黒字黒字  

今日で平成17年度は終わり。
まだ多少動きはありますが、暫定決算は大黒字
予測できてはいましたが、
やはり現実になると、嬉しいものです。
生活衛生同業組合の方も、保険業務が意外や前年度より良好で、
予想の4割増の黒字。
数年前の節約、節約が嘘みたいで、
これ以上利益を繰り越してもしかたないから、
どんどん組合員のために使おう、
だなんて、贅沢ですね。

というわけで、
事務局長は、今日一日、
決算のための整理仕訳をしておりました。
事務所を出たのは9時40分。
明日の花見が楽しみですが、まだ寒いですね。

本日、乙川優三郎「五年の梅」(新潮社)を読了。

クリックすると元のサイズで表示します

6年ほど前出た短編集で、
なぜか今まで目に触れなかった本。
これが、すごくいい。

たとえば、最初の短編「後瀬 (のちせ) の花」は、
小料理屋の女に入れ込んだ手代が、
店の金を盗んで女と逃げる途中の
やるせない心のゆらぎを描いたもの。
自分の人生を駄目にしてしまったと女を次第にうとましく思い、
おたがいになすりつけあいながら人生を省みる旅。
その二人の旅が実は・・・という意外な展開に息を飲んだ。
そして最後にやって来る許しと癒し。
深い、あまりに深い小説だ。

「行き道」は、
自分が労咳になった時に邪険に扱った亭主が
中風で倒れて、
冷たく扱って復讐する小間物屋の女主人の心の地獄を描く。

「小田原鰹」は、
世の中をすねて生きている駄目男が
息子に見捨てられ、妻にも逃げられたあげく、
孤独に責め苛まれながら
最後に行き着いた救いを描く。
始めは女房の方から描き始め、
途中から男の方に移っていく視点の変化がいい。
無価値な男の人生が、苦しみの中から再生していく終わりの方、
私は電車の中て涙があふれてならなかった。

「蟹」は、
二度の離縁を経て、
結婚に何の希望もなくなった女が、
最後に嫁いだ先で
初めて濃密な暮らしの匂いに出会う。
放棄された人生の再生を描いて美しい。

最後の表題作「五年の梅」は、
蛮勇をふるって主君をいさめた結果、
周囲の人間をみんな不幸にしてしまった男の
悔恨の人生を描く。

どの作品も
一度は踏みつけられた芽が
試練の冬を経て再び芽吹く姿を描いて奥深い。

人の人生が蘇る姿は感動的だ。
乙川さんの作品は
どれを読んでも外れがなく、
小説の背後に何か静謐な「響き」が聞こえて来る。


世間では山本一力が藤沢周平さんの後継者のように言われているようだが、
乙川さんと山本一力では
描こうとする世界の格が違う。
乙川さんこそ真の時代小説の構築者として期待している。

総裁候補・谷垣禎一  

今日は朝7時30分、永田町のキャピトル東急ホテルで、
小野清子参議院議員の朝食勉強会
朝早すぎるので、近藤理事長はパス。
代わりに事務局長が出席したわけです。
小野議員は食肉組合の顧問。
このような勉強会は年に3〜4回開催され、事務局長も時々出席しています。

今日のゲストスピーカーは谷垣禎一(たにがき さだかず)財務大臣。
ご存じ、ポスト小泉の総裁候補とされている人の一人です。
事務局長の大学の3年先輩にあたるので、親しみを感じつつ拝聴しました。
内容は、小泉改革の内容 〜 財政の建て直し 〜 これからの社会

結果は全くの期待外れ。
総花的で、どこかで読んだような、
どこかで聞いたような話のオンパレード。
様々な問題点をあげるのはいいけれど、
では、自分がどうしたい、がなかなか出て来ない。
こういうことを考える必要がある、
議論する必要、というばかりで、
一歩進まない。
ちゃんと自分が「こうする」「ああする」と言えばいいのに、
たた並べ立てるだけ。
一つのことを言うにも、
分かりやすく、簡潔に言う能力がない。

同じ勉強会でも塩川正十郎さんの時には、
小泉改革とははそこまで考えているのか、と
感心させられ、
ほ〜う、そうなのか、と驚くことが沢山あった。
だが、谷垣さんの話は、ほ〜う、が一つもない。
トリビア的にいえば、「ゼロへぇ」。

