パブリック・コメント  

食品安全委員会に対するパブリック・コメントの募集が、
本日午後5時をもって締め切られた。


これは、プリオン委員会の、
米国が日本向けに輸出する牛は、
@生後20ヵ月齢以下に限定し、
A脳や脊髄などの危険部位を取り除くことを徹底する
など、
一定の条件が守られれば、日本産牛と比べ、リスクの差は非常に小さい。

という審議結果に対する意見を国民から広く募集するもの。
持って回った言い方でわかりにくいが、
要するに、
「2年前、アメリカでBSEが発生したんで、
アメリカからの牛肉の輸入を禁止してきたんじゃけんど、
いつまでもそうはいかんのでな、
ちゃんと危ない部位を取り除いて、
検査しても病気かどうかはどうせ分からない
20ヵ月齢以下の牛については、
輸入を再開してやろうと思うんじゃがね、
どない思う? 意見を聞かせろや」

というものだ。
緑色の部分、ぞんざいな言い方にしたのは、
そういう表現がふさわしい、国民を馬鹿にしたものだからだ。

それでも、プリオン委員会の結論に対しては、
反対の意見がどっと出るだろうから、
負けないように、支持する意見を出すように組合員に呼びかけた。

少なくとも近藤理事長は長文の意見を出している。
私も出した。
以下は、私の意見。

☆ ☆ ☆

「10月31日に食品安全委員会のプリオン委員会が出した審議結果の案を支持し、
米国産牛肉の輸入を早急に再開していただきたい。

しかし、プリオン委員会の審議結果はごく当然すぎて、
このような当たり前の結論を出すのに何故かくも時間がかかったかについては疑問を呈したい。
民主主義が時間のかかる制度であることは先刻承知だが、
それにしても遅すぎる。
その間に食肉業界の疲弊は進み、国民は食文化を奪われた。

そもそも平成13年にBSEの患畜が日本で初めて発見された当初から
農林水産省は「牛肉、牛乳及び乳製品は安全」と宣言し、
それは今だに撤回されていないはずだ。
その宣言が消費者の「安心」にまで到達しないのは、別な問題であり、
農林水産省は肉の「安全」を根気強く浸透させなければならず、
最近はその努力を放棄しているように見える。

今後、食品安全委員会は、
@20ヵ月齢を線引きとした理由
ASRM除去が最も有効な安全対策であること
Bもともと肉は安全である根拠
の3点について、
消費者に浸透させる努力をすべき
で、
今後も「月齢の判定」や「SRMの除去の実効性」についての
ゼロリスク論者の声高な主張に負けてはならない。
一定の基準を定めて、それを守らない者を厳しく処罰する、
ということをしなければ、何も前に進まない。

今回、時間がかかったにせよ、一定の基準を定めたことは評価できる。

☆ ☆ ☆

夕方、安井潤一郎衆議院議員が事務所を来訪。
記事カテゴリが違うので、明日書きます。

新年会へ向けて  

武蔵野線の車両故障のため、電車が大幅に遅れて、1分の遅刻。
無理やり電車の中に体を突っ込み、
駅員に押してもらってドアが閉まり、何とかセーフ
と思ったら、
「この車両は葛西臨海公園で次の快速に抜かれます」だと。
乗る前に放送すれば、無理をせずに一電車見送った。
インフォメーションは迅速に。
東京駅で遅延証明書は出たが、
帰国初日でこれとは。

何人かの役員さんからは、
「休みを取ったようだけど、今度はどこに行ったの?」
と訊かれた。
休暇は木曜・金曜のたった二日なのに。
事務局長の「ビョーキ」はどんどん認知されつつある。

本日は1月6日の新年賀詞懇親会の案内を送る作業にかかる。
組合で最も華やかな行事。
曜日にかかわらず1月6日に開催することになったので、
来年は金曜日だが、その翌年は土曜日、
その次は日曜日の開催となる。
事務局は休日出勤だが、
それで出席者が増えれば喜ばしいことだ。

