YouTube更新予定と最近の日記  

前回の更新予定記事の通り、毎週火曜にYoutubeの更新中動画の予定をここで更新します。



ボクらの太陽DS
part20収録済み。今週末までにアップ予定

Xenoblade2 アドバンスドプレイ 結月ゆかり実況
#7編集中。来週火曜までにアップ予定

蒼き雷霆ガンヴォルト
ボクタイDS終了待機中

以上です。



これだけではアレなので以下日記







‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆「現在の音量以上の音で聞き続けると聴力を損なう恐れがあります」の話

自分、スマホはXperiaのZ5を使っているのですが、
機種の問題なのか、Androidの問題なのか、イヤホンを使っているときの厄介な機能についてのお話。

ここのブログ含め、自分は多少の文句を言うことはあっても、
何かを叩いたりといったネガティブなことはほぼ書いたり言ったりしないスタンスで、
それは何かのハードウェアやソフトウェアの機能等に対しても同じで、
利点があれば肯定的に受け止めるのですが、
この「イヤホンを使っているときのある機能」については声を大にして言えます。百害あって一利なしのクソクソ&クソ機能だと

「ある機能」とは、
イヤホンやヘッドホンで一定以上の音量で音楽を一定時間以上聴いていると、
「現在の音量以上の音で聞き続けると聴力を損なう恐れがあります」などと抜かしたウインドウが画面の中央に表示され、強制的に音量がだいぶ小さく下げられるのです。
余計なお世話である。

「OK」をタップすると、ウインドウが閉じて元の音量に戻るが、音楽等を聴いているときは興ざめ間違いなしである。

「キャンセル」をタップすると音量が下げられたままで、かつ音量を上げようとするとまた警告が出てくる始末。


音楽を聴いているときだけでもかなり面倒くさいこの機能ですが、
動画を観ているときやゲームをしているときにも出てくるから始末が悪い。

画面中央にデカデカと陣取るので動画が見られなくなるのは必然、
ゲームの途中でも容赦なく画面中央に陣取り、動作を阻害する。
当然、ウインドウを閉じるまで操作は効かなくなる。
RPGなどならまだしも、音ゲーなどではミスは必至。どころか失敗まで十分あり得る。

何の前触れもなく、どうでもいい内容の警告が画面中央に陣取るこの警告、
どうやっても出すのを防ぐことはできない
常に画面中央出てくる恐怖と戦わねばならないのだ。

そもそもどういう音量がちょうどよいか、どのくらいが難聴にならないうるさくないと思うラインで、そしてどのくらいが両方に対してベストな音量なのかを決めるのは他でもない自分自身であり、
このような機能に強制される謂れはないのであります。


「音質を改善します」等のシステム向上機能であるならまだしも、
なぜ何も知らない外部の1システムなどに体調管理されなければならないのか。余計なお世話だ
大抵の人間は自分の体調は自分で当然管理しているし、仮に後先考えずに大音量で聴こうがそれは自己責任なのですよ。
なぜ音量の値しか知らないシステムに勝手に判断されなければならないのか。
加えて、この機能で難聴にならずに済んだという人間が果たしてどれくらいいるだろうか。
明らかに煩わしく思って音量を元に戻す人間のほうが多いに決まっている。
ということで音も画面も阻害する誰も得しない機能、まさに百害あって一利なし。

音楽に限定しても運転中に突然音量が下がるようなシチュエーションは開発の誰も想像できなかったのか?

