快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

セブンソードプレミア試写会  見てきました明星

本日、「新宿ミラノ座」で行われた「セブンソード プレミア試写会」へ行ってきた!!
舞台挨拶は監督の徐克(ツイ・ハーク)とプロデューサーで徐克の奥さんの施南生(ナンスン・シー)、主演の甄子丹(ドニー・イェン)、黎明(レオン・ライ)、音楽担当の川井憲次さんという豪華メンバー。

本日は入り口からレッドカーペットを歩くということで期待も最高潮!!
彼らが歩くと、もう握手&サイン攻めである。
最前列にいたのだが、後ろから押されて、潰されるかと思った!!

甄子丹は上機嫌でキメキメだったし、黎明もなかなかの男前で、楽しいひと時だった。

映画は、噂どおりのカッコイイ武侠モノだったが、前から3番目に座ったので甄子丹のアクションの速さについていけなかった。

ストーリーも七人の剣士のキャラクターがはっきり分かりやすくてよかった。でももっと一人一人の剣士の描きたくても描けなかった部分もありそうだったので、徐克はもっと長いものを作りたかったのでは?なんて思ったりして!!

それにしても、徐克の奥様とても素敵で、彼女の「徐克とは妻であり、仕事のパートナーであり、友人でもあるが、いろいろなアイデアを語り合ったりする友人でいるのが一番好きだ」というようなニュアンスのコメントがカッコよかった。

0

ドニー・イェン来日  甄子丹

本日「七剣(セブンソード)」のプレミア上映のため、甄子丹が成田に到着した。当初、上海から来る予定だったようだが急遽、香港からやってきた。
空港に集まったのは50人前後というところだろうか・・・。
彼が到着する前にAゲートの前は警備で、ものものしい雰囲気が漂っていた。
警備のお兄さんには、「前には絶対出ないでくださいね〜」と釘をさされ、待っていると、程なく甄子丹の登場である。

「ドニー!!」と待っていたファンが「welcome ボード」などを持って声をかける。

一番手前で待っていた男性二人組みがすばやくサインを貰っていたが、そのまま甄子丹は案内の方々に促され約1分ほどファンの前を上機嫌で通って、VIPルームへ消えていった。

ほんの一瞬の出来事で気が抜けてしまったが、あとから確認した結果、昨日の「韓流サミット」で羽田が厳戒態勢だったため、成田でも、「大物スター」が来日するということで、ピリピリムードだったらしい。

さらに甄子丹本人も、「空港の厳戒態勢でせっかく待っていてくれたファンに悪いことをした」と言っていたそうである。

ほんの少しの逢瀬ではあったが、彼が上機嫌だったこととと、ファンに「悪いことをした」と語っていたので、仕方ないな〜。

セブンソード公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/sevenswords/index2.html
監督:徐克(ツイ・ハーク)
出演:甄子丹(ドニー・イェン)、黎明(レオン・ライ)
   楊采妮(チャーリー・ヤン)、周群達(ダンカン・チョウ)
   金素妍(キム・ソヨン)

クリックすると元のサイズで表示します
成田に到着した甄子丹。唯一のショットである。

クリックすると元のサイズで表示します
甄子丹が登場する前の、警備員が配備され厳戒態勢のAゲート
0

思い出  許紹洋

許紹洋をめぐる出来事も「思い出」になりつつある。
『ロックレコード・JAPAN』のHPには、9/16〜19までの様子が掲載されていた。
どの写真を見ても彼の「笑顔!!」が輝いている。さらに一緒に写っている人達もみんな笑顔で、「幸せ」が感じるられるものばかりである。
許紹洋にとってもこの来日がよい思い出になってくれていれば、それが一番だな〜。

そういえば、たまたま、許紹洋の隣に立ったときに触れた肩の暖かさはサイコーだったな♪(やっ、やばい)
中学生くらいのときに同じクラスの男の子に感じた仄かな憧れ。ちょっと目が会うと、ドキドキして日記にしたためていた感じに似ている・・・。

最近は家族に「先祖がえり」(だんだん、女子中学生のようになっていくこと)だといって笑われる。

クリックすると元のサイズで表示しますでも、こんなにカッコいいんじゃ仕方ないよね〜。
0

4日間でよかった・・・  日記

振り返ってみると(もう何回振り返ってんだか!!)
許紹洋の来日は4日間はほとんど飲まず食わず、眠らずという感じで過ごしてしまった!!
これ以上彼が日本にいると動悸も手伝って命が縮んでしまったかもしれない(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

