あと6年分  

組合の歴史のまとめ、
あと6年分となりました。

今、昭和50年〜51年をやっています。
畜安法が改正されて、
畜産振興事業団が輸入牛肉を一元的に取り扱い
全肉連→都肉連→事業組合という流れで、
輸入牛肉の取り扱い量が飛躍的に伸び、
ついに共同購入事業の売り上げが10億円を越します。
その一方、豚肉価格が高騰し、
農林省が肉の小売価格に敏感になり、
たびたび輸入牛肉や輸入豚肉の配分を使った
特販事業が行われるようになります。
輸入牛肉を巡って
行政と業界が緊密につながった時期で、
まさに全肉連という組織が
食肉業界で圧倒的な存在感を持った時代です。

今週中に後6年を終わらせる予定ですが、
ここで、難物が。
『東京食肉新報』の座談会の素書きがあがってきましたので、
これを構成する作業が入って来ました。
何とか土日で終わらせたいものです。

また、懲りずに政治ネタ

敗北してもなお捲土重来をめざす強靱な精神力は
事務局長には驚異です。

鳥取県で当選した川上義博という方は、
前回の衆議院議員選挙で郵政民営化に反対して落選。
今度は民主党に鞍替えして当選しました。
2年前、
奥さんに「終わったな・・・」とつぶやいて
二人で肩を落として去って行ったドキュメントを見ていましたので、
その復活は驚きです。

なにしろ事務局長の方は、
「去る者は追わず」
のきわめて淡白な家風で、
「ああ、駄目か。
力が足りなかったね。
でも、
生命まで取られるわけじゃないから、
じゃあ、他の道を行こう」
とさっばりしていますので、
あの粘り強さには驚かされます。

今、すさまじい攻撃の中で
再度挑戦しようとする安倍さんの姿も驚異。
とてもあんな真似はできません。

それにしても、なぜ、すぐ内閣改造をしないのでしょうか。
人心一新して
再出発するけじめ。
今というチャンスを逃さずに
断行すれば、
風も変わることはあるでしょうに。

少なくとも戦犯赤城農相をあのまま置いておくのは
国民に対して失礼。
「安倍の周りの大臣はいやだが、
安倍さんは気の毒」
という人も沢山いるのですから、
新生安倍をアピールできるチャンスなので、
政治日程がどうの、となどと言わずに、
なによりも優先して改造をすればいいのに。

そのへんも感度が悪い。
やはり、安倍さんには
優秀な参謀役が欠けているようです。

ところで、"事務局長が好きな"産経新聞に、
小泉さんが安倍さんに、
「この選挙は『勝ってよし、負けてよし』だ。」
「参院選は負けた方が面白いぞ」
と政界再編を期待していたという記事が出ています。
もし本当だとすれば、
かつて「自民党をぶっ壊す」といいながら、
最終的には自民党の中でしか改革ができなかった
小泉さんの心意気は生きていることになります。

確かに、この国が良くなるなら、
自民党でも民主党でもどちらでもいい
わけで、
そういう高い見地から見ているとすれば、
やはり、小泉さんはすごい。

麻生さんが言ったという、
「お国のために筋を通せば、
国民は理解してくれますよ」

というのは正論ですが、
前にも書いたとおり、
理解させるのがあまりにへたなのが困りものです。





ブルーな一日  

事務局長、さすがに今日は一日ブルー
安倍さんの大敗もさることながら、
組合顧問の保坂三蔵さんのことを考えると・・・。
別に組合としては、困ることはありませんが、
やはり長年の付き合いの方が負けたのは悲しみが共鳴。
区議2年、都議22年、国会議員12年、
計36年の議員生活の歴史が、
こんな理不尽な形で否定されるとは

赤坂プリンスでの励ます会の盛況、
日比谷公会堂での集会の
会場からあふれる聴衆はどこに行ったのか。
その心中を思うと、ちょっと辛い。
まあ、それが「時代の流れ」というものなのですが・・・。

こういう時こそ、真の友が分かるもので、
組合としては、
来年の任期まで顧問はつとめていただきます。
もし3年後に再挑戦するというなら、
それまでの間も、顧問をお願いします。
そう、近藤理事長と話しました。

