合員数は4千を越えています。

ですから、新聞の精査も時間がかかり、
1年2時間でやるはずが4時間。
これでは今週中の作業終了はとても無理。
夏の旅行はやめようか
などと弱気も顔をもたげそうですが、
それを押さえ込んで、がんばります。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

またユーウツな時期が来ます。
首相の靖国参拝についてマスコミが騒ぐ愚かな季節が。
日本人のメンタリティーが不思議な歪曲を見せる奇妙な時。

これについては、
賢人・曽野綾子が書いている

「戦いで死んだ人を悼むことほど、
確実な戦争忌避の決意につながるものはない」

「靖国神社に祀られた人たちの99.9パーセントまでが、
普通の兵士である。
A級戦犯の数など一体何人なのか。
数人のために残りの人にも参らないというのは
筋が違うだろう」

「どこの国でも、
その国の人たちの信仰の分野に立ち至ると
恐ろしいことになるし、
ほとんど許されないことだ」


に尽きる。

「平成攘夷論」は、
題名にうたうとおり、
中国・韓国・米国・ドイツ・ロシア
そして国内の同調者たちを
斬って捨てる。
小林よしのりの書き方は過激だが、正しいことばかり
今の日本人は、正しいことを主張できない
真実を正視できないし、
正しいことを言う結果押し寄せて来る反響に耐えられないからだ。

人と争うことをよしとせず、
「まあまあ、仲良くやりましょう」
は国内では通じるが、
世界には通じない。
つけいれられるだけだ、という結果が
戦後60年だ。

特に、「従軍慰安婦」問題で、
吉田清治の「私の戦争犯罪」という一冊の偽書から始まって
河野談話に至る経過は
情けなくて涙が出る

「南京大虐殺」にしたって
冷静に当時の人口等を分析していけば、
嘘は明白。

そうしたことについて正しい見解を出しづらい状況の方が問題だ。

それにしても、
なぜこうしたメンタリティーの持ち主はみんな理屈が強いのか。
「朝日新聞さえなければ
ここまでの大問題にならなかったことは
間違いない」

というのは、まさにその通り。
本多勝一の「中国の旅」なんて、
当時、リアルタイムに読んでいた
事務局長だって、
「おかしい」「かたよっている」と思ったが、
大新聞の力はものすごい。

小林よしのりのこの著作、
読みこなすのはなかなか大変だが、
一度読んでみて下さい。
目からウロコが落ちますよ。


法曹関係者とソウルC  

「ずっと更新してないね」という声が。
たった2日なのに。

土日に書かなかったのは、
月曜にアクセスして来た方の目に
最初に裁判の記事が入るようにするためです。

アクセスの時間帯を解析すると、
会社から見に来ている方が多いので。

読んだ方から面白い反応が。
「あの『法曹関係者』って、本当にいるんですか」
「????」
「あれって、対話形式で事務局長が自分の見解を述べているんじゃないんですか」
おっと、そうきたか。

事務局長、それくらいの人脈はあります。
特に高校時代の友人にはそうそうたるメンバーが揃っていましてね。
中には警視庁のナンバー○まで行った人もいます。
(残念ながら、既に退官、天下り)
現役で一番すごいのは、検察庁のある高官
以前証人で出廷する時には助言を受けました。

ブログに出て来た『法曹関係者』というのは、
それとは違うルートですが、
当日の夜8時23分、発信記録が残っています。
それに、事務局長は法律には素人。
詳しいのは景品表示法と中小企業等協同組合法くらいのもの。
あんな現場レベルの解釈なんかできません。

それにしても、うがったことを言う方がいたものです。

[ソウルの旅C]

ソウルではラーメン専門店はありませんが、町で食べることはできます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓なぜか必ずキムチとタクアンが付いてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓韓国でラーメンを頼むと、インスタントラーメンが出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは初めて韓国でラーメンを食べた40年前から同じ。
日本式の軟麺の店は
何度出店しても、客が入らず撤退。
どうしても受け入れてもらえないようです。

↓ティッシュ代わりにトイレットペーパーが置いてあるのは、いかがなものか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓値段は2000ウォン。(約300円)
うどんの方が高くて3000ウォン。

クリックすると元のサイズで表示します

↓夜の明洞(ミョンドン)。食べ物屋が沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらでは、こういう看板が主流。ロウ細工は日本だけの文化です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓料理にはこれだけのものが付いてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

当然食べ残しも出ます。
韓国では2001年、440万トンの食べ物を捨てました。
その値段は60億ドル。(7200億円)
北朝鮮の消費した食料は約395万トンですから、
北朝鮮の人が食べた食料の全量以上の食べ物を捨てたことになります。
(日本も大きな顔は出来ませんが)

