鉄道模型(主にNゲージ)や鉄道旅行のことをのんびり書いていくブログです/茨城県在住
2013/2/16 | 投稿者: ダス・マン

クリックすると元のサイズで表示します

製作中のレイアウト全景。建物を使う分だけ組み立て、配置を決め、道路もある程度形にしました。踏切のスロープはルーズリーフに塗装したもので簡単に制作。また写真では分かりづらいですが建物の裏ではカラーパウダーの散布も始めています。

クリックすると元のサイズで表示します

一方右端のほうはこのような感じに。フィーダーのコードはスチレンボードで隠しておきました。ここの道路には画用紙を利用し、その上からスチレンボードの歩道を貼り付けることで1段高い感じを表現してみました。

この辺りには元々引き込み線用の設備を置いたりする予定でしたが、歩道とつながる踏切を増設して駅にしてみようかなどいろいろ画策中です。



 トミーテック 街並みコレクションR 第...

 トミーテック 街並みコレクションR 第...
価格:430円(税込、送料別)

トミーテック『街並みコレクションR 第...

トミーテック『街並みコレクションR 第...
価格:4,620円(税込、送料別)




▼ブログランキング参加中

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ ←クリックしていただけると嬉しいです!
0

2013/2/9 | 投稿者: ダス・マン

購入しました↓

クリックすると元のサイズで表示します

建物コレクション・情景コレクション全盛期の現在において敢えてブラインド方式の街並みコレクションR第3弾を箱買い。発売から4年が経過した製品ですがまだ在庫があるようです。

第3弾の横丁編はハーフティンバーの喫茶店をはじめとして、商店街には欠かせない7種の建物がラインナップされています。今回は東京の住宅街などに見られる生活感に満ちた商店街を再現したいのでこのシリーズにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

組み立ててレイアウト上に仮置き。
相変わらずパーツの合いが悪いキットで接着剤がないととても組み立てられたものではないのですが、ウェザリング処理などは秀逸。置くだけでこれだけ雰囲気を出してくれるのはとてもありがたいです。
道路は1mmのスチレンボードを塗装して自作してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

前回の写真と同じ位置から。

クリックすると元のサイズで表示します

建物の配置を変えてもう1枚。このような建物と建物の間を線路がすり抜ける光景はずっと再現してみたかったもの。


 トミーテック 街並みコレクションR 第...

 トミーテック 街並みコレクションR 第...
価格:430円(税込、送料別)

トミーテック『街並みコレクションR 第...

トミーテック『街並みコレクションR 第...
価格:4,620円(税込、送料別)




▼ブログランキング参加中

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ ←クリックしていただけると嬉しいです!
0

2013/1/31 | 投稿者: ダス・マン

Bトレイン用の小型レイアウトは中学生くらいの頃からずっと憧れていたものの1つで、何度か作ろうと試みたものの、結局思い通りに行かずに解体したり、凍結したり、線路やレイアウトボードを買ってそのまま放置したり・・・ の繰り返しでした。

先日、たまたま鉄コレの名市交1400型を手にして、何を思ったか再び小型レイアウト制作熱が復活。お蔵入りになりかかっていた線路とボードを活かして、今度こそ形のあるものを作ろうと意気込んで組み始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

最初に、近所のホームセンターで購入した600mm×300mmのベニヤ板に線路を固定。場所に応じて両面テープとゴム系接着剤を使い分けました。

本線は半径103mmのカーブを使用したエンドレスになっています。手動ポイントを2個は待避線ではなく留置線とすることで省スペース化を計りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ポイントのノーズレールをあらかじめマスキングしたあと、道床ごとレールを塗装しました。やはり近所の画材洋品店で手に入れたスプレー塗料を使用。多少思い通りの色と違ってもあとで目立たなくなるので気にせず進めます。

なお、レイアウトの4隅は今回は使わないので、このあと鋸で切り落としておきました。

クリックすると元のサイズで表示します

バラストを撒き、架線柱を立て、改めて道床を塗装していきます。

バラストの固着には5倍程度に薄めた木工用ボンドをスポイトで垂らしていく方法を採用しますが、ボンド水には予め台所用の中性洗剤を少しだけ混ぜておくと、バラストがだまにならずきれいに仕上げることが出来ました。

ボンドが完全に乾いたら再び塗装。タミヤカラーアクリル塗料の「フラットアース」を専用溶剤で薄めたものを今度は筆で塗っていきます。筆に塗料をしみこませ、バラストの上においてゆくような感じにするとバラストを痛めずに塗っていくことができました。あとポイントの部分は塗料をつけすぎると切り替えが出来なくなってしまうので注意が必要です。

このあと、600番くらいのヤスリでレールの踏面を研磨。次回は建物の配置を考えようと思います。


▼ブログランキング参加中

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ ←クリックしていただけると嬉しいです!
0

2013/1/18 | 投稿者: ダス・マン

TOMYTECより発売された、名古屋市電1400型を入手しました。

クリックすると元のサイズで表示します

一般発売されたものではなく、市営交通90周年記念として10000個が限定発売されたものです。交通局職員の手を経て入手することが出来ました。

1両1900円とやや高めの価格設定ではありますが出来は素晴らしいです。鉄コレは造形に関しては元々確かなものを持っていますが、塗装も初期に比べて劇的に改善されていますね。表記類も全てきれいに印刷されています。

クリックすると元のサイズで表示します

パンタグラフも普通に使える水準ですし昇降まで可能です。Nゲージ用のZパンタなど殆ど販売されていないのでありがたいですね。

プロトタイプとなった1421号車は、鶴舞線の赤池駅近くにあるレトロ電車館において現在も保存展示されています。



にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
↑このブログは何位?
0

2013/1/12 | 投稿者: ダス・マン

年の瀬といえどゴロゴロしているのはもったいないので牛田駅付近で名鉄を撮影。2012年の撮り納めとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

後打ち。4両かと思ったら後ろにおまけがついていたパターンですw

名古屋本線の急行は大きく分けて豊橋‐岐阜系統と豊川稲荷‐一宮系統の2種類あり、両方とも大半が6両編成で運転されています。

クリックすると元のサイズで表示します

一部特別車の特急岐阜行き。6両編成で豊橋方が展望席になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

知立駅の近くに移動。日が傾いてきてかなり影が落ちてしまいましたが、ここで名古屋本線の最多勢力である3500系を撮影できました。特に急行系は過半数がこの車両で運転され、マイナーチェンジ車の3700系とともに名鉄の膨大な路線網をカバーしています。

これで2012年の撮影はすべて終了。大阪へあるいは新潟へといろいろ遠出をしましたが、2013年はもっと活動頻度を上げたいですね…

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真は一昨年に国府駅の近くで撮ったもの。よく見ると今回撮った3500系と同じ編成でしたw


にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
↑このブログは何位?
0




AutoPage最新お知らせ