快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

精武門  ■精武門

先日から見続けているTVシリーズ「精武門」、26話からの完結編を観た。このたたみこむ様な最終回!やっぱ、この作品面白いよ〜涙。

ストーリーは抗日運動のことが描かれているので、基本的には日本人はあくまでも悪人で、観ているわたくし、日本人にとっては「ビミョ〜」な立場にはなるんだけど・・・。

しかし、そのへんはあまり極端ではなくて、中国人にもいい人と悪い人がいるし・・日本人にも、というバランスのとれた描き方になっている。

また、「霍師父」「陳真」の熱い姿には感動以外ないでしょう!!
アクションだけでなく、ドラマもたっぷりみせてもらえる作品だ。

新しくできたCSの「MATV」なんかで放送してみてくれないだろうか?
今月は「幻影拳(マジック・カンフー)も放映していることだし・・・。


0

精武門  ■精武門

TVシリーズ「精武門」24話まで(全30話)みた。

いぁ〜。霍師父が命を狙われ、日本人石井英明と決闘するシーンには・・・もう胸を締め付けられた。
石井英明ってホントいい奴なんだよね〜。(つくづく・・)
どうしてこんなことに!と・・このシーン、辛いね〜・・・もう、霍師父最期のシーンまで行くのになんどDVDのスイッチを切ってブレイクしたことか!
休憩しないとシンドカッタ(ってそんなに入り込まんでも・・・)

それから、ドニーさん演じる陳真と相思相愛の日本人と中国人のハーフ武田由美と石井英明の結婚式に、じっと耐える陳真の涙・・・。
実らぬ恋・・・まるで、韓国ドラマ!陳真と武田由美ちゃんったら「ロミオとジュリエット」じゃん!って・・・。今までアクションばっかりに気持ちが行ってたんで、そんなにこの辺に強い印象残ってなかったのだわ・・・とつくづく、今更。

そうそう、それから霍師父の珠玉の言葉は、、「ドラマ精武門にみる 管理職の在り方」なんて書けそう・・・って家族に言ったら、ラストがハッピーエンドじゃないから受け入れ難いかな〜と言われた・・確かに・・

http://star.ap.teacup.com/applet/seibumonz/1031/trackback
http://star.ap.teacup.com/applet/seibumonz/1027/trackback


0

精武門  ■精武門

TVシリーズ「精武門」を18話までみた。
陳真の周りに次々に起こる出来事や人民のデモ活動と警官隊などの衝突シーンなんて観ているとしんどくなって、なかなかサクサク進めることができない。

暴力では何も解決しない・・・というのが作品のテーマの一つだと思うので、そんな意図はヒシヒシと伝わる気がする。

しっかし、霍師父のお言葉、本当に含蓄がある。

私は読書というと専ら「ビジネス関係」の本しか読まないのだが(といってもそんなに読むわけじゃない)、霍師父のお言葉には、マネジメントとかリーダーシップのところによく書いてありそうな内容がありそう??・・・などと感じる。

まぁ、それはブルース・リーの哲学が根底にあるのだから当然か・・・。

今日、受け取ったメッセージは・・・

「結果を考えて行動せよ!」
「冷静になる者こそ全てがわかる!」
「目的達成のためには忍耐だ!」

『師父!分かりました!』と思わず呟いてしまいます・・笑

0

精武門  ■精武門

久しぶりにドニーさん主演のTVドラマ「精武門」(1995年)の日本語字幕版DVDを引っ張り出してきて、見ている。

いや〜、やっぱ面白い!!兄さん若い!!アクション素晴らしい!!

そして、霍師父の高い志と一つ一つのお言葉が重い!!

「おまえは衝動的すぎる!」と兄貴やドニー演じる陳真(チャン・ジャン)に語る霍師父・・・。

う〜ん、こんなこと尊敬する上司に言われたことあるよな〜。と反応して、若い時分を思い出してしまう自分・・。若さゆえだよね。

ありがたいお言葉。素晴らしいです!!師父!!!!!!!