保険会社の美人のN女史と保険関係の打ち合わせ、
代理店のS社長と試食会行事の後始末、
A税理士と来年以降の納税について意見交換、
全国団体S氏と電話で分配金の使い道の相談、などなど。
新年ポスターと適正表示ステッカーのラベルと包装紙の配送は12月5日、
700箱を超えた玉ねぎの配送は12月13日に決まる。

これで今年の配付物は終了。
頭の中は徐々に来年モードに移りつつある。

プライベートだが、
村上龍の「半島を出よ」を飛行機内で読了。
実に面白かった。
特に、平和ぼけした日本政府が
北朝鮮軍という圧倒的な暴力に対してなす術がなく、
厳しい現実から目をそむけ続ける姿が興味津々。
「リアルな現実というのは面倒臭くやっかいなものだ。
戦後日本はアメリカの庇護に頼ることによって
そういった現実と向かい合うことを避けてきた。
そういう国はひたすら現実をなぞり、
社会や文化が洗練されていくが、
やがてダイナミズムを失って衰退に向かう。」

という指摘は鋭い。
福岡を北朝鮮占領軍に支配され、
政府からは封鎖という切り離しを受けた九州が、
その危機を越えて、
補助金や地方交付税に頼らなくて済むような構造改革を行い、
かえって活性化していく姿も興味深い。
全国団体から脱退することにより
補助金が無くてもやっていける組合形成をし直し、
活性化している我が組合の姿に重なる、

と言ったら手前ミソか。
村上龍、将来ノーベル文学賞を取るのではないか。
それにしても、
北朝鮮という国、何とかしないと、
あの国民がかわいそう。

ラスベガスでリフレッシュ  

木・金曜日と休暇をいただきました。
何をしていた?

実は事務局長、困ったビョーキを持っておりまして、
ロンドンで新作ミュージカルが大ヒット、とか、
ニューヨークでお好みのオペラをやるようだ、とか、
どこのテーマパークで新アトラクションが大評判、
ラスベガスで新しいショーが始まった、
などと聞くと、
やもたてもたまらず
飛んで行ってしまうのです。
映画など、待てば日本に来るのに、
「スターウォーズ」「ロード・オブ・ザ・リング」という
特別な映画の場合は、
わざわざニューヨークまで出かけて観る。
なにしろ今は航空券も安くて、アメリカなど
往復5万円代で行けますから。

で、今度はラスベガス
昨年秋に組合の視察団でベガスを訪問した後、
大きな新ショーが2つ開幕したため、
ビョーキが再発。
組合のサイトですから、あまり詳しく書くのは避けますが、
一つは「Le Reve」というショー。

クリックすると元のサイズで表示します

写真をごらんのとおり、
円形劇場の中央にプールが出来ており、
水の中と空中 (正確に言うと天井に開いた空間) から
登場人物が現れます。
(現れるというより、「落ちて来る」感じ)
水とアクロバットの組み合わせと言えば、
有名な「O」(「オー」)と似ていますが、
それも当然、演出家が同じですから。
十人くらいが同時に空中にぶら下がってくるくる回ったり、
50メートル上から人が水に飛び込んだりで、
危険なことこの上ない。
円形劇場のためどこで観てもベスト・ポジションで、
素晴らしいショーでした。

もう一つが「シルク・ド・ソレイユ」のベガズ4番目のショー、
「KA」
古代エジプトの霊魂「カー」とも思えるし、
漢字の「火」とも思えますが、
これは私はまだ一度も観たことのない種類のショーでした。
何しろ、舞台が垂直に立ち上がるなんて、
聞いたことがありません。

