快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

公主復仇記(ビヨンド アワ ケン)  電影・電視

彭浩翔監督の2004年の作品。

主演:鍾欣桐(ジリアン・チョン)、陶紅(タオ・ホン)、呉彦祖(ダニエル・ウー)

タイトル通り「お姫さまの復讐物語」。
しかし、本当のお姫様ではなく、王子様を待っている女の子という意味。

一瞬ドキッとしたのは、鍾欣桐演じるジューンが彼氏のケン(呉彦祖)とのベットでのシーンをネットにアップされて・・・というところ。(今となっては、しゃれになりません。)

そして、個人的にはややテンポが気になった。
ストーリーはケンの元カノであるジューンが今の彼女ランに近づき展開していく。随所に結末のヒントが隠されていていて、二重・三重の大ドンデン返しが待っているのだが、そこまでたどり着くのがややカッタルかったという感じだろうか。

元教師ジューンと歌手を目指し大陸から出てきてカラオケ店で働くラン。普通の生活であれば恐らくあまり接点のない女の子二人が彼への復讐というテーマで共通体験をして、お互いを傷つけつつ奇妙な友情を築いていく姿に若い女の子の業というか残酷さを感じたのは私だけだろうか?

個人的にはあまり後味が良くなかったが、好みが分かれるところだろう。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