2010/5/2

sunnto Training Manajer  サプライヤー

今年からサポートしていただいているsuuntoを以前紹介しましたが、
ただ時計表示で見るだけでなく、パソコンで心拍のデータを確認することができます。

画面はこんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

トレーニングレベルを5段階に分けて評価してくれるので
目的にあったトレーニングができているかどうかがわかります。

・レベル1… 回復トレーニング、または基本的な持続トレーニング
・レベル2… コンディションを維持するためのトレーニング
・レベル3… コンディションを改善するためのトレーニング
・レベル4… コンディションを集中的に改善するためのトレーニング
・レベル5… 競技力を高めるためのトレーニング

ゆっくりなペースで練習しすぎても、競技力は上がらず、
かといって高いレベルばかり練習をしても、
オーバートレーニング(疲労困憊状態)になってしまいます。

そうならないように、マネージャーしてくれるSUUNTO!
対応機種はt3、t4、t6です。

私はt3レッドを使用させていただいています。
ベースを黒にすると、ベルトの色がオプションで購入できるので
オリジナルにするのもお勧めですよ♪

稲毛の会員さんも最近t3を使用している方が多いので、
時計の使い方や、表示の見方、レベル1〜5のトレーニング方法など、
わからないことがあればいつでも聞いてくださいね!

今日のデュアスロン(バイク+ラン)では、
ベルトが反応してくれず記録が取れませんでした。

HR(心拍数)が出ない時はセンサー部分を水で少し濡らして使ってくださいね!


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