2005/8/9

費用や楽器は?  大正琴レッスン

楽器は、個人でお持ちいただきます。持っている方は、それをお使いください。もちろん、販売もいたします。大正琴は4万円〜、導入テキスト2000円くらい〜、備品としてチューナー、ピック、ピックアップ(マイク)が必要となります。

月謝はおひとり3000円。他には、入会金・年会費が2500円ずつ。発表会費はその都度かかります。
0

2005/8/9

レッスンは、  大正琴レッスン

主に、公民館活動の講師として出張レッスンしています。5人以上の愛好家が集まるところにお伺いします。でも、現在2人というところもあります。朝昼夜問わず、お受けします。

1レッスン90分(休憩含む)で、月2回が基本です。お好みに応じて設定できます。

初級〜上級まで6ヶ月で名取(指導者認定)を目標としますが、趣味を目的とされる方がほとんどです。

曲は、童謡唱歌から歌謡曲、演歌、クラシック、民謡と何でもOKです。

長いグループは9年目に入りました。
0

2005/8/9

大正琴とは?  大正琴レッスン

その名の通り、大正時代に作られはじめた楽器です。左手が鍵盤同様で右手にギターのピックを持ち、4本の弦を同時にはじいて音を出すのです。一度に一個の音しか出ない単音楽器ですから、アンサンブルを楽しむものです。ソプラノ〜ベースまであり、大勢での演奏は大迫力です。

幅が60〜70cm 2オクターブの音域を持ちます。西洋音階を発音できるところが、琴や三味線などの和楽器と違うところです。ですから、演歌からクラシックまであらゆるジャンルの曲が楽しめます。ピアノバー ニューウェルのピアノ演奏と同じ!

流派は20を超していますが、わたしは、木村流に師事しております。しかし、同じ楽器を弾くのですから、流派は関係ありません。ただ、指導や運営方針がいろいろあると思います。わたしが、木村流に決めたのは、楽器の販売ではなく教室の拡大が目的であることです。宗家の木村峰翠先生は、大正琴で、かのカーネギーホールに立ったことがあるそうです。
0
タグ: 大正琴 音楽 教室



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