メトロポリタンの舞台が歌舞伎座で  

休み中はブログはお休みと思っていたのですが、
大晦日になって書きたいことが出来てしまったので、
今年最後のブログです。

下の写真をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します

MET (メトロポリタン歌劇場) の舞台を歌舞伎座で観ようというもの。
「ライブビューイング」というからナマ中継かと思いましたが、
早朝3時30分の公演(ニューヨーク時間12月30日午後1時30分)を
光ファイバーで日本に送り、
これに字幕を付けて、大型スクリーンに上映するもの。
つまり、9時間30分の時差でメトロポリタンの最新の公演が目にできます。

すごいことを松竹はやりました。
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場 ⇒ 東京・歌舞伎座
というのが良いので、
帝国劇場や宝塚劇場では、
このミスマッチの感覚は出ないでしょう。
京都では南座で上映。

この後、
1月11日にベッリーニの「清教徒」(ルテアトル銀座)
1月16日にタン・ドゥンの新作オペラ「始皇帝」(新橋演舞場)
2月26日チャイコフスキー「エウギニ・オネーギン」(ルテアトル銀座)
3月26日ロッシーニ「セヴィリヤの理髪師」(銀座ブロッサム)
5月3日 プッチーニ「外套」「修道女アンジェリカ」「ジャッニ・スキッキ」(銀座ブロッサム)
と続きます。

『魔笛』はメトロポリタン今年の新プロダクションで、
ジュリー・ティモアーの演出
「ライオン・キング」の斬新な演出で世界中を驚かせた人ですが、
この人の資質と「魔笛」が上手く合ったようで、
大変カラフルで視覚的に豊かな、楽しい舞台となりました。
パパゲーノの歌う「可愛い娘か女房がいれば」のナンバーなど、
まるでミュージカルを観ているかのよう

METの歌手の実力は折り紙付きで、
実に素晴らしい。
堪能しました。
指揮はもちろんジェイムブ・レヴァイン

英語バージョンで、しかも短縮版
あ、あの曲がなかった、
ゲッ、ここ飛ぶのか、
と驚きもありました。
チラシには1時間30分とありましたが、
パンフレットは1時間50分で、
実際そうなりましたので、
多分目標としたのはもっと短いものだったのでしょう。
通常は2時間10分ですので、20分のカットということになります。
事務局長が大好きな二人の騎士のユニゾンもカットされていました。

映像はハイビジョンで極めて綺麗。
音響はもう少しボリュームが大きくてもいいと思いましたし、
ステレオ感も不足。
今後の課題でしょう。

しかし、メトロポリタンの最新の舞台がその日のうちに観られるなんて、奇跡です。

大晦日の最後の最後になって、
素晴らしい経験をさせていただきました。

それではみなさん、
今年はいろいろお世話になりました。
アクセス数の増加が励みです。
来年もご愛読をよろしくお願いします。




最終日・昨年と同じことが  

事務局最終日。
床掃除の方たちのタガログ語が飛び交う脇で仕事をしました。
フィリピンから来た若い女の子たちです。
ソファーを運んだり、ロッカーを動かしたり、結構肉体労働。
異国の地でこうした仕事をする背景にどんなものがあるのでしょうか。
でも、ふやけた今の日本の若者たちより幸せかもしれません。

また今年もワープロが壊れました
去年の12月29日にもワープロがいかれて、
地下の倉庫に予備の機械を取りにいったことがブログに書いてあります。
1年たってもまだワープロを使っているのか、と言われそうですが、
OASYSと心中することに決めましたので。
しかし、このままでは仕事にならないので、
家にある機械を持ってこなければならないかもしれません。

年末になりましたが、
本日、ようやく100本を達成
これは劇場で見た本数ですので、
ビデオや機内映画を足せば140本くらい。
評論家じゃないんですから、
こんなに観ることはないんですが。
本数を競っても、映倫の係員にはかないませんし、
海外旅行の回数を競っても添乗員にはかないません。
滝にうたれて悟りを開くなら、
鯉はみんな菩薩様です。
毎年、来年は本数を減らそうと思うのですが、
なかなかそうはなりません。

さて、今年の食肉組合
いいろなことがありましたね。
いつもの年と違うことだけで、下記のとおり

共同購入が17年ぶりに前年比プラスに
「ステーキの日」などの需要増進行事が年4回に増大
手提げ袋などの共同製作が年6回に増大
香港奥様孝行の旅実施
新惣菜コンテストで総理大臣賞など
9・10新宿イベント開催
組合員バッジ作成


