2006/7/31

赤岳2078mA【動物ほか】  アウトドア

という程沢山の動物に出会ったわけではないのですが、まず最初は「ホシガラス」のつがい。
見晴らしの良い木のてっぺんにとまっていました。
写真は撮ったけど焦ったのでピンボケ(笑)。
あんまり出会わないのに残念だ〜

次はシマリス。
コマクサ平で見つけたこの子リスは逃げることもなく次から次へと黒い実を取って来ては食べ続けていました。
かなり間近で観察。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
次は青い実。
時々土を掘っているけど、冬の食料を埋めているのかなぁ??(左の写真)

更に「眠そうなキツネ」。
見つけたときはすぐそばの岩の上でぐぅぐぅ眠ってました。
警戒心がないのか、人間に慣れているのか?
街のキツネとは雰囲気が違う(オドオドしていない)。
人も動物も同じなのかなぁ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一度は起きたけど・・・(かなり眠そう)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
またすぐに反対を向いて寝てしまいました。

慣れてるのかナメてんのかって感じですが(笑)。
まぁ動物ものんびりしてます、山では。

花も沢山咲いていました。
ウコンウツギ、キバナシャクナゲ(たぶん、ツツジのような花)、エゾノツガザクラ、コエゾツガザクラ、エゾコザクラ、イワギキョウ、イワブクロ、ゴゼンタチバナ、ハクサンチドリ・・・などなど(大分覚えたかも!?)

今回のお気に入りは、この花!
クリックすると元のサイズで表示します
チシマツガザクラ(ツツジ科)。
不思議な花だよね〜・・・どこが花?ってしばし見とれた(^_^)。

雪渓が解けた場所では春の花、他は夏の花、といろいろな花が見られるのが特徴でしょうか。

花が咲いていないところがないくらい花だらけの山です、赤岳は。
紅葉で有名な銀泉台だけど、春〜夏の花も見ごたえがあります。
また来年も登ろうと思ったね〜(^_^)。

2006/7/31

士幌線E(タウシュベツ橋梁)  十勝


土曜日(7月29日)のメトセップ展望台より、タウシュベツ橋梁の眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

わずかですが、アーチの丸い部分が見えています。
以前(6月26日)には完全に沈んでいましたが、今日はそこに橋があるのがはっきりわかります。

ダムが放水したのでしょうか?
観光シーズンにがっかりして帰る事にはならなくて済みそうで、ホッとしました。

2006/7/31

十勝川イカダ下り@  イベント(十勝)

今年も無事ゴールまで辿り着くことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴールの十勝川温泉が見えてきました。
9時半に白鳥大橋護岸を出発し、約3時間後の12時半頃のゴールです(前に1時間半と書きましたが勘違いでした)

私達の船は自分が乗船しているので写っていませんが・・・

昨日の勝毎(十勝毎日新聞)のイカダ下りの写真の一番左側、横断幕のようなのをかけているのが私達の艇です。

今回はいろいろとハプニング続きの楽しい(笑)船旅でした。
その報告はまた後日・・・

2006/7/29

赤岳2078m@  アウトドア

に登りました。
十勝方面は曇り〜雨の予報で前日に中止も考えましたが決行してよかった、三国峠を越えたら『晴れ』ていました。
(やっぱり私は・・・(笑))

実は大雪山系 赤岳(あかだけ)は初めての山。
以前から初級の山だし花が綺麗というのは聞いていましたがなかなか行く機会を作れなくて・・・
ですが我ら【なんちゃって登山隊】は今回は「ダイエット大作戦」と副題をつけ「山に登って痩せよう!」という不純な動機で登山を決行。
(まぁ痩せたかどうかはどうでもいいことなんですけどね〜・・・)

ルートは紅葉で有名な銀泉台よりのコース。
(銀泉台は大雪湖よりダートを14キロ)
銀泉台ヒュッテというのが登山口にありましたが2006年より閉鎖されています。

私達がのんびり写真を撮りながら歩いて【登り〜3時間、下り〜2時間】という行程。
装備は雪渓があるのでちゃんとした登山靴は必要です。

第1雪渓 → 第1花苑 → 第2花苑と第2雪渓 → コマクサ平 → 第3雪渓 → 第4雪渓 → 山頂2078m

だいたいコマクサ平がほぼ真ん中かな。
ここで引き返す人も多いようです。
噂には聞いていましたがコマクサ平のコマクサはこれでもかっ!(^_^;)というくらい咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コマクサ平自体がかなり広いのですが、とにかく一面コマクサです。
かなりのツアーの団体客がコマクサを見に来ていました。

