500千円って?  

今日で11月も終わり。
あと1月で新年を迎えます。
早いものです。
早過ぎます。

今日の組合は平穏無事。
ゆったりと時は流れて、来年の準備をしています。
中で一人事務局長はイライラ
台湾からホテルの会場をおさえたという報告が入らないからです。
会議室の空き状況を調べて
仮予約を入れるだけのことに何故こんなに時間がかかるのか。
東南アジアだからでしょうか。
一方、事務所の年末の床掃除の日程も入って来ません。
テキパキが大好きの事務局長にはイライラのタネです。

このブログ、「今日の食肉組合」という題名で書いていますが、
そうそう毎日組合で変わったことがあるわけではありません。
それで、雑多なことを書くのですが、
読者は様々で、
映画のことだけ読んでくれる人や
政治ネタが好きな人や
小説のことを好む人や
いろいろな人がいます。
「面白い」と言って下さる感想に混じって、
「ためになる」という感想も来ていますので、
今日は最近の出来事でウンチクになることを書くことにします。

先日、娘のことで郵便貯金をおろそうとしたら、
機械が拒否。
「1日50万円が限度」だといいます。
その時は2日に分けて対応。

別な時、私用で57万円ほど振り込む必要が生じて、
郵便貯金を50万円引き出し、
これを近所の信用組合の自分の口座に機械で入金して合算し、
相手の銀行口座を指定して振り込もうとしたところ、
機械が拒否。
窓口で訊くと、カードでの送金の限度は1日50万円までといいます。

「振り込め詐欺」の予防のためですが、
金額の上限は銀行によりマチマチ。
たとえばM銀行は上限100万円、
U銀行は上限150万円、
R銀行は上限200万円。
この信組の50万限度というのは極端に低く、
そんなことは知らず、100万までなら大丈夫だろうとやってみたらこれ。

犯罪の予防という趣旨は分かりますが、
それならそれで告知せよ、と言うと、
自動機械に書いてありますという。
行って機械の周辺を見ても見当たりません。
係を呼ぶと示されたのが下の表示。

クリックすると元のサイズで表示します

見落としたのはこちらの不注意ですが、
見落とすだけの理由があります。
こちらは「50万円」という表示を前提に探したわけですから。
なのに、表示は「500千円」。

これを直ちに「50万円」と翻訳する人は経理の事務をしたことがある方です。
事務局長の周辺には
これを「500万円」のことと理解した人がいました。
「千円」の次の「0」を万、
その次の「0」を十万、
次の「5」を百万の位と見て、500万だと。
驚くべき解釈ですが、
こう読んだ人が1人ではなく、2人いましたから、
いずれにせよ、「500千円」という表記がわかりにくいものであることは確かです。

こういう千円単位の表記は大金を書くもの、
たとえば大会社の決算書にはよく見られます。
2,456,823,000円と書く代わりに、
2,456,823千円とするのです。
もっと大きな金額を扱う文書では、
2,456百万円などというのもあります。
これを頭の中で「24億5千6百万円」と変換できる方は経理に慣れ親しんでいる方で、
一般の人間にはそんなことはできません。

お役人の文書で、
「本事業の予算は45,000千円」などと書いてありますが、
「本事業の予算は4500万円」あるいは「4,500万円」と書けばわかるのに
そうできないのは、頭が堅いからでしょう。

そこで、ウンチク
このカンマの区切りは外国製なのです。

3,794,625,354,638円を米国ではこう読みます。

three trillion
seven hundred ninety four billion
six hundred twenty five million
three hundred fifty four thousand
six hundred thirty eight

これを次のように書いてみましょう。

3 trillion
794 billion
625 million
354 thousand
638

つまり、英語での数字の数え方は3桁きざみなのです。

では、同じ数字を日本語ではどう読むか。


七千九百四十六
二千五百三十五
四千六百三十八 円。

これを次のように書いてみましょう。

3 兆
7946 億
2535 万
4638 円

つまり、日本の数字の読み方は4桁きざみです。

日本語では
1000円のことを「千円」
100円のことを「百円」
10円のことを「十円」
と言うことはあっても、
1兆円のことを「兆円」とは呼ばず、
1億円を「億円」、1万円を「万円」と呼ばず、
必ず数字を伴なうのは、
これらが4桁を束ねる特殊な単位だからなのです。

