続・超山田堂ねっと

超山田堂のブログだよ〜ん

 
超山田堂在処だよ→ 「通信販売について」 ☆☆☆当ブログにてご紹介しております商品は 全て 通信販売 承らさせていただきまーす!!!☆☆☆ メール またはお電話にて 在庫確認のうえ ご注文くださいませ お品代とご発送送料の合計金額を お知らせさせていただきますので 当方からご案内させていただきますお振込先に ご入金くださいませ ご発送につきましては ご入金確認させていただき次第 速やかにご発送させていただきます 代引きでのご発送も承っております 代引きでのご注文のさいは ご注文お決まり次第 速やかにご発送させていただきます なお 中古レコード、CD、古本、古着 など  中古のお品物は全て現品限りでございます 店頭売り切れの際はご容赦くださいませ たいへん恐縮ではございますが  まずはメール、お電話にて在庫の確認をお願い致します メールアドレス/ kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp (24時間受付けております) メールはなるべく早くご返事させていただきますが もし返信が遅いようでございましたら お手数ですが再度メールをお送りくださいますよう お願い申し上げます 電話でのお問い合わせに関しまして 接客等でご対応できない場合はご容赦くださいませ (ちなみにお店がけっこう広いので はじっこにいるとコール10回くらいでは出れない場合がございます) TEL/ 042−329−3966 (3:00頃-23:00頃) ご入金方法/ お振込み(三菱東京UFJ銀行、郵便局、ジャパンネット銀行)、 現金書留、  代引き郵便でのご発送 がご利用いただけます (代引き郵便は配達お時間のご指定は出来ません 郵パック代引きでのご発送ですと ご指定可能ですがプラス料金になります) ご発送方法/ 普通郵便or郵メール便、 クリックポスト便、 レターパック便(全国一律360yen&510yen)、 郵パック便<地域により異なります>(600yen〜<地域により異なります>) 郵パック便の場合は配達時間帯指定が可能です (午前9-12/午後12-14/午後14-17/夕方17-19/夜間19-21) ご不明な点  ご質問等 お気軽にご連絡くださいませ!!! みなさまのご注文を 心よりお待ちいたしておりまーす!!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

激レア音源 1983年のP.I.L.!!! &ジャー・ウォブル!!!

激レア音源

1983年のP.I.L.!!!

1983年のジャー・ウォブル!!!

キース・レヴィンとピート・ジョーンズ在籍時の83年3月
ポキプシーで行われたライブを良好音質で収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
83年初来日から1ヶ月前の6月10日
ハリウッドパラディアム公演のリハーサルを
高音質サウンドボード録音で収録した激レア音源が爆☆登場!!!
ア〜ンド
P.I.L.の83年初来日ジャパンツアー最終日7月5日
中野サンプラザでのライブをステレオ・オーディエンス録音で
完全収録した秘蔵音源が轟☆登場!!!
ア〜〜ンド
元P.I.L.のジャー・ウォブル
ガラージ〜ロフト・クラシックの名曲
"Hold On To Your Dreams"もプレイしている83年のライブを
高音質ステレオ・サウンドボード録音で烈☆収録!!!


『PUBLIC IMAGE LIMITED / THE CHANCE』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

1983年3月30日
ニューヨーク州ポキプシーのザ・チャンスで行われたライブを
モノラル・オーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源!!! 
モノラルながらヴォーカル含め各パート共にバランスの良い
安定感のある良好な音質で収録されております
82年9月からスタートした僅か30公演のみ行われた
『Commercial Zone』のレコーディング・メンバーでのギグで
この日はキース・レヴィン脱退直前
この次のニューヘイブン公演を最後に彼は脱退してしまう事になります
オープニングSEの"This Is Not A Love Song"は
幻のアルバム『コマーシャルゾーン』のテイクが使用され
フェイドアウトと共に"Where Are You?"からスタート
このメンバーでのラスト2公演という事もあってか
終始非常に緊張感のある演奏で
随所に聴かれるジョンのヴォーカルのエフェクトが
さらに破壊力を増す効果を演出しています
バンドが崩壊していく時期でありながらも
屈指の名演と言える極上のパフォーマンスをご堪能いただけます

=SONG LIST=

01.SE(This Is Not A Love Song)
02.Where Are You?
03.Annalisa
04.Bad Baby
05.Religion
06.Low Life
07.Careering
08.Chant
09.Death Disco
10.Public Image
11.Theme
12.Under The House

John Lydon : Vocal
Keith Levene : Guitar,Synth
Martin Atkins : Drums
Pete Jones : Bass

--------------------------

『PUBLIC IMAGE LTD. / HOLLYWOOD PALLADIUM REHEARSALS』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

キース・レヴィン ピート・ジョーンズがバンドを去り
新たなラインナップでの日本ツアーのウォームアップも兼ねた
初めてのライブとなったハリウッド・パラディアム公演の
リハーサルの模様を高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した激レア音源!!!
この日のライブ本編の一部は正規盤ビデオ『PIL日本'83』にも収録されましたが
リハーサルシーンを収録したものはこれまでございませんでした
分離がほぼないためモノラルに近いミックスですが
非常にクリアでバランスも申し分ない高音質サウンドで
生々しいリハーサルの模様を収録しております
リハーサルというより即興のセッションという感じの熱の入った演奏が多く
特筆すべきはジョンがアドリブで
多くのヴォーカルフレーズを試しているのが全般に聴くことが出来
"Solitaire"では「This Is Radio Clash…」と
クラッシュのナンバーのフレーズを口ずさんでいる一幕など
他では聴けない激レア音源です!!!

=収録曲=

01.Jam
02.Poptones
03.Flowers Of Romance
04.Solitaire
05.Public Image~Solitaire~Low Life
06.Bad Life
07.Public Image

〈Rehearsal / Hollywood Palladium,Los Angeles CA USA June 10,1983〉

John Lydon
Martin Atkins: Drums
Louis Bernardi: Bass
Joseph Guida: Guitar
Arthur Stead: Keyboards

--------------------------

『PUBLIC IMAGE LTD. / LOST SUN PLAZA TAPES '83』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

日本ツアーのウォームアップも兼ねた
新たなラインナップでのギグをハリウッドで行い
全9公演を行った初来日ジャパンツアーの最終日
83年7月5日
中野サンプラザでのライブを
ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した秘蔵激レア音源!!!
当時のものとしては良好な音質で収録されており
緊張感漂う会場の雰囲気もリアルに封じ込めています
この初来日ジャパンツアーは雨上がりの夜の新宿東口に立つ
ジョン・ライドンのジャケットが印象的なビデオ『PIL日本'83』と
45回転LP2枚組でリリースされたライブアルバム
『LIVE IN TOKYO』が正規リリースされ
ビデオは7月1日の公演を中心に
LPでは7月1&2日の公演からセレクトされたもので
この最終日の模様は未収録でした
その日によってセットリストが違ったジャパンツアーですが
この日はライブアルバム未収録の"Albatross""Bad Baby""Blue Water"
をプレイしており
アンコールでプレイされたピストルズの"Anarchy In The UK"ももちろん収録
来日直前に急遽編成されたバンドとは思えない
充実したパフォーマンスを繰り広げてくれています