あまりにも平凡で、
こんな人が総裁候補とは。
顔も全然修羅場をくぐっていないぼっちゃん顔で、
とても何かをなす人には見えない。

事務局長はこの人に会うのも話を聞くのも初めてだが、
ものすごくがっかりして、
お口直しに日枝神社の桜を見て帰って来ました。

ここのところ、決算で映画も観れずエアロビクスもできない事務局長。
今夜は帰りにさそわれるように、上野のお山に
毎年この時期、一度は訪れます。
桜は咲いていましたが、寒くて、寒くて
それでも、
「今日を花見と決めて招集をかけてしまった」気の毒な人たちが
飲んだり食ったりしていました。
事務局長はいつものコースで
しのばずの池の弁天島へ行き、
屋台で中国風お好み焼きみたいのを食べて帰って来ました。

花見は土曜日に再挑戦です。

17年ぶりに変更  

本日は近藤理事長が組合本部に来訪
来訪と言うのもおかしいですね。
元々組合のトップは理事長なんですから。
でも、ここのところ、外での会合ばかりお願いして、
事務局は久しぶりでした。
今日の会議は市場協会の会議。
明日、明後日と理事長には3日連続の会合に出席していただきます。

会議前後にいろいろなことを打ち合わせて決めました。
昨日書いた「13年ぶりの前年比プラス」を報告。
これを「17年ぶり」にすることになりました。
というのは、13年前のプラスはわずか0.2パーセント。
ほとんど誤差の範囲でトレンドはマイナスなので、
インパクト的に「17年ぶり」にすることにしました。

その他、香港旅行のスケジュールや旅行会社を決定
ホテルは良いホテルになりましたが、
ハーバービュー指定はあまりに値が張るので、
そこまでの贅沢はやめることにしました。
ぎっしり詰まった3泊4日
沢山の応募があればいいのですが。

残業している共同購入班に対して申し訳ないと思いながら、
5時45分退社。
というのは、今夜は映画のサークルの会合があったからです。
しかも、今回はアカデミー賞予想成績発表の日。
分析・発表の担当をしていますので。

今回の予想参加者は16人で、
的中率は54.4パーセントという、史上3位の成績。
24部門中10部門当てた方でも最下位という結果でした。
事務局長は15部門的中で、第3位
かつてはV2を達成したこともあったのですが、
最近は鳴かず飛ばず。
久しぶりのトップ3入りで、
DVDや商品券などの賞品を沢山もらって帰宅しました。

明日は早朝の勉強会。
早めに寝たのですが、途中で目がさめてしまい、これを書いています。

前年比プラス  

今日も総代会資料作り。
1年間おさらいすると、
いろいろ思い出されますね。
ああ、これは今年だったか、と不思議な気持ちも。

次の新聞のトップは、
「共同購入 13年ぶり前年比プラスに」で決まり。

組合の基幹事業は共同購入。
これがずっと減少していました。
それも当然で、
牛肉の輸入自由化があり、
BSEあり。
その根底に組合員の減少があり。

そんな状況ですから、
共同購入の量は、毎年減るのが当然。
しかし、今年は前年比増。
それも、
「ステーキの日」や「とんかつの日」の企画や
今やっている年度末の牛肉の特別販売を
組合員の皆様が活用してくれたからです。

組合事業に参加し、
組合にいることのメリットを受けていただければ、
これほど嬉しいことはありません。
そういう意味で、
平成17年度は、
組合の新たな展開の元年になるかもしれません。

桜の季節  

芝浦の食肉市場の中の桜もほころんできました。
まだ満開ではありませんが、
咲いたねえ、という感じではあります。
そのせいか、
事務所に不思議な青年が訪れて来ました。
何を聞いているのかわからない、
しばらく黙り込む、
それは9階の東京都事務所に行って下さい、
と言っても動かない。
春が来るとこういう方も出て来ます。

今日は近くの港南中学校の生徒、先生を含めて10名が市場を訪れ、
見学していきました。
最後は極上のステーキ200グラムを試食。
組合からは料理本と「東京カレー」4個をおみやげに差し上げました。
おいしかったら、お店で買って下さいね。

事務局長は今日も一日総代会の資料作り
この数日で仕組債の利息が3千6百万円入金したので、
決算も円満に終わりそうです。

今週末は桜で楽しみ。
事務局長は純粋日本人ですから、
桜の季節になると、血が騒いでしまいます。




AutoPage最新お知らせ