ところで、直前予想で「46〜49」などと書いて、
とんだ恥をかいてしまいましたね。
コメントでお叱りも受けました。
ここのところ、数回の選挙の風が読めていたので、
自分は典型的な国民の感性、とのおごりがありました。
当初から「今度の選挙は読めない」と表明していたのを
貫けば良かったですが。
まあ、人生、恥をかくこともありますから。

ところで、誤解している方がいるかもしれませんが、
事務局長、自民党の支持者ではないですよ。
自民党の体質は元々嫌いで、
総務会で全員が賛成しなければ何事も進まない仕組みなど
族議員活躍の温床で、
変えなければならないと思っていました。
(小泉さんがやりましたが)

だから、前はずっと小沢さんの「自由党」に投票していました。
当時の小沢さんは決してぶれませんでしたから。
しかし、小沢さんが民主党の党首になって、
「正三角形外交」とか「世界一の格差社会」とか、
何だか「物欲しげ」になってから嫌いになりました。

ただ、今回の選挙戦での
一人区行脚とか、
「衆議院で半分を取っていても、
参議院が半分とれなければ、
政権運営はできない。
それが政権奪取への突破口」

と言っていた戦略とかは、
やはりこの人はただ者ではなかったな、
「敵ながらあっぱれ」とは感じます。
小泉さんも天才でしたが、
小沢さんも天才。
そのはざまで、普通の人の安倍さんは分が悪かった。

話は戻しますが、
自民党を応援したのではなく、
安倍さんを応援していたのであって、
自民党に勝ってほしいと思ったのは、
安倍さんが活躍しやすい環境を求めたからです。

では、なぜ安倍さんを支持するかというと、
北朝鮮の拉致問題に対して毅然たる態度を取り続けている人は
この人だけ
だからです。
今度のことで金正日が喜んでいるかと思うと、大変しゃくで、
家族会のみなさんはさぞ悲しんでいることでしょう。
もっと日本人は北朝鮮に対する怒りを持ち続けるべきです。

そうした中で今回の敗戦ですが、
安倍さんの9カ月は立法部分ではなかなかのものだったと思いますが、
それが通用しなかったのは、
二つの原因がありました。

第1は、その実績の内容を
一般国民に正しく、分かり易く伝える手法を持っていなかったこと。

そして、第2のこちらの方が重大なのですが、
憲法改正も、教育基本法も、公務員改革も
実はそんなことは国民は別に望んでいなかったのかもしれない
ということです。

憲法改正なんてしなくても、自分たちは幸福だ。
教育基本法なんて変えなくたって私たちの生活は成り立つ。
天下りはいやだが、公務員改革しても結局はなにも変わらないんだろう。

そういう国民を前に
大上段に刀を振り回しても、
ほとんどの国民は誰も評価していないのではないか。
そういうのが民意ならば、
そういう政治をするしかないのではないか。

そう思うと、また例のマリー・アントワネットの話が頭をもたげます。
「お妃、民衆はパンがなくて飢えているのです」
「バカねえ、パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃないの」

ちょっと意味は違いますが。

「戦後レジームからの脱却」も「美しい国」
志は良いですが、
「戦後レジーム」そのものの弊害など感じていない
ほとんどの国民に、通用するはずはありません。
「美しい国」もイメージが希薄なので、
美意識や美学の必要性など感じない人たちには
意味がわからないでしょう。

そういう人たちにも「そうだな」
と思わせるような
語り口や絵解きがなければ、それは無理で、
まず、その伝達能力の修練から始めなければなりません。

それでも、安倍さんを評価する人や
年金問題でも本質を見抜いていた人は沢山いたわけで、
今回の結果はそれだけではすまなく、
安倍内閣は国民から嫌われてしまったのです。
なぜ嫌われたかというと、
やはりそれは閣僚たちの不祥事に対する
煮え切らない態度で、
柳沢厚生大臣・松岡農水大臣・久間防衛大臣と続いた後に、
赤城農水大臣が決定打で、
あの時、毅然として
領収書の提出を求め、
出せなければ更迭し、
他の議員が何と言おうと、
政治団体の費用の全面開示を決めれば、
ここまで侮蔑され、嫌われることはなかったでしょう。