=SONG LIST=

01.Public Image
02.Poptones
03.Low Life
04.Annalisa
05.Religion
06.Bad Life
07.Flowers Of Romance
08.Albatross
09.Bad Baby
10.Banging The Door
11.break
12.Blue Water
13.Anarchy In The UK

〈Nakano Sun Plaza, Tokyo, Japan July 5,1983〉

John Lydon - vocals
Joseph Guida - guitar
Louis Bernardi - bass
Tom Zvoncheck - keyboards
Martin Atkins - drums

--------------------------

『JAH WOBBLE / HOLD ON TO YOUR HEART』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

P.I.L.脱退後の83年
ジャー・ウォブルは
ホルガー・シューカイ JAKI
U2のエッジ
アーサー・ラッセルが作詞で参加し
フランソワKのプロデュースで名作ミニ・アルバム
『SNAKE CHARMER』をリリース
さらにソロアルバム『Bedroom Album』のリリースなど精力的に活動
本作はそのリリース時である83年5月6日
カナダはトロントのラリーズ・ハイダウェイで行われたライブを
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した激レア音源!!!
ミキシングボードからダイレクトにミックスされており
オーディエンスの歓声は曲間に聴かれるのみの
スタジオでの録音に近い高音質サウンドをご堪能いただけます
当時リリースした『SNAKE CHARMER』からの
ダビーなディスコチューン"Snake Charmer"
そしてガラージ〜ロフト・クラシックの名曲
"Hold On To Your Dreams"もプレイしており
曲名不明なナンバーも多いですが
ラフトレードからリリースした『Bedroom Album』からの
"Invaders Of The Heart"もプレイしております
アルバムにも参加している当時の相棒ギタリスト
アニマルも参加しています

=SONG LIST=

01.Snake Charmer
02.Unknown
03.Invaders Of The Heart (ska-ish version)
04.Unknown
05.Unknown
06.Unknown
07.Hold On To Your Dreams
08.Unknown
09.Unknown
10.Unknown
11.Unknown
12.Sleazy
13.Invaders Of The Heart
14.Unknown
15.Maybe It's Because I'm A Londoner

〈Larry's Hideaway,Toronto, Ontario, Canada May 6,1983〉

Jah Wobble (bass)
Animal (guitar)
Annie Whitehead (trombone)
Ollie Marland (keyboards)
Neville Murray (percussion)
Lee Partis (drums)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 スージー&ザ・バンシーズ 魅惑の3タイトル!!!

激レア音源

スージー&ザ・バンシーズ!!!

各時期のそれぞれ魅力が光る
3LIVE激レア音源!!!

2度目の来日公演となった83年2月の渋谷公会堂でのライブを
サウンドボード録音で収録したFMブロードキャスト音源が超☆登場!!!
アンド
新ギタリストのジョン・バレンタイン・カルーザスを迎えて行われた
85年ロンドンでのライブを高音質ステレオ・オーディエンス録音で
完全収録した秘蔵音源が轟☆登場!!!
ア〜ンド
8枚目のアルバム『Through The Looking Glass』リリース直後
87年7月にロンドンで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵音源が爆☆登場!!!


『SIOUXSIE AND THE BANSHEES / IN JAPAN '83』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ジョン・マクガフ脱退により後にキュアーを結成する
ロバート・スミスをギタリストに迎えたバンジーズの
1983年来日公演の2月5日東京渋谷公会堂で行われたライブを
FM放送音源より高音質モノラル・サウンドボード録音で収録した
激レア音源が超☆登場!!!
9曲のみというのが惜しいところですが当時FM放送された貴重な音源で
モノラルながらバランスの良い良好な音質で収録されおります
("Arabian Knights"のみDJのトークが挟まれています)
スタジオ作品では翌年にリリースされるアルバム
『ハイエナ』のみの参加で
短期間の参加であったロバート・スミス在籍時の貴重なライブ
スティーヴ・セヴェリンとロバート・スミスは
同時期にザ・グローブでも活動しており
息の合ったサウンドを聴かせてくれています
『キス・イン・ザ・ドリームハウス』までのアルバムからのセットリストを
ロバート・スミスがプレイしているというのも注目ポイント!!!

=SONG LIST=

01.She's A Carnival
02.Red Over White
03.Cascade
04.Nightshift
05.Arabian Knights (with japanese dj-talk)
06.Happy House
07.Splellbound
08.Voodoo Dolly
09.Israel

〈Shibuya Kokaido,Tokyo,JAPAN  February 5,1983〉

Siouxsie Sioux - Vocals
Robert Smith - Guitar
Steven Severin - Bass
Budgie - Drums
-------------------------------------
『SIOUXSIE AND THE BANSHEES / HAMMERSMITH ODEON '85』[2CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ロバート・スミス脱退後84年にリリースしたEP
『THE THORN』から参加した新ギタリストである
ジョン・バレンタイン・カルーザスを迎えての新生バンジーズが
85年10月26日
ロンドンのハマースミス・オデオンで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
若干ステージから遠めの位置での録音ですが
レンジも広くヴォーカルはもちろん各パート共にバランス良く収録されております
この日は同所での3日間連続公演となった最終日で
この時点ではリリース前の7枚目のアルバム『ティンダーボックス』
からの5曲を含めたセットリストで
同レーベルより既発のこの約1ヶ月後のロンドン公演を収録した
『ROYAL ALBERT HALL '85(TOTH1832)』とは異なるセットリスト
新ギタリストのジョン・バレンタイン・カルーザスは
ギターのみならずキーボードもプレイしており
翌年にリリースされUKアルバムチャートで最高13位をマークした名作
『ティンダーボックス』でのサウンドを見事に再現し
新境地を開いたバンジーズの極上ライブをご堪能いただけます!!!