組合の発展がよく分かります。
来年は

組合旗の作成
記念切手の発行
13年ぶりの観劇会
50周年記念台湾理事・支部長会
奥様孝行の旅


などを考えています。
正式には2月頃に決まります。
乞うご期待






大掃除  

今日は年に一度の大掃除
といってもそれほど広いところではありませんので、
ロッカーの上や机の下など、
日頃手の届かないところをきれいにしただけです。
それでも、関係団体から送って来た資料の冊子などは
この日に整理され、捨てられますので、
すっきりした印象になります。

その後は近藤理事長と一緒に昼食会
というより、独演会
まあ、一度機会があったら、近藤理事長の話芸を楽しんでみて下さい。
近藤理事長は今でも月に一度は浅草演芸場に行くそうですが、
落語を聞いて鍛えた話は芸の領域です。

調子に乗って、事務局長も相当きわどいHネタに付き合ってしまいました。
事務局長、酒も飲まずにHの話に入り込むことができます。
3人女性がいましたので、どう思われたことか。

昔、芝居をやっていた頃、打ち上げで一度Hネタをしたら
女優の一人から
「あの人はいやらしい人だ」
と思われ続けたことがありました。
ホントのことだから、仕方ありませんが。

一体去年はいつまでブログを続けたのかと思って、
過去のを調べてみたら、
ちゃんと明日(12/29)までやっていましたね。
組合の変貌について書いてあります。
その前日には、
1年前、神戸で死にかけた時のことなんかが書いてあります。
正月休み、お暇な方は、一度さかのぼって読んでみて下さい。

疲れ方がひどいので、
帰宅時マッサージへ。
楽になりました。

明日事務所で一人で残務整理をしたら今年は終了。
一年のまとめは明日書くことにします。






あと数日で終業  

何日もブログの更新がないので
心配してくれていた方がそこそこいたようで。
ご心配かけました。

本日は年内にしておく作業を大車輪でやりました。
新年号の新聞の年頭挨拶のまとめ。
新年会の出席者のまとめ。
新年常務会の資料作り。
あと数日で事務局も終わるのに
海外旅行などに出かけたバカがいたおかげで大忙し。
さいわい「時差ボケ」のない方なので、
特に眠気に襲われずにやることができました。

いろいろな人が来ましたね。
旅行会社の方、保険会社の方、年内で退職する方、市場協会の方・・・
まるで、「絶対明日までに仕事を終わらせるぞ」
という執念でもあるかのように。

今回のベガスで泊まったホテルはシーザース・パレス。
老舗の豪華ホテルですが、
たいした部屋ではありませんでした。
それにしてもホテル中
韓国人が多かったこと。
みんなRAINを観に来てた人?
気のせいではありません。
ブラックジャックのテーブルに、
事務局長一人日本人で
後は全部韓国人、なんていうこともありました。
レストランの列に並んでいたら、
前後みんな韓国人、ということも。

韓国人というのはどうも二つの系列の人種が混じっているようで、
極端に顔が違います。
面積の広い、気の強そうな顔に混じって、
すらりとして、憂いをこめた目の
本当に女優になりそうな娘が前にいました。
同じ韓国人とはとても思えない。

なお、事務局長はピュア・ジャパニーズの顔らしく、
アメリカでも香港でも台湾でも
みんな日本人と思ってくれます。
飛行機に乗りこむ時も、
スチュワーデスは即座に判断して
「おはようございます」と日本語で挨拶します。
ソウルの町ではただ歩いているだけで、
「社長」と呼びかけられます。
何が? どこが違う?

亡くなった母親は晩年、すっかりオモニの顔になりました。
とすると、血筋は半島?
カミさんは韓国顔らしく、
ソウルの町では人に道を聞かれます。
娘はタイ人顔らしいです。
更に言えば、娘のカレは、
ソウルに行けば、即座に溶け込みそうな韓国顔です。

いよいよ組合事務所も明日で全体は終わり
29日は事務局長だけの出勤となります。


またラスベガス?  