ついつい、余韻に浸って小出しで写真を掲載したりして・・・。
許紹洋元気かな〜〜〜〜???
0

ハリウッド進出  許紹洋

許紹洋がオファーのあった「ダイハードの続編か?」のハリウッド映画を断ったとの記事を読んだ。

私は個人的には正解だと思っている。特に脇役じゃね。

個人的に応援している真田広之氏なんかはもう、世界に飛びだってくれていいけど、マトリックスに出演したコリンだってなんだかその後話題にならないみたいだし、李連杰だって、成龍だって香港に帰ってきちゃったし、監督は劉偉強とかハリウッドで撮るらしいけど、陳凱歌だって、
呉宇森だって、なんとなく悲しい扱いだった気がする。
主役ならまだしも(それでもいい作品にめぐり合える確率は低い)、
絶対正解だと思う。

これからきっと(きっとね・・・)アジア文化圏の映画が成熟してくるので、むしろ香港とか韓国の映画に出演して、カンヌとかベルリンとかで話題になったほうがいい道を歩めるのではないだろうか??
(梁朝偉みたいに・・・タイプちょっと違うけど)

ついでに、歌唱力は抜群に評価されているので、やっぱ、目指す方向は劉徳華かな〜と思う。そういえば、劉徳華は以前は歌唱力もあまり評価されてなかったな〜(とおい目)
クリックすると元のサイズで表示します

真剣に歌う姿。いい感じです。ほんとに歌が好きなのね〜。
0

誕生日♪  日記

昨日は「MY BIRTHDAY」だった。
ずいぶん馬齢を重ねてしまったものだ・・・。
今年こそは何か「目標」を持ちたいと思う。
やっぱり人生は「目標」あってこそ楽しいのではないだろうか?

ちなみに9/22生まれの人を探してみたら、
岡田真澄、桂ざこば、志垣太郎、石井竜也、鈴木雅之、ボブ・サップ、
なんとなく濃いキャラの人が多い気がする。

0

祭りのあと  日記

許紹洋が日本を去って、「まるで祭りの後だ」と知り合いに笑われた。
でも、いろんなことがあって、「ハイテンション」の日々だったな〜と。
我ながら思ったりして・・・。

「今度は4月に来るよ。またすぐに会えるから」と言って去っていった許紹洋。いまごろ、監督にしごかれているのか・・・。
'No pains, no gains.'

許紹洋!! 色々なゴシップに負けず加油!!

クリックすると元のサイズで表示します

丸井で何をお買い物したのか・・・??
ちょっと、アメリカンゴシップ雑誌のパパラッチ写真みたい・・・
0

許紹洋が帰国して  日記

今日から通常の生活に戻っている。
彼が帰国して、まだちょっと興奮が残っているが、
振り返ってみると、この4日間、胸が一杯で、
食うや食わずで過ごしていた。
まさに「許紹洋ダイエット」なのだ。

そういえば、
帰国時の許紹洋ファッションだが、黒いニットのキャップ風の帽子(頭部に穴が開いていて、茶色い髪が飛び出ていた)。超極うすの白いシャツ(ちょっと、胸元が気になったが・・・)にジーンズ、白いスニーカーだった。凄く眠そうで、その表情がまた可愛い〜かったのだ。

さて、次は26日に兄さんのお出迎えだ。
仕事も首にならないようにしっかりやらねば・・・
0

許紹洋 追っかけ備忘録  許紹洋

4日間、日本の迷達の心を揺さぶった「許紹洋」が杭州へと撮影に旅立っていった。今日から早速、撮影に入るらしい。(大変だね〜)

昨年の来日より、精悍さが増して素敵だったが、これ以上スリムになると素敵な上腕二等筋も少なくなるので、ダイエットは程々にして欲しいと個人的には思った。

ところで、昨日のファンミ「午前の部」の参加者の方から「クイズ問題」と「質問」の情報をいただいたので、トピックとして掲載してみたい。

<クイズ問題>
1.ドラマ「ラベンダー」は中国語では?(薫衣草)
2.小学校のとき得意だった科目は?(数学)

<質問コーナー>
○現在恋人はいますか?
ファンにとってはジャスト気になる問題だが、当人は「軽くやばい?」って表情をしたとか、しないとか・・・。
回答は、今忙しいし、そういう人はいない(本当か????)
でも、次に真剣に付き合った人とは結婚すると思う。

ということだ。

こうして、怒涛の4日間が終了したわけだが、許紹洋について気がついたことを少し。

○くちびるの上のちいさなホクロ。雑誌の写真では、傷のように見えていたが、じっさいはホクロで(急接近した証拠か?)、とてもセクスィ〜な印象だった。
○今回、リラックスしている感じのところを何回か見たが、お茶目な表情がlovelyだった。
○隣に立つといいにおいがした。(これは、知り合いの弁。)どんなコロンを使用しているのだろうか?次のファンミ(気が早い)で聞いてみようか?