=SONG LIST=

(Disc 1)

01.Dazzle
02.Cascade
03.Pointing Bone
04.Bring Me The Head Of The Preacher Man
05.The Sweetest Chill
06.Cannons
07.Melt!
08.Candyman
09.Lands End
(Disc 2)
10.Nightshift
11.Cocoon
12.Pulled To Bits
13.Chistine
14.Arabian Knights
15.Happy House
16.Eve White/Eve Black
17.Cities In Dust
18.Spellbound
19.Monitor

〈Hammersmith Odeon, London, England October 26,1985〉

Siouxsie Sioux / vocals
Steven Severin / bass
Budgie / drums
John Valentine Carruthers / guitars,keybords

-------------------------------------

『SIOUXSIE AND THE BANSHEES / FINSBURY PARK 1987』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

全曲カバーを収録した8枚目のアルバム『Through The Looking Glass』
リリース後の87年7月25日
ロンドンのフィンズバリー・パークで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源が爆☆登場!!! 
アンコールの2曲が未収録なのが惜しいところですが
レンジも広くヴォーカル含め各パート共にバランスよく収録された
非常に良好な音質で収録されております
ギタリストのジョン・バレンタイン・カルーザス脱退により
ジョン・クレインが新ギタリストに
キーボードに『Through The Looking Glass』にも参加していた
マーティン・マッカリックを迎え5人編成となった
新生バンジーズによるライブで
アルバム『Through The Looking Glass』からの
クラフトワークのカバー"The Hall Of Mirrors"
ボブ・ディランのカバー"This Wheel's On Fire"を含めたセットリスト
5人編成となり彩りを増したサウンドに進化した直後の
バンジーズを捕らえた貴重なライブです

=SONG LIST=

01.Dazzle
02.Overground
03.The Hall Of Mirrors
04.Christine
05.Melt!
06.Swimming Horses
07.92 Degrees
08.Take Me Back
09.This Wheel's On Fire
10.Suburban Relapse
11.I Promise
12.Red Light
13.Cities In Dust
14.Song From The Edge Of The World
15.Spellbound
16.Israel
17.Hong Kong Garden
18.Slowdive

〈The Supertent, Finsbury Park,London, UK July 25,1987〉

Siouxsie Sioux / vocals
Steven Severin / bass
Budgie / drums
Jon Klein / guitars
Martin McCarrick / keybords

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ザ・ダムド 2018ツアー 3タイトル!!!

激レア音源

ザ・ダムド
DAMNED DAMNED DAMNEDに
3タイトル!!!

ザ・ダムドの最新ヨーロッパツアー初日
フランクフルト公演を
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
アンド
ザ・ダークネス&ハリウッド・ヴァンパイアと共演した
イベント出演時のライブを完全収録した激レア音源!!!
ア〜ンド
同じく最新ツアーから
カナダのバンクーバーでの公演を
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!


『THE DAMNED / FRANKFURT 2018 [2CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

2017年3月のジャパンツアーは連日ソールドアウト
追加公演も行われ
昨年アナウンスされた10年ぶりのニューアルバムをその年の4月にリリースした
ザ・ダムドの最新ツアー『ザ・イビル・スピリッツ・ツアー』から
2018年5月17日
ドイツのフランクフルトで行われたライブを
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全超☆収録!!!
オープニングを告げるSEから収録されており
ヴォーカルを含め各パート共にバランスよくクリアに収録されております
新作『イビル・スピリッツ』収録の2曲を含むセットリストで
昨年の秋にベースのスチュ・ウェストが脱退
後任に『ブラックアルバム』『ストロベリーズ』期のメンバーであった
ポール・グレイが復帰しての新生ダムド
ツアーごとにセットリストが大幅に変わっており
"I Just Can't Be Happy Today""Second Time Around"など
今年前半のツアーではプレイされなかったナンバーもお聴きいただけます

=SONG LIST=

(DISC 1)

01.intro
02.Wait For The Blackout
03.Plan 9 Channel 7
04.Standing On The Edge Of Tomorrow
05.Fan Club
06.Dr. Jekyll And Mr. Hyde
07.Anti-Pope
08.Street Of Dreams
09.Love Song
10.Second Time Around
11.I Just Can't Be Happy Today
12.Devil In Disguise

(DISC 2)

01.New Rose
02.Eloise
03.Ignite
04.The History Of The World (Part 1)
05.Neat Neat Neat
06.encore call
07.Under The Floor Again
08.So Messed Up
09.encore call 2
10.Lively Arts
11.Silly Kids Games
12.Smash It Up

〈Batschkapp, Frankfurt, Germany May 17,2018〉

David Vanian - Vocals
Captain Sensible - Guitar
Monty Oxy Moron - Keyboard
Pinch - Drums
Jon Priestley - Bass
___________

『THE DAMNED / BILLY RAPPED ALL NIGHT & BBC SESSION』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

同じくザ・ダムドの最新ツアー『ザ・イビル・スピリッツ・ツアー』から
2018年6月16日
バーミンガムのジェンティング・アリーナで行われたイベント
『BILLY RAPPED ALL NIGHT』出演時のライブを
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源!!!
この日のメインアクトであるハリウッド・ヴァンパイア
(アリス・クーパー ジョー・ペリー ジョニー・デップetc)
のスペシャルゲストとしてザ・ダークネスとザ・ダムドが出演したイベントで
約16000人のキャパを有する大型アリーナで行われたライブです
大型アリーナのため若干遠めの音像ですが
バランスよくクリアに収録されておえいます
イベントのためショートセットですが
新作『イビル・スピリッツ』からのナンバーも交え
ポール・グレイが復帰しての新生ダムドの
極上パフォーマンスをご堪能いただけます
さらに2日後に行われたBBCのスタジオセッションをプラス収録
インタビューも含め極上のステレオ・サウンドボード録音で収録されております

=SONG LIST=

01.Intro (Mars from Planets Suite)
02.Street Of Dreams
03.Neat Neat Neat
04.Wait For The Blackout
05.Love Song
06.Standing On The Edge Of Tomorrow
07.Ignite
08.Eloise
09.New Rose
10.Smash It Up (Part 1)
11.Smash It Up (Part 2)

〈Genting Arena, NEC, Birmingham, England June 16,2018〉

12.Intro
13.Devil In Disguise
14.Interview
15.Lively Arts/Silly Kids Games
16.Standing On The Edge Of Tomorrow
17.Evil Spirits/Outro

〈BBC session from Monday evening's Marc Riley show on 6 Music June 18,2018〉

David Vanian - Vocals
Captain Sensible - Guitar
Monty Oxy Moron - Keyboard
Pinch - Drums
Paul Grey - Bass
___________

『THE DAMNED / VANCOUVER 2018 [2CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

同上ザ・ダムドの最新ツアー『ザ・イビル・スピリッツ・ツアー』から
2018年7月5日
カナダはヴァンクーバーの約1000人を収容する
コモドア・ボールルームで行われたライブを
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
オープニングを告げるSEから収録されており
ヴォーカルを含め各パート共にバランスよくクリアに収録されております
新作『イビル・スピリッツ』収録の2曲を含むセットリストで
アンコールでレアなカバー"Jet Boy, Jet Girl"をプレイ!!!

=SONG LIST=

(DISC 1)

01.Wait for The Blackout
02.Plan 9 Channel 7
03.Standing On The Edge Of Tomorrow
04.Anti-Pope
05.Love Song
06.I Just Can't Be Happy Today
07.The Devil In Disguise
08.New Rose
09.Eloise / Pushin' Too Hard

(DISC 2)

01.Fan Club
02.Dr. Jekyll And Mr. Hyde
03.Ignite
04.Neat Neat Neat
05.Street Of Dreams
06.Under The Floor Again
07.So Messed Up
08.Jet Boy,Jet Girl
09.Smash It Up Parts 1 & 2

〈Commodore Ballroom,Vancouver,British Clumbia,Canada July 5,2018〉

David Vanian - Vocals
Captain Sensible - Guitar
Paul Grey - Bass
Monty Oxy Moron - Keyboard
Pinch - Drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 THE CLASH!!!