レンジャーの方に聞いたところ昔は一面にコマクサが咲いていたそうですが盗掘されなくなったのを林野省?の方が種を蒔いたのが現在に至る・・・ということです(数十年前の話だそうですが)。

コマクサは今が見ごろでしょうか?
「コマクサが見たい!」と言う人はとにかくここに来れば嫌と言うほど見れまます。

途中、急な登りもありますが(第3雪渓付近)隣の雪渓から吹く風が天然のクーラーとなり、大汗をかきつつも涼しい風に冷やされて、バテることなく楽に登れました。
クリックすると元のサイズで表示します
(雪渓のすぐ側をお花畑を眺めつつ登る、けっこう急な斜面でしょ)

山頂は大きな岩の塊ですが、山頂を極める為にはそれにもよじ登り写真を撮ります。(私は正直怖かった!)
赤岳は山頂からの眺めが良いとされる山で正面に旭岳も見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
今回は師匠(スノボの)と二人で登りましたが彼女が「動物に遭いたい!」と願った通り動物にもいろいろ出会いました。
その写真もまたの機会に・・・

明日も「イカダ下り」で早起きなので今日はここまで・・・
でもなんとか曇りの予報ですが天気は持ちそう!良かった〜

2006/7/28

Jagabee【ジャガビー】  食べ物



クリックすると元のサイズで表示します

ついに北海道地区発売!?

私よりチェックの早かった友人に届けられました(別の意味でなんだか悔しい(爆)。

北海道土産として大人気の「カルビー じゃがポックル」ですが、それと最もよく似た製品の全国発売版・・・ということでしょうか?

西のほうでは4月から発売されていましたが北海道もようやく、かな?

感想は、
「じゃがポックル」より軽くてサクサクで柔らかい・・・が1本が短い。
まるで「じゃがポックル」のハネ品のよう。
私が開けた一袋がたまたまそうだったのかもしれませんが(^^;)。
「あれ?少ない」「あれ?小さい」と思ってしまい・・・

食感的にはJagabee【ジャガビー】の方が好きですね、塩味もちょうどいい。

で、もう少し1本を長くして・・・>Calbeeさん


2006/7/28

ビーチサンダル  イベント(十勝)

買いました!!
麦藁帽子も欲しくて探しましたが・・・なかった(笑)。
道東に麦藁帽子は似合わないかも。
クリックすると元のサイズで表示します
海じゃないです、道東から泳げる海は遠すぎます。
日曜日の「第34回 十勝川イカダ下り」に今年も参加します。
それ用に新調しました(^_^)v。

9:30スタートで1時間半くらいかけて白鳥大橋まで下ります。
十勝大橋や白鳥大橋、河川敷から沢山の人が手を振ってくれるのがけっこう嬉しいです。
隣の船と水鉄砲の掛け合い?も楽しいです。
真剣に遊びます(爆)。
晴れるかなぁ・・・昨年は増水の為、延期の末中止になったという悲しい年でした、今年こそは!!

艇は旗番【8】
『L & G しもおりべ』号に乗船予定。
見かけたら手を振ってね〜

「L & G 」・・・って?

Love & Green、愛と緑のまち下居辺(しもおりべ)。
ちょっと恥ずかしいぞーーーーっっ!!




2006/7/27

交通事故  DIARY


息子が通学途中に交通事故に遭ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ見ての通り中央の息子はピンピンしてます。
幸いなことに、軽い膝の打撲程度で済みましたが・・・

真っ直ぐこの道を3台の自転車を連ねて走っていて、横から出て来た車にガシャン!です。
本人がボンネットに乗り上げたので良かったのですが、国道の方に跳ね飛ばされていたら大怪我でした。
本当に良かったよ〜〜〜
自転車は入院、車は前を破損、バンパーもへこんだそうです。

朝から職場に電話がきてビックリ!
その場で警察を呼んでくれていたら話が早かったのに住所交換だけして、別れたので結局帯広署まで行き、相手を呼び出し、現場で実況検分。
今日はこの夏一番の暑さで炎天下の中の実況検分はツラかった・・・警察の方、ご苦労様でした。
病院にも行きレントゲンを撮り、終わったのが夕方。
朝の通学時の事故でしたが1日かかってしまい親子ともヘトヘトです。

昨日は綺麗な夕日を見て「明日はいい事がありそう!」と思ったのになっ!
息子は朝のテレビの占いでおひつじ座が1位だったからいい事あると思ってたのに・・・だってさ(笑)←似たもの親子だ。

車にはねられても軽傷で済んだのが今日の「ラッキー♪」なのでしょう。

ほんっとうに、軽傷で済んで良かったよ〜!