クリックすると元のサイズで表示します

写真よりも実際はもっともっと迫力があります。
ある幸福な王国が敵の襲来を受けて、
王族はバラバラになり、
船で脱出した姫たちは水に落ちて海中深く沈んでいき、
砂浜にたどり着いた家来たちは山を上り、
苦難の末に戦いに勝って、王国を復興する、
というストーリーを芸術性高く演ずるするわけですが、
舞台に矢はばらばら降って来るわ、
砂浜の砂はザザッと滝となって流れるわ、
山の上から怪鳥が人を乗せて飛ぶわ、
戦争は垂直になった舞台で宙を飛びながら闘うわ、
最後は舞台上にナマ火の打ち上げ花火が炸裂するわで、
あれよあれよの2時間弱。
これも危険きわまりなく、はらはらの連続。
座席は近くもなく遠くもないエリアのど真ん中で、
大きな舞台が丁度良く見渡せて、
この不思議な夢幻の世界を堪能しました。
値段は150ドルと高いですが、
お金には代えられない、素敵な時間でした。

今後、ベガスにおでかけのかたは、
この二つのショーと「O」の3つを是非どうぞ。
どちらかで死人が出て中止、などとならないうちに。

も一つおまけに
「ニール・セダカ・ショー」
これは期限限定のショー。
ニール・セダカといえば、
1950年代後半から60年代にかけて、
ポール・アンカらと共に大活躍した歌手。
当時、私は中学生でしたが、
友達とドーナツ盤 (なつかしい!) を貸し借りして聞いたものです。
ニールは現在66歳。
円熟味を増したソフトな歌声、
メロディックで哀愁を帯びた曲は、なつかしさと共に
胸迫るものがありました。
「恋の片道切符」「カレンダー・ガール」「すてきな16才」
「悲しき慕情」「恋の日記」「おおキャロル」

など、次々と繰り出すヒット曲に、
ああ、これもニールの曲であったか、と思いつつ、
なぜかみんな歌える。
ついつい小さく口ずさんでしまいました。
最近はクラシックの曲に歌詞をつけて歌っており、
(注:彼はジュリアード音楽院でちゃんとクラシックも学んでいます)
「元の曲はプッチーニです」と言ってピアノをひき始めたので、
「もしや」と期待していると、
私の大好きな「トゥーランドット」の中の「誰も寝てはならぬ」
ニールの歌声で素敵な曲によみがえりました。
終演後、その曲を含むCDを買い求めたのは当然の行動。
老いたとはいえ、大御所の素晴らしいステージに、
最後は立ち上がって惜しみない拍手を送り、
泣きそうになった1時間半でした。

以上、3つのショーは全てインターネットで手配して、
どれも最高の席。
17年前、初めてベガスに行った時は、情報不足で、
どこでどんなショーがあるのか知らずにうろうろしましたか、
今はネットで事前に買うことができ、
時代は変わりました。

プライベートの報告に付き合って下さったみなさん、ありがとうございます。
事務局長、リフレッシュしましたので、
明日からまた頑張って働きます。

メール  

安井衆議院議員からメールが届きましたので、そのまま掲載します。

大野谷事務局長様:
11月22日の政治文化フォーラム、後援会発足の会では食肉組合の皆様に大変お世話になりました、心より感謝、御礼申し上げます。
参加者の呼びかけから、当日のスタッフのお手配まで、当方秘書の曽我も感激しておりました、ありがとうございます。

本日、組合ホームページ掲載用の原稿を送信させていただきますので
よろしく御差配下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[勝手連が出来ました]
9月11日の衆議院選挙当選直後は「小泉自民党が勝ち過ぎたからこんな奴まで出てきた」「小泉の風に乗っただけ」等の批判的な論調が多かったのですが、徐々に過去5年間で700箇所での講演実績や、東京の食肉組合で役員をやっている現場の人間、などが評価されるようになりました。

「小泉の風」で出て来たのは間違いありませんし、否定もしません。しかし、この風は「時代が吹かせたのだ」という時代認識を持っています。僭越ですが、「時代に選ばれた」という自負すら持っています。新人としての、選ばれた者としての、感性を鋭敏に研ぎ澄ます事が重要だと実感した42日間の特別国会でした。

11月1日閉会までの42日間の特別国会、議員経験のまったく無い議員ですので戸惑う事ばかりでしたが新人なりに感じた事も沢山ありました。

その第一の学習が「民主主義って声を合わせること」でした。いくら立派な事を言っても声を合わせなければ国の政策には反映しないということが強く分かりました。

その事を地元商店会の役員会席上でお話申し上げていたところ「商店会長としての実績も有る、その会長が議員になって感じた事なら、その思いを形にする組織をつくろう」というありがたい提案がありました。