激レア音源

THE CLASH
混迷の時代を射抜け!!!

名作『コンバットロック』のお蔵入りミックジョーンズ・ミックスが
ニューマスターから格段に音質アップ版として新装超☆登場!!!
アンド
第2期クラッシュ1984年のUKツアー前半の2月28日
イタリアのミラノ2デイズ2日目の公演を収録した
秘蔵音源が激☆登場!!!


『THE CLASH / RAT PATROL FROM FORT BRAGG [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

5作目のアルバム『コンバットロック』は
80年〜82年1月にかけてレコーディング&ミックスが行われ
82年5月にリリースされましたが
当初はミック・ジョーンズによるプロデュースにより
2枚組LPとして制作されるもメンバーとの対立により
2枚組みはお蔵入りになってしまったという経緯がございました
本作はそのミック・ジョーンズによる初期ミックス
『ラットパトロール・フロム・フォートブラッグ』
とワーキングタイトルが付けられた激レア音源の
ニューマスター使用による音質アップバージョンです
過去にアナログやCDで流出した音源と比べ
格段にクリアなサウンドに音質アップした決定版となっております
正規リリースされた『コンバットロック』には未収録だったナンバーも含め
ただのミックス違いではなく
ヴォーカル等全くの別テイクだったりロングバージョンだったりと
『コンバットロック』と対をなすと言える重要な激レア音源です!!!

=SONG LIST=

01.Know Your Rights
02.Car Jamming
03.Should I Stay Or Should I Go
04.Rock The Casbah
05.Red Angel Dragnet
06.Straight To Hell
07.Overpowered By Funk
08.Atom Tan
09.Sean Flynn
10.Ghetto Defendant
11.Inoculated City
12.Death Is A Star
13.The Beautiful People Are Ugly Too
14.Kill Time
15.First Night Back In London
16 Walk Evil Talk
__________

『THE CLASH / THE WALL OF JERICHO -2nd DAY-』 [2CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

トッパーに続いてミック・ジョーンズをも失い
オリジナル・メンバーはジョーとポールの2人となったクラッシュは
83年のUSフェスティヴァルでもドラムを叩いていたピート・ハワード
そしてヴィンス・ホワイト ニック・シェパードの2人のギターを加えた
5人組で新たに始動
その第2期クラッシュのUKツアー前半のイタリア
ミラノ2デイズの2日目のライブを
ステレオオーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
高音よりの粗めの音質でレンジが狭いためほぼモノラルに近く
AMラジオのような聴感ですが
ヴォーカルも含めバランスよく収録されております
この前日に行われた初日の音源は同レーベルから
『THE WALL OF JERICHO(TOTH1719)』で既発ですが
2日目は初登場となります
"The Guns Of Brixton""Dictator""Police And Thieves"で
テープチェンジによる欠落部がありますが
それ以外は完全収録しています
またマスターに起因するピッチのズレも丁寧に補修されております
18000人を収容するスポーツアリーナで行われたライブで
未発表ナンバー"Jericho"
そして初日の公演ではプレイされなかった
シングルカップリングナンバーの"Sex Mad War"を含めたセットリストで
アルバム『CUT THE CRAP』以降は語られる事の少ないクラッシュですが
トッパー&ミック不在でも止まらずに進化し続けた
この時期のライブこそが本当のラスト・クラッシュである事の
実証をご確認いただけることでしょう

=SONG LIST=

(Disc 1)

01.London Calling
02.Safe European Home
03.Are you Ready For War ?
04.Rock The Casbah
05.Ammunition
06.Radio Clash
07.The Guns Of Brixton (Incomplete)
08.Dictator (Incomplete)
09.Clampdown
10.White Man In Hammersmith Palais
11.Im So Bored With The USA
12.Jimmy Jazz
13.Sex Mad War

(Disc 2)

01.Police And Thieves (Incomplete)
02.Three Card trick
03.Janie Jones
04.English Civil War
05.I Fought The Law
06.Armagideon Time
07.Tommy Gun
08.Garageland
09.Brand New Cadilac
10.Career Opportunities
11.Londons Burning
12.Complete Control
13.Should I Stay Or Should I Go
14.White Riot

〈Palasport,Reggio Emilia, Milan Italy February 28,1984〉

Joe Strummer (vocals/guitar)
Vince White (guitar/vocals)
Nick Sheppard (guitar/vocals)
Paul Simonon (bass/vocals)
Pete Howard (drums)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ジョニー・サンダース 3 KOOL ROCKS!!!

激レア音源

極上ロックンロールで夏バテ知らず♪♪♪
ジョニー・サンダース
スタミナばっちり3タイトル!!!

ハートブレイカーズ79年の再結成ギグから
ニューヨーク、ハラーで行われたライブを収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
テリー・チャイムス(ex. THE CLASH)をドラムスに迎えた
新生ブラックキャッツに
ハノイロックスのメンバーが飛び入りした激レア音源激☆登場!!!
ア〜ンド
84年フランスでのクラブギグを
FM放送用プリマスターから高音質ステレオサウンドボード録音で収録した
激レア音源が音質アップで爆☆再登場!!!


『JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS / LIVE AT HURRAH '79』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

79年のジョニーはウエィン・クレイマーとのギャングウォーでのギグと
再結成ハートブレイカーズでのギグを平行して行っていた時期で
ジェリー・ノーランも自身のバンドであるアイドルズのシングルをリリースするなど
精力的な活動を行っていた年
そんな79年5月25日
ニューヨークのハラーで行われたハートブレイカーズ再結成ギグを
良好なモノラル・オーディエンス録音で完全収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
マスターからダイレクトに収録されており
マスター劣化によるテープよれがある箇所もありますが
ヴォーカルはもちろん各パート共に非常にバランス良く
ラウドに収録されております
(I Wanna Be Lovedのイントロ部のみ
僅かにテープチェンジによる欠落ふがございます)
この日は約1時間のロングセットで
『L.A.M.F.』からのナンバーを中心に
"Too Much Junkie Business""Seven Day Weekend"
そしてウォルターが緊張感溢れる素晴らしいギターを披露している
"So Alone"
ジェリー作の名曲"Take A Chance"など
屈指の名演を封じ込めた強力アイテム!!!