全部でだいたい30話あるうちの今、10話くらいのところを見返しているところ・・。やっぱこの作品、いいな〜。

おっと、そういえば鄭伊健(イーキン・チェン)と陳小春(ジョーダン・チャン)の「霍元甲」はまだ1話しか観てなかった事を思い出した。・・・これもみなくては!!

TVシリーズ精武門 紹介 by Amazon 

0

THE SPIRIT 怒りの正拳  ■精武門

またもや、TUTAYAで郵送してもらって鑑賞。

李連杰主演の「SPIRIT」に便乗したと思われる日本語タイトルの胡散臭さにひかれて思わずレンタル。
しかし、カンフーものってどうしてこういうタイトルになってしまうのだろう?やっぱりそういうタイトルに惹かれるオタクの消費者心理をくすぐっているんだろうか???

主演は徐小龍(シュー・シャオロン)という天才武打童星(天才アクション子役)。
その他の出演者は、
「少林寺三十六房」の劉家輝(リュー・チャーフィー)
「グリーン・ディスティニー」にも出演した往年のアクション女優である鄭佩佩(チェン・ペイペイ)
李連杰主演の「黄飛鴻」など多くのアクション映画に出演している黄子揚(ウォン・チーヨン)
「殺破狼」、「星月童話」などで渋い役どころで存在感を放っている往年のアクション俳優である恵天賜(オースティン・ワイ)

などアクション好きにはたまらない豪華メンバーである。

また監督は香港の映画俳優でもあり、アクション映画も多く手がけている午馬(ウー・マ)で、出演もしている。

ストーリーは昔からよくあるカンフーアクション歴史もの。
大平天国の残党である英雄大刀の王と少年霍元甲が悪い日本人と悪代官と闘うというもの。
悪役の日本人に劉家輝と恵天賜。悪代官に午馬。
英雄小説になぞられたなんとなくなつかしいテイストが漂うもの。もっとその辺の映画やら小説やらを知っていればもう少し楽しめる作品なのだと思う。
日本語タイトルは陳腐だが、出演者は豪華だしエキストラの数も多くいかにもお金がかかっていそうな大作である。
ちなみに、本当のタイトルは「無敵小子霍元甲」で2005年の作品。

主演の徐小龍は「少年陳真」(2004)という作品にも出演しているらしい。
なかなか動きもよく凛々しい顔つきで将来が楽しみである。

また、プロフィールを見ると李連杰主演の「HERO」にも出演しているらしい。こちらは、何回も見たんだけど覚えていないんだよね〜。

中国ってどうもこういった少年が主役の歴史アクション作品って好きらしい。絶えずに作られてるからな〜。


■作品紹介
http://hk.cnmdb.com/title/40911/
http://movie.ontvjapan.com/RatingUserList/movie/325209
0

林志豪  ■精武門

本日たまたま、ネット検索をしていて見つけた!!

ドニー先生が陳真を演じたATVのテレビ番組「精武門」で陳真の恋敵を演じた林志豪。なかなかの男前で気になっていた。

以前ネット検索したときには病気療養中なんて書いてあった気がしたが、いまや高視聴率のドラマ「香港姉妹」という作品にも出演しているらしい。

林志豪記事
林志豪プロフィール
本名はケニー・リン・テルユキというんだ。日台ハーフというのは誰かから聞いていたが・・・知らなかった。

★精武門出演時は野々村真に似ていると思ったが、霍建華(ウォレス)にも似ている気がする。
ピンナップ

ATV版精武門


やっぱもう一度「精武門」みてみなくちゃな〜。結局日本語訳版みてないし・・・これからみよっ〜と。
0

世界から見たニッポン〜大正編  ■精武門

本日、たまたまTVをつけたら、NHKで「世界から見たニッポン〜大正編」という番組をしていた。当時の日本をアジアの国はどうみていたか?というものだ。日露戦争から第一次世界大戦、そして日中戦争に至るまでを中国とインドからの視点を中心にまとめたものだった。その頃って、ちょうど「精武門」が舞台の時・・全然その頃の歴史って勉強してないから。。。いい機会だっと、なかなか役に立つ面白い内容だった。

