2012/12/15

株式と社債  

「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が信じられないことに破綻するのである。この破綻によって、ついにペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより全預金者のうちの3%程度、それでも数千人の預金が、初適用の対象になったと想像される。
認可法人預金保険機構が預金保護のために保険金として支払う補償額の上限は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円"この機構に対しては日本政府同機構は政府と日銀ほぼ同じくらいの割合で同じ程度の割合で
そのとおり「重大な違反」になるかならないかは、監督官庁である金融庁が判断を下すことなのだ。大方のケースでは、細かな違反がひどくあり、FXの専門用語とそれによる関係で、「重大な違反」判断するのだ。
【重要】株式⇒社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資を受けるだけで株式を手に入れた株主への出資金等の返済しなければならないという義務は負わないことがポイント。最後に、株式の換金は売却という方法である。
まさに世紀末の平成12年7月、旧大蔵省よりそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を移管させてこれまでの金融監督庁という組織を金融再生委員会の下に属する金融庁として組織を変更。翌年の平成13年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となったのです。
よく聞く「失われた10年」→ある国そのものの経済やある地域の経済が約10年超の長期間にわたる不況と経済停滞に直撃されていた時代のことをいう言い回しである。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、当時の大蔵省より今度は金融制度の企画立案事務を新たに統合し金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)として再編。翌年の2001年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、現在の内閣府直属の外局となった。
知ってますか?外貨預金って何?銀行が扱える商品の一つのことで、円以外の外国通貨によって預金する。為替変動による利益を得ることがあるけれども、同時に差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
【解説】ペイオフの意味は唐突な金融機関の経営破綻による破産をしたことに伴い、預金保険法の定めにより保護しなければならない個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。
普通、すでに上場済みの企業ならば、運営のための方策として、株式だけではなく、さらに社債も発行するのが普通。株式と社債の違いは何か?それは、返済する義務の有無なのだ。
【用語】バブル(泡)経済とは何か?不動産、株式などの時価資産の市場価格が行き過ぎた投機により成長(実体経済の)を超過したにもかかわらず高騰し続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。
知っておきたい用語であるFXは、CFDの一種であり、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す取引ですほかの外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが高いことに加え、為替コストも安いのが魅力である。はじめたいときは証券会社やFX会社へどうぞ。
つまりバブル経済(日本では昭和61年からが有名)とは何か?不動産や株式などといった時価資産の取引金額が過度の投機により実体経済の本当の成長を超過してもなお継続して高騰し、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す。
一般的に金融機関の格付け(ランク付け)について。信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債などの発行企業、それらの債務の処理能力などを一定の基準に基づいて主観的に評価しているのである。
よく聞くコトバ、保険とは、予測不可能な事故が原因で発生した財産上の損失に備えるために、制度に参加したい複数の者が少しずつ保険料を出し合い、準備した資金によって突如発生する事故が発生した際に掛け金に応じた保険金を給付する仕組みということ。
0

2012/12/15

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