その上、追い打ちがあのバンソウコウ
あのタイミングで、あんな皮膚病にかかるという巡り合わせが
今回の選挙に運がなかったことの象徴です。

「姫の虎退治」なんて、誰が言い出したのか知りませんが、
けなげな女性が古い体質に挑戦を挑む、
イメージがよく伝わりました。
是非はともかく、
大衆の心を掴む、というのはそういうことです。
片山虎之助さんというのは、結構面白いことを言うので、
好きでしたけどね。

それと、島根の敗北は象徴的
安倍政権の最初のつまづきは、
青木参院会長の横車による
郵政民営化反対議員の復帰でしたから。

最後の頃、安倍さんは街頭演説の手応えに、
「新聞の調査結果は本当なのか」
と新聞報道との乖離を口にしていたそうですが、
その背後には、団体宛てに知らせが舞い込み、
動員された人々がいたことを
本当に御存知なかったのでしょうか。
寄せ集められた聴衆の反応を見て「いける」と感じていたとすれば、
まさに「裸の王様」です。

既に書いたとおり、
事務局長は安倍さんに頑張ってほしいと思っていますので、
続投を表明した以上、
自民党のみなさんは支えてほしいと思いますが、
それができなければ、
民主党に政権を渡して、
小沢流の改革をやらせるのも国民のためかもしれません。
天下りの禁止、補助金の全廃、特殊法人や特別会計の廃止を
公約にしているのですから。

かつて、小沢さんが反対者を切り捨てて、
自分の作った党を次々と瓦解させた時、
どなたかが、
「小沢よ、岩手に帰れ。
そこで静かに蟄居していれば、
やがてお前が必要な時代が巡って来て、
呼び戻されるだろう」

と言いました。
岩手には帰りませんでしたが、
今、その時が来ているかのようです。

安倍さんは続投というイバラの道を選びましたが、
一度傷のついた政権が再び国民の信頼を得るというのは
並大抵のことではありません。

混乱すれば、迷惑するのは国民です。
もし、行き詰まることがあれば、
潔く身を引くのも一つのあり方です。
その後は蟄居して
時が至るのを待てばいい。
小沢さんがそのお手本を示しているのですから。


笑って下さい  

選挙結果予想、外れてしまいましたね。
笑って下さい。
46〜49は「願望」としても、
実際は40位と思っていましたが、
こんなだとは。

塩川さんが言っていましたが、
「マスコミ対自民党みたいだった」
「国民が鍛練されていない。
風に左右される」

というのは、
自民党の本音でしょうが、
2年前、小泉さんの時は別な「風」が起こったわけで、
ある風は認めて、ある風は認めないということはいけません。

要するに「風」を起こすということ、
あるいは既にある「風」にどう対処するかということで
能力が問われるわけでしょう。
その点で、
今回は小沢さんの勝ち
「風」を変えられなかった安倍さんの負け。

選挙前に、ある人が
「勝って困る民主党」
「負けて喜ぶ自民党」

ということを言っていました。
後半部分はよく分かりませんが、
前半部分は分かります。

これからは民主党も、ただ反対は言えません。
衆議院と参議院が逆転現象の中で、
民主党にも責任が生ずるわけですから。
自民党はこれからは民主党の意見に耳を傾けると言っているし、
場合によっては、
国民のために
自民党と民主党が協力しあわなければならなくなることもある。
その時に民主党がゴネたりしていれば、
今度は民主党が失望される。
国民はよく見ています。

テレビで、安倍さんは
「新しい国作りを始めたばかり。
それをなし遂げるのが自分の使命」

と断言していた志は良し。

うんざりするのは、
これから自民党の中で内紛が始まること。
加藤紘一とか山崎拓など「国賊」みたいな人が張り切って
安倍やめろの大合唱を始めるでしょう。
やはり、ここは挙党体制で一つにならないと
それが「反省」のあかしです。