食肉組合の皆様の大きなお力添えで11月22日に開催させていただいた初めての催し、「安井潤一郎政治文化フォーラム、講演会発足の会」の席上で早稲田商店会事務局長の久保里砂子さんが呼びかけ人になって勝手連・安井潤一郎応援団を設立していただきました。

我々販売者の声と、その先にいらっしゃる消費者、生活者の声を一つにして国政の場に届けて皆さんの思いを具現化する、そして最先端の正確な情報を皆さんに分かりやすくお届けする、そのような私の思いに勝手連の活動は限りなく大きなお力を与えていただける事を確信しています。

加入登録はサイト上からのオンライン登録になっております。久保さんからの御挨拶、御案内も記載されています。会費無用の勝手連です、どうぞ御案内文を御覧の上、御入会賜れますようお願い申し上げます。

勝手連のURLは http://www.eco-station.gr.jp/katteren/ です。
どうぞ御覧下さい。

安井潤一郎議員の後援会  

今日は、安井潤一郎衆議院議員の後援会「興風会」の発足の会がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


会場は早稲田のリーガロイヤルホテル。立派なホールですね。

クリックすると元のサイズで表示します


自民党の武部幹事長も来て、衆議院議員選挙での東京比例区の名簿登載の裏話を披露。
笑いのウズが起こりました。

クリックすると元のサイズで表示します


参加者はざっと数えて4〜5百名。
そのうち1割の50名が食肉組合からの出席者。
下の写真は、安井議員を囲んでの組合幹部のメンメン。
おや、左端に事務局長の姿も。

クリックすると元のサイズで表示します


近藤理事長は〆の挨拶。
「後援会は強ければ強いほどよい」と力強い激励。
後ろの右端は安井さんのご子息。似てますね。

クリックすると元のサイズで表示します


その近藤理事長は、本日新高輪プリンスホテルで開催された
自由民主党の「立党50年記念党大会」で表彰されました。
手にしているのはその表彰状。
ただの「紙っきれ」ではなく、
小泉首相(総裁)の写真とセットのなかなか粋なものです。

クリックすると元のサイズで表示します


その大会で、あの杉村太蔵議員の株が急上昇。
83名の新人議員が舞台に並び、その代表として「立党50年宣言」を読み上げたのですが、
「フリガナしなくて大丈夫かい」などと陰口をきかれる中、
太蔵議員、「宣言」を暗誦してみせたのです。
舞台後方のスクリーンには、宣言が映し出されていますから、
ミスは隠しようがありません。
「どこで間違えるか」と意地悪い視線にさらされつつ、
一カ所詰まったものの、一字一句間違えずに終わりました。
暗誦前は、からかい気味の拍手を送っていた人々も、
最後は拍手喝采。
他の82名の新人議員は感動と共に立ち尽くしていたといいます。
手に持っていた宣言文を読んでも誰も非難はしないのに、
しかし、わざわざ暗誦して感動を呼ぶ太蔵議員。
やはりこの人も何か「星」を持っているのでしょう。

☆ ☆

で、プライベート

6時30分から映画鑑賞サークルの月例会。
「私の頭の中の消しゴム」「蝉しぐれ」「ティム・バートンのコープスブライド」「NANA-ナナ-」といったテーマ作品について、
勝手きままにおしゃべりをします。
ちなみに事務局長は「蝉しぐれ」を「日本の監督は小説を読めない」と酷評し、「コープスブライド」を絶賛しました。

さて、安井さんの後援会を終えて、
組合関係の行事は今年、後一つを残すのみとなりました。
そこで、24日(木)と25日(金)は休暇をいただきます。
つまり、ブログは5日間お休み。
5連休にして、何処に行くんだって?
・・・それは戻ってから報告します。




AutoPage最新お知らせ