出すなら出すで画面中央に出て4割も覆い尽くすのをやめろ。
というかそもそも特にでかくもない音量で出すのもやめろ。


何かを貶すということはよほどのことが無い限り滅多にない自分ですが、
これはその「よほど」のことに当てはまる事案でした。それだけおこだよ!という話でした。

【デレステ日記】どれだけ理想の編成に近づけるかの話  

去年の10〜11月ごろから『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』を初めて約半年。

SSRも約30人ほどまで集まってきて、現状でどこまでスコアを伸ばせるかそろそろ考えてみる時期だと思ったので、初心者ながらもそのお話。

と言っても私の頭では
「特定のステータスが高いアイドルで固めてセンターにそのステータスに2倍補正が掛かるセンター効果(トリコロール・ボイスorステップorメイク)を持つアイドルを置く」か、
タイプ統一では「センターにそのタイプのアイドルステータスすべてに1.5倍の補正が掛かるセンター効果(〇〇プリンセス)を持つアイドルを置いて他は単純にステータスの高いアイドルを置く」
くらいしか思いつかないので、
(ほかに考慮するのはスキル発動周期の被りを避けるくらい)

攻略wikiにある理想編成を参考に、まずどれだけ近付けるかを目標としてみました。

まずタイプ別の理想編成ですが、〇〇プリンセス系統のセンター効果を持つアイドルを一人も持っていないので現時点では考えないことにしました。
全体1.3倍の〇〇ブリリアンスは
Paの[ステージオブマジック] 本田未央
Coの[ひみつの小夜曲] 佐城雪美
Cuの[自称・カンペキ] 輿水幸子
の3人そろってはいるんですが、未央ちんは初めて引いたブリリアンスで、浮かれてそのままセンターでずっと使ってはいるものの、特技がPERFECTサポートなのでスキルによるスコアの伸びが期待できない事、
Cuはボーカル特化で組んでおりセンターは[Ring♪Ring♪フィーリン] 椎名法子にしているのでセンターにはおいておらず、
Coは思考停止で、かわいいし(重要)雪美ちゃん置いとけみたいな感じで、
使いこなせていない感が強いです。というか間違いなく使いこなせていない。
(※キャラ名の特訓済み表記「+」は省いています)


こんな感じでタイプ統一は理想編成から程遠いので、
全タイプの混合編成で現状からどれだけ理想編成に近づけるか組んでみようかと思います。


現時点での全タイプ編成での理想編成の一例は以下とのこと。

[オーバー・マイセルフ] 渋谷凛(フェス限定)(センター)
センター効果:トリコロール・ボイス(3タイプ全てのアイドル編成時、全アイドルのボーカル値100%アップ)
特技:COMBOボーナス(7秒毎、高確率でわずかな間、COMBOボーナス18%アップ)

[アイロニカル・エトランゼ] 一ノ瀬志希(フェス限定)
特技:トリコロール・シナジー(3タイプ全てのアイドル編成時、11秒毎、高確率でしばらくの間、PERFECT時スコア16%アップとライフ1回復、COMBOボーナス15%アップ)

[エンド・オブ・ザ・ブルー] 速水奏(フェス限定)
特技:スキルブースト(8秒毎、高確率でしばらくの間、他のアイドルの特技効果大アップ)

[新春の彩り] 三村かな子(限定)
特技:ライフスパークル(9秒毎、高確率で少しの間、ライフ値が多いほどCOMBOボーナスアップ)

[サークル☆オブ☆フレンズ] 城ヶ崎莉嘉(限定)
特技:オーバーロード(7秒毎、中確率でライフを11消費し、少しの間PERFECTのスコア18%アップ、NICE/BADでもコンボ継続)


要はセンター効果:トリコロール・〇〇(トリコロール・アビリティを除く)+特技:トリコロール・シナジー、スキルブースト、ライフスパークル、オーバーロードの組み合わせで、、
この編成に加えて、4人のライフ値にポテンシャル解放を10、1人に4振らなければならないのと、
ゲストにライフに10振ったトリコロール・〇〇(アビリティ以外)を迎えることできれば理想、理論値への第一歩とのこと。

かなり敷居が高いですが、流石に理論値まで求めていないので、ゲスト厳選やこの編成の為だけにライフへの解放振りはしないと思いますが、
そうなるとライフスパークルが死んでしまうのではないかという問題が…。

ライフスパークルは素の状態で使うとただのCOMBOボーナスの下位互換でしかなく、シナジーでの回復があるとはいえライフに振らないとかなり活かしづらいスキル。
加えて、スパークルのCOMBOボーナスアップの効果はライフ1刻み毎ではなく、無計画に中途半端にライフに振っても無駄が出るだけで、計画的に目標の値まで伸ばさなければならない。努力値かな?