従って、日本では
3,7946,2535,4638円
とカンマを付ければ、
ずっと読みやすくなります。
3兆 7946億 2535万 4638円。
すらすらと読めます。

3桁きざみが既に世界標準になっていますので、
今更日本だけ4桁表記というわけにもいかないでしょうが、
3桁きざみが実は日本語の数字の読み方に合っていないことは分かると思います。

そこで、話は元に戻ります。
「500千円」というのは、
以上のとおり、
まさに日本語の語感とは全く違うことをしているわけです。
「50万円」と書けば一発で分かります。
事実、三菱東京UFJ銀行の自動支払機は下記のようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、注意を喚起するように、こんなに大きく

クリックすると元のサイズで表示します

この信用組合、あるいはその上部団体では、
その表示を作る過程で、
「500千円という表記は一般の方にはわかりにくいのではないか」
「お客様に不便をかけることなのだから、
当分の間は大きく人目に付くように出しましょう」

などという議論はなかったのでしょうか。
一般消費者の目線、という観点が
この信用組合に欠けていたことは確かです。

ネットがつながらない  

ついさっきまでネットがつながらず、格闘。
最近よく起こる現象で、
外から電話がかかってきた直後に、
ターミナルに赤ランプが付き、
メールも見れず、サイトもつながらなくなります。

先日もサーバーと1時間も電話でやりとりしましたが、
今日は9時をすぎていたので、サーバーとも連絡が取れません。
サーバーの指導によりチェックしたところでは設定に問題はなく、
そのうちつながりましたので、
どうもIP電話のターミナルに不具合があるようで、
機械そのものを替えなければならなくなるかもしれません。

しかし、インターネットが出来ないと、
パソコンは本当にただの箱
ですね。
何の情報も取れません。
娘は「テレビやケータイはなくても生きていけるけれど、
パソコンでネットが出来なかったら生きていけない」

と言っています。

昨日、複数の人たちから、
21日のブログの「愚者・愚者・愚者」が大変面白かった、
という感想をいただきました。
「どこの団体?」とも聞かれました。

どこの団体かは問題ではありません。
この内容から学ぶべきものがあれば学べばいい、と思って書いただけで、
特定の個人や団体を誹謗中傷する意図はありません
だから、固有名詞は書かなかったので、
団体がどこかを詮索することは
それこそ本質から離れたことになります。
書かなかった事務局長の意図をくんでいただけたらさいわいです。

↓は最近読んだ本。

クリックすると元のサイズで表示します

ダン・ブラウンといえば、
「ダ・ビンチ・コード」で世界的大ヒットを飛ばした人。
作品はまだ少なく、

1998年「パズル・パレス」
2000年「天使と悪魔」
2001年「デセプション・ポイント」
2003年「ダ・ビンチ・コード」

のたった4作で、
現在、「天使と悪魔」「ダ・ビンチ・コード」の主人公である
ラングドンのシリーズ新作を執筆中。
そのベストセラー作家でも、
デビュー作はこんなにヘタでした、というのが、本作。

アメリカのNSA(国家安全保障局)という組織の
暗号解読コンピューターを無力にするプログラムを巡る攻防戦。
話そのものが、面白くない上に
登場人物に魅力がない。
映画のシナリオみたいで、コクがない。
展開もありきたりで、
枝葉のストーリーも放りっぱなしになったりで、
ともかく、


重要な人物の一人に日本人が出て来るのですが、
その名前がエンセイ・タンカド。
そんな日本人、いますか?
単角袁世?
もう一人、コンピューター・ハードウェア会社の社長で
トクゲン・ヌマタカという人も出て来ます。
沼高徳元?
戦国時代?
こんなところもリサーチ不足。

事務局長だって、昔、「ヌビアの少年」という短編を書いた時、
エジプト大使館に電話して、
「ヌビア地方の少年によくある名前を教えてくれ」
と聞いてから主人公の名前を決めました。
出版社の誰も途中で指摘してあげなかったのでしょうかね。