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2007-02-25&ch=11&eid=19824
0

霍元甲 撮影終了  ■精武門

鄭伊健(イーキン)が霍元甲を演じる大陸のドラマ「霍元甲」が撮影終了したそうだ。このドラマ、80年代に梁小龍が霍元甲の弟子である陳真を演じた「大侠霍元甲」のリメイクである。テーマ曲もそのときと同じ「万里長城永不倒」だと何かで読んだ。
陳小春(ジョーダン・チャン)が陳真を演じそのまま、「陳真」を撮影するそうだ。

ここでまた、新たな精武門伝説が生まれるのか?

霍元甲blog
http://blog.sina.com.cn/m/huoyuanjia

http://star.ap.teacup.com/seibumonz/426.html#comment
0

霍元甲之精武真英雄  ■精武門

マカオのCDショップで思わず見つけたVCD。石天龍氏は「復活 ドラゴン怒りの鉄拳」(映画館にまでいっちまった・・・)、「復活 ドラゴン危機一髪」、「復活 死亡遊戯」なんて日本語版も発売されてるけど、続けて李小龍的映画に出続けてるわけだね〜。と思ったことと30ドルだったことで即購入。(怖いものみたさもあるんだけどね・・・)

まず、ジャケットをみると、石天龍の作品ってけっこう共演者もなぜか豪華なんだよね。
霍元甲役には「少林寺三十六房」の劉家輝(リュー・チャーフィー)だし、日本人役は李連杰主演「精武英雄」で日本人役で最後まで李連杰と闘った周比利(ビリー・チョウ)。極めつけは石天龍演じる陳真(チャン・ジャン)にひそかに思いを寄せ、彼を手助けする気丈な女性に甄子丹主演のTVドラマ「精武門」で陳真の彼女だった萬綺雯(マン・イーマン) が演じている。

いや〜。それだけでも凄すぎる!!おっさん何者や?って感じ。

ストーリーは前半はほぼご存知「精武門」だし、結構まともというかかなり面白い。「精武門」と違っているのは、陳真に超美人の妻がいて、その妻には日本人のスパイになっている双子の妹がいるってこと。
双子の妹が彼の妻と摩り替わって、精武門に潜入するって・・・凄いよね。そんでもって彼女も結局、陳真の魅力に負けて彼を助けてしまって・・・。
最後はやっぱり周比利との対決!!

ここのロケってどこかの撮影所でしっかり撮影してるみたいだし。。。。ストーリーも今までの石天龍 主演作品の中で一番まともに感じた。
さらに萬綺雯がより綺麗で魅力的になっていて・・・そこも良かった。

石天龍、個人的には筧利夫をちょいダサくしたような彼が気になる・・・ジークンドーを学んだらしいけど、どうもアクションもパッとしない気がして仕方がない。

クリックすると元のサイズで表示します


■霍元甲之精武真英雄(2004年の作品らしい)
http://us.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/code-c/section-videos/pid-1004148114/


0

霍元甲  ■精武門

台湾、中国で上映している李連杰主演の「霍元甲」が好調だ。
台湾の新聞なんかをみていると家族全員で観に行く映画。じいちゃん、ばあちゃんが孫と観に行ける映画だと書いてあった。
(ファイティングシーンが多いので成人向けになると思っていた。)
さらに、周杰倫(ジェイ・チョウ)が歌う「霍元甲」もヒット・チャート入り。中華服姿のジェイのMVやジャケットもなかなかかっこよかった。

日本では、3月公開。楽しみだ。ちなみに台湾で見た日本の方の話だと
「中村獅童」がなかなか凛々しくてよいらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、写真だけだと黄飛鴻と区別がつかなくて困る・・・
0




AutoPage最新お知らせ