ライフスパークルがCOMBOボーナス(18%)以上になるライフ値は480〜(SSRの場合)。

10解放してプラスされるライフは22。4解放で6。(SSRのライフ最大値は44)
上記のライフ振りをした場合の編成とゲストのライフを合計すると、66*5+50で380。

これはLIVE中にライフが最大200%になったとき、760になる調整とのことですが、
他のスキルとの兼ね合いで760がベストということなんでしょうか?
ちなみにライフスパークルのライフ760時でのCOMBOボーナスは無駄がなく24%にジャスト到達。

ゲスト含めライフ無振りでのライフは44*6で264、ボーナスは13%、ライフ200%で18%。
ライフMAXまでもっていってようやくCOMBOボーナスと並ぶと言った程度。

しかしスキルは確率発動ですから、例のセンサーが反応すればオバロだけやたら発動してシナジーやスパークがなかなか発動しない可能性も…。



ポテンシャル解放やゲスト、特技の話を先走ってしましたが、
そもそもこの編成、すべて限定SSRであり、組むこと自体がもう難しい。

…が、自分はこのうちの三人を持っているのであります。
この理想にどこまで近づけるのかという考えもそのことに気付いたからで。

持っているのはフェス限志希フェス限奏限定かな子の三人。
しかしトリコロール・ボイス(3タイプ編成時ボーカル100%アップ)持ちがいない。
フェス限志希にゃんは超ボーカル特化型なため、トリコロール・ボイスが居ないと輝かないのだ(´・ω・`)

トリコロール・ステップ(3タイプ編成時ダンス100%アップ)の[自称・スウィートヒロイン] 輿水幸子ならいるんだけどなあ

…超ダンス特化のシナジー持ちおるやんけ!と思いついたのが、この前のフェスで引いた[幻想と神話の紡ぎ手] 神崎蘭子

というわけで幸子&蘭子で組ませてみることに。
奏さんがボーカル特化型なんですが、スキブ持ちが他にいないのでそのまま。なので、ボーカル編成からダンス編成にそのまま置換できるわけではありません。

莉嘉ちゃんもボーカル特化型。しかし自分はオバロ持ちでPaのSSRどころかオバロ持ちのSSRが一人もいない。
ここは単純にPaのSSRの中からダンスが高くかつスキル周期が被らない者を選ぶことにするしかない。
手持ちの中で該当するのが[夢みるプリンセス] 喜多日菜子でした。

かな子ちゃんはライフ全振りにするつもりなので全員ライフ無振りよりかは…という感じ。
ライフ200%まで行ければ、COMBOボーナスは20%となる。

スキル周期とか初心者のくせに一丁前に言ってますが、発動時間は考慮してません。
発動間隔しか考慮していないので、他のスキルの発動時間に入ってしまう場合もあるかもしれません。
(特技は発動時間が重なると、効果が同系統だった場合高い効果の方が優先される、つまり下に重なった方の特技は効果を発揮しない死に効果となる)


というわけで暫定の編成がこちら

[自称・スウィートヒロイン] 輿水幸子(フェス限定)(センター)
センター効果:トリコロール・ステップ(3タイプ全てのアイドル編成時、全アイドルのダンス値100%アップ)
特技:COMBOボーナス(6秒毎、中確率でわずかな間、COMBOボーナス18%アップ)

[幻想と神話の紡ぎ手] 神崎蘭子(フェス限定)
特技:トリコロール・シナジー(3タイプ全てのアイドル編成時、11秒毎、高確率でしばらくの間、PERFECT時スコア16%アップとライフ1回復、COMBOボーナス15%アップ)

[エンド・オブ・ザ・ブルー] 速水奏(フェス限定)
特技:スキルブースト(8秒毎、高確率でしばらくの間、他のアイドルの特技効果大アップ)