そういえば、
「パック・トゥ・ザ・フューチャー 2」には、
「フジツーさん」という日本人が出て来ましたね。

話は戻りますが、
これでは処女作でベストセラー作家になれなかったのは無理もありません。
第4作の世界的ヒットで過去の作品も脚光を浴びて売れてるわけですが、
事務局長の見るところ、「天使と悪魔」が一番面白い
特に美術に興味のある人は読むべきでしょう。


保坂三蔵さんを励ます会  

組合は昔、台湾から豚を直接輸入していた時代があり、
その頃は毎月現地の工場に役員を派遣していたものですが、
当時行った人はもはや常務会に1人しかいません。
職員の中にも当時を知る人は2人のみ。
時代の変遷を感じます。

帰国の報告と計画変更の指示を旅行会社にし、
一方、団体保険の不払い問題の連絡等をしました。
ホテルを変えるので、
しばらくは不安定な気持ちになりそうです。

夕方は「保坂さんぞう君を励ます会」へ。
組合顧問の保坂三蔵参議院議員の政治パーティーです。

↓会場は芝公園の東京プリンスホテルで一番大きい鳳凰の間

クリックすると元のサイズで表示します

↓どなたが始めたのか知りませんが、政治資金のパーティーはこの名称が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓次々といろいろな方が挨拶する間、保坂さんはずっと立っていらっしゃるので、大変です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓司会は最近組合顧問になった中川雅治参議院議員

クリックすると元のサイズで表示します

保坂さんの交友関係で沢山の国会議員が登壇。
多過ぎるので、ほんのわずかだけ紹介。

↓後援会最高顧問の深谷隆司衆議院議員。

クリックすると元のサイズで表示します

片山虎之助参議院自民党幹事長。
会場から「虎さん !」の声も。

クリックすると元のサイズで表示します

↓時の人、中川秀直自民党幹事長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓おそらく後援会のメンバーが描いたと思われる安倍総理の絵。
そういえば、今度の復党問題で、
安倍さん、人相が変わってしまいましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらはあまり似ていません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ずらりと国会議員を従えて。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その中には、もう一人の組合顧問・小野清子参議院議員の顔も。

クリックすると元のサイズで表示します

その他、島村宣伸、伊吹文明、甘利明、中曽根弘文、中川昭一、舛添要一さんらが挨拶。
改選になる参議院議員、
都議会議員、
区町村長らも舞台に並び、
来年、参議院議員選挙と統一地方選挙が重なることが浮き彫りになります。
市区議会議員は代表のみの挨拶。
選対委員長挨拶や花束贈呈に続いて、
保坂三蔵参議院議員本人の謝辞があり、
ようやく乾杯に至ったのは7時20分。
1時間20分のおあずけの後、ようやく食事となりましたが、
この手のパーティーにありがちな料理の不足は感じさせませんでした。

しかし、1人のために1,500人が集まるというのは大変なことで、
このかげにはどういう努力の積み重ねがあったのでしょうか。
国会議員を頂点に、
都会議員、首長、市区町村議員へと連なるヒエラルキーと
権力の構造の底流に流れる浪花節に、
「議員サンも大変だな」と感じさせられました。
その世界に入れば入ったで酔わせる何かがあるのでしょう。

↓こうした会合には三役が順番に参加。
今回は近藤理事長、島田副理事長、芹田副理事長、石政専務理事が出席。

クリックすると元のサイズで表示します

↓胸にさん然と輝くのは、組合員バッジです。

クリックすると元のサイズで表示します

台湾から帰国  

台湾から帰国
やはり実際にいかないと分からないことが沢山ありましたね。

たとえば、空港から市内までの時間。
以前の松山空港は近かったですが、
新しい中正国際空港は遠く、
その上五車線の高速道路が混んでいて、
1時間半もかかります。
随分遠いところに作ったものです。

来年の50周年記念理事・支部長会の会場となるホテルは、
ステイタスも客室の豪華さも全く問題ないですが、
取ってくれた会議室の天井が低過ぎる
これは全く実際に行ってみなければ分かりません。