どうしてこのような無駄が韓国で出るかというと、
宴会や客を接待する時、
必要以上のごちそうを並べたがるのだからだそうです。
これも文化ですね。
一時期、こういう無駄はやめて、
出す量を減らそう、という声がありましたが、
変化はありません。

↓それにしても、本場のキムチはうまい。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この店のプルコギは煮るタイプ。焼くタイプの方がいいのに。

クリックすると元のサイズで表示します

ごはんはスプーンで食べます。
食器を持つのは下品とされます。日本と反対。
というより、金属なので、熱くて持てません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓お箸も金属。割り箸文化とは違います。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人にとって、ごはんのお茶碗とお箸は神聖なもので、
他人の使ったものは使いたがりません。
味噌汁のお碗とお皿は他人が使ったものでも平気なのに。
これも日本の文化。
最近は「マイ箸」を持ち歩く人も出現。
外人には「マイフォーク」などありません。

↓こういう面白い日本語看板はあちこちでみかけます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓おばさん二人で20年もやっている小さな食堂で朝ごはん。

クリックすると元のサイズで表示します

↓店の一角でせっせと海苔巻きを作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓いろいろな具を入れた「太巻き」です。ごはんは酢飯ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓あっという間におばさんの作品が出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓最後は切ってお皿に。
海苔に光沢があるのは、最後に油を塗るため。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここでもキムチとタクアンがセットで。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ランチで入った全州ビビンバの店。ここの店主が発明したといいます。つまり、「元祖」又は「本家」。

クリックすると元のサイズで表示します

↓混ぜて混ぜて、こうなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人には、こういう食べ方が「下品」に映りました。
クッパというスープごはんも、日本人には「猫めし」で、
ケイ・ウンスクが日本に来た時、
味噌汁をごはんにかけて叱られた話が伝わっています。

ごはんのお茶碗を置いて食べるのも、日本人から見れば、「とんでもない」。
韓国人には正式の「立て膝」も日本人には不作法に見えます。
文化に対する不寛容は差別の温床になります。
だから、外国に行った時は、食事のマナーには気をつけねばなりません。

↓娘は冷麺が好き。冷し中華派の事務局長には、ちょっと。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こしがあって食べにくいので、ハサミで切ってくれます。
食べ物をハサミで切るのも、日本人には「?!」でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ランチでもこれくらいの「無駄」を出します。
事務局長は全部食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

補助金詐取事件控訴審  

今朝は組合に出て1時間仕事をした後、大阪へ。
品川駅に新幹線が止まるようになって、随分楽になりました。

本日は補助金詐取事件控訴審の第5回公判
証人が3人出廷。
1人目は平成16年5月28日に浅田邸の捜索があった際に、
浅田側で立ち会った方

捜査官は何人位だったか(15〜20人)
捜査の順序は
3階納戸には立ち会ったか
納戸に入った刑事は何人だったか(2人。1人はカメラ)
写真は何枚位撮ったか(2〜3枚)
どの位置で撮ったか(入り口を一歩入ったところ)
納戸の捜査はどの位時間をかけたか(2〜3分)
納戸の形は
ダンボール箱はいくつあったか(200〜300)
中に入っているものを聞かれたか(食器、と答えた)
箱は開けたか(開けていない)
写真にあるビニール袋は何か(衣服を包んだもの)
袋は開けたか
納戸のダンボール箱の中に経理帳票はあったかどうか

などを次々と質問。

検察側の反対尋問は、

捜査官から何を捜査しに来たか告げられたか
2階の妹さんの部屋では何を見たか
その時、押し入れやタンスや箱を開けたか
3階の納戸では箱の中は見なかったか
ダンボールの中に何かあるかは知っていたか
何が入っているか聞かれたか

等々と、前回の捜索側に尋問したことの反対側からの内容です。

次の証人は第1回公判でも証人として出廷した
羽曳野食肉の経理担当者

金融機関の残高一覧表は、何時、どのようにして作成したか
今も作成しているか
平成16年当時と変わっている点があるか
同じ形式か
処理の基準は

などで、検察側の尋問はなし。

最後はハンナングループの会計システム担当者

買い上げ事業の牛肉の重量照合は何のためにしたか
(やがて放出が決まった時、混乱しないように)
放出の時の混乱を避けるためとはどういう意味か
(牛肉を入れた業者が記載されていないと困るので)
どうやって照合したか
どんな間違いを発見したか
振替伝票、月次決算書の作成の手順
それらが今どこにあるか
なぜ羽曳野食肉の経理担当者がシュレッダーにかけたと思ったのか
羽曳野食肉の経理データはなぜフロッピィなのか
シュレッダーにかけられたはずの経理書類が出てきた時、どう思ったか
年次決算書、元帳、残高試算表の作成手順