[新春の彩り] 三村かな子(限定)
特技:ライフスパークル(9秒毎、高確率で少しの間、ライフ値が多いほどCOMBOボーナスアップ)

[夢みるプリンセス] 喜多日菜子(恒常)
特技:SCOREボーナス(4秒毎、高確率で一瞬の間、PERFECT/GREATのスコア17%アップ)


日菜子ちゃんはPaなのはもちろんの事、ダンス値が高い、スキル発動間隔がシナジーと被らない、発動間隔の倍数が奏さんのスキルブーストと重なるといった数々の面で現時点でピッタリハマるピースのような存在になりました。

一人しかライフに振らない以上スパークルは必要なのか、と思いますがシナジーがいる以上下手に入れ替えてもどうなるか分からないのでこのままにしてみます。

現状の手持ちでスパークルと入れ替えるとするならば、蘭子&日菜子と発動間隔が被らないSCOREボーナス持ちで、ダンス値高めの[グレイトプレゼント] 諸星きらりが第一候補でしょうか。



あまりスコアを極端に意識した編成でない現状で出てるスコアはMASTERフルコンで大体83万〜87万くらい。
といってもMASTERをフルコンできているのは未だ二曲しかなく、楽曲Lv26以上の曲はクリアすら怪しいと言ったレベルなので、
理想編成とか意識する前にMASTER全曲クリアくらいしておけと言いたくなるところですが(´◉◞౪◟◉)

この編成でどうなるかはまたの機会に書ければと思います。

【Youtube】現在アップしている動画シリーズの更新状況【5月15日】  

今の自分のマイチャンネルに上げている動画が不定期更新なので、
(と言っても定期的に更新したことはありませんが)

需要があるかどうかはわかりませんが、何も伝えないままなのはチャンネル登録してくださっている方に申し訳ないので、
一週間に一度、進捗状況の報告としてこちらのブログを更新していきたいと思います。


◆現在更新している動画シリーズは以下

・ボクらの太陽DS プレイ動画(再生リスト:ボクらの太陽DS)

・蒼き雷霆ガンヴォルト プレイ動画(再生リスト:蒼き雷霆ガンヴォルト)

・Xenoblade2 アドバンスドプレイ 結月ゆかり実況(再生リスト:結月ゆかり実況プレイ)


◆収録状況

・ボクらの太陽DS
現在【#19】分まで収録済み。アップ待機。(現状【#18】までアップ完了)

・蒼き雷霆ガンヴォルト
現在2作目『爪』の終盤まで収録済み。(『ボクタイDS』が終わり次第アップ再開予定)

・Xenoblade2 アドバンスドプレイ 結月ゆかり実況
現在6話序盤まで収録済み。【#6】まで編集済み。【#6】アップ待機(現状【#5】までアップ完了)


◆その他単発、短編動画

・ウォッチドッグス オンラインハッキング 結月ゆかり実況(後半)
前半と同時に収録済み。未編集(落ち着き次第編集予定)

・モンスターハンターダブルクロス
不定期で単発動画(気まぐれ)

・東方project
新作が出た時にアップ、及び過去作の高難度等を気まぐれで単発アップ


◆現在のシリーズの更新終了後の予定

・モンスターハンターダブルクロス 結月ゆかり解説実況
二つ名モンスターを全種収録予定(編集未定ですが数種収録済み)