4日もブログを休み、申し訳ありませんでした。

実は、海外に行っておりました。
事前通知をしようとも思いましたが、
少々気が引けまして
実際の休みは12月25(月)・26日(火)の2日間だけなんですが、
海外の頻度が多過ぎますよね。
今年は7回。初の記録です。
それも香港2回、台湾2回、ラスベガス2回、ソウル1回と
同じところに何度も。
台湾の2回は完璧に仕事。
香港のうち1回は一部自主的に仕事。
で、ベガスは完全に遊びです。

9月に4日間に10本のショーを観て、
「もう当分は来ないだろう」と思ったのに、
早くも来てしまったのは、
娘の付き添いだからです。
韓国人歌手RAIN(韓国名「ピ」)のコンサート
2日間だけありまして。
会場はシーザース・パレスのコロシアム。↓

クリックすると元のサイズで表示します

普段はセリーヌ・ディオンのショーをしているホールです。
クリスマスはセリーヌがお休みなので、
12/23・24の2日間だけRAINのワールド・ツァーを開催。
↓はシーザース・パレス前の巨大電飾看板。

クリックすると元のサイズで表示します

チケットはとうの昔に売り切れ。
何とか2席ゲットしての2日連続のコンサート通いでした。
RAINがサングラスを外しただけで「キャーッ」
腰を振れば「キャーッ」の会場。
良い経験をしました。

付き添いとはいいながら、
結局は他に4つのショーを観ました。
「PHANTOM」「KA」「LOVE」と一度観たショーばかりですが、
一つだけ未見のショー「デビット・カパーフィールド」も。
先日国際フォーラムでやってましたのにね。

合間に人体解剖臓器展示の「BODIES」を見学。
全部実物だそうで、
「中国の死刑囚の体を展示に使ったらしい」との噂も。
その後、ステーキを食べながら、
ついついその話題に触れてしまうのは困りものでした。

更に合間にメル・ギブソンの監督第3作目の「APOCALYPTO」を観ました。
前作「パッション」で全編古代アラム語で通したメル、
今度は古代マヤ語。
確かにマヤ文明の末路を描くこの映画で英語はリアリティを欠きます。
この場合「外国語映画賞」の対象になるのでしょうか。

森で狩猟をして平和に暮らしていた一部族が
他部族の襲撃を受け、捕虜として帝都に連れていかれますが、
そこから先の展開がすさまじい。
こんなの見たことがないという地獄絵図が現出します。
その後はダイナミックな追跡劇となり、
最後に、「ああ、そういうことなのか」という意外な歴史につながります。
そういう意味で現代と重ねていろいろな解釈が出来る作品。
メル・ギブソンの演出力が際立つ作品でした。

ラスベガスはギャンブルとショーの町ですが、
昼間は自然を楽しむことも出来ます。
前回は、バレー・オブ・ファイアーというところに行きましたが、
今回はデスバレーに。

クリックすると元のサイズで表示します

↑のような地平線につながる一本道を約3時間走って
↓デスバレー国立公園に。

クリックすると元のサイズで表示します

海面下80メートルの塩湖が、年間降水量数ミリ、
湿度1パーセントという場所で干上がって
できた一面の塩の湖。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ここを歩くと、
↓このように、靴底にびっしりと塩が付きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴールド・ラッシュの時に西を目指した一隊がここで遭難し、
出る時に「Good-bye Death Valley」と言ったのが地名の由来です。

↓のような、グランド・キャニオンとは一味違う景観も楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します

帰路、ロサンゼルスのゲートで名前を呼ばれ、
突然ビジネスクラスにアップグレード。
どうやらエコノミーがオーバーブックとなり、
めぼしい人をビジネスの空席に移したようですが、
もしコンピューターが人選したとすれば、
1997年にマイレージ・プラスの会員になり、
2001年からはプレミア会員資格を取得して7年間25000マイルをキープ、
アメリカに行く際には、一度の例外を除いて必ずユナイテッド航空に乗り、
人に旅のプランを作る時にも常にユナイテッドを勧めて来た
功績のたまものでしょうか。
努力すればいつか良いことがあるものです。
というわけで、帰路は快適に旅となりました。

往復で機内映画は
「マイ・リトル・サンシャイン」(12/23から日本公開。秀作)
「マイ・スーパー・エックス・ガールフレンド」(ユマ・サーマン、ルーク・ウィルソン共演のスーパー・ガールのコメディ)
「インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン」(マーク・ウォールバーグ主演のスポコンもの。日本ではビデオ公開)
「タラデガ・ナイツ ザ・バラード・オブ・リッキー・ボビー」(ウィル・フェレル主演、ジョン・C・ライリー共演のカーレーサーのバカ映画。笑える)
という、日本ではこれから、又は公開されないだろう作品を
4本も楽しむことができました。




AutoPage最新お知らせ