=収録曲=
 
01.Pipeline
02.Leave Me Alone
03.Chinese Rocks
04.Too Much Junkie Business
05.All By Myself
06.M.I.A.
07.So Alone
08.Seven Day Weekend
09.London Boys
10.Great Big Kiss
11.Born To Lose
12.One Track Mind
13.I Wanna Be Loved
14.Do You Love Me
15.Take A Chance
16.Can't Keep My Eyes On You
17.Pipeline

〈Hurrah, New York,NY USA May 25,1979〉

JOHNNY THUNDERS - Guitar& Vocals
WALTER LURE - Guitar & Vocals
BILLY RATH - Bass Guitar
JERRY NOLAN - Drums & Vocals

________

『JOHNNY THUNDERS / JET BOYS IN SWEDEN』 [2CD−Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

84年11月8日
スウェーデンで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源が激☆登場!!!
当時のものとしては上級クラスの高音質で収録されており
レンジも広く各パートともにバランスの良い
素晴らしい音質でご堪能いただけます
"Little Queenie"のみテープチェンジによる欠落がありますが
それ以外は完全収録されております
お馴染みオープニングのSE「黄金の腕」テーマから収録され
アルバム『QUE SERA SERA』レコーディング時の黒人ベーシスト
キース・ヨン
サイドギターにマイケル・シムレン
そしてドラムスに元クラッシュのテリー・チャイムスという布陣でのライブで
前月に行われたハノイロックスとのUKツアーを経て慣行された
6日連続スウェーデン公演の4日目のギグで
オープニングから絶好調といえる極上のパフォーマンス!!! 
テリー・チャイムスのドラムもバッチリハマっています
"Gloria"ではハノイロックスのマイケル・モンローが
サックス&ヴォーカルで飛び入り
"Pills"ではアンディ・マッコイも登場
ラストのブルースセッションまでジョニーのTVジュニアが
唸りを上げてフロアに鳴り響く最高の一夜を極上音質で
ご堪能いただけます!!!

=収録曲=

01.Intro - The Man With The Golden Arm
02.Pipeline
03.Countdown Love
04.Personality Crisis
05.Little Bit Of Whore
06.Just Another Girl
07.So Alone
08.Talkin' About You
09.Sad Vacation
10.M.I.A.
11.In Cold Blood
12.Too Much Junkie Business
13.Born To Lose
14.Band Intro
15.Chinese Rocks
16.Jet Boy
17.Gloria
18.Pills
19.Little Queenie (tape flip)
20.Blues Jam

〈Kulturbolaget,Malmš, Sweden November 8,1984〉

Johnny - vocals, guitar
Keith Yon - bass
Michael Thimren - guitar
Terry Chimes - drums
Michael Monroe - sax, vocals(18-21)
Andy MacCoy - guitar(18-21)
________

『JOHNNY THUNDERS / COSA NOSTRA REVISITED [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

84年11月28日
フランスはリオンのウェストサイドクラブで行われたライブを
FM放送用プリマスターから高音質ステレオサウンドボード録音で収録した
同レーベル既発盤『Cosa Nostra Revisited West Side Club 1984(TOTH0565)』が
マスターカセットからのニュートランスファーにより
格段に音質アップしたアップグレードエディションとして爆☆登場!!!
アルバム『ケセラセラ』のレコーディングメンバーである黒人リズム隊
サイドギターにマイケル・シムレンを従えてのライブで
84年11月のヨーロッパ・ツアーからスタートした
このバンドの最初期のプレイをお聴きいただく事が出来ます
『ケセラセラ』収録の"Little Bit Of Whore""Alone In A Crowd"
"Blame It On Mom"
同じくアルバム用にレコーディングされるも
ボツになってしまった"Countdown Love"も含めたセットリスト
"Blame It On Mom"はアルバムバージョンとはアレンジが違う
レアな初期バージョンというのも嬉しポイント♪♪♪

=収録曲=

01.Pipeline
02.Personnality Crisis
03.Little Bit Of Whore
04.M.I.A.
05.Countdown Love
06.So Alone
07.Just Another Girl
08.Sad Vacation
09.Talk About You
10.Alone In A Crowd
11.In Cold Blood
12.Too Much Junkie Business
13.Born To Lose
14.Blame It On Mom
15.Chinese Rocks

〈West SIde Club,Lyon,France November 28, 1984〉

Johnny Thunders : guitar/vocal
Michael Thimren : guitar
Keith yon : bass
Tony St Helens : drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 デッド・ボーイズ!!! & スーサイド!!!

激レア音源

アメリカン
2大グレイト・ナイトメア

デッド・ボーイズ!!!

スーサイド!!!

デッドボーイズ初期の77年
ロンドンはラウンドハウスでのギグを
ステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵音源が
ニューマスターより新登場!!!
アンド
スーサイド
復活を果たした87年
ドイツで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が激☆登場!!!

『DEAD BOYS / ROUNDHOUSE 1977』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

デッドボーイズの秘蔵ライブ音源が
新発掘ニューマスターより完全版として新登場!!!
デビューアルバムリリース直後である77年11月26日
ロンドンのラウンドハウスで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音でアンコールラストまで完全収録!!!
当時のものとしては非常に良好な音質で
ヴォーカルを含め各パート共にバランス良く
ギターがラウドに鳴り響く迫力抜群のサウンドをご堪能いただけます
マスターに起因する定位のズレは丁寧に修正されております
デビューアルバムからのナンバー8曲に
2ndアルバム『We Have Come For Your Childred』から3曲
イギー&ザ・ストゥージズの名曲カバー"Search And Destroy"という
鉄壁のセットリスト!!!
タイトで重心の重いリズム隊に爆音で鳴り響くギター
そしてのたうち回りながらシャウトするベイターが脳裏に浮かぶ
強烈なステージを封じ込めた強力盤!!!

=収録曲=

01.Sonic Reducer
02.Caught With The Meat Your Mouth
03.Flame Thrower Love
04.Hey Little Girl
05.Ain't Nothin' To Do
06.I Won't Look Back
07.I Need Lunch
08.All This And More
09.What Love Is
10.Son Of Sam
11.Down In Flames
12.Search And Destroy
encore:
13.Sonic Reducer

〈Roundhouse, London, England November 26,1977〉

--------------------------------

『SUICIDE / BE BOP A LULA』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

88年リリースの復活作となった3作目のアルバム
『A WAY OF LIFE』制作時の87年1月21日
ドイツで行われたライブを高音質ステレオ・オーディエンス録音で
完全収録位した秘蔵激レア音源が激☆登場!!!
非常にクリアでレンジも広くバランスも申し分のない
当時のものとしては上級クラスの音質で収録されております
曲数は4曲ですが全てロングバージョンでトータル約47分収録されております
この当時はエレクトロニックボディミュージックが流行し
ワックストラックスからのリリースとなった『A WAY OF LIFE』で
復活を果たす直前のこちらのライブ
オープニング"Ghost Rider"から飛ばしまくりで
アラン・ヴェガが81年にリリースしたシングルで
『A WAY OF LIFE』でも再演された"Jukebox Baby"に
新曲として紹介されプレイされる"Wild In Blue"(『A WAY OF LIFE』収録)
そしてラストはアラン・ヴェガのセカンド・ソロアルバム
『COLLISION DRIVE』に収録された
ジーン・ヴィンセントのカバー"Be Bop A Lula"という
レアなセットリスト!!!
正にキラーアイテム!!!