・バイオハザードリベレーションズ 結月ゆかり実況
Switch版をジャイロ操作で最高難度プレイ等を予定

・白き鋼鉄のX(イクス)
『ガンヴォルト』シリーズの最新作とのことで引き続き『ガンヴォルト』シリーズとして予定


◆検討中

・ルーンファクトリーシリーズ(1〜3) 結月ゆかり実況

【Xenoblade2】二周目要素について  

最近公式で言及がありましたが、
2月12日〜17日のいずれかに『Xenoblade2』のアップデート「v1.3.0」が配信されます。

このアップデートでの目玉、一度メインストーリーを攻略した人に向けた周回要素「アドバンスドニューゲーム」のことを中心に綴りたいと思います。

なお、このコンテンツはエキスパンションパス購入者だけではなく、すべてのプレイヤーが受け取ることができる
要素となります。


その前に、「v1.3.0」で増える、「一周目でも追加される要素」から紹介。

◆難易度に「イージーモード」が追加
従来の難易度は「ノーマル」とし、初心者向けに低難易度の「イージー」が追加。
オプションからいつでも変更可能。

◆ブレイドにロックをかけることが可能に
ロックをかけたブレイドはリリースが出来なくなるので、
操作ミス等でSSRレアブレイドを誤ってリリースしてしまうような事故が起きにくくなる。
同時に視認性も向上するので、目的のブレイドを探しやすくなる

◆ミニマップにスキップトラベルと同じマップアイコンが表示される
地名、スキップトラベル地点、採取ポイントといったアイコンがミニマップにも表示されるようになる。
表示されるアイコンのカテゴリーはスキップトラベル画面のアイコン表示設定に準じる

◆ブレイド同調演出をスキップできるようになる
同調後の登場演出はもともとスキップできるので、
同調時のシルエットが出てくる演出のことだと思われる。

◆アイテム等のソート項目に新たなものが追加される
その項目については言及されていないので不明




そして以下が二周目における新要素となります。
※中盤付近までにおけるネタバレが少し含まれます。

◆イーラのブレイドを仲間として使用できるようになる
敵としての登場としてとどまっていた、カムイ、ラゴウ、ザンテツ、オオツチといったブレイドをプレイアブルのブレイドとして使用可能に。
武器種も専用のものとなる


◆イーラのメンバーのキャラクターをブレイドとして使用可能に
ヨシツネ、ベンケイ、サタヒコをブレイドとして仲間に加えることができる。
同じく武器種も専用のもの。
なお、上記の4人も含め、7人全員コアクリスタルでの確率同調またはクエストで仲間に加えることができる。


◆キャラクター固定ブレイドをエンゲージから外せるように。さらに傭兵団任務へ派遣可能に
エンゲージから外せなかったホムラ(ヒカリ)が外せるように。
(ビャッコ、ハナ、サイカ、カグツチはネタバレなので伏せるが、とある方法で外すことができた)
さらに、傭兵団任務へ派遣することができなかった、ホムラ(ヒカリ)はもちろん、
ビャッコ、ハナ、サイカ、カグツチを傭兵団任務へ派遣させることが可能に。


◆ドライバーの更なる成長要素、「裏キズナリング」の追加
ドライバーにキズナリングがさらに追加。解放していくことでさらなるステータスアップが可能に。


◆宿屋で「レベルダウン」が可能に
各町にある宿屋で、今まではクエストで得たボーナスEXPでレベルアップが可能だったが、無条件でレベルダウンも可能となる。
下げたレベルに応じてボーナスEXPに還元される。
さらに、ボーナスEXPをアイテムと交換できる「吟遊詩人」も追加される。
アクセサリー装備枠を拡張できるアイテムなど、ここでしか手に入らない新アイテムもある。


◆「あるブレイド」の必殺技レベル4が解放される
「あるブレイド」が誰だかは言及されていないが、思い当たるのは一人だけ…。
ネタバレになるので割愛




なお、二周目以降に引き継がれる要素は以下

・ドライバーのレベル

・同調したブレイド

・ドライバーとブレイドの武器やアーツレベル、キズナリング、WP、SP

・所持アイテム、装備品、所持金

・傭兵団レベル

・町、拠点の発展度

・ユニークモンスターの撃破状況

・イベントシアターの内容


※クエスト、傭兵団任務、キズナトークのクリア状況は引き継がれない



WiiU→Switchの移植ソフトと変更点  

売上に伸び悩み、ソフトも少なく終わってしまったハード「WiiU」。
しかし、ソフトは粒ぞろいで良作も多く出ています。
そんなWiiUから爆発的な普及を見せているSwitchにサルベージされ移植されたソフトも少なくありません。
メジャーどころだけではありますが、移植されたソフトとその変更点を紹介したいと思います。


