快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

最近観た作品  電影・電視

せっかく休んでいるので、映画やドラマを観るのが忙しい。それと長時間椅子に座れないので、なかなか更新できないので、今日もまとめて・・

「ホワイト・アウト」
きた〜でブレイク中?の織田裕二主演作。なかなか大がかりでハラハラの作品であったが、佐藤浩一演じる犯行グループリーダーの行動の説明がもう少しあるとストーリーに納得できたのではないかと思った・・・原作を読めばきっとよくわかるんだろうな・・・。

ラスト・マンスタンディング
ブルース・ウィリス主演作品。黒澤明の「用心棒」を元に制作した作品とのこと。基本的にはブルース・ウィリス作品は好きなのでそこで満足してしまうのだが、主役の男気と乾いた砂漠の町の雰囲気が良かった。


「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」
先日「デッドマンズ・チェスト」を見たので、その続きが気になったので、お約束。しかし一番最初の作品をすっかり忘れてしまったのでもう一度みなくては・・・


ラリー・フリント
アメリカで有名な「ハスラー」という成人雑誌を創刊した人物の伝記もの。主役のラリーの顧問弁護士を演じたエドワード・ノートンが際立って見えた。面白かった。

「ラブストーリー」
韓国映画。主演のソン・イェジンが2003年の韓国アカデミー賞の新人女優賞を受賞したということで、やっぱり可憐で可愛かった。ヒロインの母親の悲恋から始まる運命の物語である。ラストは後半で読めてしまったが、中盤はなかなか謎めいていて面白かった。運命ってあるのかもね〜と思わせるようなロマンチックなラブストーリーだった。

「UDON」
ユースケ・サンタマリアが好きなので、そこからすんなり入ることができた。香川ののんびりした景色も良かったし、ストーリーも無理のないポジティブなテーマの作品。


コンスタンティン
ずっと気になっていながら劇場に行けずじまいだった作品。主演はキアヌ・リーブス。アメリカンコミックが原作ということでスタイリッシュでシャレのきいたいい作品だった。これ続編を考えてたってきいたけど・・・どうなったのかな?


サンシャイン2057
真田広之とミッシャル・ヨーが参加しているというだけで気になっていたので、借りてみた。SFホラーにアルマゲドン的な感動を加えた作品。かなり最初の部分で真田さんが出なくなってしまったのがやや残念であった。


ローグ・アサシン
珍しく劇場へ足を運ばなかったジェット・リー作品。ジャパンマフィアとチャイニーズマフィアに雇われた殺し屋と友人を殺され、殺し屋を執拗に追う刑事を描いた作品。なかなか最後のどんでん返しは面白かったが、あまり武術をしないジェット・リーがわざわざこの役をしなくても・・・という気もした。もちろんジェット・リーはカッコよかったけど。個人的な見どころはケインとジェットの対決と石橋稜とジェットの日本刀対決かな〜。


狼たちの絆(縦横四海/Once a Thief)
ジョン・ウーがアメリカで手がけたテレビシリーズ「狼たちの絆」を見ていたのでその元の作品をみたくなったので見てみた。レスリーの「真夜中の向こう側」のカバーにはぐっとくる。
■TV版「狼たちの絆
メンバーを仕切っているセクシーなディレクター(メンバーの上司みたいなもの)が最高!!



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