笹川堯さんがうまいことを言っていましたね。
「条件付きで続投でいい。
条件とは、自分を残して全閣僚交代。
人心一新して、
落ち着いたら、総選挙だ」


「安倍さんの政策が間違っていたのではない。
間違っていたのは、人事だ」

と言った人がいましたが、
厚生大臣、久間大臣と来た後での
赤城農相の一件がかなり決定打で、
あれで、マイナス5議席になったのではないでしょうか。
あそこですっぱり赤城農相を切り、
政治資金の公表について
自民党がどこの政党より厳しい内規を作れば
変わっていたでしょう。
そういうきっぱりしたところが
安倍さんには欠けています。

なにやら、
松岡農相〜赤城農相と
農水省は今、鬼門ですね。

大臣指名の前の候補者の周辺調査のことを
「身体検査」と言うそうですが、
少しそれが甘い。
小泉さんの時は、それが徹底していたようで、
小泉内閣で辞任した人はいません。

安倍さんのインタビューを聞いていると、
結論までが長過ぎる。
この人には誰かブレーンが
「質問については答だけ簡潔に答える。
又は、
先に答を言ってから説明をする」

という基本を教えないといけないですね。

なかなか寝れなかったのは、
東京がなかなか決まらなかったですが、
組合顧問が落ちるとは・・・。
残念。


選挙の行方  政治関係

あの田中真紀子サンが、新潟三条市で
「(首相の家庭教師を務めた自民党衆議院議員から聞いたが)
本当に勉強嫌いで、頭が悪かったそうだ。
彼は『あれだけ教えれば、
どんなバカでも慶応くらい入れたはずだ』
と悔やんでいる」

と言ったという。
この人の品性下劣の度合いはますます磨きがかかってきた
「真紀子さん、そんなことを言うと、
あなたの人格が疑われるから、およしなさい」

と助言できる人が、周りからいなくなってしまったのだろう。
人を判断する価値観の貧弱さと
根深くある学歴コンフレックスが感じられて、不快。
本当に薄っぺらな人だ。
それにしても、
平沢勝栄さんは、
そんなこと言われて、放っておくのかね。

産経新聞「なんたる選挙戦」という特集を組んでいる。
6年間を託す参議院議員を選ぶのに、
憲法改正や教育改革などの重要な政治課題についての議論がないことを嘆いてのことだ。
むしろ、「憲法9条が危ない。子供たちが戦場に送られる」
と時代錯誤の主張を繰り返す社民党(旧社会党)の方が
本質議論をしているから皮肉だ。
まあ、あれも思考停止のままでいる数バーセントの顧客向けの議論なのだが。

民主党の優勢が伝えられているのは、
年金問題という、国民が損得ずくで敏感に感じやすい課題を上手に織り込んだ
小沢民主党の戦略の勝利だが、
本当は、年金問題は安倍政権の責任ではない
本質は公務員の体質の問題で、
更に言えば、自治労の問題。
公務員法に反対し、自治労を支持母体に抱える
民主党にはやれないというのは、
筋道立てて考えれば分かるはずだ。
まして、
「自民党にはできない。
政権を民主党に渡してくれれば、やれる」
というのは、今回の参議院選に勝っても
政権交代にはならないのだから、
これも筋道立てて考えれば、
嘘と分かる。

そんな詐術に騙される国民ばかりではなく
要するに選挙戦のさ中に
どれだけの国民が目覚めるかということだろう。

安倍首相は年金問題は自分が就任している間に
完全解決、を約束しているが、
その志は評価すべき。
この人の頑固さから見て、
必ずやり遂げるだろう

というのが事務局長の見通しだ。

ごく最近、
自民党の大物議員の関係者と話したところ、
彼の見立ててでは、
「51〜52で与党が過半数を取る」
のだそうだ。
相当な自信を持っていたが、にわかには信じがたい。

ただ、今の新聞テレビの選挙報道が相当偏っていることは確かで、
特に朝日新聞の偏りはひどい。

民主党の公式チラシを見ると、
「天下りのあっせんを全面禁止」
「補助金を全廃し、行政の無駄をなくす」
「特殊法人独立行政法人と特別会計は原則として廃止し、税金の無駄づかいを全て止める」