◆マリオカート8DX
WiiU『マリオカート8』のSwitch移植版。
主な変更点
・WiiU版でのDLCをすべて収録(無料、有料問わず)

・新たなプレイアブルキャラとして「キングテレサ」「カロン」「クッパjr」「ゴールドマリオ(隠し)」、『スプラトゥーン』から「ボーイ」「ガール」が追加

・バトルモードに専用のコースがすべて新規で追加

・新アイテム、「ハネ」、「テレサ」が追加(ハネはバトルモード専用)

・バトルモードにふうせんバトル以外にも4つのルールが追加

・アイテムストックが2つになった(『8』での、「装備したアイテムはストックから無くならない」という仕様はそのままに、ストックを1つ増やした形)

・コースアウトしないハンドルアシストモード追加

・解像度が720pから1080pに(携帯モード時はモニタの仕様上720p)

・キャラクターのパラメータパターンが細分化

・加速時の加速時間が延びる、通称サンダードリフトと呼ばれるテクニックが使用不可に


◆ポッ拳DX
WiiU版『ポッ拳』のSwitch移植版。
主な変更点
・アーケードのみで参戦していた「ハッサム」「エンペルト」「グレッグル」「ダークライ」が参戦

・完全新規として「ジュナイパー」、追加コンテンツで「ギルガルド」「カメックス」がプレイアブル参戦

・サポートポケモン枠が1枠、追加コンテンツで2枠追加

・新ルール「チームバトル」が追加。3匹でチームを組み戦う

・リプレイ機能が追加

・グループマッチモードが追加。条件を指定してオンラインマッチングが可能

・デイリーチャレンジモード追加。毎日お題を達成するモード


◆ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDX
WiiU、3DS版両方をベースにしたSwitch移植版
主な変更点
・DLCをすべて収録

・3DS版でプレイアブル参戦したキャラクターすべてを追加

・おすそ分けによるマルチプレイに対応

・フェアリーのグラフィックが3Dに

・新要素として『ブレスオブザワイルド』のコスチュームが使用可能

・解像度優先の1080p、フレームレート優先の60fpsとどちらかを選んでプレイできる


◆バイオハザードリベレーションズUE
3DSで発売後、PS3、XBOX360、WiiU、PCで発売したリマスター版『アンベールドエディション』の次世代機版としてPS4、XBOX ONE、Switchに移植。『リベレーションズ2』とのセット販売も有り。
(任天堂ハードで『リベレーションズ2』が出るのは今回が初。なおDL専売)
主な変更点
・フレームレートが60fpsに向上

・ジョイコンを銃に見立てたモーション操作に対応(Switch版のみ)

・レイドモードに新ステージ「THE GHOST SHIP(HELL)」が追加

・DLC(レイドモードのプレイアブルキャラ、カスタムパーツ)をすべて収録

・本編の進行で解放されていたレイドモードが、レイドモードだけで解放していけるように変更されている


◆ベヨネッタ、ベヨネッタ2
PS3で発売後、『2』がWiiUで発売、合わせて無印もWiiUに移植。後に両作ともSwitchに移植。
主な変更点
・無印はダウンロード専売に

・オンライン専用だった協力プレイモードにローカル通信でのプレイが追加

・フレームレートが60fpsに向上





Switchを買う予定、または買ったばかりの人におすすめするならば
『マリオカート8DX』か『バイオハザードリベレーションズ』でしょうか。
マリオカートシリーズはもともと万人受けする作品ですが、
初心者向けの要素も今回追加されたので、いきなりの人であってもさらに遊びやすくなっています。

バイオハザードリベレーションズは原点回帰ホラーアクションで、推理小説のような練られたストーリーも魅力であり、
小難しい要素もないのでホラーアクション入門としてうってつけです。
今までのシリーズを知らなくても遊べる、単体で完結する作品なので、万人受けする内容に仕上がっています。
値段も2回目のリマスターだからかリーズナブルなので手も出しやすいかと。




AutoPage最新お知らせ