などについて質問。
注目すべきは15年度の決算書、元帳を
あの時点でシュレッダーにかけることはあり得ない、
なぜなら、その時点ではまだ作成されていなかったから、
という点。
また、何をシュレッダーにかけたかを横にいて見たわけではなく
後で聞いた話でそう解釈して、
それが供述調書に書かれた、とした点。

これに対して検察側の質問はなし。

代わりに裁判官の方から

1年分のデータが1枚のフロッピィに入るのか、(複数、と回答)他の年度のはないのか

との質問。

次回は、9月26日(水)午後1時30分から
延期になっていた被告人尋問
弁護側は3時間を要求、
裁判官は「それでは陳述書を出した意味がない」
として、1時間程度にと。
結局、2時間に落ち着く。
検察側の反対尋問はどれくらいかと聞かれると、
「ほとんどありません」。

以上、1時間20分で終了。

今日の捜査状況や会計処理の質問内容が
どう弁護に結びつくのか、
最終弁論が興味津々です。

事務局長が首を傾げたのはフロッピィでデータを管理しているので、
パソコンの中にはデータが残っていない、という点。
理由は、実務上、データの持ち運びが便利なので、
フロッピィに記録している、といいます。

普通、そんなことはしないでしょう。
あくまで原データは内蔵のハードディスクに記録され、
バックアップや移動のためならフロッピィやMOに移すことはありますが、
その都度フロッピィからデータを呼び込んで、
処理後、フロッピィに戻す、ということはいたしません。
ワープロじゃあるまいし。
まして、原データを外に持ち出すなんてことは危険すぎてしません

事務局長の組合でもハードディスクに年度ごとのデータ領域を作り、
万一のために毎日MOにバックアップし、
年度末には一年のデータをMOに2枚記録、
二つの金庫に別々に保存しています。
わざわざ捨てることもないので、
コンピューター導入後の10数年分は全て残っています。
これは会計担当者の最低限のこころがけです。

紙の経理関係書類をシュレッダーにかけたなら、
コンピューター会計のデータも処分したはずで、
フロッピィが行方不明というのは実にあやしい。
データのバックアップが保存されていないとすれば、
その経理担当者の能力が疑われます。

なお、データさえあれば、
シュレッダーにかけた書類を復活させることも可能です。

相変わらず証拠隠滅関係ばかりで
詐欺罪関係には進みません。

また、検察官が全く反撃しないのも気になります。
やる気がないのか、
泰然自若なのか。

素人には分からないので、
いつもの法曹関係者に聞いてみました。

「その検事は何歳位の方ですか」
「40代後半から50位でしょう。白髪交じりですから」
「ベテランですね。ならば、『泰然自若』の方でしょう。それ位の証言ではびくともしない自信があるんですよ」
「そういえば、つまらなそうな顔で聞いています」
「供述調書がありますからね。そちらの信用性が高いことを知っているんです。弁護士の時間稼ぎも、『働いているふり』も熟知しているんでしょう」
「それでも、少しは反撃した方が」
「余分なことを言われてもつまらん、というところですね」

「ところで、どうして証拠隠滅ばかりで、詐欺罪の方に進まないんでしょうか
「第1回公判で、控訴理由を述べたんですね」
「はい」
「ならば、証人がいないんでしょう。法律理論は既にやったんですから、あとは証人が証言しないと話が進みません」
「前に全肉連の事業部長や鈴木宗男の名前が出ていましたが」
「それだって、本人が出たがらなければ無理です」
「詐欺罪弁護の中核は、『全肉連は知っていた』ですが」
「それなら、なおさらです。全肉連の方だって、自分の団体に不利になることを言わされそうな法廷には出て来ないでしょう」
「強制はできないんですか」
「市民としての義務はありますが、強制まではよほどのことがない限り、しません」
「裁判官が召還を決めたら」
「それはできますが、裁判官もしないでしょう」
「弁護側から強制できますか」
「裁判官に召還するよう求める裁判は起こせますが、そんなことをしたら心証が悪くなるだけですから、しませんよ」

「この裁判、あと、どの位」
「被告人尋問をして、後、証人がいなければ、結審でしょう」

ということだそうです。
次回の2時間、気を入れて臨みます。





AutoPage最新お知らせ