=収録曲=

01.Ghost Rider
02.Jukebox Baby
03.Wild In Blue
04.Be Bop A Lula

〈Wartburg, Wiesbaden, Germany January 21,1987〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 テレヴィジョン1978!!!&パティ・スミス2018!!!

激レア音源

NYパンク
出会いと分かれ
すぎさりし時よ

テレヴィジョン!!!

パティ・スミス!!!

78年ロンドン
ハマースミスオデオンでのテレヴィジョンのライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
激レア音源が超☆登場!!!
アンド
ロンドンで開催されたフェスのスペシャルゲストとして登場した
パティスミスの2018年ライブ激レア音源が爆☆登場!!!


『TELEVISION / HAMMERSMITH ODEON '78』 [2CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

1978年
僅か22公演のライブを行い終焉を迎えたテレヴィジョンの貴重なレア音源から
78年4月17日
ロンドンのハマースミスオデオンで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源が超☆登場!!!
若干ブースト気味な箇所もありますが
ヴォーカル含め各パート共にバランスよく
迫力のある音像で収録されております
同年6月のライブは曲数が10〜11曲ですが
この日は全13曲のロングセット
同年のライブをトム・ヴァーライン自身が選曲した正規盤
『THE BLOW-UP』と比べても甲乙付けがたい
正に名演と言える素晴らしいパフォーマンスを披露してくれています!!!
"Marquee Moon"も『THE BLOW-UP』同様14分を超えるロングバージョンで
同アルバムに未収録の"Ain't That Nothin'""Careful"
が聴けるのも嬉しポイント
"Marquee Moon"のイントロ部に僅か数秒のみ
テープチェンジによる欠落がある以外は完全収録されており
極上のライブをたっぷりご堪能いただけます

=収録曲=

(Disc 1)

01.Fire Engine
02.Venus
03.Prove It
04.The Dream's Dream
05.Ain't That Nothin'
06.Friction
07.Careful
08.Little Johnny Jewel

(Disc 2)

01.Foxhole
02.Knockin' On Heaven's Door
03.Marquee Moon
04.(I Can't Get No)Satisfaction
05.See No Evil

〈Hammersmith Odeon, London,UK April 17,1978〉
_________

『PATTI SMITH AND HER BAND/ALL POINTS EAST』(CD−Rです)

クリックすると元のサイズで表示します

4月に行われたドキュメンタリー映画の
ワールドプレミア上映&ライブが話題のパティスミス
本作は2018年6月3日
ロンドンのヴィクトリアパークで行われた
オール・ポイント・イースト・フェスティヴァル出演時のライブを
デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源!!!
若干ステージから遠めの位置での録音ですが
屋外ならではの抜けの良い音像でバランス良く収録されております
3日間に渡って行われたフェスの最終日で
ニックケイヴ&ザ・バッドシーズをヘッドライナーに
スペシャルゲストとして登場したパティスミス&ハーバンド
オープニングはアレン・ギンズバーグの"Howl"の朗読からスタート
"People have The Power""Summer Cannibals"と続き
最近のライブでは非常にレアな"Citizen Ship"をプレイ
さらにジョン・レノンの"Mind Games"
ミッドナイトオイルの"Beds Are Burning"の激レアカバーを披露
フェスのため約64分のショートセットですが
レアなカバーを含め見事なパフォーマンス!!!

=収録曲=

01.Howl
02.People have The Power
03.Summer Cannibals
04.Citizen Ship
05.Mind Games
06.Beneath The Southern Cross
07.Beds Are Burning
08.Pissing In A River
09.Land - Gloria

(all points east fes ,
victoria park ,london ,uk june 3,2018)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ザ・プロフェッショナルズ!!!&ウェイン・クレイマー’s MC50!!!

激レア音源

蘇る伝説
ザ・プロフェッショナルズ!!!

MC5のウェイン・クレイマー率いる
MC50!!!

2017年突如復活を果たした
ザ・プロフェッショナルズの
2018年ライブ音源が超☆登場!!!
アンド
ご存知MC5のギタリスト
ウェイン・クレイマーが
『Kick Out The Jams』50周年を記念しての
全曲再現ライブツアー2日目のライブ激レア音源!!!

『THE PROFESSIONALS / BODIES』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズと
ポール・クックを中心に結成された
ザ・プロフェッショナルズ
2017年になんと約36年振りとなる新作アルバム
『WHAT IN THE WORLD』をリリースした彼らの
2018年ライブ激レア音源超☆登場!!!
今年5月31日
スウェーデンで行われたライブを
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
ヴォーカルはもちろん
コーラスを含め各パート共にバランス良く
僅かに低域がブースト気味ですが
迫力抜群のサウンでで収録されております!!!
最新アルバムでは3曲のレコーディングに参加していた
スティーヴジョーンズは不参加ですが
オリジナルメンバーのポール・クックと
ポール・メイヤーズにトム・スペンサーと
クリス・マコーマックのツインギターによるメンバーでのライブで
81年のデビューアルバムからのナンバー"Payola"からスタート
新作からの5曲を含め
ピストルズナンバー"Silly Thing""Bodies"を含めた強力なセットリスト!!!

=収録曲=

01.Payola
02.Northern Slide
03.Good Man Down
04.Join The Professionals
05.Going Going Gone
06.Silly Thing
07.Rewind
08.Crescendo
09.Just Another Dream
10.The Magnificent
11.Take Me Now
12.Hats Off
13.Kick Down The Doors
14.Let Go
15.1-2-3
16.Bodies

taubescenen,liseberg,gothenburg,sweeden may312018

Paul Cook − drums, backing vocals
Paul Myers − bass, backing vocals
Tom Spencer − guitar, vocals
Chris McCormack - Guitar, Backing vocals
___________

『MC50 / LISEBERG AMUSEMENT PARK 〈THE 50TH ANNIVERSARY TOUR〉』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

MC5のギタリスト
ウェイン・クレイマーが
デビューアルバム『Kick Out The Jams』リリースから
50周年を記念しての全曲再現ライブツアーを敢行!!!
その2日目となった
スウェーデンのリセベリ・アミューズメント・パークで行われた
ライブを高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
抜けの良いクリアで迫力抜群のサウンドで収録されております
北欧で一番大きい遊園地の中にある会場で行われたライブで
『Kick Out The Jams』の全曲に加え
デビューシングル"I Can Only Give You Everything"と
2枚目のアルバム『Back In The USA』からの
"The American Ruse"を含めた全11曲のセットリスト
オリジナルメンバーの3人は既に他界しており
新たにサウンドガーデンのギタリスト
キム・セイル
フガジのドラマー、ブレンダン・キャンティー
ゼンゲリラのヴォーカリスト
マーカス・デュラント
キングスXのヴォーカル&ベーシスト
ダグ・ピニックの4人のメンバーを従えて結成されたスペシャルバンド
MC50による最新ライブ超☆強力盤!!!

