2017/12/13

魔笛  ぴゅう太

メトロポリタン歌劇場をMET(メト)と言うのですね。
今日知りました*^_^*
札幌シネマフロンティアでは、先月から、
ニューヨークのMETで上演されたオペラ公演を
月一回のペースで上映しているのです。
それも一週間だけ、時間も10時からの一回だけです。
今は、モーツアルトの「魔笛」を上映していて、
15日で終わってしまうので、
今日はぴゅう太の散歩も母に頼んで、
朝、映画館へと飛んでいきました
演出は現代風で、舞台装置や衣装もダイナミックで美しく、
若い世代の感覚をどんどん取り入れて親しみやすい感じ。
歌舞伎が新しい演出を取り入れていくのと似ているかも・・・
クラシックになじみのない人でもきっと楽しめると思います。
映画の時間は、ほぼ4時間、
疲れたけれど、やっぱりモーツアルトをやりたいと
心を新たにした一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/12

アップルマフィンの季節  ぴゅう太

日中に積もった雪が溶け、
夜になると溶けかかった雪が凍るので、
つるつるの危険な道路状況・・・
転倒し骨折する人もたくさんと聞いています。

ぴゅう太は4本足でも、時々滑ってヨロヨロ、
でも熱心に匂いを嗅ぎ、散歩は楽しそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
       クンクン クンクン
クリックすると元のサイズで表示します

   すべるから、ぼくでも危ないよ・・
クリックすると元のサイズで表示します

リンゴがよく出回り、私はもう何度かアップルマフィンを焼きました。
クリックすると元のサイズで表示します
炒めたリンゴとシナモンを生地に混ぜて焼くだけなのですが、
リンゴを炒めたとき、レモン汁を回し入れるのがコツです。
あまずっぱーいリンゴが効いて美味しいです
フルートの練習の合間に、
親しい人と食べるのは格別です。

2017/12/6

ピースケちゃん回想  ぴゅう太

何かにつけピーちゃんのことを思い出してしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

遠くから私を見つけると、
クリックすると元のサイズで表示します
ニャーニャーと鳴きながら走ってきて
クリックすると元のサイズで表示します
足元にころりんと寝転んで・・
クリックすると元のサイズで表示します
撫でてくれるのを待つ態勢に・・・

   あれ、まだですか? 準備OKなんですけど
クリックすると元のサイズで表示します
耳や首の周りを撫でてもらうのが大好きでしたから。

     ぴゅうちゃん遊ぼうよ  と、呼び止め
クリックすると元のサイズで表示します
       朝のキスも日課のひとつハートx2
クリックすると元のサイズで表示します

お気に入りの場所・・ここで長ーくなってお昼寝するのです
クリックすると元のサイズで表示します

朝、「おはよー」と声をかけると、
必ず「にゃー」と返事をしてくれて嬉しかったですよ。
いっぱい撫でてあげたけれど、
今となっては、もっともっと撫でてあげたかったです。
ぴゅう太とも仲良くしてくれて、
長い間、本当にありがとう。
急にいなくなってしまったけれど、
苦しむ暇もなくて、幸せだったかもしれないと思いたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
ピーちゃんのこと、忘れませんよ。どうぞ安らかに眠ってください

    ハート   ハート   ハート   ハート   ハート   ハート
常備菜に、大豆を焚いて、鶏ゴボウを作っていたら・・
クリックすると元のサイズで表示します
ぐっすりと寝ていたはずのぴゅう太が、
いつの間にかそばに来て、しっかりと見つめていました。

      鶏肉の匂いがするけど・・
クリックすると元のサイズで表示します
  肉料理をしていると、どんなに眠い時でもそばを離れません。
  鶏肉を一切れ、味をなるべく洗い落してあげました。
  ぴゅう太はピーちゃんがいなくなったこともわかりません。
  でもピーちゃんのことがあって、
  ますますぴゅう太に甘くなっている私です。

2017/12/4

猫のピーちゃんの交通事故  ぴゅう太

一昨日のこと、
猫のピーちゃんが交通事故にあったところを目撃しました。
順序だてて説明すると・・
私が実家の近くで車を運転していると、
路上左側に黒い車が停車していて、
女性が慌てた様子で、車から降りてきて、
行く手に、黄色い動物が倒れているのが見えて、
その女性が駆け寄って、ぐったりしている猫を抱き上げたのです。
それはピーちゃんと同じ色の猫でした。
首がだらりと下を向いている様子からは、
生きているようには見えませんでした。
その女性は、その猫を車に乗せようとしているようでした。
その少しあと、同じ場所を見ると誰もいませんでしたので、
多分病院へでも行ったのでしょうか?

私は車の運転中で、母を迎えに行く途中で、
とても急いでいたので、
車を止めて確認することはできませんでしたが、
後で、ピーちゃんのお母さんに知らせに行くと、
ピーちゃんらしいということになりました。
ピーちゃんは家に入るのを嫌い、物置で暮らしていて、
ご飯を食べに帰る以外は、外の暮らしを楽しんでいて、
誰にでもよくなつき、
私が話しかけると、必ず返事をし、
ぴゅう太にもとても友好的な猫でした。
その後、ピーちゃんのご飯は2日間も置いたままになっているので、
多分あれはピーちゃんに間違いなかったのだと思います。
閉じ込められるのを嫌ったピーちゃんだったので、
交通事故も仕方がなかったとは思うけれど、
かわいそうで残念です。
はねた方もお気の毒でした。
やさしい女性でよかったと思います。
猫をはねても置き去りに去る人が多い中、
飛んできて抱き上げてくれて、
ピーちゃんには、せめてもの幸せでしたゴメン

ピーちゃん、さよなら、ありがとうハートハートハートハートハート

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/3

大通散歩  ぴゅう太

12月に入り、イルミネーションの季節となり、
先日、大通公園に見に行ってきました。

とてもきれいでしたが
写真があまりとれず残念。
クリックすると元のサイズで表示します

ミュンヘン市が行われているので、お店を少し覗いてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

ぴゅう太が落ち着かないので、私が抱いて、
一緒にお店を見て回りました。
重かったけれど、みんなに可愛い可愛いと声を掛けられ、
すっかりうれしかったワタクシでしたウッシッシ♪

母も、90歳を過ぎてこんなきれいなものが見られるなんて、
と、とても喜んでくれましたけど・・
クリックすると元のサイズで表示します
母は近所の散歩のつもりで薄着で来てしまったので、
寒い寒いというので、記念写真を撮って引き上げてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
       厚着をして、もう一度ゆっくり行かなくちゃNo.1!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