しかし、まぁこんなに素敵な兄ちゃんを周りがほうって置くはずがない。
次回のミーティングにはもっと大きな会場が必要になるかも知れない。
それから、歌の実力を認めている方々もいるよう?なので、日本へ音楽活動なんて日も近いかも知れない。

安くん「頑張って!!加油!!加油!!」
そして、楽しい4日間をありがとう。
これからも、もっと楽しませてね♪

そういえば、ショッピング大好きな許紹洋。タイトなスケジュールの中、好きな東京でお気に入りをゲットできただろうか・・。

0

許紹洋ファンミーティング  許紹洋

ファンミーティングに行ってきたので、その様子を少し。
今回のミーティングは日中通信社さんの主催で午前の会と午後の会と2回に分けて蔵前の「かやのき会館」で実施された。

午後の会に参加したが、縦長で、キャパが120人ほどの会場にびっしりの人である。(ほぼ95%女性)午前の会は10:30から開始だったので、少し人数に余裕があったようだ。

会場に入ると、椅子の上には許紹洋のファイルがセットされていて、さらに期待が高まる。

司会者は爽やかな女性の方で、「ニューアルバム発表イベント」(だったかな?)の横断幕も綺麗に作られていた。

ほどなく、許紹洋の登場である。
今回の許紹洋のファッションは、黄色いTシャツを白いTシャツ(もしかするとタンクトップ?)に重ね着し、紺系(黒かな〜)のジャケットに迷彩のパンツである。
(前回のミーティングに比べると相当ラフだったが、どうもこちらのほうが似合う気もした・・)

彼の挨拶に会場は大盛り上がりである。
そこでは、昨日のカラオケコンクールで、日本で始めて舞台の上で歌ったなどを語っていた。(真偽のほどは定かではないが、多分半分くらいの人が行ったと手を上げていた)

そして、まずはクイズ大会。景品は許紹洋の写真付「化粧ポーチ」と「ミニトートバッグ」である。

問題は、(記憶できているだけだが)
1.「ラベンダー」で晴川が引っ越したのは小学校何年生か?(4年生)
2.小学校のとき、苦手だった科目は?(歴史)
3.小さいときのあだ名は?(小さな皇帝)
4.初めて覚えた言葉は?(パパ)
5.今度、してみたい役は?(盲人)
5.好きなことばは?(頑張って)
6.日本で行きたい場所は(つくばサーキット?鈴鹿サーキット?)
7.初めてライブをした場所は?(ニューヨーク)
8.日本で好きな場所は?(東京)

という感じである。4名の方が見事プレゼントをゲットした。

その後20名ごとに団体写真撮影。
(ずうずうしくもお隣ゲットさせていただいた。すみません)
で、すぐにサイン会である。
サイン会では、一人一人に丁寧に応え、目をしっかりみて、
挨拶するところに好感がもてた。(偉いな〜)
(100人分のサインを書くってどのくらい大変なんだろうか?
やったことないからわからないけど、相当疲れそう)

少しの休憩のあとは、

質問タイム
○彼の所有している自動車は、
「フェラーリ」「レクサス」「インプレッサ」「RX−7」?
○ファッションに気を使っているか?
似合うものが好き。流行のものが似合うとは限らないし。
ちなみに今日のファッションはまぁまぁだそうだが、一体誰が決めたんだ?
○夕べ食べたのは?
カレーライス。2年ぶり?(ホントか?)白いご飯を食べたそうだ。
そして、トンカツも大好きだそうだ。(それを説明している姿がまた、
可愛いのだ)
○新しいアルバムは?
「ラベンダー」「A1」「FOOL」のMIXヴァージョン。
新しい写真が入るそうだ。
また、来年の予定の新しいアルバムは、スタッフも替えて、新しいものを作るらしい。
どんな、できになるのやら・・・楽しみである。
○カーレースは今もしているか?
今月は仕事でできないけど、来月は林志穎や任賢齊と一緒に走る予定らしい。夢は、オフで日本に来て一日、マッチと筑波で走ることだそうだ。

日本語、英語、中国語のちゃんぽんでの話すところが、また良いのだ。
いかにもアジア系アイドルっぽい(イメージ)