=収録曲=

01.Ramblin' Rose
02.Kick Out The Jams
03.Come Together
04.Motor City Is Burning
05.Rocket Reducer no.62
06.Borderline
07.I Want You Right Now
08.Starship
09.Looking At You
10.I Can Only Give You Everything
11.The American Ruse

〈Liseberg Amusement Park, Gothenburg, Sweden June 20,2018〉

Wayne Kramer - Guitar, vocals
Marcus Durant - Vocals
Kim Thayil - Guitar
Brendan Canty - Drums
Dug Pinnick - Bass

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ザ・ジャム ビート炸裂ライブ4タイトル!!!&スタイルカウンシル!!!

激レア音源

ザ・ジャム!!!
抜群シャープなライブ3タイトル

スタイルカウンシル!!!

78年のレディングフェス出演時のライブを
ステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
82年の『ザ・トランス・グローバル・ユニティ・エクスプレス・ツアー』
前半のシェプトンマレット公演を収録した
秘蔵激レア音源が爆☆登場!!!
ア〜ンド
『BEAT SURRENDRER '82』と題して行われた
82年のファイナルツアー2日目のライブを
完全収録した秘蔵激レア音源が激☆登場!!!
ア〜〜ンド
ポール・ウェラー率いるスタイルカウンシル
83年アムステルダムで行われたライブを
FMブロードキャストソースから
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した新アイテム!!!


『THE JAM / READING FESTIVAL '78』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

3枚目のアルバム『オールモッドコンズ』リリースの
約4ヶ月前の78年8月25日
レディング・フェスティヴァル出演時のライブを
ステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
高音質とは言い難い粗めの音質ですが
マスターに起因する定位のズレを修正してリマスタリングを施しており
低音の響きが迫力あるサウンドになっております
この日のライブは同レーベル既発盤
『CBGBs '77 and READING ROCK FESTIVAL '78(TOTH1463)』に
8曲のみFM放送音源が収録されておりますが
こちらはオーディエンス録音による別ソースから
当日演奏された全曲を収録しております
先行シングルナンバー"David Watts"
"'A' Bomb In Wardour Street"を含め
レコーディングを終えたばかりの『オールモッドコンズ』
からのナンバーを8曲もセレクトした攻めまくりのセットリスト!!!
ブルース・フォクストン作で彼自身がリードヴォーカルをとる
シングル曲"News Of The World”など
この時期ならではの疾走感溢れるパフォーマンスを
ご堪能いただけます

=収録曲=

01.In The City
02.Sounds From The Street
03.Billy Hunt
04.In The Street Today
05.It's Too Bad
06.To Be Someone
07.Mr Clean
08.Away From The Numbers
09.Don't Tell Them You're Sane
10.Tonight At Noon
11.The Place I Love
12.David Watts
13.Down In The Tube Station At Midnight
14.'A' Bomb In Wardour Street
15.News Of The World
16.Here Comes The Weekend
17.The Combine
18.Standards
19.All Around The World

〈Reading Rock Festival Richfield Avenue. Reading, England August 25,1978〉
____________

『THE JAM / ROYAL BATH & WEST SHOWGROUND '82』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

6作目にして最後のオリジナルアルバムとなった
「ザ・ギフト」リリース直後
UKツアーである
「ザ・トランス・グローバル・ユニティ・エクスプレス・ツアー」
6日目となるシェプトンマレットの野外会場
ロイヤル・バス&ウェストショウグラウンドで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が爆☆登場!!!
当時のものとしてはまずまず良好な音質で
ヴォーカルも大きく各パート共にバランスのよい
クリアな音像で収録されております
5日前にリリースされたばかりの「ザ・ギフト」から
1曲を除く全曲をフィーチャーしたセットリストで
アルバム同様ホーンセクションとキーボードを加えたステージで
"Just Who Is The 5 O'Clock Hero?"のエンディング部には
サム・クックの"Chain Gang"の一節を挟んだアレンジに
さらにジェイムス・ブラウンの名曲
"(I Got You) I Feel Good"のカバーもプレイ!!!
他にもシングル"The Bitterest Pill"のカップリングナンバー
"Pity Poor Alfie〜Fever"もプレイしてくれています!!!

=収録曲=

01.Strangetown
02.Carnation
03.Town Called Malice
04.Happy Together
05.Boy About Town
06.Ghosts
07.Just Who Is The 5 O'Clock Hero?
08.That's Entertainment
09.Tales From The Riverbank
10.Precious
11.Running On The Spot
12.(I Got You) I Feel Good
13.In The Crowd
14.Private Hell
15.Pretty Green
16.Trans Global Express
17.The Gift
18.Circus
19.Pity Poor Alfie 〜Fever
20.Funeral Pyre
21.The Butterfly Collector
22.Start!
23.When You're Young

〈Royal Bath And West Showground,Shepton Mallet, UK March 17,1982〉
____________

『THE JAM / SECOND NIGHT OF THE FAREWELL "BEAT SURRENDER '82" TOUR』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

解散直前のファイナルツアー2日目となる
イギリスの
プール・アーツ・センターで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が激☆登場!!!
今ツアー初日のライブは
同レーベルより
『FIRST NIGHT OF THE FAREWELL "BEAT SURRENDER '82" TOUR(TOTH1710)』
で既発ですが
2日目のライブは初登場となります
レンジの広いステレオ録音で
前半は若干遠め
後半は僅かにオーバーレヴェル気味ですが
ヴォーカル大きめでクリアな音像で
オーディエンスのエキサイトぶりも生々しく
迫力抜群のサウンドで収録されております
また
元マスターに起因する定位のズレは
丁寧に修正されております
オープニングでのバンドをコールする
アナウンスから収録されており
前半3曲目あたりまで会場のPAの影響で
音量のバランスが僅かに不安定になる箇所がありますが
それ以降は安定しています
サポートメンバーの女性コーラスをフィーチャーした
"Ghosts"の素晴らしいテイクや
初日のグラスゴー公演ではプレイされなかった
"But I'm Different Now"を含むセットリストで
全23曲
約77分
極上のパフォーマンスをたっぷりご堪能いただけます!!!