また、ホテル周辺が官庁街なので、
あいた時間に賑やかなところに行きたい方には不向き。
これも実際行ってみなければ、地図だけではわかりません。

そして、観光コース。
お茶セミナーはいいとしても、
漢方薬局はとんでもない。

以下、典型的な観光コースの写真を。

↓孔子廟

クリックすると元のサイズで表示します

↓保安宮

クリックすると元のサイズで表示します

↓お茶セミナー

クリックすると元のサイズで表示します

↓中正紀年堂。でかいです。

クリックすると元のサイズで表示します

中には蒋介石総統の座像が。
もう若い人は国民党と共産党の内戦とか、
日本が敗戦した時、蒋介石が
「恨みに報いるに徳をもってせよ」と布告して、
中国国民が日本人を虐待することを禁じたことや
敗戦国の賠償を求めなかったことなぞ知らないね。

↓1時間ごとの衛兵の交代。これ、様式美。

クリックすると元のサイズで表示します

↓忠烈し(字がみつからない)
抗日戦争などで戦死した約33万人の国民党政府の将兵の霊を祀ってある。
日本でいえば、靖国神社
レールのような線は、衛兵交代で行進した跡。

クリックすると元のサイズで表示します

衛兵は体格もよく、ハンサム揃い。
行進の腕の振り方など、日本ではなくなった様式美。

クリックすると元のサイズで表示します

↓故宮博物院。とても1時間では見切れません。

クリックすると元のサイズで表示します

以上が公式観光地。
でも、これだけではつまりませんから、
近藤理事長一行は、夜地下鉄に乗って、
士林の夜市へ。↓

クリックすると元のサイズで表示します

押すな押すなのすごい人波。
こんな熱気の町はもう日本にはありません。
↓その一角の食堂街。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近藤理事長一行は下の料理を。
パスタと目玉焼きの上に牛ステーキが乗り、
その上にカレー風味のソースが。

クリックすると元のサイズで表示します

これが、超うまい。
その上安い。
ビールを飲んで、3人で2000円もしない。
翌日ホテルで食べた中華のコース1人1万円よりずっとずっと美味でした。


明日から台湾です  

本日は雑多な仕事を。本当に雑多でしたね。
安井潤一郎議員関係の処理。
12月の予定。
経理処理。
1億円仕組債投資の作業。
表示の問い合わせの来訪者への応対。
賞与の一覧表の作成。
新聞の連載記事の相談。
先日の理事・支部長会の後処理。
そして、明日の準備。

明日から2泊3日で台湾です。
遊びに行くわけではありません。
近藤理事長と鈴木副理事長と一緒に
来年の50周年記念理事・支部長会の会場の下見です。
観光コースを確認し、
ホテルと代理店と調整をします。
この日を選んだのは、
来年のまったく同時期にして、
天候・気温などを実感するためです。
「世界の天気」では、台北は最高気温28度
今年は不思議と東南アジアの旅が多くなりました。

ところで、今日で我が家の壁紙の張り替えは終了
娘に任せたら、斬新なものになってしまいました。

リビングの壁は黄色と黄土色の中間色の織模様。
台所と廊下はこの色から更に黄土色に寄ったような色。
事務局長の書斎は白に薄い青が入った涼しそうな色。
娘の部屋は緑と黄緑の中間色。
和室はベージュに模様。
洗面所は呉服の感覚で、色の表現不能。
極めつけはトイレで、薄いクリーム色で、
1面だけ黒。

壁紙の職人も「この色を使ったのは初めて」と言うものばかりですが、
売っているのだから、使う人がいるのでしょう。
娘は「思ったとおりになった」と鼻をひくひく。
ヨーロッパやアメリカではこういう色づかいはあるのでしょうが、
保守的な事務局長としては「う〜ん」。
しかし、一番心配したトイレの片面黒、というのはなかなか面白い。
慣れてきたのか、
部屋にいて、まわりを見回すと、なかなか楽しい気分になってきました。

台所を全面リニューアルし、
風呂も作り替え、
洗面所も直し、
玄関も新しくし、
壁紙も天井も変えて、
ふと気づけば、このマンションに引っ越して20年、
こつこつ変化を加えて、
ついに昔のままなのはサッシだけとなりました。
女は自分の城を作るんですね。




AutoPage最新お知らせ