約1時間半のミーティグであったが、さらに魅力倍増の彼に
「ク・ギ・ヅ・ケ」だったことはいうまでもない。

来年あたり、日本でライブをすると言っていたが本当だろうか?
もっと生歌聴きたいな〜

ミーティングの後には取材もいくつか入っていたようなので、今後また、雑誌等への露出が楽しみだ。

ちなみに質問BOXのカードに飴がついていたことに面白がっていたが、今ダイエット中だそうだ。

ミーティングの最中もくるくると表情が変わり、まるでいたずらっ子のような、許紹洋。頑張ってね。

クリックすると元のサイズで表示します
いただいたサイン用写真&生サイン

クリックすると元のサイズで表示します
椅子の上にあったファイル。なかなか良い感じである
0

日中カラオケコンクール  許紹洋

すでに昨日のことになってしまったが、許紹洋が「ミニコンサート」を
するという日中通信社さん主催「日中カラオケコンクール」に行ってきた。
色々考えて、開場は17:30時予定だったが会場の「新宿文化センター」で結局15時ごろから並ぶことに・・・・。
(自由席の大変さはここなんだよね〜)

すでに大阪組の方々が並んでおり、順番は16番目だった。

そして、17:30に無事開場したが、出演者の音あわせで時間が押してしまい、開始は18:30近かった気がする。

司会者は日本司会芸能協会事務局長の牧野氏と中国のアナウンサーの方。
また、ゲストは許紹洋以外のチェン・クンとリュウ・イーフェイは
急遽キャンセルだった。

大使館やらの方々の挨拶のあと、許紹洋の登場だ。
いきなり緊張で、手は震え、写真撮影ができない!!
お隣のマユさんに「落ち着いて」と声をかけられる始末。

白いTシャツに黒いシャツを羽織り、ジーンズに、きっとお気に入り?
の赤いベルト姿に白いバッシュ風の靴。
きょうも、とても素敵♪

そして、彼は来賓席へ・・・。(しばらくして席をたったけど)

開催趣旨は「日中の友好」と「お互いの国の歌」を楽しむことで、
あくまでも主役はカラオケ参加の方々なので、敬意を表して、
許紹洋の出番までの約90分近をカラオケ大会を楽しむこととした。

27名の参加者の歌のあと、許紹洋の「ミニコンサート」の始まりだ。
・「幸福的瞬間」
・「黄昏」
をしっとりと歌い上げる許紹洋。
「黄昏」は特に好きなので感動〜。

その後は許紹洋への質問タイム。
カタコトの日本語で話す許紹洋は愛らしい。
今後の予定は3本ほどドラマの予定があるらしい。
また、撮影中のドラマについても説明があった。

そして最後は期待の「花香」だ。
いいね〜。行った甲斐があった。
でも、当初4曲歌う予定だったが、時間が押して残念ながら、
3曲になってしまった。
初めて、歌う姿をみたが、心を込めて歌う姿がまた良いのだ〜。
もっと聞きたいので、どっかでコンサートやらないだろうか?

また、最後の審査発表では、優勝者の女性が許紹洋に抱きつく一幕も。
それに優しく応える許紹洋。やっぱりいい奴に違いない。

そして、最後のカラオケ参加者の記念撮影でも、彼は引っ張りだこ。
それにも丁寧に応じる許紹洋。高感度、抜群だ。

クリックすると元のサイズで表示します
新宿文化センターに掲示されていたポスター


クリックすると元のサイズで表示します
席順表。ご来賓の許紹洋の席は30番前後

クリックすると元のサイズで表示します
舞台の様子

クリックすると元のサイズで表示します
ご来賓の「羽田 孜先生」

クリックすると元のサイズで表示します
許紹洋を見るのに夢中で使用されなかった応援うちわ
0

祝!!許紹洋 来日♪  許紹洋

本日、許紹洋が東京へやってきた。

お迎えに待機していたのは、熱烈迷の約20人。

ヴィトンのトランクを乗せたカートを押して、Bゲートの左側から
一人で登場である。

いでたちは、黒いシャツにヴィンテージジーンズ。
黒いサングラスで、日焼けした顔は精悍さが増した感じ、
髪は茶と黒のメッシュで前回の来日より落ち着いた感じだ。

彼が、直ぐにお出迎えの日中通信社&ロックレコードの方々と合流したところで、迷達が追いかける。
花束やプレゼントの嵐のあとは、即席サイン会と化してしまった!!
嫌がることもなく、サインや握手に快く応じてくれる許紹洋。

出迎えの方々は「時間がありますから〜そろそろ〜」ということで、
切り上げて、今度は彼をワゴンまでお見送りである。

ここでも、「安君!!」という迷の声に応えて振り返る。
さらに横断歩道に出そうになった迷には、やさしく、気をつけてと促す
心配り、素晴らしい〜。

クリックすると元のサイズで表示します

アン君明日もよろしくね〜

ちなみに4時間ほど待機していたので、興奮して帰りの
電車では、ぐったりだった!!
0




AutoPage最新お知らせ