=収録曲=

01.Start!
02.It's Too Bad
03.Beat Surrender
04.Away From The Numbers
05.Ghosts
06.In The Crowd
07.Boy About Town
08.So Sad About Us
09.All Mod Cons
10.To Be Someone
11.Smithers-Jones
12.The Great Depression
13.Precious
14.Move On Up
15.Circus
16.Down In A Tubestation At Midnight
17.David Watts
18.Mr. Clean
19.Pretty Green
20.Transglobal Express
21.A Town Called Malice
22.But I'm Different Now
23.The Gift

〈Poole Arts Center Poole, UK November 27,1982〉
____________

『THE STYLE COUNCIL / ONE NATION UNDER A GROOVE』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

スタイルカウンシル初期の83年10月31日
オランダはアムステルダムで行われたライブを
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した新アイテムが轟☆登場!!! 
FM放送された音源で
ライブ映像が
翌年の日本公演のものがありましたが現在廃盤であり
正規ライブアルバム『Home and Abroad』は85年12月の録音なので
この時期のライブを最高音質&ミックスで堪能できる音源は
同レーベル既発盤『IN NY '84(TOTH1205)』と
本作が決定版と言えます
非常にクリアでミックスも申し分のない高音質サウンドでご堪能いただけます
シングル"It Just Came To Pieces In My Hands"で幕を開け
同年6月にリリースされたばかりのデビューミニアルバム
『Introducing The Style Council』収録のナンバー全曲に
翌年リリースされる『Cafe Bleu』
からのナンバーを交えたセットリストで
レアな"Up For Grabs"
デビューシングルのカップリングナンバー
"Party Chambers"ジャム時代に作られたナンバーで
4枚目のシングルになった"A Solid Bond In Your Heart"
そして正規盤では84年のライブバージョンしかなかった
ファンカデリックのカバー"One Nation Under A Groove"もプレイ!!!
レアなナンバー満載の強力アイテムです

=収録曲=

01.It Just Came To Pieces In My Hands
02.Money Go Round
03.Dropping Bombs On The White House
04.Heres One That Got Away
05.Micks Up
06.Long Hot Summer
07.Up For Grabs
08.Cafe Bleu / The Paris Match
09.Party Chambers
10.Speak Like A Child
11.Headstart For Happiness
12.A Solid Bond In Your Heart
13.Hanging On To A Memory
14.One Nation Under A Groove
15.Speak Like A Child

〈De Meervaart , Amsterdam, The Netherlands October 31,1983〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 1982年暮れのPUBLIC IMAGE LTD.!!!

激レア音源
PUBLIC IMAGE LTD.
幻のアルバム『Commercial Zone』の
レコーディング・メンバー編成でのライブ3激レア音源!!!

キース・レヴィン在籍時分裂直前の82年に
16ヶ月ぶりに行われたツアーから
新発掘激レア音源2タイトル超☆登場!!!
アンド
同じくキース・レヴィン在籍時
82年大晦日のニューヨークでのギグが
新発掘ソースから完全収録版で新たに激☆登場!!!


『PUBLIC IMAGE LTD. / MOB,WAR,KILL,HATE』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

幻のアルバム『Commercial Zone』の
レコーディング・メンバー編成で
僅か23公演のみ行われた82年のツアーから
11月5日サンフランシスコの
ガレリア・デザイン・センターで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で
完全収録した新発掘激レア音源が超☆登場!!! 
3曲目までは録音位置が不安定なため
篭り気味の箇所がありますが
それ以降は安定しており低域から高域までバランス良く
ジョンのヴォーカルも大きく
全体的にクリアに収録された
良好な音質でご堪能いただけます
オープニングのSEから収録されており
当時の新曲である"Where Are You?"
"Mad Max(aka.Bad Life)"を含む最強のセットリストで
MCはほぼなく
不穏な音色を放つシンセと
鋭利なギターを操るキース・レヴィン
そして
ピート&マーティンによる重厚なリズムがフロアを支配する中
ジョンの狂気のヴォーカルが響き渡る
たっぷり約77分の極上パフォーマンス!!!

=SONG LIST=

01.Blue Water (SE)
02.Where Are You?
03.Annalisa
04.Bad Baby
05.Attack
06.Chant
07.Careering
08.Religion
09.Bad Life
10.Public Image 2:46
11.Death Disco
12.Low Life
13.No Birds
14.Public Image
15.Under The House

〈Galleria Design Center, San Francisco CA November 5,1982〉

John Lydon: vocals
Keith Levene: guitar, synth
Pete Jones: bass
Martin Atkins: drums
________

『PUBLIC IMAGE LTD. / SHOWBOX THEATRE』 [CD-Rです
]

クリックすると元のサイズで表示します

同じく幻のアルバム『Commercial Zone』の
レコーディング・メンバーで
僅か23公演のみ行われた82年のツアーから
シアトルのショウボックス・シアターで行われたライブを
良好なモノラル・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が激☆登場!!! 
低域から高域までバランス良く
ジョンのヴォーカルも大きくクリアに収録されており
重低音が最高に心地よく響き渡る
迫力抜群のサウンドで収録されております!!!
マスターに起因する定位のズレは丁寧に補修されております
"Death Disco"のイントロ部に
テープチェンジによる欠落部がありますが
それ以外はアンコールの"Public Image"まで完全収録されております
当時の新曲である"Where Are You?""Mad Max(aka.Bad Life)"を含む
最強のセットリストで
圧巻のパフォーマンスをご堪能いただける強力アイテムです!!!

=SONG LIST=

01.Theme
02.Where are you?
03.Attack
04.Bad Baby
05.Annalisa
06.Careering
07.Chant
08.Mad Max
09.Death Disco(Incomplete)
10.Religion
11.Low Life
12.Under the House
13.Public Image

〈Showbox Theatre,Seattle,USA November 12,1982〉

John Lydon: vocals
Keith Levene: guitar, synth
Pete Jones: bass
Martin Atkins: drums
________

『PUBLIC IMAGE LTD. / CLUB NETWORK -COMPLETE EDITION-』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

同じく幻のアルバム『Commercial Zone』のレコーディング・メンバーでの
82年のツアーから12月31日
ニューヨークのクラブ・ネットワークで行われたギグを収録した本作は
同レーベルより『CLUB NETWORK(TOTH1547)』で既発済みですが
今回新たに発掘された全くの別マスターを使用し
後半3曲の欠落箇所は既発マスターから補填することで
全曲収録のコンプリートエディションとしての新リリースとなります
既発盤では高音寄りで僅かにオーバーレベルによる音割れがございましたが
新発掘マスターでは中域低域もバランス良く収録されており
格段に音質アップ!!!さらに既発盤では未収録だった
オープニングの3曲もバッチリ収録!!!
"No Birds Do Sing"後にはステージ前に押し寄せた
オーディエンスの殺気立つ様子がリアルに収録されております
"Public Image"でイントロでキースのギタートラブルにより
やり直す場面もありますが
全編に渡ってキースのプレイが冴え渡っており
それに呼応してグルーヴしまくるバンドに
ジョンが吠えまくる圧巻のパフォーマンスの全貌を
迫力抜群のサウンドでご堪能いただけます♪♪♪

=SONG LIST=

01.Wher Are You?
02.Theme
03.No Birds Do Sing
04.Annalisa
05.Bad Baby
06.Religion
07.Home Is Where The Heart Is
08.Careering
09.Chant
10.Mad Max
11.Public Image(raise start)
12.Public Image
13.Death Disco
14.Low Life
15.Attack

〈Club Network,Long Beach,NY U.S.A. December 31,1982〉

John Lydon - Vocals
Keith Levene - Guitar
Pete Jones - Bass
Martin Atkins - Drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
1
投稿者:超山田SAD-HERO
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/39 
 

カレンダー

2018
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索



このブログを検索
AutoPage最新お知らせ