と小沢さんらしい主張が並んでいて、
魅力を感ずるが、
実際に小沢政権となっても
官僚と組んだ労働組合の反対で実現不可能。
自治労切り離しは小沢さんならやるだろうが、
そうなれば民主党は分裂。
自民党に見切りをつけた若手と組んで・・・
という政界再編の展望も開けるが、
自民党を飛び出た人たちの命運は
何度かの歴史で証明されているので、
実際は自民党の天下は変わらない。
ならば、
自民党を改革した方が現実的で、
小泉〜安倍の流れは
その自民党改革をしているわけだから、
安倍政権が続いた方が国民のためになる

日本の国民は絶妙の平衡感覚を持っており、
今回も良いところに落ち着くと
事務局長は信じている。

その点で考えると、
今度の選挙は安倍政権が倒れてはならず、
かといって勝たせるのも変化が起こらないので、よくない。
しかし、すれすれの負け方で、
国民新党にキャスティングボートを握らせると、
郵政民営化の凍結を言い出しかねず、
また、ホビット荒井などを受け入れるのもよくない。

そこで、投票前日の事務局長の大胆予想(願望)は、
自民党46〜49で、
追加公認、移籍で与党過半数確保が最良のストーリー。
もし、当たらなかったら、笑って下さい。

後、安倍さんにも注文。
@「戦後レジームからの脱却」などと英語を使わず、日本語で語る。
A安易に仲間をかばわず、「泣いて馬謖を斬る」ことを覚える。
B広報担当にプロを置き、自分の意図を人にわかりやすく伝える体制を整える。

安倍さんにそういう助言をしてくれる人がいない、つまり、側近の弱体がこの人、かつ国民の最大の不幸だ。




新橋こいち祭と葵かを里  

記念誌の方は、今年は2年分だけ。
またスピードが鈍りました。
「包装食肉センター」という国の補助金事業の部分が妙に不透明で、
確認しながら作業を進めているからです。

この事業は組合が望んだものではなく、
国の方が構想して、
組合に受け皿を依頼してきたもの。
こういう「上からの」事業はたいていうまくいきませんが、
さて、どうなるのか。
どうも方向が見えません。

この頃は事務局長もまだ組合にいませんので、
知らない部分が多く、
今日はまた知らなかったことが一つ出てきました。
それが、ハワイ旅行

「食肉まつり」は抽選券方式にしたり、
スピードくじにしたりで試行錯誤をしているのですが、
この時は、
官製ハガキの応募で、消費者70名をハワイ旅行にご招待。
昭和46年にそんなことをしています。
随行員や自費参加を加えて90名の大旅行。
「歴史は繰り返す」ですね。

今度組合がやるハワイ旅行と違うのは、
消費者の招待ではなく、
組合員の奥様招待である点。

さて、夕方、新橋へ。
新橋ではこの2日間、「新橋こいち祭」というのをやっています。

↓新橋駅のホームから。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここに組合の新年会のゲストにいつも出ていただいている方が出演しているからです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓そうです。葵かを里さん。

クリックすると元のサイズで表示します

↓名古屋でのディナーショーも成功し、乗っています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓御祝儀を渡しているのは、島田副理事長。地元ですので。

クリックすると元のサイズで表示します

↓歌った後は、CDも売ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ところ変わって、ここは桜田公園。昔、小学校があったところで、
今は新橋の住民の憩いのスペース。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中国雑技芸術団のアクロパット。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここでも葵かを里さんは登場。

クリックすると元のサイズで表示します

↓なにしろ葵さんに会うのは新年会の年1回。今日会ったので、2回になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓SL広場に戻ると人が増えています。

クリックすると元のサイズで表示します

「こいち祭」の「こいち」は「小一時間」のこと。

クリックすると元のサイズで表示します

「小一時間、ちょっと飲もうよ」の意。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ金曜日の夕方。しかも今日は暑かったですから、
ちょっと一杯の方が続々と。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長もちょっとカニの足を。↓1本500円。

クリックすると元のサイズで表示します

↓火事ではありません。焼き鳥の煙です。

クリックすると元のサイズで表示します

新橋はおじさんの町で、コギャルなんて一人も姿が見えません。
これが渋谷との違いです。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