2006/7/26

知床旅C羅臼観光  旅(道東)

のんびり旅レポを書いていると、終わらないね(^_^)・・・なんとか週末までに終えないと!
晴れると週末は忙しいんだよー(笑)。

羅臼の民宿を出た後、今日の目的は羅臼湖なのだけど、なかなか霧が晴れない。
羅臼岳を見ながら羅臼湖トレッキングをするにはもう少し霧が晴れないと。
それに熊遭遇の可能性を避けたいので時間帯は10時〜14時くらいがベスト。

なので時間を余し羅臼の定番観光へ出かける。

@ヒカリゴケ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





面白いのは角度によって全く光っているのが見えないこと。
な〜んだ・・・見えないじゃん、にならないよう見る角度は重要です。
ヒカリゴケも珍しいと思うけどこのコケの生えているマッカウス洞窟もすごいぞ・・・

A瀬石(せせき)温泉
管理人さんが怒っている!という新聞記事をどこかで見ましたが・・・
勝手にキャンプする、昆布干し場(砂利を敷いた浜)を荒らす、など観光客の横暴な行動に怒っているそうです。
ここ(温泉の手前)は「私有地」です、そこんとこお忘れなく・・・
今日は満ち潮ですね、2つの湯船にお湯は入っていませんでした。
目の前が海!ってまさにこの事ね!
クリックすると元のサイズで表示します

B相泊(あいどまり)温泉
入浴者が6人ほどいらっしゃいました。
ここも随分有名になりました。
シーズンになると覆いを作ってくれるので男女別に安心?(はできないかもしれませんがそれなりに別なので)して入ることが出来ます。
海を見ながら・・・が最高なんですが目の前の波消しブロックがちと邪魔かも。

クリックすると元のサイズで表示します
C道の駅「羅臼」
羅臼の港に上がる魚やエビ、もちろん昨日食べた「きんき(めんめ)」も!売っています。
幻の「ぶとう海老」も買って食べられます。
ちょっとした飲食スペースもあり。
試食のカニや昆布も沢山販売してましたね〜やっぱり北海道といえばカニ&昆布なのでしょうか・・・

羅臼から相泊までの海岸沿いは双眼鏡を持参するとこの時期、沖合いの船で昆布を採っている様子がはっきりと見えます。
何かに巻き付けて船に引き上げている風でしたね。
もう少し居たら浜に昆布を引き上げて干す風景も見られるでしょう。


その他、今回行ってないけど羅臼観光を紹介すると、

■熊の湯
朝から混雑しています。

■望郷台
穴場の高台です。晴れてると目の前に国後島。


・・・羅臼湖までレポしようと思いましたが辿り着きませんでしたので(^_^;)、今日はここまで!
おやすみなさ〜い。



2006/7/26

夕焼け  士幌町


バックミラーに写る夕焼けが綺麗だったので、思わず車を停めて写真を撮り、しばし見とれてしまいました。
刻々と変化する夕焼け、とっても素敵♪・・・見ていて飽きないね!

クリックすると元のサイズで表示します

「明日もいい日になりそう!」って感じの夕焼けでした。


2006/7/25

北海道の夏  士幌町

今日は「爽やかな夏の北海道」を象徴するような一日でした。

気温は朝からどんどん上がり、外の陽ざしは真夏・・・なのですが、風が爽やかなんです。
湿度が低くて、吹く風がサラサラしているというか・・・
外は30度近くなのに、部屋の中では上着をはおっても少しも暑くないんですよ。
職場では「これが北海道の夏だよね!!!」と少し前のベトついた暑さを恨み、今日の幸せを肌で感じました(笑)。

今週はずっとこんな感じで晴れるそうです。
長期予報によると、8月は晴れの日が続き気温が高く残暑も厳しい例年通りの夏だとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 ↑ 今日の空を見て「こんな日に仕事したくないっ」と思った人は多いはず・・・(^_^;)。
屋内に居るのが勿体無い1日です。

明るいうちに外に出たかったので直帰し、友人と【士幌唯一のファーストフード】屋さんでチーズバーガー&シェイクを注文。
士幌在住歴7年で初めてです、この「かねた」というお店に入ったの。

先日の「ちゃい8月号」(十勝毎日新聞発行の十勝の情報誌)?で紹介されていたので行ってみました(^_^;)。
(小中学生のお店なので大人が入るのはとっても勇気がいります)

なんとこのお店81歳のおじさんがバーガーを作ってくれます。

さまざまな狭い士幌の世間話をし、最後に「士幌に住んでどう?」と聞かれたので「ここのスローな暮らしが気に入っている」と答えました。
そう、士幌って時間がゆっくり流れているかも・・・そう感じさせる街です(^_^)。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